挂甲の武人 さん プロフィール

  •  
挂甲の武人さん: 週末は古墳巡り
ハンドル名挂甲の武人 さん
ブログタイトル週末は古墳巡り
ブログURLhttp://kofunmeguri.hatenablog.com/
サイト紹介文趣味で週末に東京近郊の古墳を巡っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 159日(平均8.0回/週) - 参加 2017/04/10 20:06

挂甲の武人 さんのブログ記事

  • 二子山古墳 行田市埼玉
  • 全長138mの前方後円墳。武蔵国で最大の古墳。6世紀初頭の築造。後円部の北東から北西から柔道家の吉川栄の「一源三流」は「一つの源は誠の心。家のためには汗を流す。友のためには涙を流す。国のためには血を流す。」という意味。造出しから後円部前方部から後円部にほんブログ村 [続きを読む]
  • 稲荷山古墳 行田市埼玉
  • 埼玉古墳群で最初に築造された古墳。前方後円墳。全長120m。高さ11.7m。埼玉県で二番目の大きさ。5世紀後半の築造。前方部は1937年に削平。2003年に復元。1968年の調査で後円部から礫槨と粘土槨の2つの埋葬施設(主体部)が見つかった。礫槨から鉄剣と画文帯神獣鏡1面などを発掘した。1978年にこの鉄剣に115文字の金象嵌の銘文が表されていることが判明した。墳頂の礫槨粘土槨後円部の中央に未調査の埋葬施設がある可能性が指摘され [続きを読む]
  • 丸墓山古墳 行田市埼玉
  • 丸墓山古墳は日本最大規模の円墳。径105m、高さ19m。6世紀前半の築造。桜の名所としても有名。1590年、石田三成が忍城水攻めの際に、丸墓山古墳の墳頂に本陣を構えた。石田堤。「史蹟埼玉村古墳群」の碑墳頂から望む忍城稲荷山古墳将軍山古墳にほんブログ村 [続きを読む]
  • 愛宕塚古墳 現地説明会(9/9)
  • 栃木県壬生町教育委員会は、茨城大学・東京学芸大学と共同で「愛宕塚古墳」の発掘調査を実施中。9月9日に現地説明会を開催する。前方後円墳を大小の埴輪が2重に取り囲んでいる状態が良好な状態で残されていることが分かった。発掘中の壬生愛宕塚古墳 現地説明会を開催 | 壬生町公式WEBサイトにほんブログ村 [続きを読む]
  • 中根八幡遺跡 現地説明会(9/3) 栃木市藤岡町中根
  • 9月3日に開催された中根八幡遺跡の現地説明会に参加した。中根八幡遺跡は縄文時代の直径160mの環状盛土遺構をもつムラの跡。國學院栃木短期大学と奈良大学が共同で学術調査を行なっている。環状盛土遺構は、盛土をドーナツ状の堤に造った縄文時代の遺構で、小山市寺野東遺跡で1990年から1995年の調査で初めて発見され、その後、埼玉県や千葉県で発見が続いている。遺構の構造凹地の調査区。関東ローム層が平らに削られている。環状 [続きを読む]
  • 道作1号墳 現地説明会(8/26) 印西市小林
  • 8月26日に千葉県印西市の道作1号墳の現地説明会に参加した。道作1号墳は利根川右岸の小林馬場の台地にある古墳時代後期の前方後円墳。20基ほどの古墳からなる道作古墳群で最大の古墳。全長約46m、高さ4m。6世紀後半の築造と考えられていたが今回の調査結果から6世紀中ごろの可能性がある。昨年のレーダー探査で、後円部の墳頂と前方部に影が認められ、今回は後円部の墳頂を発掘、箱式石棺の筑波石の天井石3枚を検出した。追葬の跡 [続きを読む]
  • あおもり縄文女子 モデル・デザイン募集
  • 青森県では、世界遺産登録をめざす「北海道・北東北の縄文遺跡群」に関する興味・関心を高め、県内外に広くPRするため、情報発信力の高い女性を対象とした情報誌『あおもり縄文女子』の“縄文モデル”及びモデルが着用する“縄文服デザイン”を募集中。9月4日締め切り。「あおもり縄文女子」プロジェクトのモデル・デザインを募集します - 青森県庁ホームページにほんブログ村 [続きを読む]
  • 縄文土偶サミット(8/26-9/24)
  • 北海道函館市の道の駅「縄文ロマン南かやべ」に併設されている「函館市縄文文化交流センター」で、収蔵展示されている北海道唯一の国宝「中空土偶」の国宝指定10周年を記念した企画展「縄文土偶サミット」が開催される。【イベント】土偶を見る、土偶を語る、土偶だらけの企画展「縄文土偶サミット」開催!!「函館市縄文文化交流センター」 ? 北の道の駅土偶を見る土偶を語る土偶だらけの企画…の画像 | 道の駅「縄文ロマン南かや [続きを読む]