とっぽ さん プロフィール

  •  
とっぽさん: シングルマザーの日向ぼっこ
ハンドル名とっぽ さん
ブログタイトルシングルマザーの日向ぼっこ
ブログURLhttp://www.t0ppo.com
サイト紹介文離婚・未婚シングルマザー。生活の向上と老後の自分を妄想する、アラフォーシングルマザーの雑記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 48日(平均11.5回/週) - 参加 2017/04/12 12:17

とっぽ さんのブログ記事

  • ゼクシィのCMと生涯未婚率と。
  • 「結婚をしなくても幸せになれる時代に私はあなたと結婚したいのです。」言葉としては確かに素敵(個人的感想)だし、実際に評判もよさげだけど、結婚情報専門誌。これまでは結婚=幸せなイメージで徹底展開していただけに、「ゼクシィがこんなキャッチコピーを使うなんて」とビックリしたのも事実。そんなゼクシィの話題とは裏腹に、生涯未婚率の弊害が唱えられています。 2030年には男性の3人に1人が未婚!? [続きを読む]
  • 娘を守り抜く。父親の想いと知恵と行動に感動。
  • こんにちは。とっぽです。「いいから見てみて!」と友人からメッセが。私に、説明してほしいらしい。「感動するって聞いたんだけど、よくわからないの」そういえばこの子、映画を一緒に見ても説明が必要だった。えー。面倒だなぁ…(-_-;)←イヤナヤツ再生時間7分。7分なら気持ちを切り替えて協力してみませう。最初は流して観てみました。「ふんふん。」なんとなくわかった。私「こんな感じのストーリーだね。」友人「なんとなくはわ [続きを読む]
  • 5ヶ月間にわたる『個人型確定拠出年金』と私の戦い
  • こんにちは。とっぽです。昨今話題になっている「個人型確定拠出年金」気になっていました。老後の資金を貯めることは勿論のこと、諸々の補助金が微妙になる微妙な年収。上の子の高校の補助金もこれにひっかかった。交通費込みで毎月4万〜6万近くの学費の捻出は非常に辛かった。唯一受けれた国の補助金も後払いです。www.t0ppo.comかといって、それがへっちゃらになる位の収入の底上げはどう考えてもありません。この、ぎりぎり [続きを読む]
  • シングルマザー 年下彼の転勤から2週間が過ぎました。
  • 突然の彼の転勤から2週間が過ぎました。まだ2週間…もう一か月位経った気分です。あれからどうだったのか。 最初の一週間 全く連絡ありませんでした。忙しいだろうし話すこともないしなーと思ってたけど週末に「生きてるかー?」と連絡。返ってきた返信が「生きてねーよ!」ひえええええええ。なんか大変そう。これは近づかないほうがいい。いつもの電話もかかってくることもなく。放置確定。2週目に入って、「全然あかん [続きを読む]
  • シングルマザーのどうしようBEST3? 運動会が終わりました。
  • 下の子の運動会が終わりました。数年前から小学校の運動会は5月になりました。理由は全くわかりません(笑)ただ、10月の運動会よりはいいかなと体感。夏休み明けてから、運動会→音楽会と続く行事の練習に子どもたちが(もちろん先生方も)大変そうだった。毎年、運動会だけはどうしようかと思います。何って、お弁当シングルマザー歴15年。上の子の6年間が終わり、下の子も今年5年目です。小学校の運動会だけで通算11年 [続きを読む]
  • シングルマザー 年下彼から逃げた話【過去】
  • 生まれて初めて年下の人と付き合った話です。彼は独立して会社を興した友人の会社に出入りしている会計関係の仕事をしている人でした。出会った当初は友人のお気に入りの会計さん。社会人ともなると社会的・仕事的な上下関係あれど仕事外において年齢を気にすることはありませんでした。特に私は、社外の人間で、会計には疎い立場。当時新婚さんの彼の家庭の話、友人と彼のふざけた話。浅く長く交流のある人でしたが、その内彼は家 [続きを読む]
  • 子どもの同級生がお母さんになってた話。
  • こんにちは。とっぽです。家の近所のコンビニで久しぶりに再会しました。上の子が小学生のときによく集まっていたシングルマザーの集いの中の1人。お酒が大好きな、若くて綺麗なシンママさんです。同じ高校に進学した女の子のお母さん。といっても、中学・高校と保護者の交流はぐっとなくなるので、会うこともなかったし、上の子から、2年生の途中で退学したと聞いていたので卒業式も来ていないのはわかっていました。が、びっく [続きを読む]
  • 結婚16年。子どもができなかった友人の話。
  • こんにちは。とっぽです。私はどんな人と結婚するんだろう。私の子どもはどんなだろう。学生時代にふと考えたりしたものですが、人生思うようにはいかないという人にたくさん出会います。結婚16年。マンションも買って、食卓テーブルも冷蔵庫も洗濯機も4人家族を想定して用意して今だ旦那と2人。と、子どもができなかった友人は笑っていいます。アラフォーになって妊娠もあきらめ気味。それどころか、パートにでたことによって [続きを読む]
  • スマホいいなぁ・・・にちょっと折れた話
  • こんばんは。とっぽです。小学5年生の下の子。周りの友達は、意外や意外スマホ持ちが数人います。「孫と連絡取るために与えたみたい…」なんて、おかあさんの愚痴もたまに聞きます。どうも、祖父母が与えたパターンが多い。キッズスマホとはいえ、友達が持ってるのに私は持っていないって気にするお年頃。しかも我が家はお母さんと大学生のお姉ちゃん。自分だけスマホがない欲求は通常より膨らむ。「おねえちゃーん、スマホちょっ [続きを読む]
  • 死後離婚について思うところ
  • こんばんは。とっぽです。私が死後離婚という言葉を初めて聞いたのは去年。「夫と同じお墓に入りたくない」女性に密着したニュースのコーナーだったような…?時事的な話題?と軽く見ましたが、今だ続けて目にする機会があります。私はもう妻でも嫁でもないけれど、女として興味のある話題です。ただ、今だもって話題にあがるということに対してこれは大変な知識が拡散しつつあるなぁという印象です。 死後離婚を選択する背景 [続きを読む]
  • 幸せな家庭を見ろ。幸せな人の話を聞け。
  • こんにちは。とっぽです。中学生からの長いお付き合い。親友とも呼べる男友達から「お前は幸せな家庭を見ろ。幸せな人の話を聞け。 変な暗い相談ばかり受けるな。」と、言われ続けています。そう言われると意識します。シングルマザーでいると、悪い話ばかり縁があるように思います。友人や後輩の離婚相談、会社での妻、夫の愚痴。相談を受ける機会が多いです。そりゃ、そうです。そういう時だからこそ、相談するのです。うまくい [続きを読む]
  • 「死」を疑似体験した話。”お母さんノート”の雛形完成へ。
  • こんにちは。とっぽです。シングルマザーになってからというもの、原因不明の体調不良に悩まされることがたまにありました。両足に紫色の斑点がびっしりできたり、血液検査で炎症反応が出ているのにどこが悪いのかわからない。病院をたらいまわしにされても原因はわからずいつの間にか調子が戻ってるの繰り返し。 初めて感じた死の恐怖 シングルマザーになって2年が過ぎたころ、腹痛がとれない。息苦しい。という症状が治ら [続きを読む]
  • 我が家の母の日の歩み
  • こんにちは。とっぽです。もうすぐ母の日ですね。お母さんになって、18年。母の日のプレゼントを初めてもらったのは7年前でした。下の子が保育所で書いてきたお母さんの似顔絵。かなり年期が入ってます。カーネーションの折り紙が落ちないよう、補強するセロテープが年々増えていきます。初代は茶色く風化してパリパリ。汚い・・・もっと額にいれるなりすればよかった(T_T)このときは「これから毎年持って帰ってくるのかな?」 [続きを読む]
  • 我が家の母の日の歩み
  • こんにちは。とっぽです。もうすぐ母の日ですね。お母さんになって、18年。母の日のプレゼントを初めてもらったのは7年前でした。下の子が保育所で書いてきたお母さんの似顔絵。かなり年期が入ってます。カーネーションの折り紙が落ちないよう、補強するセロテープが年々増えていきます。初代は茶色く風化してパリパリ。汚い・・・もっと額にいれるなりすればよかった(T_T)このときは「これから毎年持って帰ってくるのかな?」 [続きを読む]
  • 気になるけど聞けない シングルマザーの生活事情
  • こんにちは。とっぽです。同じシングルマザーの人と出会う機会はずっとあるのですがいつも、何かの拍子で気になっても、聞けないこと。どうやって生活しているんだろう。 安定した所得を得るようになったシンママ’S 上の子が小学生の頃は、看護学校に通っているシンママさんが多くいました。おばあちゃんが専業主婦で子どもを見てもらえるか、同居世帯という環境の人でした。そのうち、看護士になって働き始めます。県立・ [続きを読む]
  • 我が家の小さなブーム食材。
  • こんにちは。とっぽです。私は、おやつを食べずに成長したと言っても過言ではない子どもだったので、いまだもってあまりお菓子って食べません。(子どもの頃はおやつはおにぎりでした)スーパーでもコンビニでも、お菓子コーナーによらない私。特に新作のお菓子事情に疎いです。だからこそ?変わったものが好きな人たちに囲まれて、変わったおやつを楽しむ時間があります。最近の一番がこれ。柿の種サンダー(ドラえもん風)会社の [続きを読む]
  • シングルマザー 年下彼の転勤。この先どうなるんだろう。
  • 彼とのGWのデートはお流れになりました。何故か持ってしまう罪悪感から解放されたことにちょっとほっとしていた自分がいました。それに、それどころではない事態に。彼の転勤が決まりました。ひー。。東京勤務に栄転です。そう。GWは引っ越し準備に忙しくなったのです。引っ越しの手伝いにすら結局いけなかった私。普通の彼女だったなら...明らかに罪悪感を感じる対象が増えています。転勤かも・・・の噂は聞いていたけど、4月も [続きを読む]
  • 成人式。2年前からの予約が必要らしい。
  • こんにちは。とっぽです。上の子宛てに途切れずDMが届きます。成人式の案内です。日曜のお昼も、平日の夜も営業の電話がかかってきます。「お着物、もう決まりましたか?」「着付けの予約はもうされましたか?」「今は、お母さまのお着物のリメイク等も人気があるんですよ。」えっと・・・18歳。まだ2年後なんですけど・・・ 2年前に予約するのが当たり前!? 2年前、つまり上の子からして、今じゃないと●レンタルの場 [続きを読む]
  • GW 関西から香川へ。近場の一泊旅行記
  • 行ってきました。一泊二日の近場旅行です。【1日目】深夜フェリー→金毘羅さん→レオマワール→ホテル泊【2日目】ホテル→四国村→高速バス下手くそな旅行記を書いてみます。簡単なお弁当を作って自宅を出発です。夕飯とお風呂は済ませているので、夜食か明日の朝食用。我が家はどこでも可能な限りお弁当です。これは母譲り。深夜1時発の深夜フェリーで香川県へ向かいます。下の子「なんで夜の船なのー?」私「一度乗ってみたか [続きを読む]
  • 再婚する場合の戸籍事情【離別・未婚母子家庭】
  • こんにちは。とっぽです。再婚するとしたら戸籍はどうなるか。質問をいただいたのでまとめてみます。 相手の戸籍に入り、相手の氏を名乗る再婚の場合 養子縁組しない場合 1、再婚相手と婚姻届けを出す。2、再婚相手と母親の戸籍、子どもの戸籍、新しい氏の印鑑をもって、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の申し立てをする。3、後日、「子の氏の変更許可審判書謄本」が送付される。4、3の「子の氏の変更許可審判 [続きを読む]