TWS さん プロフィール

  •  
TWSさん: 読書ナビ
ハンドル名TWS さん
ブログタイトル読書ナビ
ブログURLhttp://dokusyonavi.seesaa.net/
サイト紹介文オススメ書籍紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 122日(平均20.1回/週) - 参加 2017/04/12 15:37

TWS さんのブログ記事

  • ブルーマーダー #誉田哲也 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 池袋の繁華街。雑居ビルの空き室で、全身二十カ所近くを骨折した暴力団組長の死体が見つかった。さらに半グレ集団のOBと不良中国人が同じ手口で殺害される。池袋署の形事・姫川玲子は、裏社会を恐怖で支配する怪物の存在に気づくー。圧倒的な戦闘力で夜の街を震撼させる連続殺人鬼の正体とその目的とは?超弩級のスリルと興奮!大ヒットシリーズ第六弾。(「BOOK」データベースより)ブルーマーダー [ 誉田哲也 ]価格:799円(2017 [続きを読む]
  • インデックス #誉田哲也 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 池袋署強行犯捜査係担当係長・姫川玲子。所轄に異動したことで、扱う事件の幅は拡がった。行方不明の暴力団関係者。巧妙に正体を隠す詐欺犯。売春疑惑。路上での刺殺事件…。終わることのない事件捜査の日々のなか、玲子は、本部復帰のチャンスを掴む。気になるのは、あの頃の仲間たちのうち、誰を引っ張り上げられるのかー。(「BOOK」データベースより)インデックス [ 誉田哲也 ]価格:1,620円(2017/5/19 16:40時点)インデックス [続きを読む]
  • 感染遊戯 #誉田哲也 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 会社役員刺殺事件を追う姫川玲子に、ガンテツこと勝俣警部補が十五年前の事件を語り始める。刺された会社役員は薬害を蔓延させた元厚生官僚で、その息子もかつて殺害されていたというのだ。さらに、元刑事の倉田と姫川の元部下・葉山が関わった事案も、被害者は官僚ー。バラバラに見えた事件が一つに繋がるとき、戦慄の真相が立ち現れる!姫川玲子シリーズ最大の問題作。(「BOOK」データベースより)感染遊戯 [ 誉田哲也 ]価格:69 [続きを読む]
  • ソウルケイジ #誉田哲也 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 多摩川土手に放置された車両から、血塗れの左手首が発見された!近くの工務店のガレージが血の海になっており、手首は工務店の主人のものと判明。死体なき殺人事件として捜査が開始された。遺体はどこに?なぜ手首だけが残されていたのか?姫川玲子ら捜査一課の刑事たちが捜査を進める中、驚くべき事実が次々と浮かび上がるー。シリーズ第二弾。(「BOOK」データベースより)ソウルケイジ (光文社文庫) [ 誉田哲也 ]価格:740円(2 [続きを読む]
  • シンメトリー #誉田哲也 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 百人を超える死者を出した列車事故。原因は、踏切内に進入した飲酒運転の車だった。危険運転致死傷罪はまだなく、運転していた男の刑期はたったの五年。目の前で死んでいった顔見知りの女子高生、失った自分の右腕。元駅員は復讐を心に誓うが…(表題作)。ほか、警視庁捜査一課刑事・姫川玲子の魅力が横溢する七編を収録。警察小説No.1ヒットシリーズ第三弾。(「BOOK」データベースより)シンメトリー (光文社文庫) [ 誉田 [続きを読む]
  • インビジブルレイン #誉田哲也 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 姫川班が捜査に加わったチンピラ惨殺事件。暴力団同士の抗争も視野に入れて捜査が進む中、「犯人は柳井健斗」というタレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。捜査線上に柳井の名が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだ。隠蔽されようとする真実ー。警察組織の壁に玲子はどう立ち向かうのか?シリーズ中もっとも切なく熱い結末。(「BOOK」データベースより)インビジブルレイン (光文社文庫) [ 誉 [続きを読む]
  • テミスの剣 #中山七里 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 豪雨の夜の不動産業者殺し。強引な取調べで自白した青年は死刑判決を受け、自殺を遂げた。だが5年後、刑事・渡瀬は真犯人がいたことを知る。隠蔽を図る警察組織の妨害の中、渡瀬はひとり事件を追うが、最後に待ち受ける真相は予想を超えるものだった!どんでん返しの帝王が司法の闇に挑む渾身の驚愕ミステリ。(「BOOK」データベースより)テミスの剣 [ 中山 七里 ]価格:756円(2017/5/19 08:56時点)テミスの剣【電子書籍】[ 中山 [続きを読む]
  • 火の粉 #雫井脩介 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 累計55万部突破のミステリー。「私は殺人鬼を解き放ってしまったのか?」元裁判官・梶間勲の隣家に、二年前に無罪判決を下した男・武内真伍が越してきた。愛嬌ある笑顔、気の利いた贈り物、老人介護の手伝い……。武内は溢れんばかりの善意で梶間家の人々の心を摑む。しかし梶間家の周辺で次々と不可解な事件が起こり……。最後まで読者の予想を裏切り続ける驚愕の犯罪小説!(楽天Koboより)火の粉 [ 雫井脩介 ]価格:822円(2017/5/1 [続きを読む]
  • 陸奥爆沈改版 #吉村昭 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 連合軍の反攻つのる昭和18年6月、戦艦「陸奥」は突然の大音響と共に瀬戸内海の海底に沈んだ。死者1121名という大惨事であった。謀略説、自然発火説等が入り乱れる爆沈の謎を探るうち、著者の前には、帝国海軍の栄光のかげにくろぐろと横たわる軍艦事故の系譜が浮びあがった。堅牢な軍艦の内部にうごめく人間たちのドラマを掘り起す、衝撃の書下ろし長編ドキュメンタリイ小説。(楽天Koboより)陸奥爆沈改版 [ 吉村昭 ]価格:561円(201 [続きを読む]
  • 終末のフール #伊坂幸太郎 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。(「BOOK」データベースより)終末の [続きを読む]
  • サヨナラ坂の美容院 #石田空 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 失恋したら女の子は髪を切りたがる。-美容院にまつわるほろ苦くて、ちょっぴり甘い青春ストーリー!「失恋した女の子は、タダで髪を切ってくれる美容院があるんだって」そんな噂を聞いた女子高生・葵は、お小遣いがピンチだったため美容院「クール・ブリゼ」を訪れ、?の失恋話を語る。が、店長の美容師・港にあっさり見抜かれ、おまけに美容師の卵・蛍にまで怒られションボリ帰ろうとした矢先、とある女性客がやって来てー。切ない [続きを読む]
  • 一刀両断 #櫻井よしこ #読書 #book #bookjp #書籍
  • この国を惑わすあらゆる元凶を糾す! 軍拡と挑発を続ける無法国家・中国の蛮行。独裁国家・北朝鮮の狂気。トランプ政権を生んだ大国アメリカの迷走。平和ボケ論者の絶対反対で遅々として進まぬ安保法制と憲法改正。原発再稼働をイデオロギーで差し止める裁判所に、迷走する沖縄・基地問題ーー。日本が対峙する喫緊の難題に、強き国として突き進む道を明快に指し示す!(出版社より)一刀両断 [ 櫻井 よしこ ]価格:1,620円(2017/5/ [続きを読む]
  • 裁判所の正体 #瀬木比呂志 #読書 #book #bookjp #書籍
  • 司法の独立は?だった! 元エリート裁判官に伝説の事件記者が切り込む。原発差止め判決で左遷。国賠訴訟は原告敗訴決め打ち。再審決定なら退官覚悟……! 最高裁を頂点とした官僚機構によって強力に統制され、政治への忖度で判決を下す裁判官たち。警察の腐敗を暴き、検察の闇に迫った『殺人犯はそこにいる』の清水潔が、『絶望の裁判所』の瀬木比呂志とともに、驚くべき裁判所の荒廃ぶりを抉り出す。(出版社より)裁判所の正体 [続きを読む]
  • ぷろぼの #楡周平 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 業界大手のパシフィック電器は、人事部労務担当部長の江間を中心に大規模なリストラを進めていた。実務を担う大岡の担当リストラ対象社員が、ある日首吊り自殺をしてしまう。大岡は心身ともに疲弊しきって、三国が代表を務めるNPOで「プロボノ」として社会貢献活動をすることに救いを求める。ひょんなことから三国に江間の社内での悪辣な行状を打ち明けたところ、義憤にかられた三国は、江間を「嵌める」べく罠をしかける……。「 [続きを読む]
  • こどもつかい #牧野修 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 映画『こどもつかい』2017年6月17日全国公開!悪いオトナに「死」を届ける、簡単なおつかい。主演 滝沢秀明×『呪怨』の清水崇ーー傑作ホラー映画を鬼才・牧野修がノベライズ!(出版社より)こどもつかい (講談社タイガ) [ 牧野 修 ]価格:745円(2017/5/17 19:22時点)こどもつかい【電子書籍】[ 牧野修 ]価格:745円(2017/5/17 19:23時点)【GMOクラウド ALTUS(アルタス)】新進気鋭の作家が集結!【星の砂文庫】ネットで本を買う [続きを読む]
  • 山よ奔れ #矢野隆 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 慶応元年(1865)。祇園山笠に命を賭ける「のぼせもん」たちは、いつもどおり祭りの準備に余念がない。一方、尊王攘夷派と佐幕派に藩論が二分した黒田藩では、筑前勤王党が起死回生を狙い、策を練る。追い山の英雄にして、町の人気者・大工の九蔵と、筑前勤王党の中心人物・月形洗蔵は、互いを友と認めつつ、どうしようもない隔たりも感じていた──。男っちゅうとがどげんか者かは、自分で決めるもんや無かですか。(出版社より)山 [続きを読む]
  • つめたいよるに #江國香織 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • デュークが死んだ。わたしのデュークが死んでしまったー。たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日乗った電車で、わたしはハンサムな男の子に巡り合った…。出会いと分れの不思議な一日を綴った「デューク」。コンビニでバイトする大学生のクリスマスイブを描いた「とくべつな早朝」。デビュー作「桃子」を含む珠玉の21編を収録した待望の短編集。(「BOOK」データベースより)つめたいよるに (新 [続きを読む]
  • 亡者は囁く #吉田恭教 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 「25年前に一度だけ会った女性の消息を知りたい。名前は深水弥生」盲目の天才バイオリニストの依頼を受け、探偵・槇野康平が調査に乗り出す。調査を進めるうち、深水弥生の恋人が四年前に起きた平和島事件の被害者となっていた事実を掴んだ槇野は、その事件の詳細を調べ直すために、警視庁捜査一課の東條有紀に協力を求める。そして深水弥生を探すべくさらに調査をすすめた結果、平和島事件の犯人と似た状況で自殺していた人物が [続きを読む]
  • F霊能捜査官・橘川七海 #塔山郁 #小説 #novel #読書 #book #bookjp #書籍
  • 捜査一課の敏腕女刑事・橘川七海は、事件で負った重傷による長い昏睡を経て、霊の姿や声を認識できる特異体質に目覚めた。難航する未解決事案を捜査する「重大事案対策班」の班長となった七海は、被害者が行方不明のまま犯人が事故死した誘拐事件をはじめ、死者のみが手がかりを知る事件に立ち向かうー。生者と死者の両者を救う、この世でただ一人の刑事が繰り広げる霊感サスペンス。(「BOOK」データベースより)F霊能捜査官・橘 [続きを読む]