A.Yang さん プロフィール

  •  
A.Yangさん: 予備校講師がこっそり教える子どもを伸ばす親
ハンドル名A.Yang さん
ブログタイトル予備校講師がこっそり教える子どもを伸ばす親
ブログURLhttp://kodomowonobasuoya.blog.jp/
サイト紹介文予備校のベテラン講師が、勉強・受験に対する保護者のお悩みを解決します。ゆるーく親力を鍛えましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 137日(平均7.7回/週) - 参加 2017/04/09 14:52

A.Yang さんのブログ記事

  • 自分の部屋では勉強できない!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「家で勉強できない!?」をお送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ 先日、中3受験生向けの保護者会を行いました。中でも「受験生からの相談」というコーナーが好評でしたのでお伝えします。 【質問4】自宅の勉強部屋だと集中できなくて困っています 【アドバイス】保護者の方の中には 勉強部屋での学習 に、こだわる方もいらっしゃいますがどこで勉強しても 集中 [続きを読む]
  • 朝に勉強したほうがいいの!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「朝に勉強!?」をお送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ 先日、中3受験生向けの保護者会を行いました。中でも「受験生からの相談」というコーナーが好評でしたのでお伝えします。 【質問3】朝に勉強したほうがよいのでしょうか? 【アドバイス】朝学習は金の価値 という言葉があります。朝は脳の疲れがないため、20分程度の学習でも1時間分に匹敵する効果が [続きを読む]
  • 1・2年生の復習って!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「復習の割合は!?」をお送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ 先日、中3受験生向けの保護者会を行いました。中でも「受験生からの相談」というコーナーが好評でしたのでお伝えします。 【質問2】3年内容と1・2年内容、学習時間の比率は? 【アドバイス】基本的には 3年:1・2年 = 5:5 のフィフティフィフティです。1週間の合計勉強時間を30時間と仮 [続きを読む]
  • 1日、何時間!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「1日、何時間?」をお送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ 先日、中3受験生向けの保護者会を行いました。中でも「受験生からの相談」というコーナーが好評でしたのでお伝えします。 【質問1】1日、何時間勉強すればいいの? 【アドバイス】受験生にとっては、1日当たりの勉強時間は、それほど意味はありません。要は トータル で、必要とされる学習内容を習得 [続きを読む]
  • 【続】ゲームとうまくつきあう方法!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「続・ゲームとのつきあい方」をお送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ 前回の続きです。 夏休み、他にすることがないからゲームをしている子には、「ルール化」が有効です。その一方で ゲームが好きでたまらない子 には、可能な限りゲームを『研究』させるのが妙手です。子どもがゲームにはまるのは、 ハマる仕掛け があるからです。特に 費やした時間とレベルのバ [続きを読む]
  • ゲームとうまくつきあう方法!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「ゲームとのつきあい方」をお送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ 夏休みということもあって、 ゲーム三昧 という子どもも少なくないようです。保護者からも なんとかやめさせてほしい という悲鳴に近い相談が相次ぎます。私のゲームに対する考え方はその子がゲームをどれだけ好きか、によって異なります。 他にすることがないからゲームをしている子 には、「ルー [続きを読む]
  • この差って何ですか!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「この差って!?」をお送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ 夏は受験の天王山 と古くから(?)言われています。中高大学受験を問わず、どの学年の生徒も 夏の重要性 は、各講師から吹き込まれていますので、それぞれのレベルで理解はできています。しかし9月になると この差ってなんですか? というほど『夏の差』が生まれます。 夏休みスタート時は、意識を高く [続きを読む]
  • 受験合宿は必要なの!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「受験合宿の是非」をお送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ 縁あって、高校受験のための合宿に参加してきました。1日12時間以上勉強する日もあり、なかなかハードな内容でした。一方で、遠方までバスで移動するため、 効率的か? と問われると、微妙です(笑)ただ、参加した生徒は大満足。その理由の多くは 自分の限界がまだまだ先にあることを知ることができ [続きを読む]
  • 塾って楽しいの!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「塾に通う楽しさ!?」です。ごゆるりとー(^^)/ 塾・予備校では、長期休暇中の特別講習期間に塾生が一気に増えます。普段通っていない子供たちも、講習だけは受講するという子がたくさんいるからです。 講習が終わると姿を見せなくなる生徒がいる一方で、そのまま正規に入塾して通い続ける子もたくさんいます。 その子たちのなかには、これまで複数の塾や予備校で [続きを読む]
  • 夏休みの目標って!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「夏休みの目標」です。ごゆるりとー(^^)/ 子供の教育に熱心になるあまり、つい親が世話を焼きすぎてしまうことってありますよね。しかし、行きすぎた応援はかえって逆効果。親が学習に口を出しすぎると、子供の自主性や考える力を伸ばす機会を奪うことになってしまいます。 親は子供とほどよい距離感を保ちながら、客観的な立場でサポートしてあげるのが理想的 と [続きを読む]
  • 魔法の20回!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「魔法の20回」です。ごゆるりとー(^^)/ 中3社会では、日本国憲法の条文を暗記する必要が出てきます。先日は「前文」のなかの そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。 の一文を暗記する時間をとりました。授業終了15分前に暗記課題であること [続きを読む]
  • 忖度禁止!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「忖度禁止」をお送りします。ごゆるりとー(^^)/ 忖度(そんたく)という言葉が世の中に通用するようになりました。私自身も、アノ事件で初めて知ったクチですが・・・私は授業でなるべく 時事性が高い言葉 を使うように心がけています。ニュースを見ている生徒が活躍できる場面が作れますし、何より私自身も楽しいですし(笑) さて先日、夏期講座の国語の授業で [続きを読む]
  • 落ちこぼれがいない世界!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「落ちこぼれのいない世界!?」をお送りします。ごゆるりとー(^^)/ 中学3年生の理科で 運動 という単元があります。教科書やテキストを見たら ???・・・これが、理科??? と感じました。なぜなら、ほとんどが 小学6年生の算数 で解ける問題ばかりなのです。これなら、基本だけ教えて、練習問題に進めばバッチリ・・・と考えていたのですが、 大間違い でし [続きを読む]
  • 勉強していないはずなのに!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「勉強してないはずなのに!?」をお送りしています。ごゆるりとー(^^)/ 中学3年生の夏期講座を担当しているとクラスのレベルによって 息継ぎの回数 が違うことに気がつきます。もちろん本当の息継ぎではなく、 黒板を見る回数 のことです。前から見ていると、 平泳ぎの息継ぎ のように見えるので私はそう呼んでいます。 上位のクラスは黒板に書いてあることを一 [続きを読む]
  • いい子が伸びない世界!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「顔色を伺う子」をお送りします。ごゆるりとー(^^)/ 小学生のプログラミング教室をお手伝いしていたとき 半ば教師を無視して、ガンガン進める子 と 教師に確認してから進める子 がいることに気が付きました。このように記載していると、教師に確認してから進めるほうがよいと思うかもしれませんが、プログラミングにおいてはあてはまりません。 現実の世界では 失 [続きを読む]
  • 富岡製糸場にて、親子関係を考える!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は『富岡製糸場にて』です。ごゆるりとー(^^)/ 先日、休暇を利用して 富岡製糸場 に行ってきました。 ハイ、 世界遺産になって興味がわいた タイプです(^^♪正直、そこまで期待していなかった(関係者の方、ゴメンなさい)のですが、ガイドをつとめてくださった大澤さんの、楽しませつつも日本人の誇りを持たせてくれるトークが最高でした!まだ、行かれていない方は [続きを読む]
  • イメージが大切!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は受験生にやってほしいこと、です。ごゆるりとー(^^)/ ズバリ 志望校の前で写真を撮る です! 来春同じ高校を受験する(予定の)友人数名と一緒に、とびきりの笑顔での撮影がベストです。 真夏のこの時期、桜は咲いていませんが、気分は満開! 自分が来春、通学しているイメージを持つことができればOKです! イメージできたものは実現できる どうやら受験界におい [続きを読む]
  • プログラミングがすべての人のインフラになる!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただき、ありがとうございます。最近、仕事で「プログラミング」について学ぶことが多くなりました。ネット記事の中で、大変わかりやすいものがありましたので、ご紹介したいと思います。 いま、注目を集めている「プログラミング教育」。文部科学省は小学校でのプログラミング教育の必修化を検討し、2020年度からの新学習指導要領に盛り込む方向で議論を進めています。なぜ子どもにプログラミング教 [続きを読む]
  • ほめすぎ注意!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただき、ありがとうございます。今回は「ほめすぎ注意報」をお届けします。ごゆるりとー夏期講座で、本当に久しぶりに小学生低学年の授業を担当しました。率直に言えばほめられたい子が増えた気がします。以前は家庭でほめられる機会が少ないからかな?と思っていましたが、どうやら逆のようです。「ほめる子育て」ブームに乗っかって何をやっても誉められて育っているからなのでしょう。教室でやたら [続きを読む]
  • 思春期を思い出して!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は思春期の悩みについて、です。ごゆるりとー(^^)/思春期は子どもから大人への成熟過程です。二次性徴を伴うことから身体的成熟に目がいきがちですが、実際は生きる意味自分の価値など、ものごとの本質的部分に目が向き、精神活動が複雑になって自我を確立する時期でもあります。思春期の子どもを持つ親は悩みが多いものですが、同時に子ども自身も、心が不安定にな [続きを読む]
  • ならぬものは、ならぬのです!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は叱り方について、です。ごゆるりとー(^^)/ 夏休みがはじまると、子どもの生活が不規則になることが多くなります。親は聖人ではありませんから、勉強せずにダラダラと過ごしたり、夜更かしをしたりする姿を見ると、イライラした気持ちになるでしょう。 ここで感情に任せて怒鳴りつければ、一時的に改善するかもしれませんが、それが根本的な解決にはならないことは [続きを読む]
  • 中学生の親子関係を考える!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は親子関係について、です。ごゆるりとー(^^)/ 小学生の頃は、 「勉強しなさい!」「早く用意しなさい!」 などと一喝すると、渋々といった態度かもしれませんが、比較的素直に聞いてくれることが多かったでしょう。子どもの頃は、誰でも 「親の言うことは聞かなければいけない」という気持ちを持っているものです。 しかし、中学生になって自我が強くなると、保護者 [続きを読む]
  • まず、何と言いますか?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は保護者向けのテストです。ごゆるりとー(^^)/ 小学4年生の自分の子どもが河原の岩の上をピョンピョン飛んでいます。岩がグラグラしていて危ない感じなので、『危ないからやめなさい』と声をかけますが、やめようとしません。もう一度声をかけても『平気、平気』と言って飛び続けています。心配で見ていたらやっぱり岩から滑って落ちました。だから言ってるのにと思 [続きを読む]
  • 読書感想文の書き方講座【最終回】
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今シリーズは「読書感想文」をお送りしています。いよいよ最終回です。ごゆるりとー(^^)/ 終盤のまとめ方のコツは… 最後はね  今後の目標   カッコよく となります。浦島太郎の読書感想文ならこんな風にまとめるとカッコよくなります! 玉手箱の煙は、なんだったのか。私は「時間」だと思う。浦島太郎は竜宮城で楽しいけれど、ムダな時間を過ごした。それが玉手箱 [続きを読む]
  • 読書感想文の書き方講座④!?
  • 本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今シリーズは「読書感想文」をお送りしています。ごゆるりとー(^^)/ 前回まで読書感想文の書き方講座①!?読書感想文の書き方講座②!? 読書感想文の書き方講座③!? 書き出しがうまくいったら次の段階にすすみます。「あらすじ」を書かないコツは感想文を 生活体験文や未来想像文 に変えてしまう必要があります。インパクトのある書き出しから、すぐ体験文・想像文 [続きを読む]