夢はハリウッド さん プロフィール

  •  
夢はハリウッドさん: 夢はハリウッド
ハンドル名夢はハリウッド さん
ブログタイトル夢はハリウッド
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yamasirooenoozi
サイト紹介文将来書きたい小説の創作ノートです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 42日(平均15.3回/週) - 参加 2017/04/16 10:31

夢はハリウッド さんのブログ記事

  • 西域地方(パシフィーク大陸)
  • ラガビル内海を挟んで、南側に位置する大陸の総称。大陸中央を走るセーテツ山脈、東北部を走るソフトヴァーン山脈によって、四地域に分断され、山脈の険しさから、長らく大陸内の地域間の交流は皆無であった。むしろ、海を隔てた対岸の地域との交流が多く、影響も強く受けた。その為、同じ大陸に暮らしながら、四地域に暮らす人々は全く異なる文化を育み、話す言葉も生活習慣も、何一つ共通するもののない文明圏を形成した。この、 [続きを読む]
  • プレリュード(淡海地方)
  • プレリュードは、北陸語でプリル(瀛)ロード(州)、即ち瀛州を意味する。北陸では、ウジョソニ湖を他の地域のように須弥湖や蓬莱湖とは呼ばず、瀛湖と呼ぶ為、ウジョソニ湖東北端の島を拠点に建てられたパイナープリアをエープリル(東瀛)と呼び、パイナープリア諸国が点在する、ウジョソニ湖東岸から北国西南端までの地域を、プレリュード(瀛州)と呼ぶ。しかし、他の地域では、ウジョソニ湖を、その広大さから湖ではなく塩のない海と [続きを読む]
  • エルフ伯シウォン(5)〜ソシ・ユナの物語〜
  • 冬が過ぎ、年を越すと同時に戦が始まったヴィスト軍の攻撃は、出だしから、人が、どうしたら、これだけ残忍にも獰猛にもなれるのかと思われる程、凄惨極まりないものであった。エルフ領内は、女子供を問わず、切り刻まれた屍の山となり、死臭にむせ返らんばかりとなった。ユナの友達だったおばさんも子供達も、次々に嬲り殺されていった。それでも、シウォンは勇敢に戦った。味方の十倍する敵にも臆せず、打ち倒される味方の姿にも [続きを読む]
  • ゴニールとニコラの物語(8)
  • カラキアの平和は続いていた。それまで、ルスカから徴集されて連れてこられた下級兵士達や開拓民達とカラキア人は、隔離されており、殆ど顔を合わせる事なく過ごしていた。しかし、ゴニールが総督となってからは、ルスカ人とカラキア人の垣根は取り払われて、絶えず交流を持つようになった。きっかけは、ゴニールの総督就任当初、駐屯地や開拓地に飢饉と疫病が蔓延したおり、ジヨン自らが、支援物資と技術団、医療団を引き連れて、 [続きを読む]
  • ゴニールとニコラの物語(7)
  • ゴニールの働きで、駐屯軍のルスカ兵による狼藉もなくなり、北方十字軍の侵入もなりを潜め…カラキアに平和が続いていた。ゴニールは、今ではすっかりカラキアの人々から慕われるようになっていた。元々、宮廷の社交より、巷の人々と交わる事を好む彼は、カラキア諸部族の集落に入っては、一緒にって飲み食いし、祭を楽しみ、とには、彼等の農作業だの灌漑工事だのを手伝ったりしていた。しかし、何より楽しみにしていたのは、ジヒ [続きを読む]
  • ゴニールとニコラの物語(4)
  • ゴニール・ドラクリフ・ヴォーコフは、ルスカの皇族にして、領邦ドラクリア王国の王子であり、カラキアの新任総督であった。彼のカラキア統治は、これまでの総督と違い、公正なものであった。歴代総督によって、不当に接収され続けてきたカラキア人の領地は、事細かに調べあげた上、悉く返還。自身の懐を肥やすために、本国が要求する以上に駐屯軍維持費を徴収しては、上前を横領し続けてきた将官将校、カラキア現地人に対して、暴 [続きを読む]
  • スンヨンとキジャ・ハングク
  • スンヨンさんをイメージしたお姫様と、スンヨンさんをイメージしたお姫様の国も、考えて見ました????ハン・スンヨン。ファンシン・タイガスの女王。元の名は、ミョン・ハン。元の国名は、キジャ・ハングク。ミョンの意味は光明、ハンは国王、グクは国、キジャは孔雀を意味する。外の世界で、最初にヴァイス・カラキアに正式な朝貢使節を派遣し、祭皇より金印と国王(チャー)の称号を授かった女王。朝貢使節の派遣が定例化し、ヴ [続きを読む]
  • 北朝鮮のミサイルについて一考…
  • ここで、このようなお硬い話をするのもどうかと思いますが…他に、話す場所がないので、ここでします。まず、あらかじめ断っておきたいのですが、僕は北朝鮮の現政権を擁護する気もなければ、同情する気など全くありません。北朝鮮の現政権をどう思うかと聞かれれば、愚かの一言に尽きます。その上で…北朝鮮のミサイル、僕はどうにも腑に落ちず、気色悪い。どう腑に落ちず、気色悪いかと言えば…冷静になって振り返って見ましょう [続きを読む]
  • ソルジェ王子について…
  • 先日お話しした、ソルジェ王子について、少し、設定を変更して見ました??ソルジェ・タングニフ。タングーン・ワンクムの王子。ソンウンと言う盲目の兄と、ゴニールと言う直上寡黙の侍肌の弟がいる。腹心に、ケイン・ドラクリフ、ダヤン・ヴォルコビチ、リカード・ヴォルコビチ、アレクセイ・ヴォルコビチ、ユーシフ・イブン・ブロースがいる。名と出身国名の意味は、現地語なので、現在不明(要するにまだ何も考えていない)。ただ [続きを読む]
  • URAKARA後編〜百年後もずっと側に〜『ニコルとジヨン編』
  • 2話 三角関係『日本語と韓国語では、共通する言葉がたくさんあります。』レオンを抱く知英さんが、新しい写真集の撮影に忙しくする場面に合わせて、知英さんのナレーションが流れてくる。ナレーションでは、日本語と韓国語と共通する言葉が、次々と紹介される。『…その中の一つに、三角関係と言う言葉もあります。さ・ん・か・く・か・ん・け・い…一人の男の子を、二人の女の子が好きになってしまう、あの言葉です。意味も同じ [続きを読む]
  • URAKARA後編〜百年後も、ずっと側に〜 『ハラ編』
  • 少し気分を変えて、KARA出演ドラマ、『URAKARA後編』のあらすじを考えて見ました??幾つか、かけたら、テレビ局に送ってみようかな??物語は、前作より十年後…ニコルさんと知英さんが、KARAを脱退した事や、ギュリさん、スンヨンさん、ハラさんが事務所を辞めてしまったと言った話はなく、ただ、ニコルさんは韓国で、知英さんは日本でソロで活動する事が多くなり、KARAとして、テレビ出演する時、二人が抜けてしまう事が増えて [続きを読む]
  • 鬼子母神セジョン(3)
  • ヴァイス・カラキア最北端、ルーチュ・カラークに、奇妙な噂が経って、かなりの年月が経っていた。奇妙な噂と言うのは、ウジュン湖畔の森に、巨大な吸血コウモリが出没するようになったのだと言う。その姿を見た者はいない。ただ、全身の血を吸い尽くされて、死んでいる獣や鳥…時に、小型の龍の死体のみが発見されていた。『これは、きっと、青垣山脈の奥深くの洞窟に暮らす、吸血コウモリの仕業に違いねえ。』諸部族から、調査の [続きを読む]
  • 美しき女神ギュリ
  • 沿海地方に海の掟が存在せず、無数の都市国家が割拠して、紛争を繰り広げていた頃。ナザーレ・ハングク国境地帯のロクユ村に、一人の乙女がやってきた。彼女は、色白のイカール人の美しい娘であった。名を、ギュリと言う。ギュリは、いつも笑みを絶やす事のない穏やかな娘で、村に来た当初から、多くの孤児達を引き取り、育て始めた。当時、隣国との国境に近いロクユ村には、度重なる紛争で親を失った孤児達で満ち溢れていたのであ [続きを読む]
  • パリガン(海幸の民)とセリガン(山幸の民)
  • 本来、西国地方のうち、コーシエン山脈とノムラ海峡を隔てて、北側をゼリグ(山幸の地)、南側をパリグ(海幸の地)と、呼んでいた。しかし、山陰のキジャ・ハングク、山陽のタイガス・ハングク、沿海のコリョ・ハングクが勢力を伸ばすうちに、セリグとパリグの呼称は余り使われなくなり、山陰、山陽、沿海の呼称が主に使われるようになった。この事から、西国地方は三州地方とも、西国三州とも呼ばれる。ただ、広大なるラガビル内海を [続きを読む]
  • 皇女ニコラとコリングラット
  • ニコラの名は、北国語のニーカ(溶かす、溶ける)コリン(雪)に由来し、雪溶けを意味する女性名である。また、北国では、雪溶けは乙女の笑顔の比喩であり、笑顔の愛らしい乙女と言う意味合いも込められている。コリングラットの意味は、北国語で、雪の城。道士達が外の世界に派遣されて五百年ほどが過ぎた頃、北国地方に派遣された道士ヨンジュ一行は、中部地方の大国シュパジュニア軍の襲撃を受けたと言う報告を最後に、消息を絶った [続きを読む]
  • アカシ・カラフール(アカシ共和国)
  • カラフールとは、ヴァイス・カラキア語の民を意味するカラと、アカシ語で集会を意味するフールを組み合わせてできた言葉であり、共和国と意訳される。アカシ人には、元々、統一された国家というものはなく、部族ごとに町や村を形成して、互いに協力し合いながら、生活をしていた。流れの荒いノムラカンドゥーク灘は、海の城壁として、アカシ諸部族の町や村を、海賊の襲撃から護り、古い友邦であるキジャ・ハングクは、陸からの外敵 [続きを読む]
  • イナバ民族(巨人族)
  • ヤクモ民族と並んで、山陰を代表する民族。ヤクモ民族の初代女王スンヨンが、キジャ・ハングクを建国した頃からの盟友的な民族で、未でも、ユキメ諸国の一つ、ミスター・ハングク、エガワ・ハングクとは、山陰諸国の中で最も強い同盟関係にある。イナバとは、山陰の言葉で巨人を意味する。ヤクモ人が、小柄で敏捷なのに対し、イナバ人は、男女共に頑強で大柄な体躯をしている。髪も瞳も黒く、肌も浅黒い為、ヤクモ人は軒猿と呼ばれ [続きを読む]
  • ヤクモ民族
  • 山陰地方の主要民族。赤銅色の肌、褐色の瞳と髪を持ち、男女共に小柄な体型をしてる者が多い。動きが敏捷で、木々の間を大地の如く走り回るところから、軒猿とも呼ばれている。タイガス人は、山陰の民を卑称して山猿としばし呼ぶが、それは、ヤクモ民族の通称である軒猿に由来するとも言われる。また、ヤクモ民族の建てたキジャ・ハングクの歴代女王スンヨンは、スン(小さな)ヨン(太陽)を意味するが、これも、体が小さいのに、太陽 [続きを読む]
  • 沿海地方(キンテーツ地方)
  • 西国共通語であるアカシ語で、パン(海の)グール(近く)…即ち、沿海地方と呼び習わされてる、西国南部の地を、ナニワ人は、キン(近い)テーツ(岸)即ち、沿岸地方と呼んでいる。ナニワ人、ハンク人、ヴァホーロ人と言った海洋民族が、古くから小都市国家を形成して割拠し、オーカンドゥーク灘の利権を巡って、熾烈な紛争を繰り返していた。女王ギュリが金印を授かる千年程前。一人の聖女が、ナザーレ・ハングクに姿を現し、愛を解き始 [続きを読む]
  • アカシ民族
  • 西国山陽地方で最も古い民族。アカシとは、アカシ語の『アーカス』即ち、『良い塩』『質の高い塩』に由来する。同じく山陽のアコウ民族と並んで、古来より製塩技術に優れた民族として知られる。質の上では、栄養価も味も、アカシ民族の塩を遥かに凌駕すると言われるアコウ民族の塩に対し、低価格で誰にでも手頃に手に入れ安い事で知られている。また、アカシ民族自体が、塩の交易で儲けると言うよりは、低価格で質の良い塩を普及さ [続きを読む]
  • ハングクとワンクム
  • ハングクとワンクムは、どちらも王国を意味する。西国地方では、王をハン、国をグクと言い東国と東海、中部地方では、王をワン、国をクムと言っていた。ヴァイス・カラキアに朝貢し、民王の称号を授かる事が恒例化すると、同時に、民王の称号を授かった国の周辺国の君主は、祭皇への貢物を民王に託す形で、民王の庇護下に入ると言う事も恒例化するようになった。この、民王に貢物を託す国の王を、西国では、ク・ハン(国王)、東国で [続きを読む]
  • カラチャン(民王)とアルターン(金印)
  • カラチャンを直訳すると、カラ(万民の)チャン(極星)であり、民の司を意味する。外の世界では、これを民王と意訳している。アルターンは、直訳するとアル(黄色い)ターン(水晶)であり、黄水晶を彫って作られた玉璽を意味する。外の世界では、これを金印と呼んでいる。ヴァイス・カラキアでは、赤は太陽、白は月、黄は星、青は海、紫は空、緑は大地、瑠璃は宇宙の色を象徴し、祭皇と日巫女は赤水晶、大王は紫水晶、月巫女は白水晶、星 [続きを読む]
  • 西国地方(コーシェニア)地方
  • 東は叢雲山脈から、西はジャビト山脈までの総称。ノムラ海峡とコーシェン山脈を隔てて、南側をパリグ地方と呼び、北側をパリグ地方と呼ぶ。また、パリグ地方は更に、浮雲地方を隔てて北側を山陰地方、南側を山陽地方と呼ぶ。今では、パリグ地方、ゼリグ地方の名称は余り使われず、山陰、山陽、沿海の名称で呼ばれる事が多い。この、山陰、山陽、沿海の三地方を総称して、西国三州とも呼ばれる。なお、西国と言う呼び方は、ヴァイス [続きを読む]
  • ナニワ民族
  • 西国沿海地方の主要民族。小麦色の肌に、黒い髪と瞳の人種。意味は、西国語で『港湾』を意味するタニワが訛ったものだとする説と、逆に西域語の『〜し難い』を意味するナヌと『波』を意味するハが訛ったもので、『抗い難い波』もしくは『荒波』を意味すると言う説がある。いずれにせよ、海洋民族である事を意味する名称であるが、前者の意味とする説では、太古よりこの地に暮らしていたキンテーツ諸民族に、西域パシフィーク大陸よ [続きを読む]
  • グレース・カラチャングク
  • 西国沿海地方の国直訳すると、グレース(錦)・カラチャン(民王の)グク(国)。救世主イーシスの孫娘ギュリが建国。最初は、コリョン(崇き魂)・カラークと言う国名であったが、沿海地方の盟主になると、コリョンは君主の称号コリョナー(大王)となり、コリョ(崇く麗しい)・ハングク(王国)と言う国名となった。外の世界では珍しく、代々王女に世襲される女王国であり、君主はギュリの名を受け継ぐ。人種は、ナニワ人が主流を占めているが [続きを読む]