挂甲の武人 さん プロフィール

  •  
挂甲の武人さん: 週末は古墳巡り
ハンドル名挂甲の武人 さん
ブログタイトル週末は古墳巡り
ブログURLhttp://kofunmeguri.hatenablog.com/
サイト紹介文趣味で週末に東京近郊の古墳を巡っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 105日(平均8.5回/週) - 参加 2017/04/10 20:06

挂甲の武人 さんのブログ記事

  • 古墳まつり夏 (7/29,30)
  • 福島県郡山市の大安場史跡公園で恒例の古墳まつりが開催される。古墳シンガーまりこふんさんのコンサートや古墳にコーフン協会のワークショップもある。大安場史跡公園【まりこふんライブ出演&ワークショップ】大安場史跡公園古墳まつり夏(7月29日・30日)/福島 | 古墳にコーフン協会にほんブログ村 [続きを読む]
  • 野毛大塚古墳第2主体部出土品(7/11-9/10)
  • 東京国立博物館が所蔵する野毛大塚古墳の第2主体部出土品が、今年、国の重要文化財に指定される。東京国立博物館では、7月11日から9月10日まで平成館企画展示室で、所蔵する第2主体部出土品を展示する。野毛大塚古墳は5世紀に築造された全長82mの帆立貝式古墳で、墳頂に4つの主体部(埋葬施設)が見つかっている。1897年に第2主体部の箱形石棺から滑石製模造品や鉄製武器、装身具などが発見された。これら第2主体部出土品の大半は東 [続きを読む]
  • 王神遺跡 現地説明会(7/22)
  • 日高市の埼玉県立日高高等学校の南側に広がる王神遺跡で、高麗郡建郡以降に営まれた集落の発掘調査を実施している。7月22日(土)に現地説明会を開催する。奈良・平安時代の竪穴住居址や掘立柱建物跡や出土した須恵器や土師器などが見学できる。王神遺跡発掘調査現地説明会【7月22日開催】/日高市ホームページにほんブログ村 [続きを読む]
  • キトラ古墳壁画 一般公開(7/15-8/13)
  • 奈良県明日香村の保存展示施設・四神の館に収蔵されているキトラ古墳壁画の「朱雀」が7月15日から8月13日まで一般公開される。事前申し込みが必要だが、当日空きがあれば見学できる。朱雀は古墳石室の南壁に描かれていた。保存のため他の壁画とともにはぎ取られクリーニングを実施。昨年修復が終了した。今後、キトラ古墳壁画の公開は年4回の実施が予定されている。また、7月15日から21日まで、国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設に [続きを読む]
  • 蓑毛小林遺跡 見学会(7/15)
  • 秦野市で行われている新東名高速道路建設事業に伴う発掘調査の見学会が実施される。蓑毛小林遺跡では旧石器時代の遺物が非常に多く出土し、県内でも有数の旧石器遺跡である。今年の調査では縄文時代草創期の遺物や遺構が発見された。http://www.kaf.or.jp/2017/06/21/minoge/にほんブログ村 [続きを読む]
  • 本町六丁目遺跡 見学会(7/17)
  • 武蔵小金井駅南口第2地区再開発事業用地での「遺跡見学会」が7月17日(海の日)に行われる。6月10日に1回目が行われ好評につき2回目を開催。縄文土器や落とし穴、防空壕など見所が多い。第2回遺跡見学会を開催します:小金井市公式WEBへようこそ遺跡見学会を開催しました:小金井市公式WEBへようこそにほんブログ村 [続きを読む]
  • 城南小学校内遺跡 見学会(7/15)
  • 品川区立城南小学校・幼稚園の改築工事にともない、埋蔵文化財の発掘調査を行っている。発掘中の現場から、 明治45年(大正元年)から昭和32年まで使用されていた旧校舎の跡が発掘された。7月15日(土)10:00〜12:00と13:00〜15:00の2回、見学会が行われる。時間と興味のある方はどうぞ。城南小学校内遺跡発掘現場見学会【7月15日開催】|品川区にほんブログ村 [続きを読む]
  • 小石川植物園 基礎遺構現地説明会(7/18)
  • 文京区白山にある小石川植物園で、現在、公開温室の建替え工事に伴う埋蔵文化財調査を行っています。7月18日(火)10:00〜12:00に現地説明会が行われます。明治29年に建設された約120年前の公開温室の基礎遺構が見学できるそうです。旧温室の全容を見学できる最初で最後の機会だそうで、お時間とご興味のある方はどうぞ。文京区 遺跡見学会のお知らせ(小石川植物園)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日本発掘! 文化庁編
  • 「発掘された日本列島」展20周年を記念して2015年に開催された講演会を1冊にまとめた本。「古墳時代」は大塚初重さん。三角縁神獣鏡について、そろそろ鋳型が(畿内から)出てきてもいいのではないかと述べる。すでに国内から500枚も出土しているのに中国の魏から1枚も出ないのでは卑弥呼がもらった魏鏡100枚とするのは無理がある。 1995年から2015年の20年間の調査や研究で明らかになってきた事柄が簡潔にまとめられている。にほん [続きを読む]
  • 東高根森林公園 川崎市宮前区神木本町
  • 川崎市北部の多摩丘陵の東端、多摩川とその支流の平瀬川に囲まれた、かつての里山を1978年に神奈川県立の森林公園として開設した。面積は10.6ha(106,000m?)。公園北部(古代芝生公園)で、弥生・古墳時代(推定3〜6世紀頃)の竪穴式住居跡が約60軒、ドングリなどの食糧貯蔵穴跡、貝塚などが発見された。また遺跡周囲にはシラカシ林(推定樹齢150〜200年)が自然林に近い形で残っており、これが学術的にも非常に価値の高い植物群落である [続きを読む]
  • 馬場小室山遺跡 さいたま市緑区馬場
  • 埼玉県を代表する縄文遺跡。縄文時代中期から晩期の集落跡。遺跡のあった場所は里山で、深い雑木林で、近代に至るまでほぼ手付かずの状態で縄文時代の遺跡として残っていた。遺跡遺構の東側部分(約4,000m?)が2005年3月、さいたま市指定文化財史跡に指定された。2015年3月、埼玉県史跡に指定された。さいたま市/馬場小室山遺跡にほんブログ村 [続きを読む]
  • 弥生土器の発見地 文京区弥生
  • 1884年3月2日、当時、東京大学予備門の学生だった有坂鉊蔵(しょうぞう)が根津の谷に面した貝塚から赤焼きの壺を発見した。翌日、東京大学の学生だった坪井正五郎、白井光太郎を現場に連れて行き、壺は坪井にあずけられた。後年になって、これが縄文土器とは異なるものと認められ、発見地の地名から「弥生土器」と名づけられた。弥生式土器発掘ゆかりの地。異人坂。根津小学校の裏。東大赤門。文京区 「弥生式土器ゆかりの地」碑「 [続きを読む]
  • 影向寺遺跡現地見学会 川崎市宮前区野川
  • 2015年に川崎市初の国史跡に指定された橘樹官衙遺跡群の全容解明に向けて川崎市教育委員会が実施した影向寺遺跡の発掘調査の現地見学会に参加した。橘樹郡衙遺跡群は橘樹官衙跡及び影向寺遺跡から構成されている。今回、影向寺境内南西側を調査した。横一列の溝は掘立柱塀か建物の壁。その手前が時代の異なる住居跡。右の住居の方が古い。廃瓦を活用した窯が2つ。廃瓦を活用した窯。瓦と瓦塔(がとう)の破片。影向寺の本堂の薬師堂 [続きを読む]
  • 発掘された日本列島 2017 江戸東京博物館
  • 江戸東京博物館で開催されている「発掘された日本列島 2017」を見て来た。展示内容は「墳丘からの眺め」さんが詳細にレポートされている。私のお目当ては、こちら。「関東考古学フェア」「2017スタンプラリー」1個目のスタンプをゲット。常設の展示から昭和の三種の神器。松下の冷蔵庫、東芝のテレビと洗濯機。手妻(てづま)の実演。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 地蔵山古墳 厚木市船子
  • 1977年に国道246号線バイパスの工事の際に発見された。国道の片側車線をトンネル(地蔵山洞門)にして保存した。前方後円墳。全長72m、後円部径36m、高さ7m、前方部幅24m、高さ4m。墳丘の形状から4世紀後半から5世紀中葉の築造。小田急線の愛甲石田駅から1.4km。前方部が北を向く。古墳の真下が国道246号線。後円部から前方部。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 愛甲大塚古墳 厚木市愛甲東
  • 愛甲大塚古墳は石田車塚古墳とも呼ばれる。愛甲は厚木市の地名で、石田は伊勢原市の地名。この古墳は厚木市と伊勢原市の市境にある。現状径30m、高さ約5m程度で円墳と思われていたが、調査の結果全長70〜80メートルの前方後円墳であることが分った。4世紀終わりごろの築造と推定されている。西から。東から。古墳時代 | 伊勢原市にほんブログ村 [続きを読む]
  • 桜土手古墳郡 秦野市堀山下
  • 秦野市の中央部を流れる水無川の中流域に位置し、35基の円墳が確認されている。全て円墳で7世紀後半の築造。桜土手古墳公園に6基が保存されている。また、1基の復元古墳がある。展示館に多くの出土品、模型、写真が展示されている。隣接する日産車体の敷地に5基、島津製作所の敷地に1基あり、現存する古墳は12基。30号墳。径22.8m、高さ2.5m、周溝の幅1.7m。29号墳。径15.6m、高さ1.4m、周溝の幅1.6m。28号墳。径15.6m、高さ1.8m、 [続きを読む]