ひょうたんくん さん プロフィール

  •  
ひょうたんくんさん: ひょうたんくんの豊肥沿線11物語
ハンドル名ひょうたんくん さん
ブログタイトルひょうたんくんの豊肥沿線11物語
ブログURLhttps://ameblo.jp/hyoutankun/
サイト紹介文九州を横断するJR豊肥本線沿線のグルメやお出かけ情報を公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 124日(平均4.2回/週) - 参加 2017/04/17 07:13

ひょうたんくん さんのブログ記事

  • 大分特産!露地カボスが旬入り
  • 2017年8月18日、大分特産の露地カボスが本格的な出番を迎え、今日、旬入り宣言が行われました。   ▲2016年8月18日撮影(竹田カボス選果場) 焼き魚や夏ならではのナスやキュウリ、ウリの漬物にギュッとひと絞り。ほとばしる旬の香りに癒されましょう。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 緒方町小松明火祭りは、1万3千本の松明灯りが闇夜にゆらゆら…
  • 大分県豊後大野市緒方町では、2017年8月14日(日)、闇に包まれた緒方平野を松明(たいまつ)が彩る「小松明(こだい)火祭り」が開催されます。 この日は、緒方平野を流れる緒方川の、原尻の滝上流に架かる「原尻橋」が、一夜限りの、炎に包まれた幻想的な姿を闇夜に浮かび上がらせます。松明の灯を写す水面に心和みます。 「原尻橋」は、1923年(大正12年)に架けられた長さ73mの石橋で、五連のアーチを誇ります。アーチの形 [続きを読む]
  • 湯平温泉の石畳は赤ちょうちんに誘われて
  • おもてなしの「赤ちょうちん」に癒されて大分県由布市の「湯平温泉」といえば、「石畳通り」がシンボルです。情緒豊かな石畳は「今から約300年前に工藤三助という人が作ったのがきっかけ」(湯平温泉HP)と言われているだけに、湯平温泉のお宝。石畳の坂を抜きには、湯平温泉を語りつくせません。    ▲2016年5月27日撮影 その石畳通りに沿うように、眺め下すように並ぶおもてなしの赤ちょうちんが、坂道ウォークの魅力を高めて [続きを読む]
  • 鶏ささみのチーズカツ+ヘルシー
  • 鶏ささみのチーズカツ作りました。学生時代、美味さではトンカツ定食には叶わなかったけど、コスパはトンカツ以上で、強力な財布の見方でした。年に一度は作るけど、こんな感じだったかな。もちろん、キャベツやレタスは、こんなてんこ盛りではなかったですね。この年になると、コスパ以上にヘルシー度が嬉しくもあり、です。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夏にこそ食べたい!あの女優さんが作っていたトマト丼
  • 肉のうま味と赤いトマトの酸味で食欲増進トマト丼が、我が家の畑のトマトが食べ頃の時期の定番メニューになってから30年以上になります。牛肉を軽く炒めたら砂糖をまぶし、さらに炒めます。多少の赤みが残る程度までです。次に、もぎたてのトマトを櫛型に切り、酒と醤油を回しかけてカットしたトマトを並べ、蓋をして5分から10分ほど、お好みでグツグツ。砂糖と醤油の分量もお好みでどうぞ。トマトがある程度煮えて、クターッとな [続きを読む]
  • 叩きキュウリとちりめんじゃこで”夏に食べたい丼”
  • このところ、畑のキュウリ食べまくりです。今夜は、冷やしておいたキュウリを適当な長さに切り、割るように叩いて熱々のご飯に乗せました。そこにカリカリに炒めたちりめんじゃこを乗せ、醤油をチョロチョロ回しかけていただきました。パリパリ食感とカリカリ食感が白ごはんと好相性で、ヒンヤリキュウリのお陰で暑さもなんのそのです。 いつもは、叩きキュウリにちりめんをトッピングし、ビールのお供にします。もちろん今夜もそ [続きを読む]
  • [コピー]夏にこそ食べたい家庭の味!「なすびのこねり」
  • 「なすび」と「ニガウリ」のグッドコラボ 私が幼少期、夏の自家菜園には茄子とニガウリが必ずありました。それは、今も変わることなく繰り返されています。茄子とニガウリが両方揃って食べ頃になると、テーブルには、茄子とニガウリを炒め、さらに練った粉麦粉で炒め合わせた「こねり」なるものが、ほぼ毎日のように並んでいました。子供のころは、この地味〜な「こねり」が嫌で嫌でたまりませんでした。どうしても食べなければな [続きを読む]
  • 夏にこそ食べたい家庭の味!「なすびのこねり」
  • 「なすび」と「ニガウリ」のグッドコラボ 私が幼少期、夏の自家菜園には茄子とニガウリが必ずありました。テーブルには、茄子とニガウリを炒め、さらに練った粉麦粉で炒め合わせた「こねり」なるものが、ほぼ毎日のように・・・。子供のころは、この「こねり」が嫌で嫌で、苦いニガウリを避け、仕方なく茄子だけをつまんで食べていました。美味しそうに食べる両親たちを見て、大人だなあ、なんて思ったりしたことも…。でも、「歳 [続きを読む]
  • 夏こそ飲みたい!米こうじの甘酒は最強のドリンク
  • ノンアルコールが嬉しい縁むすびの甘酒大分県豊後大野市犬飼町のヤママス大津留商店は、創業明治18年の老舗こうじ屋だ。伝統の「米こうじ」で作る甘酒は、「米」以外は、何も足さない。米と米こうじを発酵させるだけの、昔ながらの甘酒だ。これが、自慢の米こうじ。製法はもちろん、「山に升」のマークも創業時から受け継がれる。 米こうじで作る甘酒は、発酵の段階で自然の甘さが醸されるので、砂糖を使う必要がない。もちろん、 [続きを読む]
  • 黒毛和牛専門店「神楽亭」のレバーで鉄分バリバリ補給
  • 豊後大野市清川町の焼肉レストラン「神楽亭」は、黒毛和牛専門店だけに、精肉、内臓、ホルモン類もテイクアウトコーナーは多種多彩。レバーも、極上。つきものの臭みが、そんなにないんです。早速テイクアウトしました。レバーといえども、下ごしらえは、好みの大きさにスライスして冷水を回しかけるだけでOK。簡単でお手軽さが嬉しいです。 今回の厨房は、このレバーで自家栽培のニラや玉ねぎ、茄子に一袋29円のもやの具沢山、 [続きを読む]
  • 祖母山麓の奥嶽で摘んで摘んでブルーベリー
  • 2017年7月10日(日)、豊後大野市緒方町の祖母山麓にある奥嶽でブルベリーが摘み頃を迎えました。 場所は、緒方町小原の山肌にある「くどうブルーベリー農園」。ここでは、熟したブルーベリーを、自分で摘み取ることができます。 道の駅「原尻の滝」から県道緒方高千穂線を祖母山方向へ10kmほど走った所で、この標識が目印。ブルーベリー農園は、県道から山間に上るとすぐの所にあります。 ブルーベリーの摘み取りの受付は、 [続きを読む]
  • 特急「あそぼーい!」が別府・大分を出発して阿蘇に帰った日
  • 2017年7月8日(土)、特急「あそぼーい!」が阿蘇駅に帰りました。記念すべきこの日、別府駅を9:16に出発し、大分駅、三重町駅、緒方駅を経て笹無田石拱(こう)橋と並走する鉄橋を竹田駅へと走り抜けました。 黒と白のツートンの車体です。笹無田石拱(こう)橋は、竹田市挟田の笹無田川に架かる2連アーチの水路橋で、1917年(大正6年)に再建され、今なお、山間地の稲作を支え続けています。その橋と並んで走る様は、実に力 [続きを読む]
  • 札幌ラーメン「どさん娘」大野町店でアジフライ定食
  • どさん娘はコスパとボリュームが魅力的札幌ラーメン「どさん娘」といえば、中太麺の味噌ラーメンや塩ラーメン、コーンラーメンにネギみそラーメンと、多彩なラーメンが人気の店です。店名は「どさん娘」と表示して「どさんこ」ではなく「どさんむすめ」と読みます。 その「どさん娘」で気になり続けて久しい「アジフライ定食」を、この程、ついにオーダーしました。熱々のアジフライ3枚に味噌汁に酢の物、漬物が付いて650円と、グ [続きを読む]
  • スイートコーンを炊き込みご飯で
  • 甘さミラクル「恵味ゴールド」で炊き込みご飯旬のとうもろこしで炊き込みご飯をつくりました。 使用したのは竹田市菅生産の朝どりスイートコーンで、品種は、粒がおおきめの「恵味ゴールド」。粒は大きめなので、炊き込みご飯に持って来いです。 実を芯から削りながら、つまみ食い。果皮が柔らかいので、ナマでも美味しいです。瑞々しさがたまりません。プチプチ&シャキシャキ食感が心地よく、ついつい何度も…。それにして [続きを読む]
  • 第12回竹田市とうきびフェスタin菅生
  • 夏だ!菅生だ!とうきびだ! 大分県竹田市で、夏本番を告げる「とうきびフェスタin菅生」が、2017年7月16日(日)に開催されます。まもなく、旬を迎えることもあって、早速、農村商社わかば・道の駅「すごう」さんから、プレスリリースを送付いただきました。 ________________竹田市とうきびフェスタin菅生(すごう)日時:7月16日(日)8:30〜15:00会場:道の駅「すごう」住所:竹田市菅生国道57号線沿い主催 [続きを読む]
  • 明正井路水路橋と美味しい馬背戸米
  • 味が自慢の馬背戸(ませど)米大分県豊後大野市緒方町の馬背戸地区を走ると、こうした看板が目に留まります。馬背戸地区と言えば「馬背戸米」の産地。粘土質の肥沃な土壌に恵まれた米どころで、山間の棚田でも、無事に田植えを終えていました。 稲作のカギを握る大切な水は、隣接する竹田市の緒方川の上流、入田で取水され、この6連アーチの水路橋で緒方川をまたぎ、緒方町の馬背戸地区へと引かれています。 水路橋は「明正井路 [続きを読む]
  • LEE!復活の辛さ30倍をゲット
  • 過去に一度食べたことありますが、その後見当たらなくなったLEEの30倍。限定販売ということですが、このほど復活したというので、10箱ゲットさせていただきました。 辛いの歓迎派なので、気分はワクワク、実食が楽しみです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 祖母山と傾山のチキンカレー
  • 祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク 2017年6月14日にフランス(パリ)で開催された第29回ユネスコ人間と生物圏(Mab)計画国際調整理事会で、大分、宮崎の県境に位置する祖母・傾・大崩山の山岳地帯がユネスコエコパークに登録されました。それを祝って、早速我が家で、「祖母・傾」特製チキンカレーを作ってみました。 緒方平野から望む祖母、傾山をおにぎり風に再現してみましたが、左が傾山で右が祖母山です。 今夜は [続きを読む]
  • チャレンジャー「大王飯店」のぶた天定食は中華園譲り
  • 中華園のぶた天定食は健在大分県豊後大野市三重町のチャレンジショップ「本町物語」に2017年2月13日(月)、中華料理の店がオープンした。店の名前は「大王飯店」。「とり天定食」や「すぶた定食」「すどり定食」「ぶた天定食」など、中華定食はすべてワンコイン、500円とグッドコスパだ。 中でも「ぶた天定食」と言えば、今は店を閉じているが、中華料理一筋55年を超える味の店「中華園」でしか味わえない人気メニューだった。そ [続きを読む]
  • 和菓子の日と紫陽花と…
  • 今日、6月16日は和菓子の日。うっとおしい梅雨時期に、爽やかなヒーリングタイムを味わえて、この時期、6月16日が和菓子の日というのは実にタイムリーです。例年なら、和菓子が、ジメジメとうっとおしい気分を爽やか気分にしてくれるのですが、こう雨が降らず、暑い日続きだと、熱いお茶と饅頭も、かえっていいかも、ですね。 期待した細い雨もなく、紫陽花も雨が恋しいことでしょう。頑張って咲いてほしいですね。 p>にほんブ [続きを読む]
  • 湯平温泉と湯の花まんじゅう
  • 田植えは出来ないけど、気分は「泥落とし」で 泥田に入り、手で稲苗を植えていた昭和の時代、田植えを終えると、「泥落とし」といって湯平温泉へ一泊の慰労に出かけるのが当時の農家のお楽しみでした。乗用の田植え機が主役になってからは、「泥落とし」の習わしは影を潜めましたが、当地のおばあちゃんたちは、年に数回、一泊の湯平温泉の旅を楽しんでいます。先日、田植えをしたわけではないけど、お袋さんたちのグループが、泥 [続きを読む]