アルマス さん プロフィール

  •  
アルマスさん: アルマスの庭
ハンドル名アルマス さん
ブログタイトルアルマスの庭
ブログURLhttp://harmas.naturum.ne.jp/
サイト紹介文釣り、ガーデニングからビーチコーミング、化石発掘まで ドキドキするような生物たちとの出会い
自由文自然や生き物に興味津津!生物と出会い、その知識欲を満たすために日々奮闘中。生物と自然に関係していれば何でもやるので一貫性の無い人間に見えますが、本人はいたって真面目にやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 159日(平均0.9回/週) - 参加 2017/04/10 18:50

アルマス さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 利根川のバスを狙って
  • 9月5日天気は曇り、火曜日は仕事が午前中で終わるため、午後は恒例の釣りである。古利根沼を目指したが、車窓から先行者の車が3台停まっているのが見えた。最近古利根は特に人が多い。そのまま古利根沼を素通りし、近くの利根川を目指すことにした。古利根沼は利根川の三日月湖であり、利根川までは目と鼻の先である。地図で見ると、釣りに適していそうな場所はいくつもあり、ポイントの絞り込みに苦戦する。車を走らせ、以前バ [続きを読む]
  • 調子に乗って再び古利根沼へ
  • 9月4日そろそろ古利根ででかいバスが釣りたい!今までの古利根釣行ではボウズが無く、1匹は釣れていたのをいいことに調子に乗って再び仕事帰りに古利根沼を訪れた。天気は曇り、ここ最近まともに雨が降っていないようで水位はかなり下がっていた。夕方17時頃、到着するといつものポイント付近に車が2台停まっている。先行者が居るようだ。古利根の私が釣りをするポイントははっきり言って狭い。竿を出せる場所が4ヶ所しか無 [続きを読む]
  • 仕事帰りに久しぶりの古利根沼
  • 9月2日北海道遠征から帰ってきて、久しぶりに古利根沼のバスに会いたくなったので夕方の仕事帰りに寄ってみた。天気は晴れ、日差しはまだ強いものの、どことなく秋を感じさせる夕方であった。17時頃いつものポイントに到着した。先行者も居らず、のんびりと釣りができそうだ。まずはドライブシャッドの水ようかんカラーでブレイクやストラクチャーを探ってゆく。リフト&フォールやデジ巻き、ストップアンドゴーといったリアク [続きを読む]
  • ヌマガエルの訪問
  • しばらく遠征に出ておりましたので、撮り溜めた写真をもとに記事を書いていきます。2017年8月5日我が家の玄関に見慣れない訪問者が佇んでいた。別に不審者というわけではない、カエルである。近所に居そうなカエルならば、ぱっと見で同定できそうなものであるが、こいつは同定に悩んでしまった。アマガエルの灰色パターンでもないし、トウキョウダルマガエルでも無い。ツチガエルかとも思ったが、白色のくっきりとした背中線 [続きを読む]
  • チョウセンカマキリの羽化
  • 我が家の門塀に常駐するチョウセンカマキリの幼虫が羽化した。門塀にはバラの枝を誘引してあるのだが、その枝の上にいつも居て、バラや灯りに来る虫を食べてくれていた。夜に帰宅し、今日も元気かとその様子を確認すると、何と脱皮したばかりの美しいエメラルドグリーンの成虫がそこには居た。羽化の様子は観察できなかったが、すぐ傍には脱殻があり、バラ係のカマキリが羽化したことは間違いなさそうだ。ちなみに、オオカマキリと [続きを読む]
  • 古利根沼の40upバスとの対面
  • すっかりと古利根沼の魅力に取りつかれてしまった私は、朝まずめに釣行を敢行することにした。夏場は夕方よりも気温の落ち着く朝の方が、生き物の活性も高い傾向にあるからだ。夕方には捕食スイッチがいまいち入りきらない大型バスも、朝なら盛んに食ってくるのではないかと予想してのことだ。家から古利根沼まで、車で20分程である。4:30に古利根沼に到着すると、まだ薄暗く、まさに朝まずめといった状況だ。カットテール4 [続きを読む]
  • 仕事帰りに古利根沼でバス釣り
  • 先日古利根沼でバスを釣り上げ、気を良くした私は仕事帰りに再び古利根沼を訪れた。8月は残業が無いので、夕まず目のいい時間帯に釣行することができる。この日も17時〜19時の2時間ほど、竿を出してきた。天気は朝からずっと曇りだったため、気温も落ち着いており魚の活性も期待できそうだ。早速オフセットジグヘッドにカットテール4in白を付けてボトムズル引きから。前回の釣行で通すと致命的な根の位置などはある程度把握 [続きを読む]
  • 手賀沼のブラックバスはどこにいる??
  • 最近、夏の楽しみとしてバス釣りを改めて本気でやってみようと思った。本気とは言ってもオカッパリで気軽にできる範囲での話である。我が家は幸い、手賀沼のほとりにある。せっかくなので手賀沼をフィールドにしてバス釣りを嗜むことにした。今年に入り、何度か手賀沼とその周辺の河川に釣行したものの、これが全く釣れる気配が無い。全戦全敗状態である。ルアー釣りに関してはそれなりに知識や経験はあるつもりではいたが、ここま [続きを読む]
  • 大芦川F&Cフィールドビレッジに行ってみた
  • ミノーイング用ロッドを新調したので、早速使いたい!ということでサクラマスを放流しているという大芦川F&Cフィールドビレッジへ行ってきた。こちらの釣り場は冷涼な地下水をくみ上げてポンドに利用しているそうで、年間を通して水温が一定なのだそうだ。夏場といえば多くのトラウト系の管理釣り場はオフシーズンなのだが、大芦川は夏でもトラウトフィッシングが楽しめるのだ。さらにオートキャンプサイトも併設されており、キャ [続きを読む]
  • ロイヤルサンセットの開花
  • バラ栽培を手がけた当初は、樹形やその品種の特性などは二の次で、とにかく「強香」「四季咲き」の2ワードを基準に新苗を買ったものである。香りが無いよりある方が「オトク」、春だけじゃなく年中花が咲く方が「オトク」といった浅はかな理由からである。全くもって恥ずかしい限りである。アパート住まいであったため多くは鉢植えで管理し、その多くはバラ栽培のお勉強の生贄となってしまったが…。そんな私が家を新築し、広いス [続きを読む]
  • ピエール・ドゥ・ロンサールの開花
  • 2年半かけて仕立てたつるバラ、ピエール・ドゥ・ロンサールが開花した。昨年の春はベーサルシュートも少なく、少ない花芽もクロケシツブチョッキリの食害に遭って開花はまばらであった。3年前に京成バラ園で見事な一番花を見てからというもの、ぜひとも我が家でもピエール・ドゥ・ロンサールをたくさん咲かせたいという思いでバラ栽培について勉強を重ね、いろいとと試行錯誤しながら育ててみた。その結果がついに実ってくれたよ [続きを読む]
  • ニジマスの燻製作り
  • 唐突だが私は燻製が好きだ。食材の旨みを引き出す調理法の中でも、燻煙は格別な魅力を持っている。昔から好きな食べ物も、ベーコン、ソーセージ、スモークサーモン、いぶりがっこ、ウイスキー、ビーフジャーキーなどなど、燻製もしくは燻煙の恩恵を受けた食材が多い。もともとは食材の保存性を増すために考案された調理法の一つなのだが、燻煙する際に何の煙を用いるかによって食材に付く風味が変わってくる。今では本来の保存とい [続きを読む]
  • ウォルトンガーデン釣行 本日は漁の日
  • 2017年4月29日(土)天気 晴れ気温 9℃〜21℃時間 5:50〜10:50いつもは管理釣り場で釣った魚は全てリリースしているのだが、今日は持ち帰るためクーラー持参である。なぜなら、ニジマスの燻製を作成するためだ。管理釣り場で釣れるニジマスを塩焼きや刺身で食べるのも美味しい。しかし、いつもそれでは飽きてしまう。養殖のニジマスの臭いもたくさん食べるには少々気になる。結果、毎回リリースする事にして [続きを読む]
  • 釣り糸の結び方について考えてみる2
  • 私が使っている釣り糸の結び方について、改めて見つめなおしてみると考えさせられることがとても多い。何せ、最も多用しているといっても過言ではない、ルアーやスイベル、スナップ等にラインを結ぶ結び方なのだが、自分が使っている結びの名前が分からないのだ。これはお笑い沙汰である。ロープワークに興味を示し、多少なりとも勉強していたつもりになっていた自分を情けなく、恥ずかしく思う。手元にあるロープワークの本3冊に [続きを読む]
  • 釣り糸の結び方について考えてみる1
  • 先日の釣行ではルアーの結束を横着したばかりに、魚の口にルアーが付いたままリリースしてしまうという失態を犯した。何が横着だったかというと、ハングマンズノットでルアーを直結し、結束強度の確認をしないまま釣ってしまったということだ。ハングマンズノット自体は、フィールドでルアーの自重を利用して速く楽に結べ、なおかつ強度も申し分ない優れたノットである。学生の頃、釣好きの友人に教えてもらった結び方なのだが、長 [続きを読む]
  • 浦島太郎とウォルトンガーデン
  • 2017年4月16日(日)天気 晴れ気温 11℃〜26℃時間 6:00〜11:00前日に天気予報を眺めていると明日は晴れ、絶好の花見日和との事。これは乗るしかない、このビッグウェーブに!ってことでウォルトンガーデンに行ってきた。日の出前にはひんやりとしていた空気も、日の出とともに温んでゆく。私が到着した6:50時点では既に多くの方がメインポンドで竿を出していた。さすがは絶好の花見日和、釣好きは桜色 [続きを読む]
  • 土曜の午後はウォルトンガーデン
  • 2017年4月15日(土)天気 曇り気温 22℃〜19℃時間 14:00〜18:00ここのところの気温の上昇に伴い、私の活性も上がってきたようだ。寒い中凍えながらボトムを探る釣りもいいが、やはり高活性の魚をバンバン釣りたい!ということで土曜の午後、産卵期の魚よろしくウォルトンガーデンへ乗り込んできた。朝寝して 今日も来ました ウォルトンに受付をしていると、管理人のおっちゃんが「今日はよく釣れてるみ [続きを読む]
  • 朝からウォルトン
  • 2017年4月9日(日)6:00〜11:0013℃〜14℃曇りのち雨前日のウォルトン釣行が短時間であり、腰を据えて釣りたかったので翌日は朝から突撃することにした。5:40に到着、既に先客が1名待機していた。直後にも1台の車が入って来た。さすが休日、朝から賑わっている。先に受付を済ませた方がメインポンド管理棟対岸の水車横に釣り座を構えたので、私は管理棟から見て左側の水車横で始めることにした。表層から [続きを読む]
  • 夕方ウォルトンガーデン
  • 2017年4月8日(土)天気 曇り時々雨気温 12度時間 15:30〜18:00ウォルトンガーデン自宅からも近く、何度もお世話になっている管理釣り場だ。魚の顔が見たくなった時、管理釣り場は実にいい。気軽、手軽、そして腰を据えればとても奥深い、生物の生態を考えるのにとてもいいヒントをくれたりもする。若かりし頃には「たかが釣り堀」と馬鹿にしていた頃もあったが、ここ1,2年は管釣りがすっかりお気に入りとなってい [続きを読む]
  • 歴代アルテグラ
  • 私が20年も前から、馬鹿の一つ覚えのように使い続けているものがある。誰しも長らく(?)生きていれば、愛着やこだわりのある物の一つや二つあるに違いない。私は子供の頃から子供の遊び程度に釣りはやってきた。しかし、特に道具にこだわることは無かった。何となく釣りに行き、何となく釣れ、そしてそれで楽しかった。成長し、学生となり、アルバイトをするようになった。その時にちょっといいモノを使ってみようと背伸びをし [続きを読む]
  • フィッシングクラブ ジョイバレーに行ってきた
  • 4月3日(月) 晴れ6:30〜14:30 6〜13℃以前から行ってみたいと思っていた管理釣り場、フィッシングクラブ ジョイバレーへ行ってきた。魚影の濃さもさることながら、大型のロックトラウト、ドナルドソントラウト、イトウが放流してあるというから大物好きとしては心躍るというもの。所在地は千葉県山武郡芝山町大里486-1 成田空港の目と鼻の先である。カーナビに所在地を登録するも「ピンポイントデータがありま [続きを読む]
  • 過去の記事 …