Katekiesu さん プロフィール

  •  
Katekiesuさん: 断酒をして丁寧に生きる
ハンドル名Katekiesu さん
ブログタイトル断酒をして丁寧に生きる
ブログURLhttp://katekiesu.hatenablog.com/
サイト紹介文これまで何度か挑戦しては失敗した断酒に再度挑戦。断酒をして丁寧に行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 42日(平均2.8回/週) - 参加 2017/04/16 22:28

Katekiesu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 43日目
  • 断酒43日目になりました。当たり前ですが、これってどんなに頑張っても1日に1日しか増えないんですよね、それゆえに一旦崩れてしまう、つまりはスリップしたら誰しもがゼロから一つずつ積み上げなければならず、改めて断酒先輩方の偉業には頭が下がります。このところは飲酒そのものの欲求は無くなりつつあります。ただ相変わらずのノンアルコールビールはほぼ毎日のように一缶ずつですが飲んでます。酔っ払う必要がなく、これでホ [続きを読む]
  • 断酒36日目
  • 断酒もなんとか36日まで持ちました。このところほぼ毎晩のようにノンアルコールビールを飲んでます。本物のビールを思い出すのでやめた方が良い、というご意見を色々と見てますが、自分の場合は今の所普通のビールと何ら変わらず、むしろ安いしこれでホント充分、と思ってます。アサヒのスーパードライのノンアルコールなんて秀逸な出来栄えで、晩酌しても酔わなくて良い、という点でハマってます。さて、以前もご紹介してますが、 [続きを読む]
  • 断酒でこんな効果も
  • 断酒してちょうど30日になりますが、最近実感したメリットとして、字が書ける、メモが取れるようになる、です。もちろん飲酒中もメモを取ることは出来ますが、字も異様に乱れて何が何だか分からず、そして字を書くことがとにかくとにかく億劫でした。断酒してから、特にここ数日は話を聞いて大量なメモを取る必要がありましたが、全く苦にならず、字もそこそこはキレイ(もともと悪筆ゆえに自分が何とか読み返せる程度の話です)で [続きを読む]
  • 断酒と付き合い
  • 断酒28日になりました。自分の場合は断酒したから交友関係が減ること言うと、多分そんなこともないのでしょう。会社で仲間とだらだらと飲む習慣も最近は無くなってます。飲むといえば、もつ焼き屋でぼーっと一人飲みがむしろ好きだったので、断酒を継続して付き合いが減るとかは逆にほぼ無いのです。過去の断酒中に経験あるのですが、断酒中に酒を飲まずに飲み会・宴会にダラダラ付き合うのは正直な言って苦痛ですね。そんな状況で [続きを読む]
  • ノンアルビール
  • 断酒会25日目になりました。先輩方のブログを見てるとノンアルビールには否定的な意見が多いですが、今の所自分はノンアルビールにはソコソコお世話になってます。飲酒欲求は否定出来ませんが、これ飲むとスーッと消えていくので時折飲んです。ちなみに、炭酸水は昼間でもかなり常飲してます。それと最近は甘いものに対しての欲求が俄然増してきました。飲酒時代にはほとんど見向きもしませんでしたが、この断酒中に食べる甘いもの [続きを読む]
  • 断酒の効果
  • 断酒23日目です。断酒して最も感じる大きな効果は体力、エネルギーの充実感ではないかと感じてます。飲酒中は何か酒に毒されていたというか、子供と遊ぶにしても全力で遊べず、どこか疲れているのです。それが断酒してからは子供とも全力で遊ぶことが出来、それを見た妻も(多少)機嫌が良くなるという効果が生まれてます。やはり体の臓器でも重要な肝臓をアルコールの処理に使わなずに済んでいる事が大きいと思います。その分普段の [続きを読む]
  • 断酒17日目
  • 気持ちの良い天気が続いています。暑くもなく、寒くもなく、こんな日は日中子供達と汗ばむくらいに遊んで夕方から飲み始めるビールがとても美味く感じたものです。そこで、飲酒欲求がフツフツと湧いてきました。それは強烈ではなくとも、あ〜、こんな日にビール飲んだら美味いだろうなぁ、という淡い、でもしっかりとしたものです。そこで、断酒開始から初めてノンアルコールビールに助けを求めてみました。アサヒのドライのやつで [続きを読む]
  • アルコールに依存するようになった経緯
  • 自分は思えば20代は飲み会の時だけガーっと飲む全くの機会飲酒系でした。飲む量は多かったと思いますが、その頃はブラックアウト等も全くあり得ず、ある意味若さを武器に飲みまくってました。ただ、一人で飲んだり、酒を純粋に楽しむようなことはなく、アルコール依存の気配はほとんどなかったと思います。飲み会がなければ酒は普通に抜いてました。30代の半ば頃からでしょうか?なぜか下町居酒屋が琴線に触れて自分の中でブームと [続きを読む]
  • 断酒の理由
  • 断酒12日目になりました。断酒するに至った気持ちを定期的にブログに書いて肝に銘じたいと思います。今後、何度でも記載して忘れないようにしなければいけません。過去に過度に飲酒・痛飲し、翌朝のセロトニンが完全に枯渇したあの最低最悪な感情を二度としたくないがためです。前夜の飲み会、パーティはタカが外れて水のように酒を飲みまくります。どんどんセロトニン、ドーパミンが強制放出されて、テンションも上がりまくり、そ [続きを読む]
  • 断酒11日目
  • 断酒は11日目になりました。昨晩は夢で何度か飲みそうになりました。飲酒欲求、十分残ってます。多分、昼間に見た雑誌でヨーロッパの自然の中で飲むワインが非常に絵になっており、其れが深層心理に働いていたのでは無いかと思います。自分の場合はアルコールそのものもそうですが、酒場に対する強い欲求があるのです。精神的に疲れた時などは、落ち着ける居酒屋で一人でボケーっと杯を傾けるのがとても精神的に落ち着くのです。極 [続きを読む]
  • 上機嫌
  • 昨日のブログで少し触れた斎藤一人さんの本を読みました。タイトルは、「すべてがうまくいく上機嫌の魔法」です。1時間もあればさらっと読める分量です。この本を要約すると以下の感じです。==============================上機嫌の人にだけ奇跡が起きる。斎藤一人さんもイヤなことなんで山ほどあるが、自分の意思で上機嫌の方向に持っていってる。不機嫌は感情のままに生きている結果。それに対して上機嫌は自分の意思。 斎藤一人 [続きを読む]
  • 離脱症状?
  • 一昨日の寝不足がまだ引きずっており、未だに体調がすぐれませんね。軽く熱があるようで、頭が引き続きぼーっとします。実はこんな体調のなか、飛行機で長距離移動中です。ちょっと、たまりませんね。おまけに昨晩は仕事の悪夢を見て、夜中の2時にハッと飛び起きた次第です。これ夢の中で仕事の問題を見つけて寝ながら苦しんでいたものですが、起きてもどうしてもそれが思い出せない、実際にはありもしない問題を脳が作り上げて自 [続きを読む]
  • 不眠
  • 断酒5日目ですが、昨晩はひどい不眠でした。枕元にiphoneをおいてYouTubeの安眠ヒーリング系のチャンネルを起きるたびにかけるような状態で、結局一晩で7ー8回は起きたでしょうか?それでも朝のウォーキングは決行。効果は寝不足もあり充分とは言えませんが。。。未だに頭がボーとしており、ひどい不快感です。ネットで断酒による不眠を調べると多くの方が経験されているようですね。数日間の辛抱のようなのですが、自分は今晩はレ [続きを読む]
  • 再認識!運動の効果
  • 今朝は30分のウォーキング。朝運動出来るようなメンタルになったのも久々の感じがします。もともとは朝からバリバリとランニングするようなレベルで、メンタルの調子も運動で保ってました。が、最近のゴタゴタでとんと運動からは離れており、そんな元気も無くなってました。自分の人生を変えた本の一つに『脳を鍛えるには運動しかない』という本があるのですが、これは数年前に強烈なストレスを抱えていた際、自分をそこから救って [続きを読む]
  • スリップした時の考え方
  • 今後の反省、対策のために自分が過去にスリップしてしまった際の考え方、発想を改めて記録に残しておき、いずれそのような考えを持った際の対策としておきたいと思います。この場で自分が飲まないと雰囲気が悪くなるこのように思い込んで、過去に少しワインに口をつけ、結局元の木阿弥に戻ったケースあり。その場の雰囲気なんて自分一人が飲まなくても関係無いのです。飲み会や会食を一切避けるのも難しいのですが、最近はどの飲み [続きを読む]
  • 精神科医によるためになる動画
  • 最近仕事と家庭それぞれで色々と問題を抱えており、メンタルも少々疲れ気味です。そんなときにYou Tubeでメンタル癒し系の動画を探すのですが、そのようなスピリチュアル系とは別に、精神科医による分かりやすい動画を見つけました。登録数も多いので、ご存知の方も多いかと思いますが、樺沢紫苑氏です。この動画が良いのが、一編あたりが短くせいぜい3ー5分程度です。しかも先生の話し方が非常にわかりやすく、回答がはっきりして [続きを読む]
  • 断酒を始めます
  • これまで断酒には何度も挑戦してましたが、最長4ヶ月でスリップしてしまうという情けない状況でした。自分をの酒の飲み方としては、我慢すべき時は問題なく我慢できるものの、パーティなどでその場の雰囲気に酔うととことんまで飲んでしまう酒癖があります。なので、大勢での飲み会、立食パーティ、バーベキューなどが鬼門であり、飲む変えから周到に注意していれば何ていうことはありませんが、ちょっと気を抜けば気がつけば泥 [続きを読む]
  • 過去の記事 …