エリにゃん さん プロフィール

  •  
エリにゃんさん: エリにゃんと日常日記-with-香川建築探訪
ハンドル名エリにゃん さん
ブログタイトルエリにゃんと日常日記-with-香川建築探訪
ブログURLhttp://waidobaken.seesaa.net/
サイト紹介文うちのねこのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 157日(平均5.2回/週) - 参加 2017/04/14 14:46

エリにゃん さんのブログ記事

  • 乃木館
  • 善通寺の自衛隊の敷地の中にある「乃木館」です。1898年(明治31年)に建てられた西洋風の建物で、内部が見学可能になっています。乃木希典は初代師団長で貴重な資料が展示されています。自衛隊の方が一人案内役として付いてくれ、説明してくれました。ここが乃木将軍が使っていた部屋。内部はこんな感じ。<以下ウィキペディアより抜粋>新しく編成された大日本帝国陸軍第11師団の師団司令部として明治31年(1898年)10月1 [続きを読む]
  • 既存住宅状況調査技術者
  • 既存住宅状況調査技術者講習終了証明書が届きました。これは来年4月から始まる、中古住宅のインスペクションの促進における、政府の方針で必要となるものです。要は「中古住宅を売るのに、建築士の診断・調査をして、その報告書を買主に説明しなさい」ということを、強制ではないが、できるだけやりなさいというもの。この資格は、その調査・報告ができるというもの。こういった資格は、いつ役に立つかわからないので、できるだけ [続きを読む]
  • 飛翔の館
  • さぬき市立病院の横に、変わった形の建物がありましたので、何かと思ったら武道館でした。木の武道館「飛翔の館」と書かれたこの建物は、大断面集成材構法で建てられたもので、設計は県内の多田善昭建築設計事務所によるものです。1991年香川県建築学会「優秀建築作品賞」受賞。建築デザインというのは、基本的に著作権がありませんので、他のものをまねしようと思えば、いくらでもまねできるわけです。それだけに、建築家たちは、 [続きを読む]
  • 坂出市立病院
  • 小学校の統廃合で、坂出市立中央小学校が無くなり、その跡地にできたのが、これ。以前の古い病院から斬新なデザインに生まれ変わっております。2014年オープン。設計は、石本建築事務所となっていますが、HPには紹介されていません。坂出市はこれができたことにより、大きく町並みが変わったような気がします。 [続きを読む]
  • ジャスティンビーバーの賞味期限は?
  • 現在アメリカの音楽チャート(ビルボード)で16週連続1位となっているのが、これアーティスト : Luis Fonsi and Daddy Yankee featuring Justin Bieber   曲名 : Despacito16週連続というのは、Mariah Carey & Boyz II Men の One Sweet Day に並ぶ歴代1位タイの記録です。ユーチューブでは再生回数がなんと34億回を超えています。(ピコ太郎は1億回くらい)しかも、スペイン語で歌われて.. [続きを読む]
  • 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
  • 色彩を持たないというのは、苗字に色が入ってないのと、存在が薄いという比喩的表現のほかに、別の意味がありそうで、巡礼の年はクラシック音楽のタイトルと、過去の謎の解明のために、友人を訪ねるということだと思いました。これの結末は、書かれていなく、ネットでは読者の想像がたくさん書かれていますが、これが真実はどうなのかという興味をますます引き立てられるというのが、村上ワールドの特徴だということでしょう。昔「 [続きを読む]
  • さぬき市民病院
  • さぬき市の中でも、わりとマイナーな道路を走っていると、近隣の風景にあまりそぐわない現代的な建物が建っていました。ここ数年、市民病院を建て替えるのが香川県の中で流行しているようです。当然、古いよりも新しい病院の方が、行ってみたいという気にはなります。しかもこの外観なら、病気でなくても入ってみたくなります。しかしながら、病気でもないのに興味本位で中をのぞくのも気が引けるので、入りませんでした。これを設 [続きを読む]
  • 丸亀ドーム
  • 丸亀ドームといっても、高松市の丸亀町壱番街にあるアーケード・ドームです。高松市のアーケードは2つの日本一があり、一つはアーケードの総延長。(分岐を含まない連続したアーケードは大阪の天神橋筋商店街が日本一)そして、もう一つが、このアーケードドームの高さです。設計は坂倉建築研究所。施工はタカクラコーポレーション。なお、これの施工方法はHPで見ることができます。シンボルタワーにしろ、この丸亀ドームにしろ [続きを読む]
  • 高松シンボルタワー
  • 2004年完成で、四国で最も高い建物。設計:松田平田設計他 施工:大成・戸田建設共同事業体2004年 香川県建築士会・優秀賞他多数受賞以下、ウィキペディアよりサンポート高松の中核を担う再開発ビルとして2004年(平成16年)に完成した。オフィス、商業施設、イベントホールなどを擁する複合商業施設であり、シンボルタワー開発株式会社が所有している。香川県や高松市のイベント会場としても使用される。タワー棟の9階 [続きを読む]
  • 徳島県三好市
  • 徳島県は山と川ばかりで、平地が少ない県です。ゆえに崖にこのようなコンクリートの基礎を構築して建物を建てている光景がよく見られます。ある意味、徳島県の技術力の高さを感じます。今日は姪っ子達が来たので、祖谷のかずら橋に来ました。ここは土産物屋と、その駐車場です。これを見ますと平地の多い香川県は非常に恵まれた県と言えます。県外ナンバーの車がずらりと並んでいて、ここまでしてでも土産物屋を作りたい気持ちがわ [続きを読む]
  • コンクリートの中性化を調べてみた
  • コンクリートはアルカリ性でPH13くらいの強アルカリです。フェノールフタレインを使えばアルカリに反応し、紫色に変色する性質を利用して、コンクリートの中性化がどの程度進んでいるかを調べることができます。まず。ドリルで穴をあけていきます。そして、フェノールフタレインを浸した試験紙にコンクリートの粉が落ちるようにします。このように、色が変わった時点で、穴あけをやめます。そして、穴の深さを測れば、中性化の [続きを読む]
  • サーモグラフィーカメラを使ってみた
  • サーモグラフィーカメラは赤外線を使って熱分布を画像処理できる装置です。建築分野の使い道としては、外壁タイルの浮き、雨漏り調査、断熱不良、筋交いの有無の調査といったところです。タイルの浮きは、裏の空気層が熱をつたえにくいことを応用し、熱の上昇期には表面が他と比べて熱くなり、逆に、熱の下降期にはむしろ、躯体からの熱放出が行われにくくなるため、他の部位に比べて温度が下がるというのが特徴です。しかしながら [続きを読む]
  • シュミットハンマーを使ってみた
  • コンクリートの圧縮強度を測定する機械であるシュミットハンマーを使ってみました。機械の先っぽをコンクリートに押し当てて、跳ね返った衝撃で、強度を推定するというものです。計りたいコンクリートに20か所測定し、その平均をだし、圧縮強度換算式で計算して、推定値を出します。この換算式には、日本材料学会式や日本建築学会式といったものがありますが、日本材料学会式が一般的に使われているようです。こんな感じで、記録 [続きを読む]
  • 火山のふもとで
  • 建築設計事務所が舞台の小説。この作者の松家さんは、建築家ではなく雑誌の編集者であったにもかかわらず、建築設計事務所の内部に関する、ものすごいリアリティのある小説を書かれたことに驚かされます。これには相当取材されたことでしょう。また、フランクロイドライトに関する記述なんかは、特に「そうなのか」と、意外な一面を教えてもらったという感じです。なお、火山は浅間山のことで、そこのふもとにある「夏の家」が舞台 [続きを読む]
  • 外構リフォーム4
  • 6月から掛かった外構工事ですが、途中1か月もほったらかしにあいましたが、ようやく完成しました。木は国産スギのキシラデコール2回塗り(チーク色)4000×115×15 スリット15mm柱はLIXIL製アルミ柱90×90角見えない部分はガラスネット波板(ブロンズ)2重貼り。庭はこんな感じ。全体的にカフェっぽくなりました。 [続きを読む]