佐藤事務所 さん プロフィール

  •  
佐藤事務所さん: 法律相談情報局
ハンドル名佐藤事務所 さん
ブログタイトル法律相談情報局
ブログURLhttp://sato-sodan.com
サイト紹介文離婚・相続・借金・交通事故・労働問題などの法律問題についての情報や、無料の相談案内窓口の紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 13日(平均10.2回/週) - 参加 2017/04/16 20:40

佐藤事務所 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 法律問題のお悩み相談窓口まとめ
  • 離婚・相談・交通事故・借金・労務など法律問題についてお困りの方のために、全国の相談窓口をまとめています。トラブルを法的に解決するための相談先選びの参考にしてください。公的な相談窓口日本司法支援センター 法テラス法律問題をどう解決したらいいかわからなくてお困りの方向けに、国が設立した公的な相談窓口です。無料法律相談や、弁護士・司法書士費用の分割払いも受け付けています。詳細→日本司法支援センター 法テラ [続きを読む]
  • 交通事故を弁護士に無料相談するメリットとおすすめ事務所3選
  • 交通事故にあってしまったとき、保険会社から示談金、治療費や慰謝料をもらうことになるかと思います。ただ、保険会社はなるべく治療費などを安くしようとしてきますし、交渉に疲れて安いまま示談に応じてしまう人もいます。そんなときに助けになるのが弁護士で、交通事故の被害にあったときには多くの人が弁護士に相談しています。しかし、弁護士の選び方を間違えると損をすることもあります。そこで今回の記事では、交通事故にあ [続きを読む]
  • 脳を活性化させるビタミン・栄養素ー脳にいい食べ物まとめ
  • アスリートの方々は、毎日の食事に気を使い彼らの身体能力のパフォーマンスを上げていますよね。私たちが勉強や仕事をする際には頭を使っていますので、勉強・仕事のパフォーマンスを上げるためには、脳にいい食事をすることが必要です。また、脳にいい食事をすることで50歳くらいまでは、脳は成長し続けることが分かっています。では、脳にいいビタミン・栄養素はどのようなものがあって、どんな食材に含まれているのでしょうか? [続きを読む]
  • 離婚に強い神奈川・横浜のおすすめ弁護士・法律事務所3選
  • いざ離婚について専門家に相談しようと考えたときに、どの弁護士が離婚に強いのかなど、どこに相談すればいいか分からない方も多いと思います。この記事では、神奈川県内のおすすめの離婚相談窓口を紹介しています。適切な専門家に相談して離婚トラブルをしっかりと解決しましょう。弁護士法人プロフェッション(藤沢・鎌倉・茅ヶ崎・平塚)事務所概要弁護士法人プロフェッションは離婚相談・協議離婚・調停離婚・裁判離婚・慰謝料 [続きを読む]
  • 弁護士への無料相談を離婚・浮気でフル活用するためのポイント10
  • 弁護士に相談すると、今までは30分5000円などの相談料がかかるところが多かったですが、最近は初回相談無料の法律事務所も増えてきています。相手に浮気をされたので離婚したいDVやモラハラの被害にあって離婚したい離婚するときに慰謝料請求をしたい慰謝料の増額をしたい子供の親権が欲しい養育費をもっと支払ってほしいそのため、これらのような離婚のお悩み相談で弁護士の無料相談を活用しようと考える人も増えています。しかし [続きを読む]
  • 別居中の浮気でも慰謝料を請求できる3つのパターン
  • 別居中の浮気は不貞行為にならず、慰謝料請求できないことがあります。では、別居しているパートナーに浮気されたとき、どのようなときに慰謝料を請求請求できるのでしょうか?今回の記事では別居中でも慰謝料が請求できる3パターンを紹介します。別居と慰謝料の関係別居をしていると通常の夫婦関係ではないと判断されてしまいます。すると、同居しているときに浮気をされたよりも慰謝料請求が減額されてしまったり、請求自体難し [続きを読む]
  • 悪意の遺棄とは?慰謝料が高額になる4つのポイント
  • 離婚を考えるときに、今の自分の状況で法的に離婚ができるのかどうや、慰謝料がどれくらいになるのか、気になる方も多いと思います。今回の記事では、法的な離婚原因の一つである「悪意の遺棄」とは何かや、慰謝料が高額になるポイントについてまとめました。「悪意の遺棄」とは民法では「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と定められており、夫婦には同居をして、お互いに協力し扶助し合わなければならないとい [続きを読む]
  • 別居すると離婚の慰謝料で不利になる?3つの判断ポイント
  • 「別居は離婚への第一歩」といわれ、離婚をしようと考えている方にとって別居は有効な手段のひとつです。離婚をするにしても別居という冷却期間をおくことで、相手との関係を見直すことができ、冷静に話し合えることもあります。また、離婚に応じない相手も別居が続くことで離婚の決心が固まることもあります。実際、1年別居をすると7割以上の夫婦が離婚するという厚生労働省の調査結果もあります。しかし、別居をすると後々離婚 [続きを読む]
  • 転入届の特例での転出・転入の手続きのポイント3つ
  • 転入届の特例とは、マイナンバーカードを利用し、転出証明書の交付を受けずに転出・転入ができる制度です。マイナンバーカードを持っている人には、転入届の特例が適用されるので、マイナンバーカードを利用しての転出・転入ができます。後で詳しく書きますが、場合によってはマイナンバーカードが無効になってしまう事もあるので気をつけましょう。転入届を出さないとどうなってしまうか転入の手続きをしないと、選挙権が現住所で [続きを読む]
  • 株式を相続するときの手続方法
  • 最近は、「貯蓄から投資へ」の流れもあって、株式を購入する人も徐々に増えてきています。もし、亡くなった方が株式を持っていれば、その株式も相続の対象となります。今回は株式の相続についてまとめます。相続できる株式がどれくらいあるかを調査する方法株式には非上場株式と上場株式との2種類がありますが、それぞれ調査方法が変わってきます。非上場株式の調査方法非上場株式は多くの場合、中小企業の経営者などが所有してい [続きを読む]
  • 自筆証書での遺言書の書き方6つのポイント
  • 最近、遺言書を書く人が増えてきており、遺言書の書き方を教えてくださいと言われることも増えてきました。遺言書を作成する際には様々な注意点があるので、ポイントを押さえておくことで、無効な遺言書になってしまうことを避けましょう。自筆証書遺言についての決まり自筆証書遺言の書き方については以前の記事でも少し紹介しましたが、民法上で次のように定められています。民法第九百六十八条(自筆証書遺言)自筆証書によって [続きを読む]
  • 遺言書を見つけたらどうすればいいのか
  • 遺言書というと資産家の家の事だけと思うかもしれませんが、最近は書店などでもエンディングノートが数種類発売されていたり終活という言葉も広まっていますので、遺言書を実は書いていたということも大いに考えられます。今回は自筆証書遺言と公正証書遺言のうち、自筆証書遺言を発見したときの対処法についてです。遺言書を見つけたらまずは検認検認とは、家庭裁判所で遺言書の改ざんなどを防止するために、内容の確認を行うこと [続きを読む]
  • 自筆証書遺言と公正証書遺言のどちらを作成すべきか
  • 遺言書を書くにあたって、自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類がありどちらにするか迷う人も多いのではないでしょうか。ここでは、それぞれの作成方法と、双方のメリットについてまとめています。相続税の申告については「相続税の申告について税理士に相談する3つのメリット」で節税方法なども含めて解説をしています。自筆証書遺言の作成方法自筆証書遺言の作成方法は、法律で次のように定められています。民法第九百六十八条( [続きを読む]
  • 過去の記事 …