akira さん プロフィール

  •  
akiraさん: 頑張りすぎないでね
ハンドル名akira さん
ブログタイトル頑張りすぎないでね
ブログURLhttp://ameblo.jp/atom-chance/
サイト紹介文頑張りすぎないでね
自由文頑張りすぎないでね
ganbarisuginaidene to iinagara ganbaraseru konosekai ni donmai
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 122日(平均3.5回/週) - 参加 2017/04/12 17:05

akira さんのブログ記事

  • 頑張りすぎないことも生きる上では大切
  • ただ一生懸命に働くばかりでは、心身が疲れきってしまいます。やらなければならないことが毎日、山のようにあって、時間という魔物が追いかけてくる・・・このようなことの連続では、当然、疲れてしいまいます。そのような時は、たった1日でもいいので、「何もしない日」をつくってみてください。そして、完全に心身を休めてもいいことにするのです。「何もしない日」は、エネルギーを完全に消耗したり、カラカラに枯渇させてし [続きを読む]
  • 自分の味方になって、安心感を取り戻す。
  • 『心を削らない働き方』(山口由起子著、 阪急コミュニケーションズ)の著者は、30代、40代女性を対象に、コーチングをベースにした個人セッションをしている人物。その仕事内容について、「まえがき」にこう記しています。 心を削らない働き方 ほんとうの自信を育てる6つのレッスン Amazon 自分のせいにするのを、やめる 自分を敵にしてしまう人は、失敗やうまくいかない原因を自分のせい [続きを読む]
  • 頑張りすぎないために自分でできる対策
  • ストレスは仕事へのパフォーマンスを下げます。すると自分が求めている結果からはどんどん離れていくことになります。それがさらにストレスを悪化させ、自分ではどうしようもなくなっていくのです。 自分は仕事を頑張りすぎる傾向にあるな、と感じている人におすすめなのは以下の方法です。 ●スケジュールを見直す。オン(仕事)とオフ(プライベート)を独立させ、別々のものとして考えます。予定を立てるとき、オフ [続きを読む]
  • 頑張りすぎる人の7つの特徴
  • 頑張りすぎる人には、いくつかの特徴があります。これは、持って生まれた性質に、これまで生きてきた環境が組み合わさって、自分自身で「〜でなければいけない」を作り上げていることで生まれているものです。 頑張る、というのは、身体だけではありません。身体よりもむしろ心が頑張りすぎる、ということが実は一番怖いことなのです。 ●人に頼めない人に頼めない人は、「自分しかこれをやることができない」という責 [続きを読む]
  • 決断力を高める 【脱・ビビリ野郎】
  • 行動をするためには、決断をする必要があります。少なくとも、「今やろう」「始めよう」という決断が(無意識にでも)あるはずです。 決断力を高めるためには、どうしたらいいでしょうか? まずは、行動することの価値を強く意識することだと思います。 「やらなきゃできるわけがない」「やれば何らかの結果がでる」「いい経験になる」「何もしないのがいちばんよくない」など。 「失敗を恐れすぎない」ことも大事だと思 [続きを読む]
  • 行動することに価値がある
  • 目標を達成する方法をいくら考えても、行動に結びつけなければ、何にもならないことがほとんどでしょう。 何もしないのなら、考えていないのと変わりありません。 やってみれば、何らかの(中間)結果が出るのではないでしょうか。・やってみたら意外に簡単にできた。(こういうこともけっこうあります)  これは気分もよくなるし、自信もできるので、もちろんOK。・やってみたらいくつか問題はあったが、努力して何とかで [続きを読む]
  • 相手をその気にさせる
  • 人を動かすためには、最終的に相手をその気にさせなければなりません。 相手をその気にさせられるかどうかの基本は、交渉のしかただと思います。 相手を動かすために、どういう手段とステップをとるかによるところが大きいでしょう。また、交渉や説得のためのテクニックもいろいろあると思います。(興味と時間とやる気がある方は、その手の本などをお読みください) 交渉で大事なのは、相手の心の動きを読めるかどうかだと思 [続きを読む]
  • 目標達成への過程を愉しむ
  • 自分の夢をもって幸せに生きるために大事なことは、その過程を愉しむことだと思います。 夢をもっても、それによってつらいだけの生活になってしまうようでは、よくないと思います。 その長い期間をぜんぜん幸せに暮らせないだけでなく、イヤイヤやっていたら努力もうまくできないのではないでしょうか。それは、結果にも影響するでしょう。 目標達成への過程を愉しめるように努力することが大事です。過程を愉しむ工夫のし [続きを読む]
  • 「夢をもって生きよう」と決心する
  •  「夢」とは、「幸せになれる目標」のことです。  幸せには大きな幸せから小さな幸せまでたくさんあるように、夢にも大きな夢から小さな夢まで様々なものがあります。 「夢は大きいもの」と思い込んでいると、自分の夢がなかなか見つからないかもしれません。 夢の幸せには、過程の幸せと結果(達成/実現/成功など)の幸せがあります。過程の幸せには、日々の充実感、前進や進歩の喜び、やりたいことをやれる幸 [続きを読む]
  • 「自分の生き方はこれでいい」と思えるように生きる
  • 「こういう生き方をしたい」と思っても、すぐにはできないことが多いと思います。  だからと言って、自分の生き方を善くしていく努力をしない、さらには今の自分の生き方を否定したりバカにしたりするのは、よくないと思います。  「自分の生き方はこれでいい」と思えるように努力していくことが大切だと思います。 まずは、「今の自分の生き方は(それなりに)いい」と考えられたら、と思います。  今の自 [続きを読む]
  • 今の生活・生き方を見直す
  • 自分が望む幸せと生き方がわかれば、それをいかに自分の生活の中で実践していくかが問題です。 まずは、自分の幸せを生活の中で感じるために、どうしたらいいかを考えてみましょう。   自分がもっている幸せなら、その幸せを感じるためには、いつどういうことをすればいいか? たとえば、一日の決まった時間(朝何かをする時、散歩中、夜寝る前など)に、そのことを思い出して「幸せだなぁ」と思うようにする。また、 [続きを読む]
  • どんな生き方がしたいか?
  • 自分にとっての幸せがいくつかでもわかっていれば、その幸せを感じられるような生き方を目指して努力すればいいのでしょう。 もう一つの幸せな生き方をする方法は、「やりたいことをやる」ことです。自分がやりたいことをやれること自体も幸せなことですし、それをやっていく中で、いろんな幸せを感じることができるのではないでしょうか。 「やりたいことがわからない」と言う人や、やりたいことがあっても「やりたいことがで [続きを読む]
  • まずは自分から
  •  自分が「○○してくれない」と思ったのなら、相手も「○○してくれない」と思っていることがあるかもしれません。それを考えて自分がしてあげたら、自分が望むことを相手がしてくれるかもしれません。 何かをしてあげてから頼めば、相手がしてくれる可能性も高くなるでしょう。 「相手が○○してくれないから、私も○○してあげない」のような考え方は不幸になる考え方だと思います。互いにそう思っていたら、デッドロック( [続きを読む]
  • 頼んでみよう
  •  相手が「○○してくれない」「××するのがイヤ」などと不満を感じた時、不満を抱えたままイライラして過ごすよりも、相手に「頼んでみよう」と考えてみてはどうでしょうか。  「○○してほしい」「××はやめてほしい」ということを頼んでみて、相手がそのようにしてくれれば、不満はすぐに解消できます。  自分からうまく一言頼めるだけで、どれだけ不満を感じてイライラする時間が減るでしょうか? その際に [続きを読む]
  • してくれないのは当たり前
  • 「(誰かが)○○してくれない」とイライラしてしまうことがあります。 イライラの元は大半が、求めていることが与えられなかった時に生まれます。 頼んだことをしてくれない、やるべきことをやってくれない、認めてくれない、信じてくれない、ほめてくれない、誘ってくれない、ありがとうと言ってくれない、話を聞いてくれない、やさしくしてくれない、・・・。  そんな時、「してくれないのは当たり前」と考える [続きを読む]
  • 人のポリシーを尊重する
  • 人はそれぞれ生きています。 それぞれ自分なりの動機で行動しています。 それぞれいろんな価値観をもってます。 それぞれいろんな経験をして今に至っています。 それぞれ自分の生き方を選択しています。 みんなが自分が主役の人生を送っています。  それぞれの人生の中で他の人と出会い、いろんな関係をもち、様々な共通の経験をします。  自分の人生はめぐり会う人々によって大きく変わるものだとは思います [続きを読む]
  • みんな違ってみんな良い
  •  人の意見や考え方や何かのやり方や習慣などが、気に入らない/嫌い/理解できない/許せないなどと思い、イヤな気もちになってしまうことがあります。 人に対してイライラしやすかったり、人の好き嫌いが激しい人は、「人は人(でいい)」と思えないからではないでしょうか。 たとえば、「人には人の意見がある、自分には自分の意見がある、違ってもいい」のではないでしょうか。  人に違いがあるのは当たり前です [続きを読む]
  • イライラ対処法 「こんな人もいる」と考える
  • 人が自分に何かをしたり言ったりしてイライラした時、「こんな人もいる」と心の中で言ってみてください。 たとえば、人から頭にくる一言を浴びせられた時、「どうして自分がこんなことを言われなければいけないんだ」「信じられない」「なんだこの人は」「許せない」のような思いがあると、怒りや悲しみが強くなり、自分をコントロールするのが難しくなってしまいます。 そんな時、「こんな人もいる」と考える(心の中で言う) [続きを読む]
  • ハッピーを振り返ること
  • 「幸せだなぁ」と思うことが習慣になれば   幸せになれるでしょう。  いいことがあった時、何かを手にいれた時などには、   「いいなぁ」「よかった」「うれしい」などと   素直に思えると、それなりに幸せな気もちになれるでしょう。  続けて、「幸せだなぁ」と思えると、   幸福感がより確かに感じられます。  「ありがたいなぁ」「○○のおかげ」などと   感謝することでも、幸福感が高まります。    [続きを読む]
  • 幸せを感じられるようになるために
  • 「幸せになる」ということは、「幸せを感じて暮らせるようになる」ことだ と思います。  幸せそうに見える人でも、本人が幸せを感じることがなく、「自分は幸せ だ」と思っていなければ、その人は幸せではありません。  幸せを感じられない人は、幸せにはなれないのではないでしょうか。  また、一時的にではなく、日常的に幸せを感じられるようになることが重要です。 この実践講座の手始め [続きを読む]
  • ゆったりまったり生きていく
  • 「ゆっくり」「ゆったり」。そこに、「ゆとり」や「余裕」が生まれ、「愉しむ」ことができるようになる。  だから、「スローライフ」は「(もう少し)ゆっくり、愉しんで生きよう」ということで、幸せに暮らせるようになる考え方、なのでしょう。(簡単に言えば)  「スロー」には、もう一つ「いいことをしよう」という考え方があるようです。  自分にいいことをしよう。身体にいいこと、心にいいこ [続きを読む]
  • まずは自分を好きになる
  • 好きな自分も嫌いな自分も全部ひっくるめて自分なんだよ まずは自分を好きになることからだよ 世界中であなたと同じ人間はいないんだよ どんな事にも理由がある 良いことも悪いことも… 今は分からなくてももっとこの先色んな経験したら分かる日が来るから 世界に一人しかいないあなたを大切にしてください [続きを読む]
  • 夢や目標を見つける方法
  • 「夢がない」 「なにをやればいいかわからない」 「やりたいことってなんだろう」 「やりたいことがない私はどうすれば、、、」 という人も多いのではないでしょうか。 そんな若者が増えているそうです。 物には満ち足りている、 なんでも自由に選べる時代、 だからこそ、より悩んでしまうのですね。 ここでは、 <夢を探す上での基準、方針> と <夢を探すための方 [続きを読む]
  • 短い人生は、時間の浪費によって一層短くなる
  • 【短い人生は、時間の浪費によって一層短くなる】 byサミュエル・ジョンソン サミュエル・ジョンソン - Wikipedia 当たり前だなぁって思う反面 じゃぁ時間を細かく意識して生きているかなぁと振り返ると・・・・ かなり浪費していた(泣) 朝早起きすると一日が長い(^-^) 同じ24時間でも こんなにも一日が長いんだなぁと思える(^-^) 結果や成果を求めるならば&n [続きを読む]