めだか さん プロフィール

  •  
めだかさん: 40代半ばの大腸がん闘病日記
ハンドル名めだか さん
ブログタイトル40代半ばの大腸がん闘病日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/medaka911/
サイト紹介文40代半ばに大腸がん、さらには腸間膜リンパ節に3〜4個の転移の疑い。これから始まる闘病生活の記録。
自由文40代半ばの2017年3月、大腸がんが見つかりました。PET-CT検査の結果、腸間膜リンパ節に3〜4個の転移の疑い。4月下旬に摘出予定です。
これから始まる闘病生活の記録をしたく、ブログを始めました。
皆さま、どうぞ宜しくお願いしますm(._.)m
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 13日(平均5.9回/週) - 参加 2017/04/12 07:53

めだか さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 11.入院
  • 午前中に、予定どおり入院しました。ゆっくりとした時間が流れると思いきや、・麻酔医からの説明 ?術前に点滴のセットを行う。背中にも細い管を刺すとの説明。同意書にもサイン。・昼食・面会・術前のシャワー・人工肛門の位置出し ?切除範囲の拡大や縫合トラブルに対応するため、予め位置出しを実施。候補となる4箇所をマーキング。 ?前屈み、しゃがむ、捻る体位をして問題とならない [続きを読む]
  • 10.明日入院
  • 今年のお正月、穏やかな日を過ごし、無事に2017年のスタートを切ったはずでした。3月を迎え、状況は一変。内視鏡検査中に突然のがん宣告。まさか、40代半ばでがんになるとは夢にも思っていませんでした。 この日を境に、生活のリズムやら、考えることなどが変わってしまいました。仕事も、休むことが少なかったのに、この1か月だけでも検査等のために相当の休暇を使いました。 これまで、大病ひとつしていなかっ [続きを読む]
  • 9.注腸検査(大腸X線検査)
  • 内視鏡検査にて大腸がん宣告を受けたのち、後日、CT検査に加えて注腸検査が行われました。注腸検査は、大腸X線検査やら、大腸バリウム検査など色々な呼び方があるようです。 この検査は、胃のバリウム検査と同じで、大腸にバリウムを流し込みレントゲン撮影するもの。大腸に居座る病変の位置や形状等を炙り出そうとする検査だと理解しています。 内視鏡検査と同様に、検査前日は病院指定食を食べ、指定された時間に薬 [続きを読む]
  • 8.PET−CT検査
  • 先日、肝臓等への転移を調べるため、PET−CT検査を受けました。PET−CT検査では、転移したがんを見つけやすくするため、微弱な放射能を出す成分が含まれた薬剤を体内に流し込みます。 投与する薬剤の量は、体重によって変わるとのことで、まずは体重測定。その後、薬剤を注入するため、特別な部屋へ。この部屋は、放射能を拡散させないための隔離された部屋のようです。そして、部屋の中には、放射線量を表示するモ [続きを読む]
  • 7.がん発見からの医療費はいくら?
  • 3月のガン宣告から、これまでに様々な検査を実施してきました。大腸内視鏡検査、大腸X線検査、CT検査、MRI検査、PET‐CT検査、採血、採尿、心電図、肺活量、エコー検査、腹部レントゲン検査。そして、検査の合間には先生の問診もあります。加えて、検査に必要な検査食、呼吸訓練器、平オムツ、腹帯、T字帯などの準備も必要。 結果、病院に行くたびに、多くの支払いが発生しました。私はサラリーマンなので、自己 [続きを読む]
  • 6.大腸がん摘出手術の準備
  • 大腸がん摘出手術を受けるため、先日ご紹介した呼吸練習器の他に、平オムツ、腹帯、T字帯の準備が求められました。 もちろん、これらの物は所有していないので病院の売店で購入。 手術後は、接合した腸を守るため、腸内にガスやう◯ちが溜まらないようにお尻に管を入れるとのこと。 つまり、腸にあるものは垂れ流しに。そのため、オムツが必要になるのだそうです。当然、手術直後は脱ぎ履きが出来ませんので、布団 [続きを読む]
  • 5.呼吸練習器 その名は「トライボール」
  • 手術の実施が決まり、手術に向けた準備を始めました。準備のひとつに、呼吸練習があります。 手術をすると、呼吸機能も低下するのだとか。そのため、普通であれば当たり前のように痰を出すことが出来ても、術後は痰を上手く出せなくなり、肺炎等になってしまうケースもあるそうです。 そうならないため、手術前に呼吸機能を高めておく必要があるとのこと。 そこで購入を求められたのが、呼吸練習器。その名は「トラ [続きを読む]
  • 4.腸間膜リンパ節に3〜4個転移の疑い
  • 本日は、先日実施したPET-CT検査結果と手術内容の説明を受けるため、病院へ。 PET-CT検査の結果によると、直腸にある原発巣(約3cm)の近傍にある腸間膜リンパ節に3〜4個の転移がありそうとのこと。 また、転移の疑いのあった肝臓、その他臓器や骨には明確な転移の反応は無いことから、しばらくは様子見。今後の定期検査の中で、転移が見つかれば、状況を見ながら治療が行われるようです。 よって今 [続きを読む]
  • 3.手術前の内視鏡検査
  • 今日は午後から、手術に備えた内視鏡検査があります。 検査に備え、昨日は病院指定の検査食を食べました。 そして、今朝は8時から腸管洗浄剤「ニフレック」2リットルを2時間かけて飲みました。 午後は病院にて、大腸内視鏡と大腸X線を併用し、執刀医による切除位置のマーカーが行われました。4/25の手術に向け、一歩一歩前進しています。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2.振り返り
  • 昨日、新米患者が日記を書き始めました。これから自分の身にどのようなことが起こるのか? 不安でいっぱいです。先輩の方々のブログを拝見し、勇気づけられることも多くありましたので、自分に起きたことを振り返るとともに、これから先、同じようにガン患者になられる新米の方に少しでも役立てばと思った次第です。 これまで起きたことを振り返りますと、昨年11月 健康診断で便潜血反応あり。自分は痔であると思い込む。 [続きを読む]
  • 1.突然のガン宣告
  • 3月、大腸カメラ検査中に「直腸部にガンがありますね」と突然のガン宣告。突然の宣告に、頭が真っ白に。その場で、CT検査を受けることが決定。この日から全く予期していなかった、ガンの闘病生活が始まりました。そして本日からマイペースで闘病記録を付けることにし、このブログを立ち上げました。どうぞ宜しくお願いしますm(._.)m にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …