楽常〜RAKUJYO さん プロフィール

  •  
楽常〜RAKUJYOさん: 現役蕎麦屋の出張そば打ち〜楽常〜
ハンドル名楽常〜RAKUJYO さん
ブログタイトル現役蕎麦屋の出張そば打ち〜楽常〜
ブログURLhttp://rakujyo.com/blog
サイト紹介文出張そば打ち教室「楽常」は楽しい蕎麦打ちをコンセプト。道具と材料を持ってお伺いします。
自由文出張そば打ち教室「楽常」は楽しい蕎麦打ちをコンセプトとしており、お客様の元まで道具と材料を持ってお伺いします。会社内や施設、イベント会場、ご自宅などに出張し、講師がわかりやすくご説明しながら蕎麦打ちします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 21日(平均2.3回/週) - 参加 2017/04/13 10:40

楽常〜RAKUJYO さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • かけ?もりそば?ざるそば?せいろそば?
  • 蕎麦屋さんに入っていざ注文となった時に、かけそば?もりそば?ざるそば?せいろそば?なにがどれだか意味不明!ってなりますよね〜今回は、そんな冷たいお蕎麦の名称のルーツについて掘り下げてみたいと思います。江戸は流行発信基地そばの起源を調べると、必ず、江戸時代となります。そもそも江戸時代とは、かの有名な徳川家康が征夷大将軍になり江戸に幕府を開いた慶長8 (1603) 年から 15代将軍慶喜の大政奉還によって王政復古 [続きを読む]
  • お蕎麦の食べ方流儀?
  • お蕎麦屋さんで注文し、いざお蕎麦を食べる時の作法が「芸能人格付けチェック」で紹介されておりました。蕎麦屋からすると、ただひたすら蕎麦をたぐるお客様の姿を見ているのが、何よりもご馳走でございますが、今回は、そんなお蕎麦の食べ方にも、流儀があるというお話しをしてみたいと思います。芸能人格付チェック結論から申します。お蕎麦の食べ方など、地域性、作法などいろいろとあるかと思いますが、なにも気にせず、ただた [続きを読む]
  • そば打ち道具「麺棒」の選び方
  • そば打ちには、道具が欠かせないものであり、その中で綿棒を掘り下げてみよう。そば打ち道具には日本古来から使わている木の素材を使ったモノで作られており、いわゆる石油製品は使用しないのが、一般的でしょう。そば打ち道具「麺棒」そば打ち道具の中でも手が触れる一番のパートであり、微妙な加減が必要になる、麺をのす時に使用する麺棒のお話しをしましょう。この麺棒だけでも購入し、自分専用のモノを使っている人も居るぐら [続きを読む]
  • 親子でのそば打ち
  • この年になっての親子でのそば打ちも素晴らしいですよ。お子さんが小さい時の親と子のそば打ちというのは、楽常でもちょいちょい開催しますが、子供も成人し、そこそこの年輪を重ねてからの、親とのそば打ちも、また、楽しいモノです。親子でそば打ち親子でそば打ちの場合、だいたい4人家族が多いので、店卓は二卓を使い2:2に分かれ、打つのがベストです。例えば、お母さんと息子さん、お父さんと娘さん などとタッグを組んで頂 [続きを読む]
  • 増田屋で落語「柳屋わさび」寄席
  • 落語家の柳屋わさびさん、その独特な声と言い回しが人気で、この度、寄席を神宮前増田屋で行うコトができるようになりました。江戸前の蕎麦の話しがありますよね。それが大好きなんですよ〜蕎麦屋で落語蕎麦と落語、とてもイイ相性だと思います。ただ、今回は、落語をしっかりと楽しんで頂きたいというコトもあり、そば打ちはせずに、お客様にはたっぷりと笑って頂いてから、お料理をお出しして、大いに呑んで頂こうと飲み放題プラ [続きを読む]
  • 出張そば打ち動画をアップしました
  • 出張そば打ち体験ができる、「楽常」のプロモーションビデオが完成しました。画像では伝わらなかったところが、動画ではこんなにも伝わるんですね〜出張そば打ちムービー公開神宮前・西鶴間の増田屋の出張そば打ちブランドとして、「楽常」を立ち上げました。これから、楽常として、会社内や、老人ホーム、デイサービス、公民館や、役所内、イベント会場など、蕎麦というモノを広げるため、そば打ちを体験して頂き、そばに触れて、 [続きを読む]
  • 昼打ち夜食べ、というそば打ち
  • 昼打って、夜食べるというそば打ちなかなか興味深いテーマですね。西鶴間増田屋にご来店頂いているお客様の中には、孫を持つおばあちゃんの来店も少なくありません。そうしたご年配の方は、意外とお昼時に自由なお時間があったりします。友人への振る舞いのそば打ちそんなご年配の方で、日中に蕎麦を打ち、夜、気心知れたご友人などに、自分の打った蕎麦を振る舞うというコトも多くご依頼頂いております。なかなか粋ですよね。今回 [続きを読む]
  • 過去の記事 …