さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: 素敵に楽しく さくら色の日々
ハンドル名さくら さん
ブログタイトル素敵に楽しく さくら色の日々
ブログURLhttp://kazeotohikari.blog.fc2.com/
サイト紹介文心シンプル。素敵に楽しくささやかな生活。そして、幸せ感じる日々を過ごしたい、そんな主婦の日記です。
自由文子供たちが社会人になり家から離れ、今は夫婦二人で暮らしています。
心も生活もシンプルに楽しく・・。
そんな日々を綴ります。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 39日(平均9.9回/週) - 参加 2017/04/17 12:51

さくら さんのブログ記事

  • その花たちに力強さを感じるのは・・・
  • 野菜の花を見ていると、力強さを感じます。花を咲かせた後に種を残すだけでなく実をつけて、それがすくすくと大きくなり私たちの命をつないでくれる・・。小さいけれど、これはとても大きな力。だからなのか・・パッと開いた花びらに力強さを感じるのかもしれません・・。元気が出てくる黄色い花はズッキーニ。右下の方に、黄緑色の小さなズッキーニが顔を出しています。同じ黄色で花は似ているけど、こちらはカボチャ。左上には、 [続きを読む]
  • メールフォームからのメールのお返事を書いております。m(__)m
  • 左サイドバーのメールフォームの上部にも記載しておりますがメールフォーム経由でいただきましたお問い合わせはこちらのコメント欄を開いている記事">こちらのコメント欄を開いている記事と同様に記事上で返信させていただきますことをご了承ください。m(__)mヤムスクロール株式会社さまへ献立の記録やお買い物のアプリのご紹介をしていただきましたが私が所有している機種は、事情により新しいアプリを入れることが不可能な状態に [続きを読む]
  • 一生分の母親の気持ちと一生分のカーネーション
  • 私の知り合いやご近所さんは子供が社会人になってからも同居している方が多くて夫婦だけで暮らすようになった私からするといつまでも賑やかでいいなぁ・・とたまに羨ましい気持ちになることも・・ある。上の子、大地の時は、男の子だったしここから巣立つ時はそうでもなかったけどそらの時は、心の準備がとっくの昔にできている私よりも周りの方が「淋しいよね、心配よね。」ってその言葉の方が、なんかずっと重かった。でもね・・ [続きを読む]
  • 季節外れの花びら 植物を見ているといろんなことを想います。
  • 去年の秋に庭に咲いたコスモスのこぼれ種が春になって芽を出しか細い茎が少しずつ伸びてきて小さな蕾をつけていたけど春には咲かないだろうな・・そう思っていたらまるで野に咲くスミレぐらいの大きさのコスモスの花が咲いていました。でも、よく見ると花びらがちぎれてしまったわけでもないのに最初から、1枚だけ足りなかったんです。季節が違うからなのかな・・でも、この小さな花を見ていると花びらの先のギザギザも、色も立派 [続きを読む]
  • 今、御茶ノ水なのかぁ・・
  • もう起きているよね・・そう思って夫にLINEしてみた。いつものように、返信は2、3時間後もしかしたら夕方かもね・・なんて思っていたら「チェックアウトして、今から御茶ノ水に行ってきます。」5分も経たずに返事がきて、ビックリ。今までは、こんなこと・・なかったのに。でも、それは夫だけじゃなくて、私もそうなのかも。気がつかないうちに、どこかでふっと気になってる?御茶ノ水・・・小さな楽器店がたくさんあるところ。学 [続きを読む]
  • 子供とピアノ・・私とピアノ
  • 子供が音楽の道に進むかもしれない・・というのがあって我が家はこの24年の間に楽器を迎え入れたりお譲りしたリ、いろいろあったけど最終的には、子供がいなくなり別の道に進み我が家のリビングにはグランドピアノだけが残った。私も精神的に落ち着いてきて更年期障害と神経からの痛みも軽くなり少し、弾けるようになってきたけれど子供の頃にサボってばかりで下手なまま・・そして時が経ち自分の子供の連弾の練習相手になればと働 [続きを読む]
  • 春菊の花と淋しがりやの私
  • 家庭菜園で大きくなりすぎて、あの春菊・・">倒れかけていた、あの春菊・・今日は、お部屋に飾りました。食べる葉っぱは、同じ春菊なのだけど苗によって、花の色や模様が違います。葉っぱ・・本当に食べられるんです。春菊だから・・。(^^;ワイルドな春菊には洒落た花瓶よりも化粧品が入っていた細長いビンがお似合いです・・。今日は・・ [続きを読む]
  • その一言だけでも私にとっては会話と同じ
  • 私は昔から花が好きだったけど夫はあまり関心が無くて仕事から帰ってきて庭の手入れをして花を植え替えても気がつかないことが多かったかな・・。でも、上の子が家を出たその年・・夫は来年は咲くだろうという紫陽花の苗をたくさんもらってきて暑い日も仕事に行く前に毎日、自分で水やりをして次の年は、とても綺麗な花が咲いた。あなたが毎日水をあげたからこんなにきれいに咲いたんだね・・って言ったら「・・・。」やっぱり、何 [続きを読む]
  • 子供の机の引き出しの中を見て、泣き笑いしてしまった私
  • 下の子、そらの部屋の片付けはほとんど終わりに近づいているのだけどえっ?と思うような場所からあれっ?と思うような懐かしいものや思わず微笑んでしまうようなものがいろいろ出てきてその度に、ふっとそらのことを想ってしまう・・机の引き出しの奥からこんなものが出てきて・・これ、なんて書いてあるのかと思ったらまさに、そら、そのもので泣き笑いしてしまった・・私。ひっくり返して裏を見ると・・ [続きを読む]
  • 5月の朝の目覚めは「かすみ草」で・・・
  • 5月の朝の目覚めは、かすみ草で・・・ベッドの上から、「おはよう」と声をかけます。(^^)過去記事でも少しだけお知らせしたのですが我が家のかすみ草は花びらがパッと開いた「西洋かすみ草」でその中でも、向かって左側と右側では種類が違っていて花びらの数が違うのです。そして、こちらは先日、知人から頂いたお花の中に入っていたかすみ草なのですが、やはり種類が違うみたい・・花びらがモコモコっとしている感じ?くまもとか [続きを読む]
  • 夫婦の気持ちの温度差
  • この数日間は数年前の「空の巣症候群」の頃を振り返りながら書いているので内容が湿っぽくなっているみたいですが今は、5月の空のような(まだそこまでいっていない?(^^;)夫婦で頑張って(いや、頑張ってるわけでもないけど・・)日々を過ごしているので子供が巣立って、こんなことがあったんですよ・・という1つのお話しと言う感じで読んでいただけたらと思っています。下の写真は、そらが種を蒔いて大きくなったカーネー [続きを読む]
  • 夫婦二人で生きていこう・・最初はそこから始まったのに
  • 夫と私は、結婚前の付き合いが長く更年期障害でも少し書いていましたが遺伝的なものがあってホルモンの薬を飲むのは控えた方がいいというのもあったりそのずっと前、独身の頃になりますが場合によっては子供は望めないことも言われていたので夫はそれも承知の上で私と一緒になってくれたんですね。子供がいなくても夫婦二人で生きていこう。お互いにそう思ってのスタートでした。その後、子供を二人も授かったけどお互いを思う気持 [続きを読む]
  • 私は大丈夫、そう思っていたのに。聞こえなくなった言葉と音。
  • 昨日の続きですが">昨日の続きですが 私は子供との時間は大事にしてきたけれど 「この子たちとはいつかは離れるもの」 そう思いながら、心のどこかではけじめをつけて過ごしてきたので 自分は、子供が巣立っても大丈夫・・そう思っていたのですが 実際にその時がやってきて感じたのは 子供の存在、姿が見えなくなって寂しいというのではなく いつも自然に聞こえていた言葉や 我が家の日常的に聴こえていた音が無くなってしまっ [続きを読む]
  • 寂しい・・それとは ちょっと違う気持ちでした。
  • 白いバラも咲きました。 順番通りであれば 親の方が先に逝ってしまうのだから 何があっても どんなことがあっても 子供たちがそれぞれに1人で生きていけるように・・ 早く自立できるように・・ それが我が子が生まれた瞬間からの 私の一番の願いでした。 そんな気持ちもあって 子供への気持ちはわりとドライ(スーパードライかも・・(^^;)で 接してきた私だったのですが 気持ちはそうであっても 仕事以外の時間は、お稽古 [続きを読む]
  • 「空の巣症候群」だった頃の私。そして夫のバラ。
  • 1年前に夫が知人から頂いた花束の中から3本抜いて挿し木した、あのバラが咲きました。挿し木したバラがここまで大きくなって綺麗に咲いてくれたのは初めてだったのでとても嬉しかったです。実は・・今だから書けるのですが上の子が1人暮らしを始めてすぐに私は更年期の症状のせいもあり精神的にかなり不安定になって子供が家からいなくなってしまったら私たちは夫婦としてうまくやっていけるのだろうかそんなことを考える日が続い [続きを読む]
  • もういらないんだろうな。これも処分?でも・・
  • 下の子が使っていたコースター。 置いていっちゃったから、もういらないんだろうな・・。 これも処分した方がいい? でも・・・ こうやって見ると、なんか、こう・・ もったいないっていうよりも まだ綺麗だし、処分できそうにない、そんな気分・・。 でも、誰も使わないしなぁ・・(って、夫の他に誰もいないし・・) あっ、そうだ・・ (昨日の記事中の写真のミニひまわり">昨日の記事中の写真のミニひまわりはここに・ [続きを読む]
  • 大切なつぼみたち・・
  • つい先日、バラの葉っぱが虫に食べられていた">バラの葉っぱが虫に食べられていたのを見つけてあれからすぐにホームセンターで虫と病気の薬を買ってきてシュッシュとスプレーしたおかげであの挿し木したバラと他のバラたちも今のところ元気でもう少ししたら花が咲きそうです。ここで咲いてくれると後ろの白い小花たちが淡いピンク色のバラをそっと引き立ててくれるのでまるで地植えのままの花束のように見えるので今年もきれいに咲 [続きを読む]
  • たった一つのこの言葉が私の心を潤わしてくれていたんですね
  • 昨夜の夕食は手羽先の他にちょっと贅沢をして殻付きのホタテも炭で焼いた。GWの真ん中に帰ってきた上の子が日に焼けて熱った顔をほころばせながら長袖のシャツを腕まくりしてさあ、今から食べるぞ・・そう言わんばかりにホタテをぱくりと口に入れた瞬間に「美味しい!!」その言葉を聞くと心の底から嬉しい気持ちになってしまう。子供たちがいなくなって最初に気づいたのは食卓って、こんなに静かだったんだ・・ってこと。私たち、 [続きを読む]
  • 夫の気持ち。父親の気持ちの向こうに・・
  • 昨日、普段着の衣替えのついでに 50歳過ぎた私には、もう無理かなぁと思った 黒のフォーマルを処分しようと袋に入れていたら 夫が「それ、礼服だろう?とっておけよ。そらが帰ってくるかもしれないだろう。着るよ。」と言った。 でも、私はそうは思えなくて 「帰ってこないってば。それに、もしそうだったとしても 今の若い人はお洒落だから、こんなの着ないよ。」そう言ったら 「捨てなくていい!とっておけ。」ってきつい口調で [続きを読む]