星 光輝  桜梅桃梨 さん プロフィール

  •  
星 光輝  桜梅桃梨さん: 星 光輝  桜梅桃梨
ハンドル名星 光輝  桜梅桃梨 さん
ブログタイトル星 光輝  桜梅桃梨
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hennkyoujinn
サイト紹介文桜梅桃梨は、それぞれが白い花・淡いピンクの花を咲かせ、それぞれが他の花にない美しさで私の心を癒してく
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 52日(平均20.9回/週) - 参加 2017/04/09 14:52

星 光輝  桜梅桃梨 さんのブログ記事

  • #152;洋式便器で手洗い
  • 左側に少し見える石段何でもない僅かな段差のところ躓き転んだ拙者ご訪問頂き、ありがとうございます在宅での話島藤千代子さん(91歳)は一緒に住んでいる息子の名前を忘れてしまうことがある夏でも炬燵を入れてしまうほど食後自宅の洋式便器を洗面所と勘違いし洋式便器の水で手を洗い 口をゆすいでいた記憶のピースをいくつも失ってしまった彼女それでもデイサービスにくるとスタッフと一緒ならば衣類たたみ食器拭きは できる [続きを読む]
  • #150;胡瓜が・・・・・
  • 牛糞を撒いたのがいけなかったのか胡瓜の葉は、萎び土に臥せてしまったご訪問いただき、ありがとうございます胡瓜6本とメロンも死滅ゴーヤーも危うい今度の日曜に萎れた野菜苗を弔い植え替えをしなければ話は180度変わるが右手首(手首の関節)を痛めると指の操作や手の返しができなくなり何かと不自由手首に限らず何でもそれぞれに役割がありそれぞれの役割によって助け合い、補うことで一つのことができるものなのですね人間 [続きを読む]
  • #149;夢知らせ(3)
  • 思いがけない処に咲いた朝顔? 昼顔?ご訪問いただき、ありがとうございます夢知らせいねさんは、急いで帰りの支度をする。帰り際、彼女は職員に挨拶に来た。「お父ちゃんは南方まで戦争に行って、苦労したんだ。陸軍中尉までになったが、復員してきたときには半分アル中気味だった。頑固な人じゃった。長年、連れ添った仲。顔を見てきたら、また施設のお世話になるのでよろしくお願いします」と、柩に眠る亡き夫に会いに出かけた [続きを読む]
  • #148;泣き面に蜂
  • 阿武隈川が流れる橋の上で beagle元気 得意ポーズご訪問いただき、ありがとうございます左手は手術の痕があり22針今日は地元の病院で消毒したまでは良かったその後 3?ばかりの段差に躓き転倒利用者は躓き転倒したことがないのに私が転倒  両手に荷物を持っていた(左手は手術したばかりなのに、痛くないから荷物を持ってしまった)右手首捻挫 右手第3指の腹 直径1?程度皮膚剥離左手よりも右手の方が痛い泣き面に蜂暫 [続きを読む]
  • #147; 夢知らせ(2)
  • 筑波山が見える常総の地妻の実家界隈を散歩麦畑と遠くには六角堂の田舎郵便局気に入っていますご訪問いただき、ありがとうございます 夢知らせ 年末帰るはずでなかったいねさんに、突然の訃報が入った。長男と三男夫婦が居室を訪れた。長男は老母の耳元に顔を近づけ、「昨日、お父ちゃんが亡くなった。ぼた餅をを食べているとき急におかしなくなったんで・・・・・。いつものかかりつけ医に診てもらったんだけど、力尽きてしまった。 [続きを読む]
  • #146;青 空
  • ご訪問いただき、ありがとうございます今日は 朝から青空いろいろ悩みや解決しなければ事があるけれどひとつ一つやりきっていくしかない嗚呼 1日48時間にして欲しいほどbeagle元気は 朝から鼾をかき寝ている羨ましい〜beagle元気になりたい [続きを読む]
  • #145;那須高原 森のなかを走る
  • ご訪問いただき、ありがとうございます帰宅してから午後は気分転換を兼ね那須塩原にある千本松牧場までドライブ濃厚なソフトクリームを味わい近くの道の駅で雪ん子蕎麦を頂く雪ん子蕎麦  大根おろし+餅が2枚+ざる蕎麦美味しかった妻は朝食べた鯵の小骨が喉に刺さり なかなかとれず困っていたそれが雪ん子蕎麦の餅を食べたら知らぬ間に小骨がとれ 気分スッキリ良かったです帰りは那須高原の森のなかを軽トラックで 40から6 [続きを読む]
  • #144;夢知らせ (1)
  • 今日の朝の空模様黒い雲の隙間から光が射すご訪問いただき、ありがとうございます夢知らせ 人間の生命は無限ではなく有限である。死はいつか訪れる。病気や障害を抱えた老人たちは死や不安を抱え生きている。老人にとって厳しい冬の峠をまたひとつ越えていくことは年齢を重ねるほど容易ではない。小山内いねさん(89歳)は、5年前に脳梗塞を患った。翌年7月に入り歩くことが困難になり車いすの生活になった。それでも、車いす [続きを読む]
  • #143;帰 路
  • 家路に向かう東北自動車道下り妻が運転 助手席は何故かbeagle元気私は運転席の後ろですご訪問いただき、ありがとうございます 5日間ぶり 阿武隈川の辺に帰ってきました玄関を開ける前に野菜畑へ直行なんと胡瓜6本のうち4本が瀕死状態原因は牛糞を畑に撒いたことで塩分が強すぎたためか脱水症のような感じで胡瓜は「くたっ〜」としていた牛糞を撒かなければよかった他者の話を鵜呑みにしないで自分で調べるなどして確認すれば [続きを読む]
  • #142;空気みたいな存在
  • ご訪問頂きありがとうございます空気は目には見えず ふわふわとしたイメージから いてもいなくてもいい存在結婚生活が長くなればなるほどそう思ってしまいがちなのだがそうではなくこの世に空空があることを意識することなく当たり前のように空気を吸っている空気がないと苦しくなる老夫婦をみていると空気みたいな存在に映る新婚のときとは違い言葉は少なく短くなるやってもらうことが当たり前のようになってしまう「ありがとう」 [続きを読む]
  • #141;老いた男が独り暮らしになったとき
  • ご訪問頂きありがとうございます独り暮らしになった老いた男の生き模様はそれぞれ自由奔放に遊び人生を謳歌してきた爺は宵越しの金は持たぬ、といった調子で月の半分も経たないうちに年金を使ってしまう砂糖を見つけた蟻??が寄って来るが如く年金受給日になると怪しげな女性が独り暮らしの老いた男の処に足げく通う幾つになっても男は馬鹿なのか良いところを見せようと年金の大半を怪しげな女性に渡してしまうヘルパーに支払う金 [続きを読む]
  • #140;バースディ+退院 祝ケーキ
  • ご訪問頂きありがとうございます昨夜は妻の実家で過ごした甥っ子(妻の姉の子)の18歳の誕生日祝い+私の退院祝い2つの祝いケーキを8人3家族+beagle元気でいただいた(beagle元気は犬用おやつ)甥っ子も私もSNOOPYが好きなことからケーキはSNOOPY??感謝感激です姪っ子は13歳で大の叔父(私)ファンで今日も私の隣りに座り体を寄せてくる姪っ子が3歳に近い2歳のときに出会う人見知りの激しい子どもだったが私が抱っこしても泣か [続きを読む]
  • #138;昨夜から嘔吐があり大変!
  • ご訪問頂きありがとうございます福島県羽鳥湖レジーナの森 せせらぎ退院前のこと ベッド上に横になっていたときmy携帯電話が鳴った着信通知をみるとyショート事業所であった電話に出ると「加納さんが夜中に嘔吐し、また、朝食前に嘔吐があった。37.0℃の微熱がある。家族(妻と長女)に連絡したけれど繋がらない。病院にかけて(受診させて)ほしい」と、その施設の看護職員から早い口調で話された。病室に居る上、距離にして12 [続きを読む]
  • #136;いま痛みが・・・
  • ご訪問頂きありがとうございます4:08です夜明け前の病棟いまようやく痛みがジワジワと浸み出す感じの痛み?これから痛みは増すのか何もせずにいると余計に気になる気にならない存在程度の痛みを願う右腕の針は抜いてもらい快適 [続きを読む]
  • #135;夜明け前3時00分の病棟
  • ご訪問頂きありがとうございますトイレで目が覚めた夜明け前3時00分頃の病棟足音もせず静まりかえっている左手の痛み無し良かった 後は感染予防だけ高熱38.5℃以上のときは救急外来受診それよりも右腕に刺した点滴の針が痛い動かすたびに針刺しの痛みがチクチクする我慢我慢 10時頃には針は抜かれる余りの静けさに腕時計の秒針の音がチッ チッ と聞こえ眠れなくなる何もせずとも横たわるとしようか [続きを読む]
  • #134;お返し
  • ご訪問頂きありがとうございます入院は非日常的な生活だがこの2日間だけで数えきれないほどの優しさを頂いた退院したら老人をはじめこの世に生きている人間以外の生物にも優しさを返したい [続きを読む]
  • #133;まだ痛みあらず
  • ご訪問頂きありがとうござい病室の窓から見た夕焼け空ピンク色に近い紫色の空かな左 手背軟部腫瘍摘出術は無事終了励まし等のコメントありがとうございます麻酔は6時間は効くということで痛みは16時頃から出現するということだが鈍感なのか、未だ痛みは感じぜずこのまま痛みが出現しても虫に刺された程度の痛みを望む 明日10時頃退院妻の実家に泊まり27日の午後 白河の関を越え阿武隈川の辺りに近い南陸奥に帰ります野菜 [続きを読む]
  • #132;左手背軟部腫瘍摘出術終える
  • ご訪問頂きありがとうございます10:15にOPE室に入る左腋下に麻酔3本注射する血液透析をしていたため静脈が肥大し神経が見えず麻酔注射に幾分てこずるOPEは60分ほどで終えた不覚にもOPEの間深い眠りに落ちてしまった目が覚めた時は縫合が終了麻酔が効くのは6時間いま左手は痺れというか正座をして両足が痺れるそれと同じかな抜糸は14日後の予定です男性の看護師で2年目位かな痛みを数字で表したとき最高に痛いのが10 [続きを読む]
  • #130;明けない朝はない
  • ご訪問頂きありがとうございます昨夜21時過ぎの病棟風景病人にとって夜は長く感じてしまうのか?明けない朝はない連日の夏日は嘘のように過ぎ去り今日の朝空は曇天畑には恵みの雨??かな豪雨では困るけど灰色の空は気持ちが晴れない若い白衣の天使の笑顔で気持ちは晴れるかな? [続きを読む]
  • #130;明けない夜はない
  • ご訪問頂きありがとうございます昨夜21時過ぎの病棟風景病人にとって夜は長く感じてしまうのか?明けない朝はない連日の夏日は嘘のように過ぎ去り今日の朝空は曇天畑には恵みの雨??かな豪雨では困るけど灰色の空は気持ちが晴れない若い白衣の天使の笑顔で気持ちは晴れるかな? [続きを読む]
  • #129;病室の中の・・・・
  • ご訪問頂きありがとうございます ゆっくり今日は本が読めると思い病室に持ち込んだのは『空が青いから白をえらんだのです』奈良少年刑務所詩集寮美千子 編文庫本のタイトルもその詩の一つで一行詩です罪を犯した少年は6年前に病院で亡くなった母の最期の言葉を詩にしたためたのです「つらいことがあったら、空を見て、そこにわたしがいるから」ふわふわした優しい白い雲がおかあさん私は人は亡くなったら白い煙となり青い空に消 [続きを読む]