犬猫だいすき さん プロフィール

  •  
犬猫だいすきさん: 犬猫大好き!なんでも速報
ハンドル名犬猫だいすき さん
ブログタイトル犬猫大好き!なんでも速報
ブログURLhttp://nandemosokuho.com/inuneko/
サイト紹介文犬や猫が大好きな人たちに向けて、ワンちゃんやネコちゃんに関する情報記事をまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 78日(平均16.1回/週) - 参加 2017/04/09 11:18

犬猫だいすき さんのブログ記事

  • 猫に指を出すと鼻をくっつけてくる理由→「もうデレデレ!」
  • 猫に指を出すと鼻をくっつけてくる理由って?鼻をくっつけるのは猫流のあいさつ!指を差し出すと、指先に鼻をくっつけてくるのは猫の挨拶なのだそうです。猫同士で鼻をくっつけあうのもあいさつで、お互い敵意がないことを確認しているのだそう。あなたが指を出したときに、匂いを嗅いでそのあと鼻をこすりつけてくるなら、それは、その猫があなたのことを警戒していないという証。逆に猫パンチをしてきたり、逃げ出してしまったり [続きを読む]
  • 「老犬がんばるの図」毎日お店に通い自分で買い物をするピトコ
  • 自分で買い物をする犬ピトコ 南米ブラジルのペット犬ピトコの日課は、近所のペットショップに行って大好物の食べ物を買ってくることだ。12歳になるピトコは片目がないが、人間と同じ習慣の生き物であることで、過去9年間、毎日のように600メートル離れたペットショップに顔を出す。何が好きか熟知したオーナーが商品を渡すと、それを口にくわえてトコトコ家まで帰る姿が可愛いと、近所で評判。勿論、商品と一緒に請求書も持って帰 [続きを読む]
  • 猫があくびをするのは眠い時だけじゃない!→「可愛いので許す!」
  • 猫が眠たい時以外にするあくびとは? 目を閉じてするあくびは、人間と一緒で「ねむいにゃー」というサイン。早く寝たいのに飼い主さんが夜更かししてるから、一緒に頑張って起きているときのあくびはたいていこれです。このあくびを見たら、一緒にベッドに直行しましょう。だって、私たち、飼い主という名の下僕ですから……。それとは別に目を開いたままするあくび。これは、実はストレスを感じているサインなんだそう。猫は、 [続きを読む]
  • ペットとお墓に入りたい…霊園が犬猫と一緒の埋葬を禁止する理由
  • ペットと一緒にお墓に入るのが禁止の理由「一昔前は『私が亡くなったら、一緒に入れてほしい』という方もいらっしゃいました」こう話すのは某ペット霊園の関係者。愛犬を溺愛しすぎて、ペット用のお墓に自分も入りたいと言い出す愛犬家が少なからずいたという。背景にあったのは、「ペット不可」の墓地・霊園の多さ。千葉県で一人暮らしをするAさん(60代)が言う。「2009年に夫が亡くなって、その1年後にジャン(犬・享年15)があ [続きを読む]
  • 猫の「ねこぺん」は天からの贈り物!運命の出会いに感動の声
  • 猫のねこぺんとの運命の出会い そこには、生まれて間もない子猫が1匹、横たわっていた。濡れて瀕死の状態だった。野良猫が生み落としたのではなく、人の手で置かれたようだった。 廣瀬さんは子猫をポケットに入れて部屋に戻り、タオルで拭いて必死に温めた。「こいつ死んじゃうのかな……なんのために生まれてきたんだよぉ」 寿司に付いていた小さな醤油さしにミルクを入れて吸わせ、猫を箱に入れて自分の布団の横に置いた。何 [続きを読む]
  • 野良猫の格闘技?にゃんこ達のとんでもないポーズがかわいい!
  • 野良猫たちの写真集「のら猫拳」がかわいい!ツイッターの投稿「予想以上の反響だった」「のら猫拳」は、アクセントさんが撮影した約10万枚の写真から選んだ約170枚を掲載。跳び上がりながらレンズに向かって足を伸ばしたり、パンチを繰り出したりする猫の姿態を活写している。アクセントさんは仕事の傍ら、3年前から撮影。昨年4月、猫じゃらしで遊びながら撮ると、高くジャンプする姿を偶然捉えられた。インターネットの交流サイ [続きを読む]
  • 猫が獲物を狙う時にお尻フリフリする理由→「たまらん可愛さ!」「破壊力抜群!」
  • 猫が獲物を狙う時にお尻フリフリする理由って?獲物を仕留める前の準備体操お尻をフリフリするのは、おもちゃを獲物に見立て、仕留める前の準備体操をしているという説が一般的。野生の猫は、獲物がくるのをずっと待ち伏せし、いざ、獲物を見つけると、飛び出して仕留めるスタイルを取っています。ずっと待ち伏せしていると、体を動かせないので筋肉がかたくなってしまいますよね。人間でも同じ体勢を長時間続けると筋肉がかたくな [続きを読む]
  • ブルーアイの白猫ぷるとの運命の出会いが話題に!
  • ブルーアイの白猫ぷるとの運命の出会いとは・・・ブルーアイが美しいこの子の名前は「ぷるちゃん」。とっても臆病だけど穏やかで優しい4歳の女の子です。「名前は家に連れて来たときにプルプルと震えてたので『ぷる』と名付けました」そう語るKさんとぷるちゃんとの出会いは牧場でした。というのもKさんは馬の仕事に携わって28年のベテラン。厩舎で馬のお世話をする厩舎員として働いています。そんなKさんが以前働いていた牧場には [続きを読む]
  • 駅の壁内部に入り込んだ子猫3匹を救出!→「弱い命を救ってくれた方々に感謝」
  • 駅の壁内部に入り込んだ子猫3匹が救出されるJR荒川沖駅(土浦市)の壁内部に子猫3匹が入り込んで出られなくなり、14日救出された。前日に鳴き声が確認されていた。同駅では今月5日にも子猫1匹が柱の中に入り込み、救出されたばかり。市の担当者は4匹をきょうだいとみる一方、相次いで「いったいどこから入るのか」と首をひねっている。今回、猫が入り込んだのは、東口駅舎出入り口の壁の内側。階段を約1メートル上がった外壁と内壁の [続きを読む]
  • 補助犬への不当な差別、盲導犬利用者では6割!飲食店などで入店拒否に・・・
  • 補助犬への不当な差別、盲導犬利用者では6割に 昨年4月に障害者差別解消法が施行されてから1年あまり。いまだ多くの補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)利用者が、入店拒否などの法で禁じる「不当な差別」を受けていることが補助犬育成団体の調査などで分かった。盲導犬利用者では6割に上った。 盲導犬の育成に取り組む公益財団法人アイメイト協会が2〜3月、同協会が育成した盲導犬の利用者248人を対象に、法施行後の昨年4月〜今年 [続きを読む]
  • 野良猫との共存を目指す!町内会の地域ネコ活動が話題に
  • 野良猫との共存を目指す地域猫活動 町内会で15年1月ごろから「庭や通りにフンや尿が落ちている」「ゴミ箱が荒らされる」などの訴えが急増。「被害を減らすためには猫の数を減らすしかないのではないか」と町内会役員の相橋恭子さん(67)が活動を提案したという。 15年秋以降には、野良猫の殺処分ゼロを目指す団体「野良猫クラブ」(山形市)による地域猫活動のセミナーに参加するなど準備を進めてきた。どこに野良猫がいるのか [続きを読む]