yu さん プロフィール

  •  
yuさん: じYUな田舎生活
ハンドル名yu さん
ブログタイトルじYUな田舎生活
ブログURLhttp://inakalib.com
サイト紹介文山林開拓・セルフビルド型田舎暮らしブログ
自由文たった一人で、極力重機を使わずに山林を開拓していきます。技術系の記述が多め。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 43日(平均5.0回/週) - 参加 2017/04/14 23:55

yu さんのブログ記事

  • 6畳小屋セルフビルド日誌 細々と
  • 2017年1月22日、とりあえずロフト窓の下戸当りを105mm幅野地板で付けてからあおりどめ金具を設置しました。 これで少し衝撃あっても開かなくなりました。 でもあおりどめは上の戸当りにつけたほうが邪魔にならなさそうなので、野地板買い足してから窓枠完成させたら移動させる予定です。 1月29日、ドア金具取付。 取っ手も取り付けました。 一応南京錠は取り付けられますが、ビス頭が出ています。 ビス頭も隠せるものは売って [続きを読む]
  • 下屋づくり まとめ
  • 北面平面面積:2910×3860mm≒11.23?(6.16畳)構想〜石投入沓石製作〜設置材の加工①材の加工②建前波板と雨樋と外壁 南面平面面積:1750×3860mm≒6.76?(3.71畳)構想〜基礎材の加工〜完成面積合計:約18?(約10畳) 使用材料沓石材料・セメント:約30kg ・砂:約90kg ・砂利:約120kg ・天端レベラー:約3kg金額小計:約2,700円木材・ヒノキ 90×90×3000mm:7本 ・スギ 90×90×4000mm:2本 ・SPF 2×4 12f [続きを読む]
  • 南面下屋づくり 材加工から完成
  • 前回 じYUな田舎生活 南面下屋づくり 構想〜基礎http://inakalib.com/selfbuild/penthouse/12859前回 構想北面下屋と同じ材料で、柱、桁、方杖を作る。 基礎も同じように自作ダブル羽子板沓石。 異なる点は、屋根の垂木の長さと波板くらい。 南側には浸食跡のよ... 材の加工2017年4月7日、雨。北面下屋内で作業。 ボルト穴開ける時は貫通させる前に裏側から穴少し開けるとさかむけみたいなのが無くなる? 仮 [続きを読む]
  • 南面下屋づくり 構想〜基礎
  • 前回 じYUな田舎生活 北面下屋作り 波板と雨樋と外壁と完成とhttp://inakalib.com/selfbuild/penthouse/14475前回 波板張り2017年4月5日、曇り。 今日の夜くらいから雨が降るらしい。作業を急ぐのだ! ん?ということは出稼ぎ出発前にちゃんと雨漏りしないか確認できるとい... 構想北面下屋と同じ材料で、柱、桁、方杖を作る。 基礎も同じように自作ダブル羽子板沓石。 異なる点は、屋根の垂木の長さと波板く [続きを読む]
  • 北面下屋作り 波板と雨樋と外壁と完成と
  • 前回 じYUな田舎生活 北面下屋づくり 建前http://inakalib.com/selfbuild/penthouse/14434前回 建前2017年4月4日、快晴。 何だか最近作業がしたくてしょうがありません。 昼間はかなり暑くなってきました。 日向にいると気分が悪くなるほどの陽射しですが... 波板張り2017年4月5日、曇り。 今日の夜くらいから雨が降るらしい。作業を急ぐのだ! ん?ということは出稼ぎ出発前にちゃんと雨漏りしないか確認で [続きを読む]
  • 北面下屋づくり 建前
  • 前回 じYUな田舎生活 北面下屋づくり 材の加工②http://inakalib.com/selfbuild/penthouse/14380前回 方杖用欠き込み2017年4月2日、柱と桁の方杖が当たるところを5mmほど欠きこむことにしました。 90mm×√2≒127mmの幅最低欠き込むことになりますが、余裕持って13... 建前2017年4月4日、快晴。 何だか最近作業がしたくてしょうがありません。 昼間はかなり暑くなってきました。 日向にいると気分が悪くなる [続きを読む]
  • 北面下屋づくり 材の加工②
  • 前回 じYUな田舎生活 北面下屋づくり 材の加工①http://inakalib.com/selfbuild/penthouse/14238前回買い出し2017年3月26日、下屋を作るための基本構造材を購入しました。 今回は全国チェーンのホムセンではなく地元資本の店で購入しました。 全国チェーンのホムセ... 方杖用欠き込み2017年4月2日、柱と桁の方杖が当たるところを5mmほど欠きこむことにしました。 90mm×√2≒127mmの幅最低欠き込むことになりま [続きを読む]
  • 北面下屋づくり 材の加工①
  • 前回 じYUな田舎生活 北面下屋づくり 沓石製作〜設置http://inakalib.com/selfbuild/penthouse/14282前回 沓石製作型枠づくり3月22日、沓石自作にチャレンジ!Leading Innovation!(もう勘弁してやれ…)下屋は壊れても大きな支障は無いため、居住小屋建設より冒険...買い出し2017年3月26日、下屋を作るための基本構造材を購入しました。 今回は全国チェーンのホムセンではなく地元資本の店で購入しました。 全 [続きを読む]
  • 北面下屋づくり 沓石製作〜設置
  • 前回 じYUな田舎生活 北面下屋づくり 構想〜石投入http://inakalib.com/selfbuild/penthouse/12861構想下屋とは、母屋から張り出して作られた屋根や小さな空間を指します。 ルーフパートナーさんのところが綺麗にまとまっていますので、そっち見た方がわかりやすいかも... 沓石製作型枠づくり3月22日、沓石自作にチャレンジ!Leading Innovation!(もう勘弁してやれ…)下屋は壊れても大きな支障は無いため、居住 [続きを読む]
  • 北面下屋づくり 構想〜石投入
  • 構想下屋とは、母屋から張り出して作られた屋根や小さな空間を指します。 ルーフパートナーさんのところが綺麗にまとまっていますので、そっち見た方がわかりやすいかも。今建っている6畳小屋には玄関が無く、雨が降ると靴を床下に入れるか小屋内に入れないといけませんので面倒だし、玄関ドアを開けっぱなしにしていると小屋内に雨が振り込んだりと、何かと不便です。 しかし下屋があるとそのような心配は一気に解消されるし、色 [続きを読む]
  • 2017年4月から5月4日の雑記
  • ここは戸惑う思考の墓場… (休日って暇なものね) 2017年4月23日、休日。快晴で新緑が美しい、一年で最も気持ちのいい時期。 こんなときでも部屋の中に引きこもれる人なんているのだろうか。 期間工の休日は体を休めるだけとか言われるけど、やっぱり外にでる人は多いように見える。100均で生活雑貨を揃える。 寮住まいならこれで十分。 典型的な郊外だが、穏やかでなかなか良い。 不動産屋の前に貼ってあるアパート入居募集 [続きを読む]
  • 製材本番と保管 2017年2月22日〜
  • 前回 じYUな田舎生活 冶具製作&製材実験 2017年2月12日〜21日http://inakalib.com/skiddinglumber/11491前回 垂木用丸太の皮むき2017年2月12日、まずは昨日伐採したアカマツの小丸太を回収。 6畳物置は野地板なしの波板切妻屋根にしようかと思っているので、この... 製材本番2017年2月22日、午後から作業。午前は小屋周辺整地。昨日はそれなりにいい感触が得られたので、早速本番に移ることにしました [続きを読む]
  • 冶具製作&製材実験 2017年2月12日〜21日
  • 前回 じYUな田舎生活 集材&製材実験 2017年1月23日〜2月10日http://inakalib.com/skiddinglumber/12487玉切り&集材2017年1月23日、買い出しまで6畳小屋セルフビルドが出来ないので1月22日に皮を剥いておいた、アカマツの玉切り・集材をすることにしました。まずは切り株か... 垂木用丸太の皮むき2017年2月12日、まずは昨日伐採したアカマツの小丸太を回収。 6畳物置は野地板なしの波板切妻屋根にしようか [続きを読む]
  • 集材&製材実験 2017年1月23日〜2月10日
  • 玉切り&集材2017年1月23日、買い出しまで6畳小屋セルフビルドが出来ないので1月22日に皮を剥いておいた、アカマツの玉切り・集材をすることにしました。 じYUな田舎生活 伐採日誌 2016年11月〜17年1月http://inakalib.com/logging/8180小屋南側の低木伐採 2016年11月15日、この日の前後は午前中に進入路造成の土木作業、午後は6畳小屋のセルフビルド作業をしていましたが、11月14日に雨が降り土が湿って...まずは切り [続きを読む]
  • 伐採日誌 2017年1〜3月
  • 1月2017年1月24日、6畳小屋セルフビルドで使用する内壁用野地板が乾かないので、伐採作業することにしました。の前に、身体を暖めるため・雪が解けてくるまで薪割&薪棚増築したりしました。 足場が不安定なところで伐採するのは危ないですからね〜。今日は小屋東側の低木を伐採することにしました。 あまり生活スペースに直結するような場所ではありませんが、ちょっとだけ残っているので伐採しておくことにしました。 来シーズン [続きを読む]
  • 雑記 2016年9月〜2017年3月
  • ここは揺蕩う言霊の袋路… (日誌の中でどこに書いておこうか困るようなものを集めただけ)2016年10月30日、晴れの日曜日。 この日はホムセンで土台の最後の材料を買い出し。 晴れの休日は町の雰囲気が賑やかな感じ。こんな日にいつもどおりしこしこ作業やってられっかー!ということで 資材の整理が済んだ後に散歩。 曜日とか関係ない生活送っているヒキニートでも、町の雰囲気に当てられると影響されるのよ。 スマホとデジカ [続きを読む]
  • 進入路造成日誌 2017年2月
  • 前回 「進入路造成日誌 2016年11月」 作業再開2017年2月23日、最近はチェーンソー製材がメイン作業でしたが、一日中製材すると振動病になりそうなので、ある程度やったら別の作業することにしました。 しかし小屋の作業はもう外壁塗りしか無く、期間固定ポイントの関係で塗り壁材の注文はもう少し先にするつもりです。 家具を購入して小屋での生活をもっと過ごしやすくするのも良いのですが、実家の車を借りて置いてあるも [続きを読む]
  • 進入路造成日誌 2016年11月
  • 前回 「進入路造成日誌 2016年10月」 2016年11月1日、飽きずに作業。 今日は廃道整備を行うことにしました。 公道から6畳小屋セルフビルド用の資材を搬入するときにこの道をよく使うのですが、切り株が多くて歩きづらいし、一輪車も通りにくいのです。 どうせ整備することになるんだから、今のうちにやっておいたほうが効率的。 軽トラが入れるようになるのはまだまだ先になりそうだし…。 伐採だと一瞬で作業を終えること [続きを読む]
  • 進入路造成日誌 2016年10月
  • 前回 「進入路造成日誌 準備編」 施工開始2016年10月16日、四万十式作業道を造成する準備が整いましたので、今日から作業をしていくことにします。 ひとまず土木作業として集めた道具は、スコップ、つるはし、根を切るための鉈、他にも丸太を加工するチェーンソーです。四万十式丸太組工法で必要な資材は、丸太とワイヤーなどのロープ類のみ! 画像検索で調べてみたところ、従来の擁壁丸太組工法では擁壁前面の丸太に大きな [続きを読む]
  • 進入路造成日誌 準備編
  • 投稿日:2017年4月18日 あっ、やばい、作業忘れそう… 写真撮ってただけなんだよなぁ。 うろおぼえで書いてます。 簡易測量&設計2016年10月3日、9月に伐採したおかげで大分進入路の具体的なルートが見定めることが出来るようになりました。 小屋建築候補地から舗装公道までには、大昔に作られた道(歩道?)があったようですが、私が伐採するまでは草木に覆われて廃道になっていました。 「廃道を復活させて、小屋から舗装公 [続きを読む]
  • 2016年9月〜2017年4月までのまとめと出発式
  • 半年ほど出稼ぎ行くので、今シーズンの振り返りです。当初計画としては、このシーズン中に5000坪の山林の低木伐採と枯れ木除去全部やろうと思っていましたが、ほとんど出来ませんでした。 まあこれから1,2年かけて、出稼ぎやバイトしながらゆっくり開拓していくつもりです。 何分金も知識も技術も経験も足りないんだから。 急ぎはするけど冷静に計画を立てて、失敗は少なめにしたいものですな。 作業まとめと振り返り入植・テ [続きを読む]
  • 2017年1〜3月 生活費
  • 総支出:378,385円 (月平均:126,128円)やっぱり月平均支出が多いですが、3分の2くらいが生活環境を整えるための道具・資材費となっています。 それが無ければ月平均支出は約45,000円、税金が無ければ25,000円となるので生活費としては及第点になるのかなあ? 1〜3月は雇用保険金が振り込まれていたので何とか貯金を減らすことを抑えられました。 でもこれ以降はちゃんとお金を稼がないと生活が成り立たなくなってくる…。 [続きを読む]
  • 山水引水記録
  • ポリエチレンパイプの注文2017年2月4日、遂に山水を引いてみることにします。 小屋建築場所から少し離れたところ、自分の敷地内に小さな谷があるのですが、そこは安定的な水量があるようなので、そこから山水を引いてみようかと思っていました。 この取水地があるからこの土地を買ったのです。基本的な原理は山に来てからよくお世話になっている本、山で暮らす愉しみと基本の技術を参考にしています。山で暮らす愉しみと基本の技術 [続きを読む]
  • 調理用ロケットストーブの使用手順
  • 移住当初は火の取り扱い方もよくわからなかったので、ロケストの火起こしにすら手間取っていました。 しかし飯盒で飯を炊くようになってからは大分慣れてきて失敗することがほぼ皆無になってきたので、自分の調理用ロケスト使用手順を書き記しておきます。 火が安定して飯が炊き終わるまでの間は少し時間がありますが、食材の加工などは火起こし前に出来るだけ行っておいた方が良いです。 ガスコンロよりも忙しいですからね。 [続きを読む]
  • 調理用ロケットストーブの改造
  • 初めての本格使用実家で製作したパーライトモルタルロケットストーブもちゃんと山に持ってきました。 入植した直後の2016年9月4日に早速購入しておいた鋳鉄製中華鍋を使用して早速チャーハンを作ることにしました。 この時はまだ焚き付け用のスギの葉とかを収穫していなかったので、ガスコンロで小枝を燃やして焚き付けにしていました。やはり直火料理には耐熱・蓄熱性のある鋳鉄の道具が似合います。 ダッチオーブンもいつか買 [続きを読む]