賢者の創作石 さん プロフィール

  •  
賢者の創作石さん: 賢者の創作石
ハンドル名賢者の創作石 さん
ブログタイトル賢者の創作石
ブログURLhttp://artstone.hatenablog.com/
サイト紹介文ガラスにペイントして創る創作石(ガラスストーン/ガラス石)のアクセサリーを創っています。
自由文神秘と美をテーマにガラスにペイントして創る創作石(ガラスストーン/ガラス石)のアクセサリーを創っています。『賢者の創作石』(Philosopher’s Art Stone)は、ケルト神話が起源のアーサー王伝説の『賢者の石』が由来です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 98日(平均4.5回/週) - 参加 2017/04/15 01:11

賢者の創作石 さんのブログ記事

  • 種 既に蒔かれけり (2)
  • よろづをしたたむ玉水のゆくへ    悉く写す万華の鏡   睫見えぬも足下から鳥が立つ     狐は如何に   めさましぐさ食む卵孵しの理     弧は如何に地鎮鬼火よ   芽流樺をして仕組み   聞こしをす麻本呂婆の種 既に蒔かれけり言の葉 足るまじくなむ    よのすゑ騒がし 形 而して上に学ばんを    下に学する道なり幾星霜影フミて        幾星霜モノ語るツチ鋤 [続きを読む]
  • 種 既に蒔かれけり (1)
  • 睡蓮打ち眠れば淵池   モネのマナこ久しきに捕わるる縦横無尽 縁環の術   然れば蔵の中生きとし生くるもの   巻貝 逆巻貝をしてしほうみ みづうみ   いづれか いはんや鱗かな種 既に蒔かれけり平家の落人       いづこにあらむ助くるも国落人     養ふも国落人隠り世の里に      蛍の飛び交うを知る育つ蓮の成り変はる   嗚呼花守や花守や種 既に蒔かれけり [続きを読む]
  • トラウマ噴き出しオンパレード
  • ブログって不思議。最近はトラウマ噴き出しオンパレード状態になっている。前回の『ふっちゃんを忘れない』では書いたことで周りの方々にとてもお世話になった。「ありがとうございます。m(_ _)m」自分だとわかる人とわからない人がいると思う。無意識的に助けてくれた人もいるみたいだから。最近のトレンドキーワードは『誤解』と『勘違い』。これもトラウマ的出来事があるので書かなくてはいけないのだろうけどなんかここん [続きを読む]
  • ふっちゃんを忘れない
  • オーストラリアに初めの1年はワーキングホリデービザで滞在した。その時に一緒に住んでいた人と結婚する予定があったから日本には一時帰国で数ヶ月滞在してまたオーストラリアに戻ってくる予定だった。日本に帰る1ヶ月半前に友だちのふっちゃんから手紙が届いたけど、私は返事を書かなかった。あと1ヶ月半で日本に帰ったらふっちゃんに電話して突然驚かしてやろうと思っていた。日本に帰ってすぐ次の日、ふっちゃんの家に [続きを読む]
  • 帰還
  • どこまで来ただろう。果てしない旅をしているらしい。就寝カプセルを出ると、闇の中に幾何学模様の色光がまるで灯台のように窓の外を照らしていた。しばらく思い出せずにいたが、これまでのいきさつにやっと気がついた。ここまで来ればもうすぐということか。しかしアースクロックを見るとまだ地球を出てから5分足らず。はるか昔の光速の時代が偲ばれる。宇宙船も改良に改良を重ね、よくぞここまできたものだ。しかも一人乗り [続きを読む]
  • 父へ…レクイエムをあなたに…SoundCloud
  • SoundCloudに 父への『Requiem』1曲を追加しました。昨日も4曲アップしたので全部で12曲になりました。soundcloud.com父が亡くなった時は私は日本にはいなかった。お葬式には行かなかった。関係が悪いとかそういうことではなくて私は父に似すぎていてそんなことは父にとってどうでもいいことであることがわかっていたからだった。私は父に性格がそっくりだとよく言われていた。たぶん父とは似ていたので課題がなかった [続きを読む]
  • 迷子の音楽
  • 言葉が見つからなくなってしまった。 それとも言葉に見つけてもらえなくなってしまったのか。言葉の迷子。何か変なモードに入って言いたいことを正確に表せないのが常にもどかしい。たぶんトラウマとかインナーチャイルドとか呼ばれているものの類いだと思う。過去の振り返りの一部だとも思う。向き合わなくてはならないけど、向き合うのは少しだけ後にして今は音楽に助けてもらうことにした。ブログを更新したいから。サ [続きを読む]
  • そういえば二十代後半の記憶が遊びに来ていたんだった
  • 昨夜、二十代後半辺りの記憶が出てきたのは一昨日、その二十代後半手前の記憶がリアルで遊びに来ていたのと関連があるというのに全然気付いていなかった。つまりこの頃に知り合った友人が日本に来ていて一昨日遊びに来たんだった。そして、たまたまもうすぐ来る友人も交えて再会する予定になっているのと写真を別々に考えていた。そういうことか。だめだな。こんなにぼーっとしてたらいろんなサインを見逃してしまう。この友人 [続きを読む]
  • 記憶のスキャン
  • 今夜は埃にまみれて出てきた記憶をスキャンした。二十代後半辺りの記憶。。。オーストラリアのシドニーで住んでいたフラットの内装(?)写真が色褪せてボロボロになっていたので、スキャンして補正した。今スキャンしておかなければ、まるで記憶を失ってしまいそうな気がしたから。この頃はインスタレーションアート風に不定期に模様替えをしていた。かなり非実用的で掃除に困っていたシロモノ。でも自分には住み心地よかった [続きを読む]
  • Out of blue の魔法円「ゾクッ」
  • あるブンショウを読んだトキ なぜか「ゾクッ」ときた。コワイとかそういう種のものではないのに。ヒサカタぶりの「ゾクッ」。それがミチなのか?それはアリエナイくらいにトオクに見える。しかもどうやってアルクのか??全く全く全く全く全く全く全くケントウがつかない。ホウホウとカテイはワタシの考えることではないことを思い出してヨケイなことは考えずにシゼンに任せることでいったん忘れよう。 [続きを読む]
  • 黄金太陽
  • 想い出せ  ティファレトの職人忘れ去られた 光の断片を拾い集めて 束にする技を東に出会い  西に追う大地に根を張りその虹色に輝くをしっかりと瞳の奥に焼きつける時そう 我らは 太陽の民闇に向かひて  たった今 宣言するのだここに蘇るは  黄金の技ーーーーーーーーー今は削除した別のブログにアップしたことがある記録を再アップ。ちょっと思い当たることがあって備忘録。---------- [続きを読む]
  • 一の年 蟹ありく いか秤
  • かりそめの春過ぐ        陽高き一なる半夏生         前菜かなしんげつほのみゆ    来たるまことの春御前也  望む火熾し音ゆるし蟹ありく   かのひとがた聞きも敢へず         磯隠る亀おとづる        甲羅の便りはいまや何処   浮雲花染め移ろいやすし     栄耀一睡のうちにしてああ如何ばかり いか秤      懸くもののあはれ南北眼 [続きを読む]
  • 渦の学校
  • 誰もいない遊園地。ほんのり 反時計回りの扉ありき。日常生活にかくされた 異世界への樹海をさまよう 伝説のドラゴンと流れていく渦の学校がある。第10回 幸せ集結 謎の時計回り 大スフィンクスの石 展示会。大スフィンクスはブースが決まっている?賢王ファラオの顔から見た 有名なギザのライオンへの行き方とライオンの骨がピラミッド守る役目をできるのか。付かず離れず 王家の墓守る 王家のドラゴン [続きを読む]
  • 子どもの手づくりおもちゃ展
  • 『子どもの手づくりおもちゃ展』はどこかで開催しているのではなく、ここが会場です。子どもが幼い頃、自分のオリジナルでなく子どもの好きなキャラクターを粘土で一緒に作ったりキャラクターの絵を描いたりして遊んだので今日はその写真をここに展示してみようかなって思いつきました。(これって著作権とか大丈夫なのかな? ひっかかるようだったら後で削除します。確か共謀罪にも著作権の記述があったような.....)自分 [続きを読む]
  • 夢方見聞録
  • その夜はくたくたに疲れていた。睡魔が襲ってくるがなんとか眠らないでおこう。いつもはここで睡魔が襲うと、早く眠りにつかないとあれに追いつかれてしまうと焦る。だが今回は眠らない。望んだことだから。ついに、ある空気のざわつきから始まるあの予兆が始まった。それはいつも畏れの感覚と共に始まるが今回に限って畏れはなかった。身体が動かなくなった。予定通りだ。目の前の存在。その存在は確かに目の前にいる。や [続きを読む]
  • 生と死のハイ
  • 再びタマニチェンコさんのこちらの記事↑がトリガーになっている話。記憶を書くのは私には難しく感じている。辛かった体験だからという理由ではなく記憶はまるで樹のようになっていてそれを一本の線に直すという作業が私には難しい。書く前は、難しすぎる、と諦めてしまいたくなる。書き出したら、何とかひとつひとつ一歩一歩進める。人の記憶はつまり経験で、アウトプットすれば集合経験値になる。 誰が読むのかという [続きを読む]
  • シンクロニシティ・ハイ
  • 今から書くことはタマニチェンコさんのこちらの記事↑がトリガーになっている。この時書いてみようと思ったことは生と死がテーマで記憶の整理に苦労しているので別のもうひとつのことを今回は書いてみようと思う。記憶を掘り起こして書くのは難しい。自然に蘇った部分はそうでもないけどそれを繋げる残りの部分が。辛かった体験だからという理由ではなくなんというか記憶はまるで樹のようになっていてそれを一本の線にするとい [続きを読む]
  • 聞いてみたいことがある
  • 少しだけ不思議に思うこと。空を背景にすると曇りでも見えるぶつかりあい、方向転換しながら激しく動く無数のごくごく小さな白く光るツブツブ。一つのツブを追うのは難しいけど、一つ一つのツブの移動距離はあまり長くないような感じの細かい動き。これって光子? とか思っちゃうけどまさかね。肉眼では見えないよね。でも他に何がある?っていう感じで光子っぽいんだよなあ。暗い背景では全く見えない。ぼんやりと見るよ [続きを読む]
  • 涙腺上のアリア
  • 生の喜び    生の悲しみ終わりは始まり  始まりの前奏はハ短調エチウドの調べ  即ち之縁の技古今東西   無常往來須く須く時の過ぎ行く延長線上の幻の像なるべし洞窟の暗闇   やうやう新しき光呼ぶ河童の戯れなるに湖の果て   未だ視ぬ有り明けの景色 愛で八千の貝を耳に   眩き光注ぐ天草人よ 奮い立たん   否眼開き瞳据え   しっかと汽笛の響きを聞きて 弧の橋渡らん   [続きを読む]
  • 地震防災メモとリンク
  • 日本は地震大国です。個人でできる地震の備えはしていますか?メモなのでまとまっていません。できればリンク先を参照して下さい。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<栃木の研究者さん>地震予想(毎日更新)「九州福岡市VLF電磁波受信レベル観測過去成功例から推察すると、 6/5-6/13の若狭湾地震発生予想。 今後は、本州中部地方の観測から直前前兆把握(凡そ3日)に努める。」「若狭湾地震防災:若 [続きを読む]
  • 描いてあそぼ。おえかきレシピ3
  • きょうはね、ひみつをおしえるってやくそくしたよね。まだみてない子は1と2もみてね。きょうのひみつは、じぶんではかけない絵がかけるひみつだよ。4*ここからは3までとはちょっとちがうからね。  3のお皿をすこしはなれたところに  見えるようにおいて  へやをお皿がやっとみえるくらいにくらくして  ずーっとぼんやりながめるんだよ。  ??よるがいいかな。  クッションによりかかったりしてらく [続きを読む]