ラライヤ月曜日 さん プロフィール

  •  
ラライヤ月曜日さん: ラライヤ・マンディと水道株
ハンドル名ラライヤ月曜日 さん
ブログタイトルラライヤ・マンディと水道株
ブログURLhttp://raraiya-monday.blogspot.jp/
サイト紹介文水道水道関連株を中心に、日本株と米国株に投資しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 3日(平均44.3回/週) - 参加 2017/04/15 10:39

ラライヤ月曜日 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 買わない宝くじは当たらない
  • このブログを月1回は更新しようと思っていますが、売買がないのでネタがありません。保有株はそこそこです。鎌倉新書(6184)は残り500株で、プラス約32%、額にするとプラス約15万円です。メタウォーター(9551)は200株保有で、1%未満のプラスです。現在、個別銘柄の毎月購入を考えています。今のままだと、常に「今は高値」と考えてしまい、いつまでも株を買えないからです。無理のない範囲だと、平時は月15万円程度、インデック [続きを読む]
  • 高塩基度PACとは何か?(多木化学は買いか 化学品編)
  • ■ 化学品事業多木化学のセグメント別の利益割合を見ると、概算で 肥料   16% 化学品 36%となっており、肥料が祖業の多木化学も、今では化学メーカーになっています。Wikiによると「化学品分野では無機系水処理薬剤を得意とし、ポリ塩化アルミニウムPACは世界トップレベルにある。国内シェアは40%で国内最大手である。」となっていて、PACの比率が高いことが分かります。■ PACとはPAC(ポリ塩化アルミニウム)とは、凝集剤 [続きを読む]
  • 多木化学は買いか  肥料・建材・石油・不動産編
  • 多木化学(4025)は、国内で初めて人造肥料を開発した化学メーカーで、現在は肥料のほか、化学品、建材、不動産などの事業を手がけている同族企業です。簡単な業績推移は、IRページに掲載されています。規模としては、売上324億円、営業利益16億円、純利益10億円、フリーキャッシュフロー9億円です。■ 2016年度決算2月13日発表の2016年度決算(12月決算)では、対前年度比で、 売   上 △3.5% 営業利益 △15.1% 経常利益  [続きを読む]
  • 米国の水道サービス銘柄 Part 2
  • 次の8銘柄がSBIで買える水道関連銘柄です。まず、次の条件に合致する銘柄は、買う予定がないので消します。・2007年頃の株価のピークを越えるのに、4年以上掛かった企業・売上がマイナス成長の企業 American Water Works(AWK)上下水道サービスの提供を行う企業。米国30以上の州とカナダ2州において、推定1500万人向けに飲用水、廃水及び他の水関連サービスを提供している。緩やかに成長している。配当利回り2%。EPS成長率はイン [続きを読む]
  • 米国株にエア投資
  • いつまでもドル転できず、米国株投資を開始できずに、飽きてきたので、次の条件でエア投資をしてみることにします。・締め(決算)は5年後の2022年1月末日。・計算がめんどくさいので、配当再投資はしない。・エア予算は5万ドル・ドル建て・目標は5年後に8万ドル以上になっていること。この条件で投資するなら、次の5銘柄にします。○Amazon(AMZN)言わずと知れたアマゾンです。皆がいいと思っている銘柄は、結果的にダメかもしれま [続きを読む]
  • 米国の水道サービス銘柄
  • SBIで買える水道サービス銘柄を一覧にしてみます。これらの銘柄に対して投資判断をするには、業績や財務の他に、米国での水道料金決定のメカニズムや、営業地域での人口動態などを調べる必要があります。 American Water Works(AWK)上下水道サービスの提供を行う企業。 American States Water(AWR)米カリフォルニア州にある水道会社 California Water Service Group(CWT)上水道サービスを提供している複数の水道事業持株会社 W [続きを読む]
  • 2016年のNISA枠で買ったもの
  • 今年からNISA枠が120万円になりましたが、今年は売ってばかりで買っていなかったので、年度末まで使っていませんでした。本当はアマゾンなどの米国株を買いたかったものの、一時よりも円安に行き過ぎているので、ドル転できませんでした。そんな中、日本株の鎌倉新書とメタウォーターを約57万円分ずつ買うことにしました。鎌倉新書(6184)は、葬儀・仏壇・お墓の仲介をネット上でしている会社です。先週あたりに立会い外分売をして [続きを読む]
  • 未だドルを買えず
  • 前回までで、銘柄を選定し続け、とうとう候補が10銘柄に減りました。しかし、肝心のドル転ができていません。1ドル103円くらいの時は、100円くらいで指値をし、1ドル101円くらいの時は、99円くらいで指値をしていましたが、この記事(予約投稿)を書いてる時点で、1ドル110円を超えたので、もう指値もやめました。NISA枠がまだ残っているので、今年は米国株は諦めて、日本株で120万円を埋めようと考えています。○イルミナ(ILMN) [続きを読む]
  • 投資候補銘柄をさらにさらに絞る
  • 今残っているのは、次の15銘柄です。この中で、今後の見通しが悪い銘柄は削っていこうと思います。○イルミナ(ILMN) ゲノム解析機器の開発、製造、マーケティング、販売会社。○セールス・フォース・ドットコム(CRM)営業支援ソフトの開発・提供。○グーグル(GOOG)世界最大手ネット検索サイトを運営。○エリー・メイ(ELLI)住宅ローン業界向けの自動化ソフトを提供。○網易(ネットイーズ) ADR(NTES)オンラインゲームサービス、広告 [続きを読む]
  • 投資候補銘柄をさらに絞る
  • 前回残った銘柄から、「事業内容をよく理解できない会社」を削っていきます。○製薬・バイオ イルミナ(ILMN) -参考遺伝子変異や生物機能を大規模分析する総合システムの開発、製造、マーケティング、販売会社。ゲノムシークエンスや遺伝子型判定、遺伝子発現、分子診断などの遺伝子解析ソリューションの提供を行う。 メディベーション(MDVN)調べたところ、ファイザーに買収されることが決定しているようなので、投資対象外。 リ [続きを読む]
  • 投資候補銘柄を絞る
  • 先週あげた投資候補の銘柄をまず、業界別に分けることにします。そして、1件1件細かく確認するのがめんどくさいので、次の銘柄を消して絞っていきます。・SBI証券で買えない銘柄・2007年の株価のピークを回復するのに約3年以上掛かっている銘柄・過去3年間の売上高成長率が8%を下回る年がある銘柄○製薬・バイオ・医療・介護アッヴィ(ABBV) チャイナ・バイオロジック・プロダクツ(CBPO) パラマウントベッド(7817) バイオジ [続きを読む]
  • チャートから銘柄選定
  • 先週、銘柄選定基準を次のように定めました。1. 多くの銘柄の5年と10年のチャートを見て、どちらの期間でも力強く上昇している銘柄を選別する。2. その中でビジネスモデルと過去の業績を見て、今後も同じ水準で業績が向上しそうな銘柄を選別する。3. さらにその中で、期待値(≒確度×上昇率)が高い順から数銘柄に投資する。なので、まず1番目の多くの銘柄の5年と10年チャートを見てみることにします。元から知ってる銘柄と [続きを読む]
  • 投資哲学 Ver.2
  • 前回投資方針を決めてから、1ヶ月も経っていませんが、もうVer.1はやめます。調べるのめんどくさすぎ。そこで、新投資手法(というより銘柄選定基準)は次の通りとします。1. 多くの銘柄の5年と10年のチャートを見て、どちらの期間でも力強く上昇している銘柄を選別する。2. その中でビジネスモデルと過去の業績を見て、今後も同じ水準で業績が向上しそうな銘柄を選別する。3. さらにその中で、期待値(≒確度×上昇率)が高い [続きを読む]
  • 目が悪い人は年々増える  Part1
  • そんな気がする。マサイ族だって、スマホで目が悪くなってしまうような時代なので。今の若い人は、スマホやDSなど昔の人より近い物を見る時間が多いでしょうし、世界的に高齢化が進んでいるので、老齢人口は増大していき、老眼の人も増えるでしょう。HOYAのPDFによると、2050年は現在に比べて、中国とインドで老齢人口が爆発的に増加します。さらに、中間所得層が2009年に18億人なのに対し、2030年には49億人になるため、メガネや [続きを読む]
  • 手帳のモレスキンは上場している (MOSKY)
  • モレスキンとは、ブランド物の手帳です。昔は、ゴッホなどが使っていたようですが、今販売中のものは復刻版です。その企画・販売をしているモレスキン社がイタリア証券取引所(Borsa Italiana)に上場していて、ADRもあります。モレスキン(Moleskine)は、イタリアのモレスキン社(Moleskine, 旧社名:Modo & Modo)が販売する手帳のブランド。撥水加工の黒く硬い表紙と手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴である。かつてはモール [続きを読む]
  • 投資哲学
  • 数年前から日本株に投資していますが、私に投資哲学はありません。テキトーに事業内容、自己資本比率・流動性比率などの財務状況、ROE・PER、チャートなどを見て買うか決めていました。洋服を買うのには1時間くらい悩みますが、株を買うにはその銘柄を調べ始めてから5分も掛かりませんでした。いつまでも、そういうわけにはいかないので、次の通り投資方針を決めたいと思います。ただし、目的は利益を得ることなので、この方針に [続きを読む]
  • 過去の記事 …