合格 太郎 さん プロフィール

  •  
合格 太郎さん: まだまだ間に合う高校受験!奇跡の成績アップの秘訣!
ハンドル名合格 太郎 さん
ブログタイトルまだまだ間に合う高校受験!奇跡の成績アップの秘訣!
ブログURLhttp://shikenbenkyo.com
サイト紹介文高校受験対策、学校のテスト対策など試験に役立つポイントを紹介します。
自由文高校受験対策、中間テスト、期末テスト対策など試験に役立つポイントやよく出る知識などを紹介します。大学受験対策も!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 94日(平均5.6回/週) - 参加 2017/04/16 20:20

合格 太郎 さんのブログ記事

  • 頑張っている受験生への手紙
  • 今日は夏真っ盛りの中、日々頑張っている受験生を応援する手紙を書きたいと思います。 あなたは、もしかしたら勉強するのがつらいと思っているかもしれません。また、勉強しても勉強しても成績が上がらず、むしろ今までできていたはずのところができなくなっているかもしれません。でも、心配しないでください。1年前と比べれば、勉強量は格段に増えています。進歩したからこそ、わからないところやより目指すところが見えてきた [続きを読む]
  • 夏休みの計画表を作ってみよう(作らせてみよう)
  • 夏休みの計画表を作ってみよう(作らせてみよう)ということですが、夏休みは計画的に勉強をしないとあっという間にすぎてしまい、受験勉強どころか8月31日に宿題が終わらないということにもなりかねません。ただ、あまりに細かい計画をたてると、実際にできなかったときにへこみますし、勉強自体が嫌になってしまいます。 なので、計画を立てるときは・1日は2〜3時間(移動時間なども含む)くらいで、たとえば英語(1年の [続きを読む]
  • 勉強しない子の対策
  • 個別塾にはいろいろな子がいます。中でも対処に迷うのが、・勉強しない子(集中できないでスマホを見ているなど)・勉強しているふりをする子(講師が他の子を見ているすきに答えを写す)←実はバレバレだが・・(笑)。 です。 そういう子には、まずは学校や普段の生活の話、最近はまっていること、好きなことをききます。そのあとは、 ・とりあえず、課題を与えてやらせる・やる気になるまでほっておく・得意科目をまずやらせて [続きを読む]
  • 3日坊主でもいいからやる!忘れてもいいからやる!
  • 勉強があまり得意でない子の場合、3日坊主で自信を失う場合もありますが、3日坊主でもいいのです。4日目、5日目、6日目と休んで、7日目くらいから、ちょっとやろうかなと思いだして8日目からまた勉強を開始すれば、それはとても価値があることです。 3日坊主が5回続けば15日勉強したことになります。15日あれば薄いテキストや問題集なら1科目仕上がります。思い立ったらまたやってみましょう。ちなみに私もこのブロ [続きを読む]
  • 中3生の親なら知っておきたい!お金があまりかからない塾〜ヒーローズ
  • 中3生のお子さんを持つ親であれば、成績がアップするためなら塾に行かせたいと思うのは人情です。しかし、塾に通うとなるとやはり結構お金がかかります。 それでも成績が上がるなら・・・と高いお金を払って塾に通わせたにもかかわらず、あまり面倒も見てもらえず、成績も・・・だと悲しいですよね。 そこで、今日は多少宣伝にもなってしまいますが、私が講師をやっている個別指導塾ヒーローズの紹介、あと意外と役に立つ通信教材 [続きを読む]
  • 問題演習では問題を解かずに解説から読むのもアリ
  • 問題演習では、問題を解かずに解説から読むのもアリです。どういうことかというと、一般的に問題演習では、 ① 問題を解く② 解説を読む③ 解説を読んでもわからないところやできなかった問題に関する知識をいつも使っているテキストで確認(わかる化)④ もう一度問題を解く(=できる化) という4つのステップでやることが多いと思います。 しかし、①問題を解くというのは、結構気分が重いというか、後回しにしがちであ [続きを読む]
  • 7月の土日は夏期講習と自分の勉強で楽しい夏休み(笑)
  • 普段は火曜と金曜に高校3年生と中高一貫校の高校2年生、商業高校の高校1年生と中学3年生の面倒を主にみているのですが、夏休みということで、土曜にも塾が入る可能性大! さすがに(生徒が最近ちゃんと勉強するようになったので)私もまったく勉強せずに教えられないので、今年の夏も受験生並みに勉強することになりそうです。生徒が勉強するようになったのは、方法が間違っていないということの証拠なので、よいことですが、こ [続きを読む]
  • 講師も勉強は必要
  • 集団塾の講師であれば、1回の講義で誰にでもわかりやすく説明する能力が必要です。そのためには、科目の知識はもちろん、わかりやすい事例、いわゆる「場」のつくり方、モチベーションの上げ方、間の取り方などなどのビジネススキルも必要になります。さらにギャグや持ちネタ(雑学)、決め台詞(今でしょ!など)があるとベターです。 個別指導塾の講師であれば、(集団塾の講師ほどレベルは高くなくてよいが)複数の科目の知識 [続きを読む]
  • 中高一貫校に通う高校2年生の夏休み勉強法
  • 中高一貫校に通う高校2年生の夏休み勉強法ということですが、早いところであれば1通り高校の学習範囲も終わり、2学期からは高校の学習範囲の総仕上げや大学入試の過去問などを素材とした演習中心に授業など大学入試対策を中心に進む学校も多いでしょう。 ということは、この夏休みで1通り高校の学習範囲を復習しておく必要があります。私は国立文系だったので、ここでは、国立文系の観点から夏休みにやっておきたいテキストや問題 [続きを読む]
  • もうすぐ夏期講習ですね!
  • もうすぐ夏期講習です。受験生のお子さんを持つお父さん、お母さんはもちろん、受験生でないお子さんを持つお父さん、お母さんもお財布事情やお子さんの成績、「あんたこの前のテストはやばかったんだから夏休みくらい勉強しなさい」「うるさいな〜もう」「えーこの前のテストがやっと終わったんだから勉強したくないし・・・」「・・・・(聞こえないふり)・・・」 といったプチバトルなどで、悩み多き時期かと思います。 しか [続きを読む]
  • 時には休みも必要(と言ってあげる人も必要)
  • 今日は塾の日でした。今見ている高3の受験生の女の子はまじめに勉強しているのですが、前回やったことの復習問題を解かせると意外とできてません。理解する=わかるところまでは、前回の復習でやっているのは知っていて、自宅学習でできる段階にしておこうねという話をしていたのですが、体育祭の練習などで疲れています。今日は1限〜3限まで体育で4限は普通の授業、5限以降は体育祭のリハーサルということで、運動三昧!よく塾 [続きを読む]
  • お父さん、お母さんのための日商簿記勉強法
  • お父さん、お母さんのための日商簿記勉強法ということで、お父さん、お母さんのための勉強シリーズみたいになっていますが、日商簿記は最初に勉強するにはピッタリの資格といえます。日商簿記2級をとると勉強意欲がわいていきて、「次は税理士ね?」などと言っている自分に気づくかもしれません。お子さんも、お父さん、お母さんが勉強しているのを見れば、「自分も頑張るぞ!」と思うことでしょう。子供は親の背中を見て育つので [続きを読む]
  • お父さん、お母さんのためのTOEIC L&Rテスト勉強法
  • お父さん、お母さんも勉強する姿勢を見せることで、お子さんは黙っていても勉強するようになります。でも、何を勉強したらよいのかしら?なんて悩んでいる場合は、とりあえずTOEIC L&Rテストの勉強をしてみてはいかがでしょうか。 TOEIC L&Rテストって? 現在の英語のテストでは、いわゆる4つの技能すなわち、聞く(Listening)力、読む(Reading)力、話す(Speaking)力、書く(Writing)力を試すものになっていますが、TOEIC [続きを読む]
  • 今から間に合う高校入試〜10月から編
  • 今から間に合う高校入試〜10月から編ということで、10月から受験対策を始めた場合の勉強について、紹介します。10月というのは、中学校で学習する分野が1通り終わるか終わらないかくらいの時期であり、また内申点もある程度確定してくる時期です。三者面談で志望校がだいたい決まってくる時期でもあります。 ゴールを決める まずは、ゴール=志望校を決めましょう。 志望校が決まったら・内申点はどのくらい考慮されるのか(都立 [続きを読む]
  • 中高一貫校に通う高校1年生の夏休み勉強法
  • 中高一貫校に通う高校1年生の夏休み勉強法ということですが、中高一貫校でなければ、1学期の最初に中学校の復習をして、高校の学習範囲はまだ入ったばかりという学校も多いので、1年生の夏休みにあせって勉強をしなくても、まだそれほど心配もありません。しかし、中高一貫校の場合、おそらく夏休み前くらいをめどに高1の学習範囲はほぼ終わっていることでしょう。中学生の学習範囲などに不安のあるお子さんであれば、どの科目に [続きを読む]
  • 中学生の親なら知っておきたい集団塾と個別指導塾の違い
  • 中学生の親なら知っておきたい集団塾と個別指導塾の違いということですが、 ・学習塾に行っているけどなかなか成績が上がらない。塾が合わないんじゃないかしら?・塾に行ってちゃんと勉強しているのかしら?・集団塾だとついていけないみたいだし、かといって個別指導塾だとお金がかかる割には面倒見てくれないし・・・ といった悩みをお持ちのお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか。 実際、私は集団塾でも個別指導塾で [続きを読む]
  • 中2夏休みの勉強
  • 中2夏休みの勉強ということですが、なかなか1人では勉強する気になれないんですよね。なので、夏期講習に行くとか、夏休みの宿題を早めに終わらせて図書館に行くとか何か普段と別の環境におくのが良いと思います。お父さん、お母さんに旅行に連れて行ってもらうのもよいかもしれませんね。 全然勉強の話になってないのですが、中2の夏に経験したことはこれからの人生で大きな影響を与えます。学校の勉強だけでなく、いわゆる社会 [続きを読む]
  • 中高一貫校に通う中3生の夏休みおススメ勉強法
  • 中高一貫校に通う中3生の夏休みおススメ勉強法ということですが、中高一貫校に通う生徒は高校受験がないので、中3の2学期以降には高校生の学習範囲に入ってしまう(学校によってはもう少し早いかもしれません)ことでしょう。 そのため順調に学習が進んでいる場合はよいのですが、逆に言うとどこかでちょっとつまずくとどのように遅れを取り戻してよいかわからなくなってしまう可能性があります。高校に入ってから頑張ろうと思っ [続きを読む]
  • お父さん、お母さんのための仕事に役立つフェイスブックの使い方
  • お父さん、お母さんのための仕事に役立つフェイスブックの使い方ということで、受験とは直接的には関係ありませんが、今日は普段お子さんに「勉強しなさい!」といつも言っているであろうお父さん、お母さんにも勉強してもらおうと思っております。 といっても、普段使っているであろう、フェイスブックの使い方について、もうちょっといろいろ知ってみようということなので、 ・お子さんと旅行に行って現地の人に英語で話しかけな [続きを読む]
  • 今から間に合う高校入試〜夏休みから編
  • 今から間に合う高校入試ということで、夏休みから本格的に勉強を始めた場合の勉強について、紹介します。 夏休み前 中3は夏休みまで部活がありそうなので、勉強開始は8月からだとして、7月のうちに以下の2つだけ考えておきましょう。夏休みの宿題は8月31日にまとめてでもよいので(笑)、とにかくこの2つは押さえておいてください。 1 塾の夏期講習を受けるかどうか2 夏休みに集中的に学習したい科目は何か 1 まず、 [続きを読む]
  • 今から間に合う高校入試〜入試60日前から編
  • 今から間に合う高校入試〜入試60日前から編ということですが、まだまだなんとかなります。都立高校が第1志望であれば、クリスマスくらいから本気になったというところでしょうか!ここからでもなんとかなります!あきらめてはいけませんよ! やることその1:30日前まで まず、今からやることは、志望校の合格ラインを知ることです。・私立なら最低合格点は何点なのか、試験科目は何科目で配点はどうなっているのか?・都立な [続きを読む]
  • 期末テスト1週間前の勉強だけで最低でも平均点をとる方法〜社会編
  • 期末テスト1週間前の勉強だけで最低でも平均点をとる方法の社会編ということですが、正直、社会の期末テストは、入試と異なり、広く浅く知識を問われるので、範囲を絞ってポイントだけ学習しても、押さえていない知識から出されてしまったらお手上げです。 ただ、ほとんどの中学生は学校から自習用のワーク(提出課題の場合もある)を渡されているはずなので、まずはそれをしっかりやることが大切です。 また、社会が苦手なお子さ [続きを読む]
  • 推薦入試対策〜作文・小論文・面接
  • 推薦入試では、一般的に作文または小論文(場合によっては両方)、面接がありますので、それぞれについて対策をとっておく必要があります。まずは、お子さんと一緒に志望する高校の入試科目の中に、作文や小論文がないかどうか、字数は何字で、どのように出題されているのかを確認してください。できれば、過去3年分くらいは過去問を見ておきましょう。 なお、東京都立高校の推薦入試におけるテーマはこちらになります。参考にし [続きを読む]
  • 東京都立入試で8割を確実に取る勉強法!
  • 東京都立入試で、8割を確実に取る勉強法ということですが、都立入試は、筆記が700点(英数国理社の500点満点を700点に換算)、内申点が300点(英数国理社で5×5、副教科は2倍なので5×2×4、あわせて65点満点を300点に換算)ですから、単純に考えて、入試で560点(換算前は80点×5科目で400点)、内申点で240点(換算前は52点なのでオール4)とる必要があります。そのため、都立高校を目指す生徒は、学校のテスト対策につ [続きを読む]
  • 中高一貫校に通う中学生の英語テスト対策
  • 中高一貫校に通う中学生の英語テスト対策ということですが、英語は数学と同様、毎日コツコツ学習する必要がある科目です。それゆえ、普段の学習がテストの点数を左右します。以下では、学習のポイントを説明しますので、お子さんと一緒にできそうなことから試してみてください。 普段の学習<予習>英語の予習については、30分を目安に、できるだけ辞書を使わずに教科書を訳していき、「分かるところと分からないところ」「 [続きを読む]