労働主義は、格差を無くす。 さん プロフィール

  •  
労働主義は、格差を無くす。さん: 労働主義は、福祉国家を目指す。
ハンドル名労働主義は、格差を無くす。 さん
ブログタイトル労働主義は、福祉国家を目指す。
ブログURLhttp://adler7788.blog.fc2.com/
サイト紹介文労働主義は、労働者を守る。 労働主義は、格差を無くす。 労働主義は、資本主義に対抗する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 161日(平均10.7回/週) - 参加 2017/04/12 00:44

労働主義は、格差を無くす。 さんのブログ記事

  • 拡散したくなる記事を発見した。
  • 米・モンサント社は、遺伝子組み換え作物の世界シェア90%を占めている。モンサント社製造の除草剤耐性遺伝子組み換えトウモロコシ(NK603)をマウスに2年間、エサに混ぜて食べさせた結果が次の写真である。大きな腫瘍ができている。そして、この遺伝子組み換え作物を一番消費しているのが日本である。もうトウモロコシ食品を食べたくない。学校給食にも出ているらしい。日本の厚生労働省は、アメリカの圧力で規制が緩くなってい [続きを読む]
  • 競争原理の資本主義から、協働原理の労働主義へ
  • 競争原理=資本主義協働原理=労働主義現代の資本主義は、自由主義経済であり、自由主義は自由だから、一見良さそうに思える。ところが、それは言葉の魔法であり、誤魔化されてはいけない。自由といっても、資本家にとっての自由であって、資本家が、自由に好きなだけ儲けいていいという原理である。労働者にとっては搾取でしかない。その結果もたらされたのは、不景気、サービス残業、倒産、失業、貧困、格差などの、競争原理によ [続きを読む]
  • ネットのおかげで真理を知ることができる時代になった。
  • インターネットのおかげで、我々はつながり合うことができた。そして、知識を共有できる時代になった。さらに、真実と真理を知ることができる時代になった。この力は大きい。今までになかった新時代が来ているのである。我々は、ネットの力で日本を変えていくことができる時代を迎えているのだ。これからの時代は、ネットでつながりながら個人の力を高めつつ、ネットの力で日本を変えていこう。↓1日1回、応援 を。(現 [続きを読む]
  • 思想は進化する。
  • 医学も科学も進化を続けている。学問というのは、研究するから進化をするのである。だから、思想も進化する。思想の進化を図式化すると次のようになる。民主主義→民意主義→福祉主義→労働主義労働主義は、民主主義、民意主義、福祉主義の進化形である。民主主義が進化すると民意主義になり、福祉主義になり、そして労働主義になっていく。これが思想の進化である。人類や科学技術が進化するように、思想もゆっくり進化する [続きを読む]
  • 科学技術能力や仕事処理能力を鍛えるだけの教育になってしまっている。
  • 「人は誰しも幸せになる権利がございます」と豊田真由子元自民党代議士がおっしゃるように、秘書にも人権はある。人は能力で決まるのではない。能力で決まるのは収入だけであり、人権も生存権も平等なのである。人を馬鹿にするのは侮辱罪であることを東大法学部で習っているはずである。これは、知識と実践が一致するとは限らないことの事例となる。彼女にとっての知識とは、東大入試のための知識でしかなかったようである。このよ [続きを読む]
  • 資本主義は、非常に危険な思想
  • 資本主義のアメリカは、金持ちが偉いと考えている国である。貧困になるのは努力が足りないからであり、貧困になるのは個人責任であるという考えである。これは、自己中心主義であり、利己主義であり、非常に危険な思想である。資本主義において失業は必ずあるし、貧困層は、最下層から順に1,000万人までと決まっている(2017年現在)。貧困層から抜け出した人がいたとしても、必ず反対に失業に追い込まれて貧困層になる人ができる [続きを読む]
  • PDCAでミスを減らす改善がされた会社は生産性が高い。
  • レベルの高い人が、小さなミスで自省するのと、スキルの未習得の人が、大きなミスを反省するのとでは、大きな差がある。比較するから違いが鮮明になるだけで、本人の気持ちを比べれば、むしろ逆転しているかもしれない。このように、比較するから相対的評価になる。相対的評価は、減点方式になりやすいので、加点方式の絶対的評価を導入すべきである。減点方式はミスを恐れて萎縮するが、加点方式は成果を上げようと積極的になれる [続きを読む]
  • 日本は、労働生産性が低い。
  • 日本は、労働生産性が低い。つまり、効率が悪い働き方だということである。長時間労働で労働時間は無駄に長いのに、その割に売り上げになりにくいのだから効率が悪くなるのは当たり前である。数字で見ると、日本は、先進国より200時間も長く働いているのに、1時間当たりの労働生産性は、アメリカの約60ドルに対して、40ドルと低いのである。何故こうなるのかというと、売り上げを上げようと長時間お店を開ける。でも、購買力は [続きを読む]
  • 問題にしている格差のレベルの違いである。
  • 労働意欲・学習意欲に収入差は必要であるが、富裕層との格差は必要ではない。医者の年収1000万円の生涯賃金は、40年働いて4億円だが、設備投資にお金が掛かるから、年収750万円と比べて大差はない。年収250万円×40年=1億円でも、共働きすれば暮らしていける。これらは、庶民レベルの収入差である。4億円は、格差というほどの違いではない。労働意欲・学習意欲のためには必要な収入差である。問題にしている格差は、ビルゲイツ [続きを読む]
  • 共感できるドラマを
  • ギトギトしたドラマや陰険な刑事ドラマより、平和でコメディなドラマの方が和む。以前、デザイナー同士が戦い合うドラマは、見ていて気分がいいものではなかった。労働者同士が対立し合うのは、共感しにくいし、後味が悪い。資本主義における労働者は、いがみ合うのが当たり前のような描き方は好きになれない。↓1日1回、応援 を。(現在2位)にほんブログ村(現在2位)経済学ランキング [続きを読む]
  • 労働主義の経済史観が注目を集めている。
  • googleで「労働主義経済」を検索すると、「資本主義経済は、緩やかに労働主義経済になりつつある。」が検索第1位にくる。これは、労働主義の経済史観を言い表しており、注目を集めている。どういう意味かというと、初期のころの資本主義経済は、労働者が長時間労働と安い賃金で苦しめられていた。そのような資本主義の横暴に立ち向かい、労働者たちが団結して労働組合を作り、労働者の人権を守る運動や法律ができていった。つまり [続きを読む]
  • 犯罪者を減らし、納税者を増やすには
  • ドン・キホーテに強盗が入り、15万円が盗まれた。その被害額は、15万点の商品が1円値上げされることでチャラになる。万引き被害額も同じで、お店は、被害額を商品に上乗せしていることになる。犯罪者が捕まるまでの生活を支えているのは、我々国民ということになる。国民に被害をもたらす犯罪は無くすべきである。犯罪という労力を正規の労働に置き換えれば、納税者になれる。楽して儲けようとするから犯罪に走るのである。とりあ [続きを読む]
  • 児童労働は、資本主義の本当の正体
  • 世界には「児童労働」という問題がある。児童労働とは、子ども達を毎日15時間も働かせて、日当が110円しか貰えないという劣悪な環境に置かれている問題である。まず、子ども達は学校に行けていない。長時間労働である。子どもということで安い給料にされている。子どもから自由を奪っている。労働環境も最悪で健康被害も出ている。資本主義というのは、儲けるためには子どもを奴隷のようにこき使う。女工哀史だけではないのである [続きを読む]
  • 労働主義
  • 労働とは、労働者の特権である。主義とは、生き方である。労働主義は、労働者の生き方である。労働主義は、労働者が如何に生きるべきかを指し示す。労働主義は、労働者が何をなすべきかを指し示す。 労働主義は、労働者の味方である。 ↓1日1回の応援 をお願いします。(IN と OUT の両方)(現在2位)にほんブログ村(現在3位)経済学ランキング [続きを読む]
  • 労働主義 (民主主義→民意主義→労働主義 )
  • 現代日本は、民主主義を当たり前のように受け入れているが、江戸時代は封建主義であった。太平洋戦争後に民主主義になって72年になるが、国政に民意が反映されにくい現状がある。そこで登場するのが民意主義である。民意主義は、民意を反映させるので、民主主義の発展形である。このように、思想は、時代とともに進化する。民主主義の次に来るのは、民意主義である。民意主義の次に来るのは、多数派の労働者が中心となる労働主義と [続きを読む]
  • 資本主義社会における犯罪が、後を絶たない理由
  • 犯罪の多くはお金がらみである。お金に関わる不満を少しでも解消するには、「安心・安全・安定」した社会を築いていく必要がある。そのためには、労働者が安心して働ける環境にして、労働者の生活を安定させて、将来への希望が持てるような社会にしていくことが求められる。ところが、資本主義社会は、搾取による横暴がまかり通り、労働者を苦しめている。左遷されたり、リストラされたり、倒産に追い込まれたりしている。会社内の [続きを読む]
  • 資本家は搾取する宿命であり、労働者は搾取される運命である。
  • 資本主義は、資本家が労働者を搾取する。労働者を搾取しなければ、資本家は生き残れないのが資本主義でもある。だから、資本家は、生き残りを掛けて労働者をより搾取しようとする。ブラック企業が生まれてくる理由がここにある。資本家は搾取する宿命であり、労働者は搾取される運命である。このような不幸な利害関係が、資本主義社会の暗闇を作り出し、犯罪を多発させている根源になっているのである。資本主義社会から犯罪を減ら [続きを読む]
  • 資本家と労働者の利潤関係が、資本主義の本質である。
  • 資本主義における企業の利潤は、資本家と労働者で分け合っている。だから、資本家と労働者の利潤は対立する。労働者の給料を下げれば資本家が儲かり、労働者の給料を上げれば資本家の利潤が減る。これは、避けられない資本家と労働者の利潤関係である。この利潤関係が資本主義の本質である。だから、 資本家vs労働者資本主義vs労働主義という構図になるのである。 労働主義は、資本主義に対抗することができる思想である。↓1日 [続きを読む]
  • 労働主義は、福祉国家を樹立するための思想である。
  • 労働組合主義は、労働組合のための思想である。労働主義は、格差のない福祉国家を目指すための国政レベルの思想である。従って、労働主義と労働組合主義とでは、思想レベルに違いがある。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー労働主義は、労働組合主義ではない。労働主義は、組合主義ではない。労働主義は、サンディカリスムではない。労働主義は、労働組合ではない。労働組合主義は、労働主義ではない。組合主義は、労働主義で [続きを読む]
  • 労働主義と労働組合主義の違い
  • 労働主義と労働組合主義は、言葉の上ではよく似ているので誤解されやすいが、活動レベルが全く違う。労働組合主義は、労働組合の活動における考え方であるのに対して、労働主義は、国政レベルの政治活動における考え方なので、大きな違いがある。労働主義と労働組合主義は、活動レベルが根本的に違うのである。労働組合主義は、労働組合レベルの考え方である。労働主義は、国政レベルの考え方である。さらに、労働主義は、資本主義 [続きを読む]
  • 高島礼子の衝動買いがひどい。
  • 高島礼子は、それほど必要でもないものを次々と衝動買いしていた。これは、心の寂しさを買い物で満たそうとしている病気である。お金がいくらあっても心が寂しいと不幸であることを表している。物質的な豊かさよりも精神的な豊かさの方が大事であることが良くわかる事例である。↓1日1回の応援 をお願いします。 (現在2位)にほんブログ村(現在3位)経済学ランキング [続きを読む]
  • 資本主義⇔労働主義 は、必然の構図である。
  • 資本家がいるから資本主義である。ということは、労働者がいるから労働主義である。当たり前のことである。資本家→資本主義労働者→労働主義何も不思議ではない。必然のことである。労働主義は、生まれるべくして生まれた。むしろ今まで無かったことの方が不自然である。誰も気付かなかったということだ。 資本家⇔労働者資本主義⇔労働主義資本家は、労働者を搾取して利潤を上げる。それが資本主義である。 [続きを読む]
  • 誰もが思想家である。
  • 思想とは=人生の考え方。哲学とは=人生の生き方。思想とは、誰もが持っている人生の考え方のことだから、生きている以上は、誰もが思想を持っていることになる。深く考えているかいないかとか、価値観や方向性の違いで、色々と意見が分かれてくるので対立するのである。生物というのは、基本的に自由主義で自己中心的な生き物である。例えば、ヘビは、単独行動で獲物を探すために自由行動をしている自由主義者である。また、 [続きを読む]