賢者の創作石 さん プロフィール

  •  
賢者の創作石さん: 賢者の創作石
ハンドル名賢者の創作石 さん
ブログタイトル賢者の創作石
ブログURLhttp://artstone.hatenablog.com/
サイト紹介文ガラスにペイントして創る創作石(ガラスストーン/ガラス石)のアクセサリーを創っています。
自由文神秘と美をテーマにガラスにペイントして創る創作石(ガラスストーン/ガラス石)のアクセサリーを創っています。『賢者の創作石』(Philosopher’s Art Stone)は、ケルト神話が起源のアーサー王伝説の『賢者の石』が由来です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 46日(平均5.6回/週) - 参加 2017/04/15 01:11

賢者の創作石 さんのブログ記事

  • 描いてあそぼ。おえかきレシピ1
  • よい子のみんな、お絵かきおねえさん(?)だよ。今日はとっておきの方法をおしえちゃうよ。おとなのよい子のみんなもやってみてね。さあ用意はいいかな?ちょっとおとなのえのぐになっちゃうけど早くかわくからアクリルえのぐかアクリルガッシュをつかうね。かわくの待てるよい子は紙にかくなら水彩えのぐもいいよ。どのえのぐもそれぞれの味があるから味わって食べてみてね。描くものはね、おねえさん(?)はまあるいお皿 [続きを読む]
  • 夜のコミュニケーション
  • 裸足で地面に触れる夜ちょっとだけひんやり久しぶりだね樹の根っこが話しかけてくるそうだね いつもはお昼だから月はどこだろう 見えないお月さんも足の裏から話しかけてきた隠れているからおととい 願い事しなかったねいいの 今 話しているからふうん  そっかルナにゃんは隣で座っているさっき自転車片付けていたらグレイのあの子を見かけたよ家の前でずっとこっちを見ていたよ行かなくてい [続きを読む]
  • 奇妙な記憶
  • 今でもあれはなんだったんだろうという謎の記憶がひとつある。まだほんの幼い頃の記憶で、大地震の揺れのまっただ中の記憶。それは断片的でぼんやりしていて、怖い思いをしたことだけが印象的だった。地震の揺れは部屋の四隅がうねるような揺れだった。未だそういうような揺れの地震の動画は見たことがない。大地震は経験したはずがない。13歳頃までは東京に住んでいて、住んでいた間の地震の最高記録は震度4までだ。この震 [続きを読む]
  • 『サイマティクス』科学と音楽の見事な融合!
  • 歴史に消された科学者ニコラ・テスラのテスラコイルも出てくるよ。音楽のテイストは自分のとはちょっと違うんだけどここまでやったらお見事!と言わざるを得ない。久しぶりに見てみて、ここでシェアしようと思った。www.youtube.com『サイマティクス(英: Cymatics)はかつて、特定の周波数の音が膜や界面に作り出す形状やパターン(固有振動)について研究された学問である。ドイツの物理学者エルンスト・クラドニやスイ [続きを読む]
  • 時掟つ
  • ほうき星の魔女  月から宵の明星へエウロパは    かつて傷つき氷床の底に    影が蠢く遥かなる太陽は  遥かならず冷たい触媒を   示す旅人が幻想の歴史に   終止符を打つブリキの太鼓は  鳴り続ける1回 2回 3回 4回 5回 6回7度目なるか   無に帰すか繰り返すか    穿つか三角の狂想曲を  四角いジオメトリーが覆う揺らぎざわめく  法は試され明けの明星が   前奏を始める [続きを読む]
  • ニャニャンニャーミャオニャン2
  • ルナにゃんは 冬に薪割り用の枝を拾いにすぐ近くに行く時など後ろからこっそりついて来る。『だるまさんがころんだ』みたいに後ろを振り向くと止まるか違う方向へ行き「ついていってなんていませんよ。」というフリをする。でもまた歩き出すとちょこちょこっとついてきている。それをコソッと見て確かめて息子君と笑っている。外出から帰ってくる時、窓のところで初めはニャーとないていたけど、今は人間のマネをして、トントン [続きを読む]
  • ニャニャンニャーミャオニャン1
  • うちには猫君が住んでいる。息子君は初めての妹分の仔犬との悲劇の決別(わずか1ヶ月後の死)に犬を見ると唐突もなく泣いたことが続いたその2年後にネコに癒しを求めた。始めはオンラインで保護ネコを探し、もう少しで保護活動家の方から受け取るという時、ネコを護るため、家の中から外に絶対に出してはいけないという誓約に返事をする場面でどうしても考え方が違って頷けなかったので白紙に戻した。同意できないと諦めた [続きを読む]
  • SFの欠けら
  • 「艦長!人工知能AI、遂に完成しました!」『いや、まだやることがあるはずだ。』「?? プログラムRISEIなら先週、某ランゲージに入れましたが。」『それだけではダメだ。奴らはそれを上回るやつを駆使してくる。 プログラムKANJOの力を侮るんじゃない。』「それではどうすれば?」『DNAの中の最奥にあるプログラムRYOSHINのコードを解読して 再プログラム化し搭載するのだ。 そこは遺伝学者との連携が [続きを読む]
  • 「表現する」とどんなことが起こるのか
  • また記憶の断片が蘇ってきたので、はいはいわかりましたと記しておくことにする。初めはよくわからなかったけどこれは書いておけってことだなというのが流れからわかるようになった。膨大なデータの中の一部になるのだろう。それはそうとこれっていつまで続くんだろ?思春期から始まって十代の頃は精神が不安定だった。別に病院に行ったわけではないけどそれを自覚している。幻聴が聞こえたこともあったし(期末テスト前夜)その [続きを読む]
  • 人は本当にやりたいことをする時にワクワクするのか?
  • スピリチュアルの分野(?)では時に「ワクワクすることをやろう」(=やりたいこと)と推奨する。確かに自分がいやなことを我慢してやるより、ワクワクすることをする方がいいと思うのでケチをつける気は毛頭ない。ただ、説明に何かが欠けているような気がしていて、これもやっぱり自分の負の心の動き『微妙な違和感』がそう言っている。『ワクワク』ーーー それは意識が自分の本当にやりたいことを知っている場合じゃないのか [続きを読む]
  • Derren Brownの動画「DO NOT WATCH THIS VIDEO」
  • 催眠術、サブリミナルメッセージなどを駆使して心理的な実験をするイリュージョニスト Derren Brown の動画を オフィシャルチャンネルより。今回の動画は 人は「〜するな」と言われると好奇心でしてしまう(特に子供)という実験。 他には「アサッシン/暗殺者」(催眠術で暗殺者は作れるか?)など。もっと長いのはこちら↓(長い方が面白い)Derren Brown ~ AssassinDerren Brown - How To Convert An [続きを読む]
  • 追憶のゆくへ
  • 追憶の断片 掻き集め 融き放つそは川 そは海 そは宙球は胎動 初めに出会った旅人に油を注ぐ破壊の城は いつか崩れ徒然なるもの 深淵なるもの 共に光輝く試金石は ほらすぐ足元に神々の戯言は過ぎ去り アルパとオメガの饗宴が始まる戯れん 時の職人やってくるまでアレクサンドリア図書館は今日も眠らない [続きを読む]
  • 虫虫物語
  • お題「上司へのお歳暮に送りたい寄生虫」今は会社には所属していないので上司はいないが、過去に所属していた会社に、ポーランドのジューイッシュでホロコーストを生き延びた印象深い上司=社長がいる。その社長と社内のコーナーにある小さなカフェで時々話をしたものだが、ある日収容所を脱走し、野原を横切って走り逃げ切った時の話を始めだした。以前社内の噂では大体のことは聞いていた。 その話は今でもずーっと心の中に残 [続きを読む]
  • 父石の数学は魔法だった
  • 小学校低学年くらいだったと思う。(今は亡き)父石が数学の魔方陣のことを教えてくれたのは。たぶん足し算引き算ができるようになったからその時期なんだろうな。私は算数は別に得意な子供でもなかった。苦手でもなかったけど。魔方陣は不思議で不思議で夢中で計算した。計算なんか嫌いだったのに。作り方を教えてくれて今でも覚えているけど、ちょっと興味が湧いて検索してみたら父石の教えてくれた魔方陣はどこにも載っていな [続きを読む]
  • オリバー石監督の映画
  • www.youtube.comオリバー石監督のドキュメンタリー映画、プーチン大統領を取り上げた最新作が間もなく公開される予定。前作「スノーデン」は上映1週間で打ち切りの噂が出て、結局4週間で打ち切られた。http://www.sho.com で6月12日から放映予定らしい。いや、別に ストーン だったから取り上げたわけでは。(^o^;) 偶然。後で気がついた。早く観たいな。 [続きを読む]
  • 賢者の創作石様
  • 拝啓新緑の候お変わりなくお過ごしでしょうか。ご無沙汰しております。わたくしは以前 寝不足で顔は青ざめなのに身体の方は丸くなってきておりましたのでどうしたものかと 自身の健康のためリバウンドしつつも、 ダイエット梯子とでも申しましょうか、そんなようなことと 歳差運動をしております。歳差運動はもう長いこと続けておりますが、いっこうに結果が出ませんでした。それでも最初の時はそれに加 [続きを読む]
  • ちょっとだけ聞いてね
  • 水を入れて安定した クリアStoneこは願いを 直接転写2017年Newデザイン できました。分業ペンの使い方を解説します。センターの石座に新機種が登場迷い込んだ魔法のCircleシールの迷宮に変えてついにこれからお見せします.....だいぶ赤い 老型取り三角錐 完全変換するセッティング 神秘にシェイク!水道水の雫 発売  汚れはヌメヌメし いけないことが過ぎ株式会社と 向き合うセットですので雫落ちる [続きを読む]
  • ネガティブな心の動きをやさしく大切にしたい
  • 身体を構成しているものに要らないモノがないように心を構成しているものにもまた要らないモノはないんじゃないかと時々考える。そんなことを考えるのはポジティブ思考のようなことが強調されることが目につくたびに(もちろんこれはこれで確かに一理あるんだろうとも思うんだけど)自分のネガティブな反応に気がつくから。この場合の反応は『何かひっかかっている』『何となく違和感が』どっちかというと微妙にネガティブな [続きを読む]
  • 書き忘れてごめんなさい、パラジャーノフ
  • 昨日インスタグラムから届いたお知らせメールの中にフォローを促す『パラジャーノフ?ミュージアム』が入っていて(今は亡き)氏が監獄の鉄格子ごしに両腕を開いてハグのポーズをしている写真が見えた。たぶんフェイスブック関連でそれが入っていたのだと思う。フェイスブックとインスタグラムはオープンではなくて海外散り散りの家族親戚と数えるほどの友人のみの閉じられた使い方をしている。(『フレンズと諜報機関のみ [続きを読む]
  • 動物園で会いましょう
  • 「ママ、あのどうぶつみてみて!スゴイながいくびだね。」『あれはキリンっていうのよ。高い木の葉っぱを食べるために首が長いのよ。』「わあ、クロとシロのシマシマのもようだー。きれいだね。」『シマウマのことね。シマウマも草を食べるどうぶつよ。 あら、ここから先は肉を食べるどうぶつよ。』「あ、ガオーってオリにぶつかった。」『ライオンは百獣の王って言ってね、とても強いのよ。』「ライオン? あ!ライオンがとつぜ [続きを読む]
  • 鼓動 坂東玉三郎氏 「幽玄」 記憶
  • 今朝 眼が覚めた時、床の中でふと、横にあった携帯(私はガラ石)のTVをつけた。家にはTVはないので久しぶりに見たTVには歌舞伎俳優の坂東玉三郎氏が写っていた。和太鼓グループ「鼓動」との特別講演「幽玄」の特番だった。「鼓動」と言えば。。。。。随分前に東京に住んでいた時期東京在住の個性あふれるいろいろな国の友人たちがこぞって佐渡島にアース?セレブレーションだったか音楽フェスティバルに数年続けて [続きを読む]
  • 確率は松果体と相談して決める
  • 松ぼっくりが落ちる場所を選ぶのは現象の観察者の「松ぼっくりは落ちる場所を選ぶ」という観念が落ちる場所を選んでいると言ったところだろうけど一つ言えるのは、確率の計算はあまり意味がないか、違ったエレメントを含む計算方法が必要なのではないだろうか。もう万有引力の法則は過去のものとなりつつある今様々なことが根底からひっくり返ろうとしている。これもまた自然の摂理とかいうものだろう。 [続きを読む]