夢はハリウッド さん プロフィール

  •  
夢はハリウッドさん: 夢はハリウッド
ハンドル名夢はハリウッド さん
ブログタイトル夢はハリウッド
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yamasirooenoozi
サイト紹介文将来書きたい小説の創作ノートです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 7日(平均19.0回/週) - 参加 2017/04/16 10:31

夢はハリウッド さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 北朝鮮のミサイルについて一考…
  • ここで、このようなお硬い話をするのもどうかと思いますが…他に、話す場所がないので、ここでします。まず、あらかじめ断っておきたいのですが、僕は北朝鮮の現政権を擁護する気もなければ、同情する気など全くありません。北朝鮮の現政権をどう思うかと聞かれれば、愚かの一言に尽きます。その上で…北朝鮮のミサイル、僕はどうにも腑に落ちず、気色悪い。どう腑に落ちず、気色悪いかと言えば…冷静になって振り返って見ましょう [続きを読む]
  • URAKARA後編〜百年後もずっと側に〜『ニコルとジヨン編』
  • 2話 三角関係『日本語と韓国語では、共通する言葉がたくさんあります。』レオンを抱く知英さんが、新しい写真集の撮影に忙しくする場面に合わせて、知英さんのナレーションが流れてくる。ナレーションでは、日本語と韓国語と共通する言葉が、次々と紹介される。『…その中の一つに、三角関係と言う言葉もあります。さ・ん・か・く・か・ん・け・い…一人の男の子を、二人の女の子が好きになってしまう、あの言葉です。意味も同じ [続きを読む]
  • URAKARA後編〜百年後も、ずっと側に〜 『ハラ編』
  • 少し気分を変えて、KARA出演ドラマ、『URAKARA後編』のあらすじを考えて見ました??幾つか、かけたら、テレビ局に送ってみようかな??物語は、前作より十年後…ニコルさんと知英さんが、KARAを脱退した事や、ギュリさん、スンヨンさん、ハラさんが事務所を辞めてしまったと言った話はなく、ただ、ニコルさんは韓国で、知英さんは日本でソロで活動する事が多くなり、KARAとして、テレビ出演する時、二人が抜けてしまう事が増えて [続きを読む]
  • ラブリズ・カラークと光明王(ラブリナス)ユージエ
  • ラブリズの意味は、ラ(消えない)ブリズ(灯)。ラブリナスの意味は、消えない灯の川。光を世界に行き渡らせると言う意味合いだが、外の世界では、光明王と意訳されている。ユージエの意味は、ユー(石の)ジエ(槌)。ラブリズ・カラークは、元の名称は、ユー・カラークであった。因みに、星子の名はホニョン(武甕槌)ラブリズ・カラークは、地味に乏しい岩山の地であり、農作物は殆ど実らず、他のカラークに分けるどころか、自給するのも [続きを読む]
  • ソンソ・カラークと弥勒太王シャオ
  • ソンソの意味は、直訳すると、実る道、もしくは、秋の道である。千五百秋の国もしくは千五百秋の郷とよく意訳される。シャオは、正確には、チェン・シャーオと言い、直訳すると、チェン(夜)にシャーオ(咲き乱れる、満開になる)を意味し、咲夜姫と意訳される。ソンソ・カラークの日巫女は、代々、シャオを名乗っている。世界を水没させる洪水が起きた時、最後までヴァイス・カラークの日巫女チエと共に止まったのが、ウィズハラ・カ [続きを読む]
  • ウィズハラ・カラークと豊受太王ハラヤ
  • ヴァイス・カラキア東端のカラーク。ウィズハラを直訳すると、ウィズ(奇しき)ハルラ(稲田)となり、ウィズハラ・カラークは、瑞穂の国もしくは瑞穂の郷と意訳される。ハラヤは正確には、ハルラヤであり、意味はハルラ(稲田)ヤ(姫)であり、ウィズハラ・カラークの日巫女が代々名乗る名である。ウィズハラ・カラークは、朝廷開闢以前より、祭皇の君臨するヴァイス・カラークと親密な関係にあった。太古より、様々な技術に優れていたヴ [続きを読む]
  • 祭皇ジヨンとルーチュ・カラーク
  • 祭皇ジヨンのカラークは、通常、ヴァイス・カラークと言うが、これは、朝廷開闢以前より親交を結んできた、周辺諸カラークから、敬意を持って呼ばれてきた名称である。祭皇ジヨンのカラーク民自身は、自らのカラークを、ルーチュ・カラークと称していた。意味は、ルーチュ(瑠璃)のカラーク(国、郷)である。瑠璃色は、大宇宙の色とされ、宝石の瑠璃は大宇宙を象徴する宝石であり、太陽を象徴する赤瑪瑙と共に、母の愛を象徴する宝石 [続きを読む]
  • ヴァイス・カラークと祭皇ジヨン
  • ヴァイスを直訳すると、ヴァ(環)をイース(結ぶ)である。環を成す国、もしくは、環を成す郷を意味し、国と国、人と人とを親しく睦合わせて、和を結ばせる国と言う意味合いで名付けられている。朝廷開闢後は、朝廷に参加するカラーク全てを差して、ヴァイス・カラキアと総称するようになった。この名称は、ヴァイス・カラークの民自らが名乗ったのではなく、最も古くから親交のあった、ウィズハラ・カラークの日巫女ハラヤが、敬意を [続きを読む]
  • 主祭神(べクナドラク)と祭神(ナドラク)
  • ベクナドラクを直訳すれば、至高の祀られる龍であり、ナドラクを直訳すれば、祀られる龍である。外の世界では、ベクナドラクを主祭神、ナドラクを祭神と訳されている。ヴァイス・カラキア人は、万物に神霊が宿ると信じているが、龍は、天神地祇が地上に遣わした生き物として、特に崇敬している。各カラークや部族は、それぞれ、そのカラークや部族を守護する神の使いと信じる龍を神殿に飼っている。カラークの神殿で飼われてる龍を [続きを読む]
  • 部族(クナーラ)と氏族(デイ)
  • クナーラは、正確には、クン・ナルラであるが、ンとルを呑み込み、ナにアクセントを置いて発音する為、クナーラと外の世界では発音される事が多い。地域によっては、クナッラ、クーナッラ、クナラー、クナラ…などと発音される事もある。意味は、直訳すると、クン(沢山の)ナ(お祭りする)ルラ(男女)であり、同じ祭神を祭る共同体を意味し、部族と言うよりは、氏子と言う意味合いが強い。しかし、外の世界では、部族と訳されている。 [続きを読む]
  • カラーク
  • ヴァイス・カラキアにおける、共同体の基本単位。意味は、直訳すると、万民の国或いは部族達の国であり、通常、王国と訳される。しかし、カラークのクは、国と言うよりは、郷と言うニュアンスが近く、郷里や故郷ともやすされる。また、ヤヌスも直訳すれば、星の息子であるが、ヤヌスのスは從うや使えるの意味があり、どちらかと言えば、日巫女第一の臣下としての意味合いが強い為、国王と言うより摂政と訳す方が適切と言われる。現 [続きを読む]
  • ヴァイス・カラキアの政治と信仰
  • ヴァイス・カラキアの政治は祭政一致である。季節毎に行われる祭事や儀式がそのまま、カラークの行く末を決める政治となっている。と、言うと、少し大げさな話になるが、古来より相互扶助を当たり前に行うヴァイス・カラキア人が生きて行くのに、特別な法整備も行政管理も必要はなかった。誰も何も言わなくとも、何事も当たり前に協力しあって生きていたし、人のものを奪おうとか、腕ずく力ずくで他人を言いなりにしようとする者も [続きを読む]
  • 新星交易路(ミルキー・ウェー)
  • ヴァイス・カラキア語で、ミルキー・ウェーを直訳すると、ミ(新たな)ルーク(命)が、ウェー(交わる)となる。ヴァイス・カラキア人は、人は死ぬと天に生まれ変わり、星は、天に生まれ変わった人が暮らす家の窓の明かりであると信じている。同時に、地上で暮らす人々家の明かりは、天から見ると星に見えるとも信じている。そこから、人は皆星であり、新星は、新しい命を象徴してミルークと呼ぶ為、外の世界では、ミルキー・ウェーを新 [続きを読む]
  • 朝廷(チョンシンソン)
  • ヴァイス・カラキアの政府である、チョンシンソンを直訳すると、チョン(朝)のシンソン(廷)である。外の世界では、そのまま、朝廷と訳されている。一万年以上もの間、ヴァイス・カラキアに、政府は存在しなかった。存在しないと言うより、必要はなかった。互いに、争うと言う感覚すらなく、何かあれば、必要な時、必要とするカラークの星子達が、ごく当たり前に集まり、話し合い、これまた、当たり前に協力しあって生きてきたからで [続きを読む]
  • ヴァイス・カラキア
  • カラキアは、正確にはカルラーキアであるが、ルは舌を丸めて飲み込むように発音し、ラにアクセントを置くため、通常カラキアと読まれる。意味は、カ(遍く)ルラ(男女)のキア(国々)であり、意訳して、万民の国々である。最も、キアの単数形であるクの意味は、国と言うよりは、郷里や町村に近く、万民の郷里、万民の故郷、或いは、万民が寄り添う所などと訳される時もある。カラキアは、元来特定の国や民族を指す言葉ではなく、世界を [続きを読む]
  • 祭皇ジヨンと祭王ヨンジ
  • カラキア物語は、描く時代によって、登場人物達や、彼ら彼女らのモデルも当然違ってきますが…全編通して、必ず登場する同じ名前の人物がいます。それは、ヴァイス・カラキアの女皇ジヨンです。ヴァイス・カラキアは、代々女性に受け継がれる君主が立ち、称号は祭皇で、名前も代々ジヨンです。継承のされ方は、直系血族による世襲でもなければ、選挙による選出でもなく、湖の女皇と呼ばれ、ヴァイス・カラキアで古より敬われている [続きを読む]
  • ヴァイス・カラキアのモデルと名前の由来について…
  • カラキア物語の核となる国、ヴァイス・カラキアのモデルについて話したいと思います。このモデルは二つあり、一つは古代日本の倭国連合。もう一つは、古代韓国の加羅連合です。親日家のある韓国の考古学者によれば、古事記・日本書紀に描かれる高天原とは、加羅連合をさすのではないかとのことでした。理由は、古代日本は、加羅連合をさして、任那と呼び、このミマナとは、古代日本語で、尊い国、美しい国を意味するからだそうです [続きを読む]
  • テーマ
  • カラキア物語のテーマは、一言で言えば、僕の望む、日本のこれからあるべき姿。日本の理想の姿です。この七十年、日本は過去の戦争の過ち…それは、日本一国、ある時代のある戦争のみをさすのではなく、長きに渡る人類の歴史の中で繰り返された戦争全ての愚かさと過ちへの反省から、憲法9条をかかげ、外の世界では未だ数えきれないほどの紛争が行われる中、日本一国は七十年間一度も戦争を体験せず、平和を謳歌してきました。それ [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • お久しぶりです。山背大兄皇子改めてまして、鈴木康仁です。ブログ名も、『皇子の玉手箱』から、『夢はハリウッド』に改めさせて頂きました。長い間、ブログ更新を途絶えさせておりましたが、本日より、十年以上ぶりに、再開させて頂きたいと思います。何故、開始日をこの日に選んだかと言えば、今日は大好きな女優の知英さんの誕生日だからです。十年ぶりに再開させて頂くにあたり、内容や種子も変更させて頂いた、このブログを簡 [続きを読む]
  • 過去の記事 …