toshi さん プロフィール

  •  
toshiさん: toshiのアトリエ
ハンドル名toshi さん
ブログタイトルtoshiのアトリエ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/toshi_hori_future
サイト紹介文ストーリー性のある絵画を指向しているので、寡作です。但し、肖像画/似顔絵や風景画は別です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 164日(平均2.5回/週) - 参加 2017/04/15 17:13

toshi さんのブログ記事

  • メランコリアⅣ(大)−13
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  ヤモリを消し、右側の床に魚の骨とコーヒーカップを追加した。更に、右下の壁にヤモリを追加した。もう少しで完成するだろう。          (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2017)           IMG_0669 [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)−12
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  透明球を小さめに描いた。構図的に、透明球の位置は良いが、大きさはもう少し大きいほうがいいかもしれない。しかし、透明球の大きさは、ゆっくり時間をかけて検討すべきで、今はこのままでよい。          (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2017)           IMG_0653 [続きを読む]
  • メランコリア4(大)−11
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  本画の構図として、以前掲載したメランコリア掘並隋法焚宍3番目の写真)の左右反転構図とし、デューラの版画「メランコリア」の球体をボッシュの透明球とし、2通りの透明球のきさを検討した(下記1番目、2番目の写真)。どっちがいいのか??          (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2017)           IMG_0632       [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)−10
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  前方の子猫が魚をくわえ、後方の猫がヤモリを捕獲するようにした。    あとは、デューラの版画「メランコリア」にある球体を描き込めば、一応完成する。10/3から始まる、市美術展に間に合いそうだ、          (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2017)           IMG_0906 [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)−9
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  デューラの版画「メランコリア」では、虹の下を、煌く彗星が左上空から斜め右下方向に海に落下している。この絵でも、同様な彗星(あるいはICBM)を描いてみた。(しかし、構図的に、右上空から斜め左下方向に海に落下するほうが良いかもしれない。どちっが良いか、そのうち、確かめる予定。)  あとは、デューラの版画「メランコリア」にある球体を描き込めば、一応完 [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)−8
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  前方女子の両手を、描き込んだ。また、後ろの少女の体が厚すぎたので、少し薄くした。もう少しで完成だ。          (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2017)           IMG_0816  [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)−2
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  主役の頬杖を突く女子、水晶占いをするアリス風女子、階段をのぼりながら振り返る子猫を、とりあえず描いた。今後、これらを関係づける背景を描く予定だ。ここからが、難しく、かつ面白くなる。          (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2017)           IMG_0476   [続きを読む]
  • デッサン会の絵−164(51、52人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  8/5に続いて8/6も、地元の絵画サークルのデッサン会に参加した。8/5と同様、遅れて行ったので、モデルの背後に近い位置からのデッサンになった。そこで、昨日の人物デッサンに後方の人物/群像として追加することにした。どちらの女子も、デニム地のショートパンツだ。時期がきたら、猫カフェシリーズ(??)として、本画化する予定だ。       (F20号、 [続きを読む]
  • デッサン会の絵ー163(51人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  今日8/5、久々に地元の絵画サークルのデッサン会に参加した。遅れて行ったので、彩色は断念し、デッサンに集中した。下肢は、もう少し長いほうがいいかも??検討する。(古キャンならぬ古パネルなので、少し下の画像が透けて見える。)   明日は、別のモデルが来るので、今日のデッサンに群像として追加するか、単独のデッサンするか、悩むが、両方に対応できる用意を [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)−1
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  水晶占いをするアリス風少女を下描き彩色し、頬杖を突く女の顔を修正した。  主役の頬杖を突く女の顔は、この絵の主題を考え、集英社文庫・谷川俊太郎詩集「二十億光年の孤独」のブックカバーの写真(中条あやみさん)を参考にして修正した。あやみさんにあまり似ていないが、彼女のミステリアスな風貌に魅かれ、どうしても参考にしてしまう。(今後、あやみさんにもう少し [続きを読む]
  • メランコリアⅣ(大)(仮題)の制作開始
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  書庫「その他の完成画」に収容した、F20号の昔の水彩画(2番目の画像)を、アキーラを用いて作品として完成させることにした。エスキース(1番目の画像)に示すように、元々の頬杖をつく女に、アリス風の女と振り返りながら階段を上る子猫、等を追加しようと思う。タイトルは、仮に「メランコリア検並隋法廚箸垢襦          (A4号、鉛筆、コピー紙、201 [続きを読む]
  • デッサン会の絵ー162(38人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )  この絵は、傘をさした女性を描いているので、その背景を含めた構図がとても難しいことが分かった。そこで、この絵を、またも時期が来るまで「未完成画」として放置することにした。         (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2017)           IMG_0278  [続きを読む]
  • デッサン会の絵ー161(38人目)
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )    デッサン会の絵ー129(38人目)で2016.2.11に掲載した絵の制作を再開する。この絵は、背景が決まらなくて、これまで放置していた絵だ(2番目の写真)。今回、背景を、草原で少女と犬が散歩している情景にする予定で、デッサンを下書きした。少女と犬が小さすぎたようだ。明日、もっと大きくする予定だ。         (F20号、アキーラ、ワトソン [続きを読む]
  • どれが親ガモ??
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)2017.7.6 カルガモ親子  大池でカルガモ親子を [続きを読む]
  • 未完の絵
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )このブログは、2010.7.24に開設した。それ以前に描いた絵は、このブログに掲載されていないものもある。下記の絵は、このブログに初めて掲載する未完の絵である。            (F20号、透明水彩(ドライブラシ)、クレスタ紙、2001頃) [続きを読む]
  • ブログ開設以前に描いた絵
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )書庫が増えたので、とりあえず書庫の定義を行う。  書庫(作品、小品、肖像画/似顔絵):       完成した絵で、作品として満足している絵を収容する。  書庫(その他の完成画):       完成した絵で、作品としては不満足な絵を収容する。  書庫(未完成画):       未完成な絵で、単なる落書き、デッサンで終わった絵、       制作途中の絵、 [続きを読む]
  • 蛍まだ終わっていなかった・・・
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)2017.7.5 蛍はまだ・・・    6.30で今年 [続きを読む]
  • 蛍の季節が終わった・・・
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)2017.6.30 蛍  大池周りの湧水では、1,2匹 [続きを読む]
  • カタツムリの子供たち
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)2017.6.28 カタツムリの子供  雨の日なので、 [続きを読む]
  • 6羽のヒナは、羽以外は・・・
  • にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ(文字を )(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m〜200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)2017.6.27 カルガモ親子  ひょうたん池でカル [続きを読む]