獲加多支鹵 さん プロフィール

  •  
獲加多支鹵さん: 週末は古墳巡り
ハンドル名獲加多支鹵 さん
ブログタイトル週末は古墳巡り
ブログURLhttp://kofunmeguri.hatenablog.com/
サイト紹介文趣味で週末に東京近郊の古墳を巡っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 14日(平均21.5回/週) - 参加 2017/04/10 20:06

獲加多支鹵 さんのブログ記事

  • 茶臼塚古墳 さいたま市大宮区三橋
  • 荒川の支流の鴨川に面した台地や自然堤防上に位置する側ヶ谷戸(そばがいと)古墳群の一つ茶臼塚(ちゃうすづか)古墳。円墳。直径30m。高さ3m。6世紀後半の埴輪が出土。南から。西から。北から。北東から。東から。鴨川と古墳の間の水田。ここに1950年代までは井刈(いかり)古墳があった。今は跡形もない。鴨川。茶臼塚古墳の東側には側ヶ谷戸1号墳から11号墳まで確認されている。これらは墳丘が失われた古墳もしくは発掘調査で周溝の [続きを読む]
  • 女塚古墳 大田区西蒲田
  • 女塚神社の社殿の隣にある古墳。円墳。JR蒲田駅から北西に徒歩7分。「女塚古墳の由緒」と刻まれた石碑下記のサイトで女塚古墳にまつわる三つの伝説について詳しく説明されている。古墳なう 「女塚古墳」にほんブログ村 [続きを読む]
  • 諏訪坂古墳 横浜市鶴見区諏訪坂
  • かつて鶴見区にあった古墳。前方後円墳。古墳はすでに失われている。石棺の石蓋が諏訪坂公園に保存されている。左の石板が石蓋。道標。諏訪坂公園。諏訪坂稲荷。諏訪坂古墳があったとされる辺りから總持寺(そうじじ)の眺め。總持寺は曹洞宗大本山。クックすると全ページ表示される。三ツ池公園に良好に現存する20〜30mの円墳、三ツ池古墳があるとのこと。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 南加瀬貝塚 川崎市幸区南加瀬
  • 夢見ヶ崎動物公園のある加瀬山は縄文時代前期の海進期には海に浮かぶ島だった。加瀬山の南にある南加瀬貝塚は、縄文時代と弥生時代にわたる貝塚として知られている。貝層は戦前に石灰を作るために多くが取り去られ、その後の開発などもあって今はほとんど残っていない。わずかに残された跡地に案内板が立てられた。夢見ヶ崎稲荷神社。道祖神。菜の花。太田道灌 山吹伝説。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 兜塚古墳跡 横浜市鶴見区駒岡
  • 兜塚は、1457年に太田道灌が支城地の調査ため、加瀬の台(川崎市幸区)を候補地として一夜を過ごした時、道灌の兜を鷲が奪って、本地に落とし、そして鷲が兜を埋めたいう伝説から、その名が付いた。墳丘は僅かしか残っていない。1938年に土取り工事によって削られた際に副葬品が出土した。円墳。直径30.8m。高さ5.8m。6世紀頃の築造。堂ノ前古墳から東に徒歩12分。1966年10月建立の「遺蹟」石碑と、兜塚伝説400年を顕彰する明治4 [続きを読む]
  • 堂ノ前古墳 横浜市鶴見区駒岡
  • 鶴見川に面する丘陵地帯に築かれた前方後円墳。墳長25m。後円部の直径16m。高さ4.5m。6世紀後半の築造。墳丘は削平されている。瓢箪山古墳から南西に徒歩5分。鷹野大橋バス停からは徒歩6分。北側からアプローチ。横穴墓?防空壕?駒岡堂ノ前公園。南東側から。横浜市 鶴見区 第24回:眠りを覚ました古代人にほんブログ村 [続きを読む]
  • 瓢箪山古墳(お穴様) 横浜市鶴見区駒岡
  • 明治の末ごろ、京浜電鉄(現京浜急行)の軌道をつくる土をとるために瓢箪山を切り崩していたところ、丘の中腹で2m四方の大きな横穴が発見され、その穴の中から人骨、埴輪、土偶、勾玉、刀剣などがたくさん出てきた。穴の入口に格子戸を立て「お穴さま」として祀ったところ、目が悪かったおばあさんがお祈りをしたら目が治ったということから、「お穴さま詣で」としてお参りすることが大流行した。川崎駅西口から鶴見駅西口行きの臨港 [続きを読む]
  • 白山古墳と第六天古墳 川崎市北加瀬
  • 白山(はくさん)古墳は4世紀後半頃に築かれた武蔵国でも最も古い大形の前方後円墳。全長87m。1937年に発掘調査され、遺体を安置した主体部からは鏡類・玉類・鉄器類など多量の副葬品が発見された。多摩川流域では唯一の「初期」の三角縁神獣鏡が出土している。三角縁神獣鏡は慶應大学が所蔵。第六天古墳は7世紀後半に白山古墳の西隣に築造された円墳。直径19m。1937年の発掘調査では、横穴式石室から勾玉や金銅製鈴などの副葬品とと [続きを読む]
  • 加瀬台古墳群 川崎市幸区北加瀬
  • 標高30mほどの細長く突き出した加瀬台(夢見が崎)にある古墳群。4世紀後半から7世紀後半に築造された11基の古墳のうち7基が現在する(1基は微妙)。川崎駅西口の55番のバス乗り場から川崎市バス「川64、川63、川66、川67」に乗車して、夢見ヶ崎動物公園前バス停で下車。徒歩6分。今回は塚越から歩いた。徒歩27分。加瀬台にある夢見が崎動物公園の入り口。9号墳。円墳。9号墳の墳頂の太田道灌碑。1号墳(滅)があったあたり。男の子の秘 [続きを読む]
  • 塚越古墳 川崎市幸区塚越
  • 川崎市幸区塚越に所在する塚越古墳は「塚越」という地名の由来になったとされる古墳。円墳。直径18m。高さ3.2m。川崎駅西口の55番のバス乗り場から蟹ヶ谷行きの川崎市バス「川64」に乗車して、塚越バス停で下車。徒歩7分。塚越には川63、川66、川67でも行ける。塚越村は其の名の起る處を按に、村内に古塚ありて其邊を塚の越といへり、此塚あるより起こりし地名なることしらる『新編武蔵風土記稿』2013年3月に川崎市教育委員会が調 [続きを読む]
  • 稲荷丸塚古墳 世田谷区等々力
  • 上野毛自然公園の野毛(崖)の上にある塚。古墳の可能性がある。上野毛自然公園は国分寺崖線上にある公園で、斜面の上側にサクラのや広場、下側に湧き水で作られた流れや池があり、ショウブなどの湿性植物を見ることができる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 稲荷丸古墳 世田谷区上野毛
  • 上野毛稲荷塚古墳から北北西に500m。五島美術館の庭園にある古墳。円墳。径20m。高さ2m。[Google マップ]この地は隣接する遺跡(稲荷丸北遺跡)の発掘調査により竪穴内点在貝塚を含むなど縄文時代の前期後半の竪穴式住居も見つかり、都内では珍しい諸磯期の集落址が確認されている平成25年4月 五島美術館 [続きを読む]
  • 野毛大塚古墳 世田谷区野毛
  • 御岳山古墳から北西に500m。上野毛から尾山台にかけて広がる野毛古墳群のなかで最大規模の帆立貝形古墳。全長82m。周囲には馬蹄形の濠がめぐり、これを含めた全長は104m。古墳の表面は葺石で覆われ、都内最古の埴輪列が立てられている。5世紀初めころの築造。[Google マップ]造出部。墳頂には発掘調査した主体部を示すタイル。野毛大塚古墳 | 世田谷区 [続きを読む]
  • 等々力渓谷横穴墓群 世田谷区等々力
  • 御岳山古墳の西を北から南に流れる谷沢川が武蔵野台地を浸食してできた等々力渓谷。谷間の崖地に造られた横穴墓群は、古墳時代後期から奈良時代(7世紀後期から8世紀)に築造と推定される。これまでに調査した3基のうち、3号墓はガラス越しに内部がのぞけるように復元されている。1号墓と2号墓の標識。役行者(役小角)を祀る祠。神変窟。神変窟は役行者が修行したと伝わる。等々力不動尊(満願寺)。東京都指定史跡 等々力渓谷3号横穴 | [続きを読む]
  • 多摩川台古墳群 大田区田園調布
  • 古墳時代後期の6世紀から7世紀に亀甲山古墳と宝来山古墳との間の多摩川台に造られた8基の古墳群。[Google マップ]6世紀前半に2号墳が築造され、6世紀後半に2号墳を前方部として1号墳を後円部とする前方後円墳(全長39m)が築造された。その後、3号墳から8号墳までの円墳(直径13〜19m)が7世紀中頃まで継続して築造された。これ以降、多摩川下流域では古墳は造られなくなる。出土品。(多摩川台公園古墳展示室) [続きを読む]