ひょうたんくん さん プロフィール

  •  
ひょうたんくんさん: ひょうたんくんの豊肥沿線11物語
ハンドル名ひょうたんくん さん
ブログタイトルひょうたんくんの豊肥沿線11物語
ブログURLhttp://ameblo.jp/hyoutankun/
サイト紹介文九州を横断するJR豊肥本線沿線のグルメやお出かけ情報を公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 70日(平均5.8回/週) - 参加 2017/04/17 07:13

ひょうたんくん さんのブログ記事

  • 明正井路水路橋と美味しい馬背戸米
  • 味が自慢の馬背戸(ませど)米大分県豊後大野市緒方町の馬背戸地区を走ると、こうした看板が目に留まります。馬背戸地区と言えば「馬背戸米」の産地。粘土質の肥沃な土壌に恵まれた米どころで、山間の棚田でも、無事に田植えを終えていました。 稲作のカギを握る大切な水は、隣接する竹田市の緒方川の上流、入田で取水され、この6連アーチの水路橋で緒方川をまたぎ、緒方町の馬背戸地区へと引かれています。 水路橋は「明正井路 [続きを読む]
  • LEE!復活の辛さ30倍をゲット
  • 過去に一度食べたことありますが、その後見当たらなくなったLEEの30倍。限定販売ということですが、このほど復活したというので、10箱ゲットさせていただきました。 辛いの歓迎派なので、気分はワクワク、実食が楽しみです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 祖母山と傾山のチキンカレー
  • 祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク 2017年6月14日にフランス(パリ)で開催された第29回ユネスコ人間と生物圏(Mab)計画国際調整理事会で、大分、宮崎の県境に位置する祖母・傾・大崩山の山岳地帯がユネスコエコパークに登録されました。それを祝って、早速我が家で、「祖母・傾」特製チキンカレーを作ってみました。 緒方平野から望む祖母、傾山をおにぎり風に再現してみましたが、左が傾山で右が祖母山です。 今夜は [続きを読む]
  • チャレンジャー「大王飯店」のぶた天定食は中華園譲り
  • 中華園のぶた天定食は健在大分県豊後大野市三重町のチャレンジショップ「本町物語」に2017年2月13日(月)、中華料理の店がオープンした。店の名前は「大王飯店」。「とり天定食」や「すぶた定食」「すどり定食」「ぶた天定食」など、中華定食はすべてワンコイン、500円とグッドコスパだ。 中でも「ぶた天定食」と言えば、今は店を閉じているが、中華料理一筋55年を超える味の店「中華園」でしか味わえない人気メニューだった。そ [続きを読む]
  • 和菓子の日と紫陽花と…
  • 今日、6月16日は和菓子の日。うっとおしい梅雨時期に、爽やかなヒーリングタイムを味わえて、この時期、6月16日が和菓子の日というのは実にタイムリーです。例年なら、和菓子が、ジメジメとうっとおしい気分を爽やか気分にしてくれるのですが、こう雨が降らず、暑い日続きだと、熱いお茶と饅頭も、かえっていいかも、ですね。 期待した細い雨もなく、紫陽花も雨が恋しいことでしょう。頑張って咲いてほしいですね。 p>にほんブ [続きを読む]
  • 湯平温泉と湯の花まんじゅう
  • 田植えは出来ないけど、気分は「泥落とし」で 泥田に入り、手で稲苗を植えていた昭和の時代、田植えを終えると、「泥落とし」といって湯平温泉へ一泊の慰労に出かけるのが当時の農家のお楽しみでした。乗用の田植え機が主役になってからは、「泥落とし」の習わしは影を潜めましたが、当地のおばあちゃんたちは、年に数回、一泊の湯平温泉の旅を楽しんでいます。先日、田植えをしたわけではないけど、お袋さんたちのグループが、泥 [続きを読む]
  • 棚田日本百選、産山村の「扇田」は、まさに山肌に開く扇子
  • 扇田は棚田の景も、うまい米づくりも日本百選 熊本県産山村の日本の棚田百選に選ばれている「扇田」では、今年も無事に田植えを終えていました。祖母山や阿蘇山、くじゅう連山を目前に臨む高台に、扇子を開いたかのように上から下へと連なる棚田は絶景です。 しゃもじを手にするお地蔵さんにコンニチハ扇田から、およそ300m程進むと、湧水が人気の山吹水源がありますが、その水源が、この高台の稲作を支えているようです。この高 [続きを読む]
  • 釣りファン待望のアユ漁が解禁
  • 釣具センター竹田で、囮(おとり)鮎の販売始まる大分県豊後大野市を流れる大野川水系や大分川で、本日、6月1日(木)、アユ漁が解禁となりました。日本の滝百選の原尻の滝が絶景の緒方川では、早速、長い竿でアユの友釣を楽しむ方が…。 アユは、この時期、川を遡ります。それが、天然アユです。嬉しいことに、母なる川、大野川は、天然アユが遡上する川”百名川”に選ばれています。九州では、大野川のほか宮崎県の五ヶ瀬川、熊 [続きを読む]
  • 薪釜炒り大豆の黄な粉で始まる、毎日のグッドモーニング
  • 黄な粉と小豆とヨーグルトと…。黄な粉は、大豆だから体にいいのは分かってます。その黄な粉、朝に食べるのが効果抜群だそうですね。だから、というわけではありませんが、毎朝、黄な粉をプレーンヨーグルトにトッピングして食べています。黄な粉で朝が始まるのです。 黄な粉は食べ方色々ですが、長続きさせるためには、手っ取り早い、手間がかからない、がポイントだと思い、黄な粉は、甘さ加えずのそのままを使用。プレーンの [続きを読む]
  • 勇壮な御嶽神楽でPOSCAなコーヒーブレイク
  • 真澄アキヒロ…POSCAな御嶽神楽に癒されて2017年5月24日(水)、豊後大野市にある「道の駅きよかわ」のギャラリー&カフェ「まきぐち驛」にPosca artの真澄アキヒロさんの作品”御嶽神楽”が、展示されました。 今回展示される御嶽神楽は、真澄アキヒロさんが、POSCAでほぼ一か月間かけて描いたもので、去る5月20日(土)に、JR豊後清川駅で開催されたぶんぶんマーケットで開催された「御嶽神楽-LIVE PAINT」で最後の仕 [続きを読む]
  • POSCAアートで御嶽神楽…真澄アキヒロ”LIVE PAINT”
  • POSCAの彩で勇壮な御嶽神楽真澄アキヒロ"御嶽神楽LIVE PAINT"2017年5月20日(土)、JR豊後清川駅で「ぶんぶんマーケット」が開催されました。パステル調の優しい色合いのPOSCAで描かれる御嶽神楽が見れるということで、出かけました。名付けて「真澄アキヒロ」御嶽神楽LIVE PAINT。真澄さんがほぼ1か月間かけて描いた畳一枚の大きさの御嶽神楽の画が、完成するまでのクライマックスをナマで見られたのです。あのPOSCAが、真澄さん [続きを読む]
  • ダイナミックPOSCA!「真澄アキヒロ=LIVE PAINT=」
  • 真澄アキヒロ"御嶽神楽LIVE PAINT"2017年5月20日(土)、JR豊後清川駅で「ぶんぶんマーケット」が開催されました。パステル調の優しい色合いのPOSCAで描かれる御嶽神楽が見れるということで、出かけました。名付けて「真澄アキヒロ」御嶽神楽LIVE PAINT。真澄さんがほぼ1か月間かけて描いた畳一枚の大きさの御嶽神楽の画が、完成するまでのクライマックスをナマで見られたのです。あのPOSCAが、真澄さんの腕で、指先で、どう躍動す [続きを読む]
  • 和牛専門店だけど神楽亭の「馬刺しユッケ丼」は、これからが出番
  • 夏こそ食べたい!神楽亭の馬刺しユッケ丼 清川町の焼肉レストラン「神楽亭」は、豊後和牛専門店ですが、実は、馬さしユッケ丼も大人気なのです。 使用する馬さしは、オーナーシェフの羽田野英一さんがゾッコンの、熊本から直送されるヘルシーな赤身。しかも、丼には、コラーゲンたっぷりの「白い馬さし」と言われている希少部位の「タテガミ」がトッピングされています。コリコリ食感がアクセントになって、嬉しい [続きを読む]
  • JR豊後清川駅で”こだわり”と”和み”の「ぶんぶんマーケット」
  • ローカル駅のスローマーケットで心和ませてJR豊後清川駅は無人駅で、上り線の発着は20本、下り線は19本。1時間に1本のペースで響く列車音と、列車の発着を知らせる場内アナウンスは、実にのどかで、ローカル線ならではの風情に心が和みます。JR豊後清川駅で5月20日(土)、「ぶんぶんマーケット」が開催されます。手作り焼き立てパンや、雑貨、小物にベジタブル弁当、茶菓、洋菓子などが駅舎や駅前広場に並びます。ローカル駅なら [続きを読む]
  • 佐伯市直川自慢!6.5mの巨大カブトムシ
  • 今日は、縁あって大分県佐伯市直川小中学校へ。国道10号線から学校への進入路の目印は、このモニュメントです。全長6.5mだそうです。緑鮮やかな山間の直川にお似合いです。 場所は、佐伯市直川赤木の交差点。「かぶとむしの湯」や「かぶとむしふれあい館」への目印でもあります。それにしても、この大きさって、日本一かもですね。 これから直川や佐伯市へ出かけるのが楽しみです。 にほんブロ [続きを読む]
  • 肉も野菜も大歓迎!神楽亭の「焼肉タレ」は主役級
  • 神楽亭の焼肉のタレは脇役を超えた!?大分県豊後大野市清川町の焼肉レストラン「神樂亭」は豊後牛の焼肉やステーキはもちろんですが、焼肉のタレも自慢です。この「焼肉タレ」は、オーナーシェフの羽田野英一さんこだわりのタレで、フルーツや野菜、香辛料ど、10数種類がブレンドされています。ミキサーでしっかりかくはんしたら、さらに冷蔵庫で2週間ほど寝かせます。 熟成タレならではのコク深いまろやかさが [続きを読む]