SEI さん プロフィール

  •  
SEIさん: 情けないシングルファザーSEIのブログ
ハンドル名SEI さん
ブログタイトル情けないシングルファザーSEIのブログ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/kibou_guard
サイト紹介文平成29年3月24日の定期検診の結果で再発が判明。娘ががんに負けないためのブログ。
自由文二人の子供を持つ、シングルファザーです。
上が男の子、下が女の子の年子の兄妹です。
息子が去年から、大学生で学生生活を楽しんでいます。
娘も今年から大学生なのですが、中学2年生に時に小児がんとなり、長い闘病生活を送り、寛解していたはずなのですが、平成29年3月24日の定期検診の結果で再発が判明しました。
声に出さなくても、文字にしなくてもいいので、心の中で応援してください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 44日(平均5.7回/週) - 参加 2017/04/13 23:16

SEI さんのブログ記事

  • 22:00の電話
  • 平成29年5月25日(木)今日は「MRI」と「CTスキャン」。 造影剤のアレルギー反応が起き、右眼が腫れ、眼科にもお世話になりました。今までこんなことは無かったのですが、色々と体の中で何かが起こっているのかもしれません。 「MRI」と「CTスキャン」の結果を見て、手術内容を週明けにお話ししますとのことでした。しかし、22:00に私の携帯に先生から連絡が入る。 今回の手術には大きなリスクが伴うというこ [続きを読む]
  • 情けないコレステローラーSEIの結果
  • 平成29年5月23日(火) 5/14(日)の献血での検査結果がポストに入ってました。 そういえば、この時血圧が高く「歳」と「不摂生」を感じた献血だったことを思い出しながら、ハガキを開くと・・・コレステロールまで上がってました(;一_一) ついに、ブログの訪問者と私のコレステロールが200越え!!・・・別にどうでもいい話なのですが( ̄▽ ̄) 正直、全ての方がこのブログを応援されていないのは分っ [続きを読む]
  • 未来を生きるために「命」を頂く
  • 平成29年5月21日(日) 手術日も決まり、覚悟を決めた娘が「お肉を食べたい」と言うので、焼肉を食べてきました。 「手術」を乗り越えるためには、気力、体力を充実させ、万全の体調で臨まなければなりません。 「食べる」ということは、「命」を頂くということ。「命」を頂くということは、未来を生きるための「力」を蓄えるということ。蓄えた「力」で生き抜くということは、自らが生きていることに携わって [続きを読む]
  • 手術日は「月内確定」
  • 平成29年5月19日(金) 今日の朝、私の携帯に「非通知」の電話がかかり、その電話に出ると病院の先生からでした。内容は、「手術枠」が取れないとのこと。 私も無理は承知というより、今後は「小児がん」の治療の幅はもっと広がってほしい思いを込め、「枠」がないなら、今、「枠」が有り小児がん治療が行える病院に娘のこれまでの治療・検査結果などの情報提供を行い、病院間での連携治療を行うことはできませんか [続きを読む]
  • 「小児がん拠点病院」の「役割」と「愚痴」
  • 平成29年5月18日(木)今日は情けないシングルファザーSEIのブログならず「グチ」です。 人の愚痴など読みたくないことは分っていますが、書きます。ですから、「愚痴」に関して不快に感じる方は、ここから先は読まないでください。 私の娘が治療をおこなっている病院は、全国にある「小児がん拠点病院」のひとつです。拠点病院には役割がしっかりとあります。それは、「小児がん医療および支援を提供する中心施 [続きを読む]
  • 異なる「小児がん」と「AYA世代のがん」
  • 平成29年5月16日(火) 私の娘は「がん」です。以前は「小児がん」でしたが、今回の二次がんは「AYA世代のがん」と呼ばれます。 「AYA(アヤ)」とはAdolescent andYoung Adult(アドレスセント アンド ヤング アダルト)の略で15歳〜30歳前後の思春期・若年成人のことで、「AYA世代」のがんには、小児や成人とは異なった問題や課題があります。 日本では毎年5,000人のAYA世代の若者が「がん」に罹患してい [続きを読む]
  • 情けないシングルファザーSEIのブログ
  • 平成29年5月14日(日) 今日、娘は高校時代の友達とお出掛けだそうです。まだ、人と会っているほうが不安と痛みが紛れるそうです。 今のところ、病院側からは外出制限がかかっていないとはいえ、無理はできないので、今日は映画と食事とおしゃべりみたいです。 というわけで、今日は私自身の日記です。つまらないとは思いますが、お付き合いください(^^)ただ、クレームは一切受け付けませんのでご了承ください [続きを読む]
  • ほんの少しだけ「大人」になれた時
  • 平成29年5月12日(金) まだ手術日も何も決まっていないせいか、「不安」と「心配」が週末が来ることを早く感じさせます。 今日も先生が学会に出席している為、まだ手術日は決まりません。来週には何かしら連絡が来るようです。先生たちも忙しいので仕方ないのかな(^-^; 昔の私であれば、これだけでイライラしていることでしょう。多分あの頃は心が狭く、酷いもんでした(^-^;周りの子供達のことよりも、自分の [続きを読む]
  • 「100年カレンダー」それがあなたの生きる道
  • 平成29年5月10日(水) 娘へ進学調査のプレゼントとして、「生まれ年から始まる100年カレンダー」が自宅に届く。まず、デカい!数字が小さい!娘「わたし、そんなに生きない!(笑)」貼る場所が見当たらない!・・・ツッコミどころが多いカレンダーです。販売もされてるようですが、お金を出してまで購入したいとは思いませんでした。 ただ、このカレンダーを見てると、勝手に病を克服した娘の姿を思い描いてし [続きを読む]
  • 辛い時こそ「花は咲く」
  • 平成29年5月9日(火) いつ病院からお呼びがかかり、娘の治療が始まりだすのか分からないので、当たり前の「感謝」を忘れそうになる前にフラワーショップへ行きました。少し早めの「母の日」ということで、店員さんと話しながら花束を作っていただきました。 そんな「花」を見ながら、車で帰宅途中にある曲を思い出します。その曲は「花は咲く」というNHKの東日本大震災復興プロジェクトのテーマ曲です。6年経っ [続きを読む]
  • 将来の娘の「道」に必要な「諭吉さん=お金」
  • 平成29年5月7日(日) 早いものでGW最終日です。子供たちはそれなりに満喫して過ごせたみたいです(^^)私はというと、自営業ではなく会社員なのですが、それでも稼げるときに稼がなくてはいけないので仕事もある程度していたため、GWを満喫した実感があまりありません(^-^;ただ、明日からの本格始動に向けて、そんなに「苦」を感じることなく仕事をこなせそうです(^^) 働き方改革が注目されている中、そんなに働 [続きを読む]
  • 決まらないのは「手術日」と「再会の日」
  • 平成29年5月6日(土) 今日は、体調が良かったみたいで、友達とお出掛けしていたみたいです(^^)5月の手術日はGW明けにしか分からないので、今はあまり何も考えずに楽しんでほしいです。 「友達」といえば、娘には同じ病で一緒に治療を頑張った友達がいます。当時、病室も大体同じ世代同士で部屋分けをしており、顔見知りの激しい娘もそのおかげで友達が出来ました。(娘が一番年下だったところがまた良かった。み [続きを読む]
  • 心と体と生活バランス
  • 平成29年5月4日(木) ゴールデンウィークも後半に入りましたが、私は午前中はせっせと仕事をしていました。 ・・・とはいえ、仕事もほどほどに切り上げ、自宅に帰ると娘が何やら考え事をしていたので、二人で気晴らしにブラッとドライブへ。 さすがに「博多どんたく」は人が多すぎると思い、福岡市の舞鶴公園で開催されていた「食パラダイス2017」に行ってきました(^^) 本当のところ、娘は病気のため食生 [続きを読む]
  • 「二次がん」と「QOL」
  • 平成29年5月3日(水) 今回のがんは、当初「上咽頭癌治療後、左鎖骨転移の疑い」でしたが、どうも「転移」ではなく「二次がん」のようです。 小児がんの治療として受けた抗がん剤や放射線治療により別のがんが二次的に発生してしまうことです。もとと同じ種類のがんができる再発ではなく、治療に関連して新たにできるがんのことを「二次がん」といい、二次がんには固形腫瘍もありますし、白血病もあります。私の娘の [続きを読む]
  • 「癌切り不動明王」と「5月の手術」
  • 平成29年4月30日(日) 癌切り不動明王に娘の健康がかえってくるように、福岡県小郡市にある、「如意輪寺」に行ってきました。別名「かえる寺」とも呼ばれているそうです。その後は、鳥栖プレミアムアウトレットにて、娘のお買い物の「お供」をしていました。これは別の言い方をすれば「財布」ともいいます。(笑)平成29年5月1日(月) 今日は、病院へ受診。まずは整形外科にて生検後の傷を見てもらい、小児科 [続きを読む]
  • 微笑む者には福来たる
  • 皆さん、お疲れ様です(^^)まだ、病院からの連絡はありません。不安ではありますが、救わなければならない「命」は、私の娘だけではないと理解しています。より多くの子供たちの笑顔が見れるために、病院は頑張っている証拠なのかもしれません。とりあえずは、ほほえみながら、週末を過ごします(^^) *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*『ほほえみ』                 ロバート・バーほほえみ、それ [続きを読む]
  • つのる「不安」と懐かしいアイテム
  • 13日の生検手術から結果がまだ出ない。生検前、先生たちの説明では、「結果は一週間から長くて十日ぐらいです。」もう、とっくに過ぎているんですけど・・・(;一_一)長くなればなるほど、不安がつのる。とはいえ、娘も私も待つしかできず、それぞれの日々を過ごす。そんなこんなで物置の片づけをしていると、懐かしいアイテムが顔を出す。その名も「Boogie Board(ブギーボード)」このBoogie Boardは書いたり消したりできる「 [続きを読む]
  • 保険という名の「準備」
  • ここ最近、私も子供たちもお世話になっているアフラック、日本生命など加入している保険会社の方々と、今後の娘の保険についてよく話をしています。何事もなければ、加入できる保険はいくつかあるのですが、再発等の場合は、保障が制限されたり、すぐには加入できないものなど、条件が厳しくなるものが多く、今後も考えることが山積みです。話の中で子供の将来考えて、赤ちゃんのうちからがん保険に入っておきたいという方が増えて [続きを読む]
  • リニューアルとお願い
  • 平成29年4月23日(日) 本日、ブログをリニューアル致しました。 ・・・だからといって、病気が治るわけではないのですが(^-^; ただ、今、病気の方であったり、健康な方であったり、以前ケガや病気になった方であったり、誰でもどんな方でも気軽に来ていただけるブログであれたらと思っています。 その中で、娘へのほんの少しの応援と、寛解へ向けた、ほんの少しの祈りをして頂ければ嬉しいです(^^)  [続きを読む]
  • 平成24年9月・・・「娘」あての手紙
  • 娘が部屋で、手紙をみて懐かしがっている・・・。平成24年9月のこと・・・仕事から帰宅し、郵便受けに「手紙」が届いていた。それは、当時入院中の娘へ友達が送った「手紙」。娘が中学2年生の頃、周りの友達は携帯電話をほとんど持っていて、入院中もメールでやり取りをしていました。しかし、「手紙」が届いていることを病院にいる娘にメールで報告すると、手紙を送った子は携帯電話を持っていないとのこと。その子の「手紙」 [続きを読む]
  • 退院から一週間
  • 平成29年4月21日(金) 今日は、生検手術の傷口の確認の為、一週間ぶりに病院へ。整形外科での受診は問題はないのですが、生検の結果はもう少し時間がかかるとのこと。 正直、治療はまだ何も始まっていない為、不安と言われれば不安で仕方がない。いま、この時間も病は娘の体を蝕んでいる。しかし、考えていても仕方がないことも分かっているので、娘は受診後、病院をあとにして大学へ向かう。 私も前回、娘の [続きを読む]
  • ストレスと後遺症
  • 平成29年4月19日(水) 仕事が終わり帰宅すると、もうすでに娘は大学から帰っていました。 んっ!どーも今日は虫の居所が悪いようです(;一_一)この病気は、精神面の浮き沈みにも大きな影響を与えるため、こんな時は、少しそっとしとくに限ります(^-^; 最近バタバタしていたので、2週間ぶりにランニングするために運動公園へ。久しぶりにいくと、温かくなったせいか、ウォーキングに犬の散歩などに多くの方が [続きを読む]
  • 治すための環境とブルゾン
  • 平成29年4月18日(火) 今日は天気も回復して、娘は病気でも元気に大学へ行きました(^^)・・・少し、変な文章になっていますが気にしません(笑) 先週の入院生活を振り返ると、主治医は4年前と変わりはないのですが、仲の良かった担当医が3年ぶりに帰って来てたり、看護師さんたちは、結婚されて苗字がかわられた方や新人だったあの頃とは全然違ってよくしゃべるようになっていたり、当時お世話になった院内学級 [続きを読む]
  • 疼きと散る桜
  • 平成29年4月17日(月) 先週の土曜日に、生検の傷がまだ疼く娘がふと、自宅に貼ってある、西日本シティ銀行の年間カレンダーを見て、「この桜の樹を見に行きたい。」と言い出す。 という訳で、日曜日にその場所に向かう。 どこかというと、熊本県南阿蘇の「一心行の大桜」。もう散っているとは思いましたが、熊本地震より1年といい、突然行きたいと言い出した娘といい、何か感じるものがあったので、長い距離 [続きを読む]
  • 熊本地震と子供
  • 平成29年4月15日(土)熊本地震から1年にあたり、改めて被災された全ての方々に心からお見舞いを申し上げます。 ただ正直に言いますと、私は娘の「再発」や「入院」で、九州に住んでいるのに「熊本地震」への思いを、「隅」の方に追いやっていました。情けないやら申し訳ないやらでいっぱいです。 発生から1年が経過しましたが、建物倒壊などによる直接死は50人に上り、震災関連死は200人を超えています。復興への [続きを読む]