スモーク さん プロフィール

  •  
スモークさん: セカンドライフを楽しむ
ハンドル名スモーク さん
ブログタイトルセカンドライフを楽しむ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/life-after
サイト紹介文街の法律家を目指したいシニアの独り言。
自由文週末のG1レース、気になる重賞レースの予想をして楽しんでいる。政治や社会問題にもそれなりに興味がある。週末の晴れの日には、自宅から立川や府中、国分寺などへ10キロ以上を目標にウォーキングを楽しんでいる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 20日(平均2.8回/週) - 参加 2017/04/08 21:58

スモーク さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 天皇賞(春)
  •  サトノダイヤモンドとキタサンブラックとの対戦は有馬記念のみだ。キタサンブラックがゴール前で差されて、首差で決着した。両馬の斤量差が2キロだった。 春の天皇賞(春)では同一斤量の58キロでの対戦となる。天皇賞(春)は一番人気の勝率が極めて低いだけに、一番人気が消えるという見方もできる。当日のオッズに注目したい。  さて、過去10年の傾向から3着以内の候補をリストアップしてみる。 天皇賞(春)は、昨年の3 [続きを読む]
  • 皐月賞は堅い
  •  皐月賞の枠が確定した。先週の桜花賞で払い戻しがあったので、今回は奮発して¥5,000で遊んでみる。 過去10年の連対馬は、弥生賞、スプリングステークス、共同通信杯の勝馬で10回中9回も決まっている。そのうち7回は社台の馬だ。社台系以外の馬が勝つケースでは2着が社台系の馬という事実がある。しかも社台系の馬同士の連対が6回もある。更に、「6戦以上」だった馬は3着内率9.9%と苦戦している。この時点で購入馬券から消して [続きを読む]
  • 真央ちゃんの引退
  •  https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20170411097.html 浅田真央が引退した。彼女が15歳の頃、日本国民はオリンピックの出場を期待したことだろう。それからの彼女の戦歴はご承知の通り。 今回の引退会見はどうしても聴きたいが、東京駅に向かう電車の中では生中継を視聴できない。 視聴可能な方はどうぞご視聴くだい。 [続きを読む]
  • 皐月賞(枠確定前)
  •  過去32年の傾向から皐月賞の登録馬を分析し、注目馬を探ってみる。 過去10年の連対馬は、弥生賞、スプリングステークス、共同通信杯の勝馬で10回中9回も決まっている。そのうち7回は社台の馬だ。社台系以外の馬が勝つケースでは2着が社台系の馬という事実がある。しかも社台系の馬同士の連対が6回もある。更に、「6戦以上」だった馬は3着内率9.9%と苦戦している。この時点で消込線で明示してある。 先ずは、有力なステップレー [続きを読む]
  • 桜花賞の順当馬券(的中)
  •  ここで、順当馬券とは、チューリップ賞の連対馬が3着以内に入着するケースを想定している。 今年は、14番ソールスターリング(1着)と16番ミスパンドール(2着)である。 過去10年を確認してみると、この2頭で決着した回数は、3回あり、1着、2着の入れ替わりが、2度もある。 ソールスターリングは、阪神;右芝で2勝と同競馬場を得意としていることから、逆転はないとみた。 前日の土曜は雨、馬場が渋るとみて、3着馬(6番) [続きを読む]
  • 桜花賞の夢馬券
  •  桜花賞の夢馬券は以下の通り。 今回の夢馬券の条件は、チューリップ賞の連対馬が全て4着以下となった場合を想定。今年は、ソールスターリングの1強なので、ソールスターリングのみが4着以下となった場合も含めてみたい。 (大波乱):1−6−16、2−6−16、6−8−16、6−15−16(4点) 受付番号:0001 受付時刻:21:41 受付ベット数:13(1) 阪神(日) 11R 3連複  06−11−16 100円 (2) 阪神(日) 11R 3連 [続きを読む]
  • 桜花賞(枠確定)
  • http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/ 桜花賞の出走枠が決まった。 過去10年の結果を確認してみると、チューリップ賞組から3着以内に来ていることが分かる。チューリップ賞の連対馬が3着以内に入る堅い決着か、連対馬が消えて大荒れの傾向になる。 今年のチューリップ賞組は以下の通りである。 3枠6番 リスグラシュー(武豊騎乗、3着)、7枠14番 ソールスターリング(ルメール騎乗、1着)、8枠16番 ミスパンンテール(四位 [続きを読む]
  • 大阪杯
  •  昨日(4月1日)は、真冬のような気温で、床暖房とエアコンを稼働させないと、寒くて過ごせなかった。エープリルフールにしては厳しいジョーク。 本日(4月2日)は、昨日と打って変わって東京にも日差しがあり、自宅庭の芝も元気を取り戻したような気持ち良い小春日和。1階のシャッター(雨戸)を全て開放し、部屋に日差しを取り込むと気持ち良い。しかしながら、花粉が飛んでいるらしく、朝食後に花粉症の薬を服用したが、正午 [続きを読む]
  • 過去の記事 …