杉山治夫 さん プロフィール

  •  
杉山治夫さん: 杉山治夫大社長のアウディで日本全土大行脚!
ハンドル名杉山治夫 さん
ブログタイトル杉山治夫大社長のアウディで日本全土大行脚!
ブログURLhttp://nihonzendo.seesaa.net/
サイト紹介文杉山治夫大社長がアウディで日本全土大行脚する!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 39日(平均35.4回/週) - 参加 2017/04/16 00:53

杉山治夫 さんのブログ記事

  • 悲報、車の担当者が退職された(辞めちった)件。
  • お手紙が来ました。退職されたそうです。いやあ、残念です。私に、メールのみで車を買わせた伝説のセールマン。しょうもない質問にも、時間外にもこまめに返信をくださったセールスマンの鏡。というか、人間性の鏡。仕事だから?仕事と言ってもなかなか出来ることではない。車に限らず、高級なもんを売る場所が、従事者達にとってもはや戦場なのを私は知っている。高級品とはなんだ?高級品は差別の塊だ。高級品の半分は差別ででき [続きを読む]
  • さて、第1〜3やったんで沖縄と北海道だけになったわけですが。
  • どうする?行きますか、北海道。もう別に遠出はいいんだけどさ。北海道も行かないと、全土や一周にならんか。自分なりに色々なことを感じれたし正直もういいわ。まあ、最南端行って最北端行かないのもあれだよね。鹿児島の最南端では、到達したのもつかの間「最北端まで2700キロ」とかって看板出てた。気がはえー。とか思った。つい先日のことなのに、もう3年くらい前のように感じるけどねなんか。ブログ記事も大量に消去した [続きを読む]
  • 日本の左
  • 【兵庫県】【鳥取県】【岡山県】【島根県】【広島県】【山口県】【香川県】【徳島県】【愛媛県】【高知県】【福岡県】【大分県】【佐賀県】【熊本県】【宮崎県】【長崎県】【鹿児島県】 [続きを読む]
  • なら神、杉山治夫大社長が申し訳ないが奈良県での写真もない!
  • 【怒濤の4850キロ、意外な思いにたどり着いた旅】(なぐり書き)5月14日(日)3時起き。というか起きたんで行っちゃえなノリ。仕度、いつものスーパーへ買い出し。店員のおばちゃんと「これから鹿児島の最南端目指してきます。」と世間話。偶然にもそのおばちゃんが鹿児島関係の人だった。5時出発。アクアライン出て1号線で一撃14時間くらいで琵琶湖。17時くらい。飲み。旅人のおじさん寄ってくる。小一時間に渡り旅 [続きを読む]
  • クマ神、杉山治夫大社長が熊本の山奥から町を観察する!
  • 【怒濤の4850キロ、意外な思いにたどり着いた旅】(なぐり書き)5月14日(日)3時起き。というか起きたんで行っちゃえなノリ。仕度、いつものスーパーへ買い出し。店員のおばちゃんと「これから鹿児島の最南端目指してきます。」と世間話。偶然にもそのおばちゃんが鹿児島関係の人だった。5時出発。アクアライン出て1号線で一撃14時間くらいで琵琶湖。17時くらい。飲み。旅人のおじさん寄ってくる。小一時間に渡り旅 [続きを読む]
  • はなわ神、杉山治夫大社長がぶっちゃけると佐賀県の写真が無い!
  • 【怒濤の4850キロ、意外な思いにたどり着いた旅】(なぐり書き)5月14日(日)3時起き。というか起きたんで行っちゃえなノリ。仕度、いつものスーパーへ買い出し。店員のおばちゃんと「これから鹿児島の最南端目指してきます。」と世間話。偶然にもそのおばちゃんが鹿児島関係の人だった。5時出発。アクアライン出て1号線で一撃14時間くらいで琵琶湖。17時くらい。飲み。旅人のおじさん寄ってくる。小一時間に渡り旅 [続きを読む]
  • うどん神、杉山治夫大社長がいつの間にか香川県を走る!
  • 【怒濤の4850キロ、意外な思いにたどり着いた旅】(なぐり書き)5月14日(日)3時起き。というか起きたんで行っちゃえなノリ。仕度、いつものスーパーへ買い出し。店員のおばちゃんと「これから鹿児島の最南端目指してきます。」と世間話。偶然にもそのおばちゃんが鹿児島関係の人だった。5時出発。アクアライン出て1号線で一撃14時間くらいで琵琶湖。17時くらい。飲み。旅人のおじさん寄ってくる。小一時間に渡り旅 [続きを読む]
  • 野菜神、杉山治夫大社長が徳島県で野菜の世界に迷い込む!
  • 【怒濤の4850キロ、意外な思いにたどり着いた旅】(なぐり書き)5月14日(日)3時起き。というか起きたんで行っちゃえなノリ。仕度、いつものスーパーへ買い出し。店員のおばちゃんと「これから鹿児島の最南端目指してきます。」と世間話。偶然にもそのおばちゃんが鹿児島関係の人だった。5時出発。アクアライン出て1号線で一撃14時間くらいで琵琶湖。17時くらい。飲み。旅人のおじさん寄ってくる。小一時間に渡り旅 [続きを読む]