星谷 奈那 さん プロフィール

  •  
星谷 奈那さん: 視点Nからお送りします
ハンドル名星谷 奈那 さん
ブログタイトル視点Nからお送りします
ブログURLhttps://ibd-life.com/
サイト紹介文潰瘍性大腸炎に猛烈アプローチされて大腸を全摘した、(病に)愛され系HSP女子のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 155日(平均1.1回/週) - 参加 2017/04/11 01:26

星谷 奈那 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 私はどっちつかずのIBD患者【潰瘍性大腸炎とクローン病の境目】
  • どうも、星谷です。私はUC患者ですが、厳密にいうと「今のところ潰瘍性大腸炎」、という表現の方が正しいかもしれません。ちょうどそのことに関連する用語をひとつ覚えたので、今回はそれも一緒に書いていきたいと思います。発症して数年経ってから、クローン病である可能性もでてきた私は発症当時の所見では潰瘍性大腸炎でした。これを書いている時点でも、指定難病の受給者証の病名は潰瘍性大腸炎です。ただ、私の 病歴を見て [続きを読む]
  • 初めての入院で一番ショッキングだった出来事【UC体験記】
  • どうも、星谷です。まだ首にカテーテル挿した話と、トイレ行き過ぎて下血チェックがしんどいって話くらいしかしてないので、「入院生活のエピソードらしいエピソード、もっとないの?」という声が聞こえてきそうですが、先に言ってしまうと、初めて入院した先での話は 今回で終わりになります。「オイオイどんだけ書くことないんだよ!」と思われるかもしれませんが、実はあまり間を置かずに別の病院へと転院することになったんで [続きを読む]
  • 禁食しても続く下血。点滴しているとトイレが近い【UC体験記】
  • どうも星谷です。初めての入院生活が始まり、ビビりながらも なんとか中心静脈 (CV) カテーテルを入れてもらった私は、禁食の身ながら無事に栄養補給ができるようになったわけですが…。禁食しててもトイレには行くよ禁食前と変わらず、頻繁にトイレには行っていました。なぜなら便は出なくても、下血はあったからです。あ。ちなみに、究極もし血も何も出なかったとしても、腸からは腸液 (粘液) が分泌されているので、それが出て [続きを読む]
  • 点滴棒さんって扱いが面倒だけど超イイ奴だよね
  • どうも、星谷です。UC体験記で中心静脈カテーテルの話をしたので、それ繋がりで点滴の際にかかせない点滴棒さんの個人的印象について書いてみる。点滴棒という相棒 (言いたかっただけ)点滴をしている時は、薬剤の袋やビンをぶら下げておく点滴棒がセットでついてきます。これで常時点滴をしながらの歩行が可能になるわけですね。点滴主がベッドにいる時にはその脇にたたずみ、どこかへ行く時には その先がトイレであっても行動を共 [続きを読む]
  • 【見っけた】診断された時に撮った内視鏡の写真をさらしてみる【UC体験記】
  • どうも、星谷です。なんとなんと、見つけたよー!!何年か前に失くしたって言ってた内視鏡の写真!!★その時の記事は⇒ コチラオカンの書類の間に挟まってました…電話きて何かと思ったら「あった!」と。何年も行方不明だったのに、失くしたことを記事に書いた数日後に見つかるとか、なんというミラクル…。ちょうど内視鏡写真の記事を書いていた時、母に当時のことを聞きつつ「あの写真どこにいっちゃったんだろうねー」なんて [続きを読む]
  • 人生初の入院と、禁食時の栄養補給あれこれ【UC体験記】
  • どうも、星谷です。これまでに異変〜診断までの流れをお話してきました。今回からは、入院して内科的治療をはじめた頃の話からしていきたいと思います。初めての入院入院した先はとある総合病院内の消化器内科。当時、ちょうど新しく建て直したばかりの所だったので、めちゃくちゃ綺麗!床はポフポフした絨毯?布?素材だから物音もしにくく、大部屋の最大人数が3人という、個人的にはとっても有難い環境でした。ただ、記憶がほと [続きを読む]
  • ついに診断確定。そして入院編へ…【UC体験記】
  • どうも、星谷です。前回 は大腸の内視鏡検査をした所までお話しました。もらった1枚の内視鏡写真内視鏡検査が終わってぐったりとベッドに横たわっていると、シャッとカーテンが開き、検査をしてくれた院長先生が 内視鏡で撮影した写真を見せつつ話をしてくれました。潰瘍性大腸炎という病気であること、このあと総合病院に入院する運びになったこと。可能性があることは分かっていたので、特に驚きはしませんでした。けど、正直実 [続きを読む]
  • 地獄の一夜からの悶絶!緊急検査【UC体験記】
  • どうも、星谷です。過去の反省会は一旦しまいにして、サクっと話を進めていきますね。初診はできるなら予約するのがオススメ予約者優先でめっちゃ待つことになるからね。経験のある方も多いと思います。かなり緊急な場合には、それを伝えることも結構大事。待ち合い室で待てる人だ、と思われて普通に待つことになってしまうからです。私が行ったクリニックも、地元で胃腸の内視鏡検査をしている事で有名な所だったので、予約者だけ [続きを読む]
  • 診断がつくまでの後悔ポイントまとめてみた【UC体験記】
  • どうも、星谷です。ここまでの体験記を読んでくださっている方は、「診断つくシーンまであとどのくらい?」とあまりのテンポの悪さにイラッとしていることでしょう。私が一番びっくりだよ!!!!昔を思い出しながらこうして書いてるけどさ、まじで何やってんだよ当時の私。こんだけグダついてんだからそりゃ重症までいくわ…。過去をやり直せるなら一番やり直したい所今思い返しても後悔しかないです。あまりにも後悔ポイントが多 [続きを読む]
  • 潰瘍性大腸炎という名を目にはしていた【UC体験記】
  • どうも、星谷です。内科クリニックに行ったはいいけど、そこからま〜話が進まない……ハハ、症状は進みまくってるけどな!――というのが 前回のお話でした。心配な時ってとりあえず検索しちゃうよね実は、潰瘍性大腸炎というワードには、わりと早い段階で出会っておりました。下痢の回数が増えてきた頃、心配になって気になるワードで調べまくってたんです。「下痢 腹痛」とか「下痢 体重減る」とか思いつくものを色々。当時ガ [続きを読む]
  • トイレ行っても行かなくても腹が痛い【UC体験記】
  • どうも、星谷です。頻回な下痢、体重の減少を自覚し始めた私は、自宅からほど近い内科クリニックを受診することにしました。これがそもそもの間違いだった…。モヤモヤの残った初診――と、よくある診察の流れを一通りして。喉の腫れも特になし。触診もお腹回りを圧迫されると少し苦しいかな、という感じ。(少し苦しく感じたのは、腸に若干の炎症があったからなんだろうなぁ。)結局これといったものが無いためか、その日は整腸剤み [続きを読む]
  • ある日から突然起こりはじめた異変【UC体験記】
  • どうも、星谷です。私の体に異変が起き始めたのは、「この春休みが終わったら、高校生活も3年目に突入か〜」なんて思っていた頃のこと。今思えば、初期症状だった潰瘍性大腸炎の代表的な症状に、下痢があります。私がいちばん最初に自覚したのも、「お腹の調子が良くないなぁ」でした。といっても、その時点では他に悪いところもなかったので、特に深く悩みもせず「まぁ少ししたら治るっしょ!」みたいな軽いノリでいました。タイ [続きを読む]
  • 潰瘍性大腸炎・クローン病で起こりうる腸管外合併症
  • こんにちは、星谷です。今回は 炎症性腸疾患 (IBD) の「 腸管外合併症 」について。潰瘍性大腸炎 と クローン病 の合併症には、腸内で起こる「 腸管合併症 」と、腸以外の場所で起こる「 腸管外合併症 」があります。「 腸管合併症 」の方については、それぞれ別に記事がありますので、そちらをご覧ください。★潰瘍性大腸炎の腸管合併症★クローン病の腸管合併症合併症そのものの意味については コチラ 。なんで 腸管 は別記事な [続きを読む]
  • クローン病で起こりうる腸管合併症
  • こんにちは、星谷です。クローン病で起こりうる合併症には、「腸管合併症」と「腸管外合併症」があります。腸で起こるのか、それ以外の所で起こるのかの違いですね。このページでは、その内の「腸管合併症」についてまとめています。合併症そのものの意味については、下記の記事をご覧ください。意味はひとつじゃない?誤解されがちな医療用語「合併症」こんにちは、星谷です。「合併症 (がっぺいしょう)」という医療用語。よく聞 [続きを読む]
  • 潰瘍性大腸炎で起こりうる腸管合併症
  • こんにちは、星谷です。潰瘍性大腸炎で起こりうる合併症には、「 腸管合併症 」と「 腸管外合併症 」があります。腸で起こるのか、それ以外の所で起こるのかの違いですね。このページでは、その内の「 腸管合併症 」についてまとめています。合併症そのものの意味については、下記をご覧ください。意味はひとつじゃない?誤解されがちな医療用語「合併症」こんにちは、星谷です。「合併症 (がっぺいしょう)」という医療用語。よく [続きを読む]
  • 意味はひとつじゃない?誤解されがちな医療用語「合併症」
  • こんにちは、星谷です。「合併症 (がっぺいしょう)」という医療用語。よく聞くけど、具体的には何を指す言葉よ?って疑問に思ったことはありませんか?私自身よく使う割に、いざ聞かれたら意味をうまく説明できないな…と思って、改めて調べてみたんです。そしたら、ま〜中々に誤解を招きやすい用語でして。しかも誤解したままだと、なんだか危険そう…。個人的には、自分は病院とは縁遠いんで!と思っている人にこそ知っておいて [続きを読む]
  • クローン病(CD)とは
  • クローン病 (くろーんびょう)英:Crohn’s disease は、ざっくり言うと、全ての消化管がただれてえらいこっちゃ!な難病のこと。英語名からCDと略されます。ちなみに病名は、初めて報告した医師の名前に由来しています。患者数は約4万人程。近年増加の傾向にありますが、同じ 炎症性腸疾患 (IBD)である 潰瘍性大腸炎 (UC)の17万人と比べると、クローン病の方がぐっと少ないですね。その違いは何なのでしょうか。以下にざっと [続きを読む]
  • 潰瘍性大腸炎(UC)とは
  • 潰瘍性大腸炎 (かいようせい だいちょうえん) 英:Ulcerative Colitis は、ざっくり言うと、大腸の中がただれてえらいこっちゃ!な難病のこと。クローン病 (CD) と共に、炎症性腸疾患 (IBD) に分類されています。潰瘍性大腸炎と何度も言うのは面倒くさいので、患者間でしゃべる時なんかは、英語名の略称:UC をよく使います。年々患者の数は増えており、2017年現在 約17万人程いるといわれています。発症する年齢は10〜30代が多いよ [続きを読む]
  • 炎症性腸疾患(IBD)とは
  • 潰瘍性大腸炎とクローン病のこと炎症性腸疾患(えんしょうせい ちょうしっかん)とは、小腸および大腸に慢性的な炎症や潰瘍を引き起こす病気の総称です。主に潰瘍性大腸炎 (UC)や クローン病 (CD)のことを指します。英:Inflammatory Bowel Disease の頭文字から「IBD」と呼ばれています。ちなみに「IBD」は、患者の間なんかでは割とよく使うワードのひとつ。潰瘍性大腸炎とクローン病の患者、どちらも含んでいる内容の時に使い [続きを読む]
  • 過去の記事 …