ys さん プロフィール

  •  
ysさん: yuki
ハンドル名ys さん
ブログタイトルyuki
ブログURLhttp://yuki.red/
サイト紹介文このブログは、トイプードルの事や旅行の事や英語に関する事等様々な事について書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 91日(平均3.7回/週) - 参加 2017/04/20 15:39

ys さんのブログ記事

  • 学習とは?犬の学習内容や学習パターンは?
  • 皆さんは、犬にとって学習とは何だと思いますか?犬の学習内容は何だと思いますか?犬は、どの様に学習すると思いますか? 学習とは?犬の学習内容は?「学習」は、「犬が生まれた後に物事や行動を記憶する」事や記憶した内容の事です。 犬は、生まれてから死ぬまでの間に多くの事を学びます。これは、大きく分けて初期学習と生涯学習に分かれます。 ・初期学習主に社会化期における犬語の学習や人や猫等犬以外の動物に対する慣れこの初 [続きを読む]
  • 再生医療について
  • 皆さんは、再生医療って知ってますか?再生医療は、人間や動物の体の一部欠損を幹細胞等を用いて機能を回復させる治療法です。これは、切れた尻尾を自力で再生するトカゲやイモリの能力を医療の分野で再現するという事です。実は、再生医療って動物と人間の両方に使われてるんです!今回は、「再生医療が、動物にどの様に使われてるか?」を書こうと思います。 再生医療について 再生医療に用いられる製品は、「再生医療等製品」と呼ば [続きを読む]
  • 体重減少が犬の運動能力にどの様な影響を及ぼすか?
  • 前回は、犬のダイエット計画を進めていく上でついついやってしまいがちな失敗と予防法について詳しく書きました。今回は、体重減少が犬の運動能力にどの様な影響を及ぼすかを検証した調査報告について書こうと思います。 皆さんは、「体重減少が犬の運動能力にどの様な影響を及ぼすか」を検証した調査報告はどのような物だと思いますか? 以下は、「体重減少が犬の運動能力にどの様な影響を及ぼすか」を検証した調査報告です。 1.I [続きを読む]
  • 犬のダイエット計画を評価するには?
  • 前回は、「消費エネルギーを増やす際についついやってしまいがちな間違い」について詳しく書きました。今回は、「ダイエット計画を評価する」事について書こうと思います。皆さんは、ダイエット計画をどのように評価すれば良いと思いますか? ダイエット計画を評価する事についてダイエット計画に沿って1ヶ月実践してひとまず体重や体型の変遷をチェックして犬の体重が上限と下限の間にある「適正ペース」に入っていれば順調です [続きを読む]
  • 消費エネルギーを増やす時についやってしまいがちな間違いは?
  • 前回は、消費エネルギーを増やす事について書きました。今回は、消費エネルギーを増やす際についついやってしまいがちな間違いについて書こうと思います。皆さんは消費エネルギーを増やす際についついやってしまいがちな間違いって何だと思いますか?消費エネルギーを増やす際に何も間違わずに犬にダイエットさせる自信ありますか? 犬の消費エネルギーを増やす時についついやってしまいがちな間違いは? ・いきなり運動させる今 [続きを読む]
  • 犬の消費エネルギーを増やすには?
  • 前回は、「摂取エネルギーを減らす際についついやってしまいがちな間違い」について詳しく書きました。今回は、「消費エネルギーを増やす事」について書こうと思います。皆さんは、消費エネルギーを増やす為に何をすれば良いと思いますか? 犬の消費エネルギーを増やす事について ・犬の運動時の消費エネルギーを知る事について消費エネルギーの増やし方について知る為に運動量の計算法から効果的な散歩の仕方まで私達は知らなけ [続きを読む]
  • 犬の摂取エネルギーを減らす際にやってしまいがちな間違いとは?
  • 前回は、「ドッグフードを選んだり測ったりする事」について詳しく書きました。今回は、「摂取エネルギーを減らす際についついやってしまいがちな間違い」について書こうと思います。皆さんは、「摂取エネルギーを減らす際についついやってしまいがちな間違い」って何だと思いますか?皆さんは、摂取エネルギーを減らす際に何も間違わずに犬にダイエットさせる自信ありますか? 摂取エネルギーを減らす際についついやってしまいが [続きを読む]
  • ダイエット中のドッグフードの選び方と量について
  • 前回は、摂取エネルギーを減らす事について書きました。今回は、ダイエット中の犬のドッグフードを選んだり測ったりする事について書こうと思います。皆さんは、どのようにダイエット中の犬のドッグフードを選んだり測ったりすれば良いと思いますか? ダイエット中の犬のドッグフードを選んだり測ったりする事について「摂取エネルギー」や「栄養成分」の推奨値を分かっていても、食材に含まれる栄養成分を全て自力で計算してオリ [続きを読む]
  • ダイエットで摂取エネルギーを減らすには?
  • 前回は、「自宅で行う犬の鎮痛治療」という事で犬の体重管理ついて書きました。 今回は・犬のダイエットを実践についてお話します。 摂取エネルギーを減らす事について詳しく書きます。皆さんは摂取エネルギーを減らす為に何をすれば良いと思いますか? ・犬のダイエットを実践する。犬の脂肪を減らす唯一の方法は、体の中で「摂取エネルギー<消費エネルギー」というエネルギーバランスを作り出す事です。摂取エネルギーを減らす [続きを読む]
  • 犬の体重管理とは?
  • 「自宅で行う犬の鎮痛治療」という事で「機能性食品を犬に与える」「環境整備をする」「犬に理学療法を行う」について前回話しました。 皆さんは、どうやって犬の体重管理をしていますか?「犬が肥満である」場合どうすれば良いか知っていますか? 今回は、「自宅で行う犬の鎮痛治療」という事で「犬の体重管理をする」事について書こうと思います。 ・犬の体重管理をする。犬の体重を管理する事は、変形性関節症や骨関節炎といっ [続きを読む]
  • 自宅でやれる犬の鎮痛治療は?
  • 以前慢性痛や急性痛について書きました。皆さんは、犬の痛みを出来るだけ取り除いてあげたいですよね?まず皆さんはペットを病院へ連れて行くと思います。しかし「病院にペットを連れて行く時間やお金が無い」場合等があると思います。そこで今回は「家でやれる犬の鎮痛治療」について書こうと思います。 自宅でやれる犬の鎮痛治療は?自宅でやれる犬の鎮痛治療は次の通りです。・機能性食品を犬に与える。・環境整備をする。・理 [続きを読む]
  • 病院で行う犬の鎮痛治療は何?
  • 以前慢性痛や急性痛について書きました。皆さんは、犬の痛みを出来るだけ取り除いてあげたいですよね?そこで皆さんは、まず犬を病院へ連れて行くと思います。しかし皆さんは、「病院でどんな鎮痛治療が、行われてるの?」と疑問に思う事ってありませんか?そこで今回は、「病院で行う犬の鎮痛治療」について書こうと思います。病院で行う鎮痛治療とは?日常的な観察から老犬に痛みの徴候を見て取れる場合、生活の質(QOL)の低下 [続きを読む]
  • ペットロスについて
  • 皆さんは、「ペットロス」について知っていますか?私は、言葉自体を聞いた事あるものの詳しく知りません。今回は、「ペットロス」について書こうと思います。 ペットロスとは?「ペットロス」は、飼っていたペットを失った後に感じる悲しみの事です。引き金になる事は、ペットの喪失やペットがいたからこそ享受できていた様々な特典(犬仲間との会話etc)の喪失です。 私は、ペットロスという言葉を聞いた事あるものの詳しく知り [続きを読む]
  • ペットの葬儀や埋葬について
  • 今回は、ペットの葬儀や埋葬について書こうと思います。ペットの葬儀や埋葬は、どうやってするの?または葬儀や埋葬のお金は、どのくらい掛かるの?と思った事は、ありませんか? 私も愛犬「ハッピー」が、今後歳とった時の事を考えたりします。まず初めに通夜・葬儀・法要の違いから話したいと思います。 通夜・葬儀・法要の違い・通夜葬儀の前夜に家族や親戚や知人が、集まって夜を徹して死者の霊を守り慰める事。・葬儀故人(故 [続きを読む]
  • 認知症になっている犬の介護はどうすれば良いの?
  • 今回は、前回に引き続き犬の介護について書こうと思います。 犬の認知症の症状は? 犬の認知症に伴う症状は、一般的に「DISHA」(ディーシャ)と呼ばれており以下の様な項目から成り立っています。  1.D→Disorientation   Disorientationは日本語で見当識障害です。これは空間認知の変化や周囲の  環境に対する把握不全や身に付けた経験の混乱等を意味します。具体的な障害は以下の通りです。  ・良く知っている屋外や室 [続きを読む]
  • 骨や筋肉や内臓が弱っていたり体温調節出来ない犬の介護はどうすれば良いの?
  • 今回は、前回に引き続き犬の介護について書こうと思います。 骨や筋肉の弱っている犬の介護は、どうすれば良いの?1.足や腰の弱っている犬に生じる変化 ・歩くスピードが、遅くなる。 ・走らなくなる。 ・散歩を嫌がる。 ・イスやベッドの上にジャンプ出来なくなる。 ・足を引きずる。 2.足腰の弱っている犬に対する注意点  2-1.歩く速度を変える。  「歩くスピードが遅くなったかな?」「ちょっとしんどそうだな」と感じ [続きを読む]
  • 視力や聴力や噛む力の衰えている犬の介護はどうすれば良いの?
  • 犬は、年を重ねると人間同様に目・耳・歯・筋骨格・自律神経系等体の各部にガタをきたします。なので今回は、その様な老犬の介護をどうすれば良いかについて書きました。 視力の低下している犬の介護は、どうすれば良いの?1.視力の低下によって犬に生じる変化 ・物によくぶつかる様になる。 ・以前より臆病になる。 ・飼い主に対する依存度が、高くなる。 ・よく吠える様になる。 ・恐怖の裏返しとして攻撃的になる。 ・遊 [続きを読む]
  • 犬の健康診断について
  • 高齢期の犬は、半年に1回のペースでかかりつけの獣医さんの元で健康診断を受ける事で長生き出来ます。以下は、犬の体型別に見た「高齢」のスタート時期です。体重は、全て太り過ぎでも痩せ過ぎでもない時の値を前提としています。犬の体型別に見た高齢期 9kg未満→8歳以降 9〜23kg未満→7歳以降 23〜54kg未満→6歳以降 54kg以上→4歳以降 老犬の健康診断における検査項目は?・血中の総タンパク量    血中の総タンパク量は、別 [続きを読む]
  • 老犬の薬について
  •  犬に対する投薬は、人間と同じ様に年老いて来ると必然的に増えて来ます。皆さんは、愛犬にどのように薬を与えようと思っていますか?そこで今回は、薬について書こうと思います。 老犬に対する薬の効き目について 老犬において「薬の本来持っている薬効が、十分に発揮されない。」という現象が、しばしば見受けられます。 主な原因は、以下の通りです。・胃液の分泌低下 ・胃腸の蠕動運動減弱 ・腸粘膜の細胞数減少 ・脂肪の増 [続きを読む]
  • 老犬のかかりやすい病気は?犬の症状を医師に伝えるには?
  • 皆さん飼い主の側でやれる努力は、後悔しない程度にやりたいですよね。なので今回は、老犬のかかりやすい病気等を書こうと思います。 老犬のかかりやすい病気について老犬のかかりやすい病気は、以下の通りです。 1.呼吸器系の病気・咽頭炎・気管支炎・肺炎 2.循環器系の病気・心不全・尿毒症 3.感覚器系の病気・ドライアイ・白内障・緑内障・外耳炎・中耳炎・耳腫瘍 4.消化器系の病気・歯周病・虫歯・肝硬変・肛門嚢炎・肛門周囲 [続きを読む]
  • 犬の急性痛と慢性痛について
  • 私達は、犬の介護をする際に「犬の痛み」について知っていると役立てられます。なので今回は、「犬の痛み」について書こうと思います。 急性痛と慢性痛について痛みの種類を分類する時は、一般的に「急性痛」と「慢性痛」に分けます。「急性痛」と「慢性痛」の定義は、曖昧です。一般的に「急性痛」は、「3ヶ月以内に収まる一時的な痛み」や「治癒と共に消失する痛み」という意味になります。一般的に「慢性痛」は、「3ヶ月以 [続きを読む]
  • 犬のバイタルチェックはどうすれば良いの?
  • 今回は、犬の「バイタルチェック」について書こうと思います。「犬が、健康であるかどうか?」は、バイタルサインに現れる事もあります。犬のバイタルサインをチェックする習慣を持っていれば、体調不良や病気に気づき易くなります。バイタルサインは、血圧・心拍数・呼吸速度・体温等の客観的なデータを総括した概念です。老犬に対して週1回バイタルチェックをすると愛犬の健康管理が、出来ます。 バイタルチェックの注意点 [続きを読む]
  • 他動運動や運動療法とは?
  • 今回は、老化を防止する方法である「他動運動」と「運動療法」について書こうと思います。 他動運動について 他動運動は、関節の動く範囲を改善する事を目的として行う手技の事です。 外傷や手術の後関節を横断している筋肉・腱・靭帯が、短縮する事で関節可動域を悪化させてしまいます。「悪化した状態が、2週間以上継続してしまう」場合は、「関節の動きが、半永久的に戻らなくなってしまう。」危険性を持ってい [続きを読む]