スモーク さん プロフィール

  •  
スモークさん: セカンドライフを楽しむ
ハンドル名スモーク さん
ブログタイトルセカンドライフを楽しむ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/life-after
サイト紹介文街の法律家を目指したいシニアの独り言。
自由文政治や社会問題にもそれなりに興味がある。週末の晴れの日には、自宅から立川や府中、国分寺などへ10キロ以上を目標にウォーキングを楽しんでいる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 132日(平均2.9回/週) - 参加 2017/04/08 21:58

スモーク さんのブログ記事

  • ごみ収集の有料化真近
  •  最近、新に新築された家では、ごみの収集が戸別回収だ。我が家が越してきた際に、道路が袋地でごみ収集車の入れないという趣旨で6戸の集積所として我が家の脇を利用させて欲しいとのことであった。仕方なく、他の5戸を集めて集積所の清掃などの協力を求めたが、実際は我が家と隣家のみが対応している。集積所近くの住民の負担が大きいのだ。 最近、新築された家ではごみの戸別収集となっている。この差は何だろうと不思議に思 [続きを読む]
  • ドコモ株 2600円台を回復
  •  27日発表した2017年4─6月期連結決算(米国基準)は営業利益が前年比7.0%減の2782億円にとどまった。償却方法の変更で前年同期の利益が押し上げられた反動に加え、販売関連収支の悪化やネットワーク関連費用の増加も利益を圧迫した。 吉澤和弘社長は会見で「減益は計画通りで、年間業績予想に対しては順調な進ちょくになっている」と説明。「減益は中間期まで続くが、コスト削減の成果は主に下期に出てくるので [続きを読む]
  • アイビスサマーダッシュとクイーンズカップ
  •  アイビスサマーダッシュの検討から始める。 このレースは新潟1000mの巧者が、前走の成績に関係なく勝っている。但し、負担重量56キロまでである。 昨年の2着馬、ネロの負担重量が58キロである点が不安要素。鞍上戸崎の手腕でも勝ち負けが厳しくなるように設定されている。 一昨年の2着馬シンボリディスコは、前走の韋駄天Sの2着から56キロで登録している。鞍上が伴騎手。丹内騎手や田中勝春騎手で鞍上でない点が不安要素。 [続きを読む]
  • 蓮舫党首の辞任
  •  民主党党首の蓮舫氏が辞任するという報道が流れている。 自民党の二階幹事長の弁によれば、国政に何の影響も無いと言えば失礼になるから言わないがと言うが、しっかり言っている。確かに民進党の国会における勢力は小さく、国政に何の影響も無い。実際、民進党の支持率は5%前後で公明党や共産党と変わりない。誰も注目してないだけに何を今更である。 報道によれば、ここ数日、野田幹事長の後継を若手を含め模索したが、調整 [続きを読む]
  • サマージャンボミニ宝くじ
  •  昨日は、美容院の帰りに立川駅前の宝くじ売り場を覗くと、サマージャンボが3種類もある7億、1億、100万円と当選確率の異なるものが3種もある。ジャンボ(7億)を購入してから、末等以外の当選がない。特別賞か¥3000の当選を期待して、サマージャンボミニを連番で10枚購入してみた。 1枚も買わなければ、当選確率0となるが、それ以上買い増すと、外れる確率(200万分の199万999)がどんどん増える。確率を考慮するならば、 [続きを読む]
  • 研究開発費4割が最高
  •  日本経済新聞がまとめた2017年度の研究開発活動に関する調査で、主要企業の約4割が過去最高の研究開発費を投じることが分かった。研究開発投資の総額は16年度比5.7%増と東日本大震災後の12年度以降で最大の伸びを見込む。自動車や情報技術を中心に新たな成長投資に振り向ける。 企業は業績の立て直しとともに稼いだ利益を社内に積み上げてきた。潤沢な手元資金は投資余力を生み、成長・重点分野に充てる流れが強まっている。日 [続きを読む]
  • ドコモ株の下げ止まらず
  •  ドコモ株の本日の終値は¥2576.5で前日より¥8安。下げ止まらない。 昨年の10月から11月にかけて、一時的に¥2300台まで下落するが、その後、一月前まで¥2600〜¥2800の幅で推移していた。 どの値幅で落ち着くのか流動的だが、8月〜9月までに値幅が定まればよいと願っている。 自社株買いなど下げを止める材料がなければ、¥2300台もあるのだろうか。 2年前の権利約定前後の9月末に¥1900台まで下落している。 直近で¥25 [続きを読む]
  • 加計問題集中審議を終えて
  •  内閣総理大臣の金権問題で有名なのはリクルート事件とロッキード事件になる。当事者は如何にも強面。それだけに国民は疑いの目は強かった。 今回の加計問題は現実的な献金がないだけに複雑。しかし、安倍総理が辞職後にキックバックがあるならば、安倍総理に利益がある。今までの総理大臣と違う形での政治汚職か。政治汚職のスケールが小さくなった。見方を変えれば巧妙になったということか。善人面した政治家が国民に見えない [続きを読む]
  • ドコモ株約定
  •  ドコモ株が¥2595で約定した。配当方向性が3.8%と高めで長期保有に適していると考えてのことだが、素直に喜べるのか。 今のところ、自社株買いの予定がない。格安スマホの人気で損失を折り込む方向での調整に入ったという。過去1年の株価を確認すると¥2400まで下落する可能性がある。 9月の権利約定を待って、今後の保持方針を決めたい。 [続きを読む]
  • 自社株買いにブレーキ
  •  ゴールドマンサックス証券によると、東証1部上場企業の1月〜6月の自社株買いの実施枠(取締役会決議ベース)は累計で2.2兆円と、前年同期に比べて48%減少した。このペースが継続すれば、5年ぶりに減少する公算が大きい。 企業の成長投資の拡大が自社株買いの抑制につながっている。日経平均株価が2万円台を回復するなど、足元の株価上昇も自社株買いに二の足踏ませている要因という。 自社株買いが減少すると、これまで日本企 [続きを読む]
  • アベノミクスの評価
  •  何故、個人消費が伸びないのだろうか。 その理由は以下の通りだと主張されている。 アベノミクスの成果、その1として、会社員の賃金は平均2パーセントで上昇がある。 この内訳は、ベースアップの1.8パーセントを含んでいるので、実質的に0.3パーセントの上昇に過ぎないという。これに加えて、政府は2パーセントの物価上昇を目標にしているので、会社員の賃金の伸びが消されてしまっている。結果的に個人消費が伸びていない。 [続きを読む]
  • ドコモ株が値頃に
  •  今朝の日経記事によれば、国内携帯3社の株価がさえないという。 その要因は、格安スマートフォンが普及し、顧客を奪われているからだという。各社は利用者をつなぎ留めようと料金プランの引き下げなどを打ち出しているが、対抗策に力を注ぐほど、目先の収益が悪化するジレンマを抱えている。消費者の根強い節約志向を受けて格安スマホ人気は今後も続きそうで、携帯3社の上値を抑えているという。 ソフトバンク株は、10兆円規模 [続きを読む]
  • 七夕賞で小遣い稼ぎ
  •  過去10年を振り返ると、東日本大震災の影響で1回だけ中山開催となったため、福島競馬場のデータは9回となる。そのうち、ハンディ57キロの馬が5回優勝している。今年の該当馬は以下の通り。  6枠8番 ゼーヴィント 戸崎 単勝3.8倍(11:50分現在)  8枠11番 マイネルフロスト 柴田大地 単勝7.9倍(同上) 過去10年のデータを確認すると、8枠から3着以内の馬が出ていない。その意味でマイネルフロストが消える。 単勝オ [続きを読む]
  • 平成29年意匠法論文を検討して
  •  問題1で意匠法上の物品について説明を求め、更に画像の意匠の保護について回答を求めている。画像の意匠について初めての出題となった。 審査基準で登録要件について説明しているが、保護範囲について直接記述していない。最高裁判例からの出題だろうか。難しい問題。茶園先生の意匠法から簡潔にまとめて記述することになるのだろうか。 問題Ⅱで事例問題、自己(先)の出願が先願であるあるが、3条1項3号で拒絶査定が確定し [続きを読む]
  • 都議選挙の結果
  •  地域政党の議席数は以下のとおりである。 都民ファーストが55議席(無所属で当選の6名を追加公認)、生活者ネットワーク(都民ファーストの推薦)は改選前の3議席から辛うじて1議席を確保。これらの勢力を合わせると56議席。 自民党は23議席、公明党は立候補者の全員23名が当選。民進党が5議席。自民党は改選前の第1党、民進党は前々回の第1党、公明党は国政で自民党と連立与党を形成する。これらの歴史ある政党の議席を合わせ [続きを読む]
  • 都議会議員の投票
  •  投票所で立候補者を確認すると、都民ファースト、東京生活者ネットワーク、民進党、自民党から各1名の候補者であった。 国立市議会で最も支持されているのは自民党(7名)、これに公明党と共産党の議員が各3名、。国立市議会から生活者ネットワークの候補者が消えたが、緑の党(1名)、民進党(1名)の議員がいる。その他は無所属。 組織票の流れは以下のようになると予想される。支持基盤が強い自民党候補に最大票が集まり、 [続きを読む]
  • 商標法の論文過去問題(H28〜H26)を検討
  •  平成28年から平成26年の商標法論文試験の過去問題を検討してみると、以下の傾向にあることが分かる。 30点から40点配分で規定の内容や趣旨を問う問題がある。過去問題で出題頻度の低い内容、商標法6条を問われると戸惑う受験生が居たのではないだろうか。しかし、これも短答試験用に青本の記載を確認していれば記述できるレベルでの設問であったと思う。登録主義と先使用権との関係を問われると、先使用権は使用主義的観点から [続きを読む]
  • 都議選挙最終日
  •  本日(7月1日)が選挙活動の最終日。自宅周辺を自民党公認候補の選挙カー煩く走り回っている。この候補のポスターを見かけるが、この候補の主張を少なくとも4年間は耳にしたことがない。投票日の前日に慌てて市内を走り回っている。雑音にしか聞こえてこない。 雑音の内容を要約すれば、1期4年間の実績と小池都知事の方針に従順に従わず二元代表制の本来あるべき都議会を実現する。 一見すると尤もな主張に見える。 都議会で [続きを読む]
  • 株・債権の世界同時安の兆し
  •  一昨日からドコモの株価が下落し始めた。総務省からの行政指導が原因とすれば、下落幅が大きすぎる。昨日も¥2670代から始まって¥2646まで下落した。 欲しくなって、¥2645で買いを入れたが、結果は¥2652で取引終了。  本日の日経新聞を読んでいると、株・債権の世界同時安が進んでいるとのこと。ドイツの物価上昇を受け欧州中央銀行(ECB)が金融緩和の縮小に動くとの見方が強まっている。 30日の東京株式市場でも下値で [続きを読む]
  • 都議選挙の中盤戦を終えて
  •  都議会選挙の焦点は、地方自治の二元代表制を実現すべく、知事の政策に物言う都議会を作るのか選択にある。 小池知事は、知事就任後から既定路線の見直している。その代表が豊洲移転問題。様々な経緯はあるが、結論は豊洲移転の宣言で終わった。装飾的な宣言として築地ブランドの活用。築地をトラックの基地とし、2号線を作る。これは東京都自民党が推進してきた既定路線と大差がない。 築地の再開発の具体的な計画はなく、東 [続きを読む]
  • 意匠法の過去論文問題を検討して
  • 平成28年以前の意匠法(論文)過去問題を回答してみると、回答の根拠は、ほぼ青本と改正法解説の記載にあることを確認できた。 例外としては、3条の2の適用に際しての出願日の認定、出願変更、パリ優先権、意匠の類比判断の基準は審査基準を根拠としている。消尽論と消尽論に対する再生産の抗弁、意匠権侵害における意匠の視認性の意義は最高裁判決となっている。 事例も青本の事例を変形したものなので、弁理士審査会は青本の [続きを読む]
  • 弁理士(必須科目論文)試験を分析
  •  平成13年から平成28年の必須科目論文の過去問題をプリントしてみると、面白いことに気づかされる。 特許新案法の長文化傾向と設問数の増加だ。 答案構成の際に事例へのあてはめに必要な項目が十分にあり、条文への対応付け、事例の論点の結論と簡単な理由を求めている。更に制度や規定の趣旨の理解(青本の記載)の再現を求めている。 論文試験という名称ながら、設問の中で記述すべき事項が細かく指定されているので、論述す [続きを読む]
  • 宝塚記念の振り返り
  • 受付番号:0002 受付時刻:21:15 受付ベット数:7 (1) 阪神(日) 11R 3連複  01−08−11 100円    (2) 阪神(日) 11R 3連複  02−08−11 200円 的中 (3) 阪神(日) 11R 3連複  03−08−11 100円    (4) 阪神(日) 11R 3連複  04−08−11 100円    (5) 阪神(日) 11R 3連複  05−08−11 200円    (6) 阪神(日) 11R 3連複  06−08−11 200円    (7) 阪神(日) 11R 3連複  07−08−11 100円    購入金額 1,00 [続きを読む]
  • 宝塚記念の投票
  • 受付番号:0001 受付時刻:19:20 受付ベット数:28 太線の投票は重馬場で勝利実績のある2頭が含まれる投票。当日の馬場状態はどうなるのだろうか。(1) 阪神(日) 11R 3連複  01−02−08 200円 (2) 阪神(日) 11R 3連複  01−02−11 100円 (3) 阪神(日) 11R 3連複  01−03−08 100円 (4) 阪神(日) 11R 3連複  01−03−11 100円 (5) 阪神(日) 11R 3連複  01−04−08 100円 (6) 阪神(日) 11R 3連複  01−04−11 100円 (7 [続きを読む]
  • 都議選告示
  •  小池都知事は都民ファーストや公明党、東京・生活者ネットワークなど自らを支持する勢力で過半数の議席獲得を目指している。都民ファーストは都議選で勝利すれば、将来の国政進出も視野に入れているとされる。その意味で次期衆議院選挙に向けた各党の選挙戦略をも左右する。 国政を考慮する前に確認しておきたいことがある。地方自治は首長と議員をそれぞれ住民が選ぶ二元代表制。首長の行政運営を適切に監視しなければ政党の存 [続きを読む]