きーる さん プロフィール

  •  
きーるさん: 強迫性障害を自分で治した男のブログ
ハンドル名きーる さん
ブログタイトル強迫性障害を自分で治した男のブログ
ブログURLhttp://kyouhakusei-ocd.com/
サイト紹介文6年間苦しんだ強迫性障害をどうやって自力で治したのか?きっかけや治療法などを紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 145日(平均1.4回/週) - 参加 2017/04/18 13:59

きーる さんのブログ記事

  • 強迫性障害あるある 甘え、引きこもり、音、お風呂
  • 強迫性障害あるある主に自分が経験したことをもとに強迫性障害あるあるを紹介したいと思います。甘えてる、怠けてると思わてしまう強迫性障害の人は、他の普通の人から見ると甘えている、怠けていると思われてしまいがちです。全て気持ちの問題で片付けられてしまいます。例えば、私は食事がうまく飲み込めないと医者に伝えても、「大きなものじゃなければ詰まることはない、気持ちの問題だ」と言われ、他の医者に「動悸や息切れ [続きを読む]
  • 強迫性障害を受け入れることは大事!誰かにうつるのか?
  • 最初はなかなか受け入れることができない自分が強迫性障害という病気になったとわかったとき、最初はなかなか受け入れることができないものです。私の場合は強迫性障害が精神的な病気というのが、信じられないというか、自分が精神的、心の病気にかかると思ってもいかなったので、その事実を受け入れたくありませんでした。しかし、強迫性障害の自分を受け入れることは、治療の第一歩でもありとても大事です。受け入れること [続きを読む]
  • 強迫性障害で一番苦しかったこと、つらかったこと
  • 苦しかったこと、つらかったこと強迫性障害だったころに、一番苦しかったことつらかったことは何だったかな?と考えてみたところ、自分の場合はまともな生活が送れないことだったと思います。自分の場合は、うまくものが飲み込めないせいで食事に何時間もかかってしまう、また、飲み込めているのに不安になって母親に何度も確認してしまうといった感じでしたが、起きてる時間はほとんど食事の時間なので、他に何もできないんです [続きを読む]
  • 強迫性障害の原因がわかっても簡単には治らない
  • 強迫性障害になってしまった原因を知るなぜ、自分が強迫性障害になってしまったのか?その原因がわかったとしても、強迫性障害が簡単に治るわけではありません。原因がわかっても強迫観念や強迫行為がおさまることはないからです。しかし、原因がわかれば、どこにアプローチして治療していけばよいかがわかりますので、自分が強迫性障害になってしまった原因を知ることはとても大事です。例えば、脳の機能異常により症状が出て [続きを読む]
  • 強迫性障害を治すコツは、完璧主義をやめること
  • 人間は完璧ではない強迫性障害になりやすい人の性格の一つに、完璧主義があります。この完璧主義は、ビジネスにおいてはプラスになることが多いですが、人生という大きな視点で見ると、マイナスになることが多いと思います。完璧主義は心が疲れるし、ミスをした時に自分を責めます。でも、人間って完璧じゃないですよね。ミスだってします。そんな当たり前のことでいちいち自分を責めたり、反省や後悔をしていては、次第に自分 [続きを読む]
  • 不潔恐怖と確認恐怖の人は多い
  • 不潔恐怖と確認恐怖の人は多いTwitterなどで強迫性障害の人と交流してて感じたのが、強迫性障害の中でも不潔恐怖と確認恐怖に悩んでいる人はとても多いように感じました。さらにどちらかと言えば、不潔恐怖が一番多い感じです。自分は不潔恐怖ではなかったので、その苦しみは実際にはわかりません。なんとなく想像はできるのですが、おそらく実際に苦しんでいる人はそれ以上の苦労やつらさだと思います。本当になった人にしか [続きを読む]
  • 強迫性障害の治療に大事な6つのポイント!
  • 治療に大事な6つのポイント強迫性障害については様々な治療法が存在しますが、これから紹介する治療に大事な6つのポイントは、基本的な心構えに関することがほとんどなので、どの治療法にもプラスになると思います。ぜひ、参考にして下さい。1、焦らない強迫性障害はもちろん、その他の心の病気もそうですが、治療を開始してすぐに簡単に治る人はあまりいません。完治や改善するまでには、それなりの時間がかかることがほとんど [続きを読む]
  • 強迫性障害と不眠症の関係 眠れないを改善する5つの方法!
  • 不眠症と強迫性障害は大変不眠症と強迫性障害どちら持っている人はすごく大変だと思います。私もそうでした。しかし不眠症は、工夫次第で大幅に改善することができます。まずは、強迫性障害と不眠症の関係についての説明を、その後に眠れないを改善する5つの方法を紹介したいと思います。強迫性障害と不眠症の関係強迫性障害を患っている人で、不眠症にも悩んでいる人の数は非常に多いです。私もそうでした。私は、最初に不 [続きを読む]
  • 強迫性障害の重症度チェック 重症化しても治せるのか?
  • 重症度チェック Y-BOCS強迫性障害の重症度をチェックするのに、Y-BOCSというものがあります。Y-BOCS(Yale-Brown Obsessive Compulsive Scale)とは、医療機関等で質問形式で行う強迫性障害の重症度を評価する検査です。本来は一人で行うものではありませんので、あくまで目安として下記のY-BOCSで重症度をチェックしてみて下さい。強迫観念と強迫行為についてそれぞれ5つ計10個の質問です。1, 強迫観念が襲ってくるのは1日 [続きを読む]
  • 併発した対人恐怖症を改善する4つのコツ
  • 強迫性障害と対人恐怖症は併発しやすい強迫性障害と対人恐怖症は併発しやすいことを知っていますか?まず、強迫性障害と対人恐怖症の併発や関係性について説明したあとに、併発した対人恐怖症を改善する4つのコツを紹介していきます。対人恐怖症とは対人恐怖症とは、人前に出たり人前で何かをする事に対し、極度の緊張や不安を感じてしまう不安障害の一種です。「人の視線が気になる」や「人前で失敗したらどうしよう」などと [続きを読む]
  • 強迫性障害 家族の正しい対応・接し方
  • 正しい家族の対応や接し方は共通している強迫性障害の症状は人それぞれですが、正しい家族の対応や接し方はある程度共通していますので、それを解説していきたいと思います。怒ったり、否定してはいけない家族が怒ったり、否定したくなる気持ちはわからなくもないのですが、それで症状が治ることはまずあり得ません。強迫性障害の人にとって、それらは何のプラスの効果もないのです。強迫観念に襲われ、強迫行為を繰り返している [続きを読む]
  • 強迫性障害 家族への巻き込みでストレスが限界に
  • 家族への巻き込みは大きな負担強迫性障害を患っている人とその家族との関係で一番注意しなければいけない事は、強迫性障害の症状に家族を巻き込んでしまうことです。知らない間に家族に大きな負担をかけていることが多々ありますので、家族全員で気を付ける必要があります。家族への巻き込み不潔恐怖の場合帰宅時にシャワーや手洗いを求める聖域(自分にとって汚れていない場所)への立ち入りを禁止する少しでも汚れたら掃除させる [続きを読む]
  • 強迫性障害のチェック・診断テスト
  • 強迫性障害かどうかチェックしようあなたが強迫性障害かどうかをチェックする簡単な診断テストです。全部で10個あります。「はい」か「いいえ」にチェックを入れて、「はい」がいくつあったか数えて下さい。1, 人と会話をすると、自分の言葉が相手を傷つけたのではないかと心配になる はい いいえ2, 刃物やはさみを見ると、自分や誰かを傷つけそうで怖くなる はい いいえ3, 自分の体についた汚れを洗い流しても、汚れが取れてい [続きを読む]
  • 強迫性障害の原因-親・遺伝
  • 親の育て方、しつけ方が原因?強迫性障害の原因に、親の育て方やしつけ方は関係あるのでしょうか?それに対する専門家の方の答えは正直バラバラです。親の育て方、しつけ方が関係あると答える方もいれば、関係ないと答える方もいます。ただ、実際に強迫性障害を患った人に聞いてみると、小さい頃の親のしつけ方のせいで発症してしまったと考えている人が、かなり多くいるのです。私も親が強迫性障害の原因になり得ると考えています [続きを読む]
  • 強迫性障害になりやすい性格
  • 強迫性障害になりやすい性格は、いろいろなサイトや書籍で説明されていますが、私がいろいろ見た中では、【RMM】本田式強迫性障害改善プログラムで説明されている5つの性格が、とても納得できるものだったので、自分なりの考察も交えて説明していきたいと思います。ちなみに私は、これから説明する強迫性障害になりやすい性格5つ全てに当てはまっています。感受性が高い感受性が高い、一言でいえば敏感だということです。良い面 [続きを読む]
  • 強迫性障害とは? 強迫観念と強迫行為
  • 強迫性障害とは?ある特定の不合理な考え、恐怖、不安が、自らの意思に反して頭の中に繰り返し思い浮かび、それをしずめるために無意味な行動を繰り返し行ってしまう精神、心の病です。以前は、強迫神経症と呼ばれていました。また英語では、Obsessive Compulsive Disorderと呼ばれているので、略してOCDとも呼ばれています。(Obsessive=強迫観念 Compulsive=強迫行為 Disorder=障害)強迫性障害のよくある症状に下記のようなもの [続きを読む]
  • 強迫性障害とは? 強迫観念と強迫行為
  • 強迫性障害とは?ある特定の不合理な考え、恐怖、不安が、自らの意思に反して頭の中に繰り返し思い浮かび、それをしずめるために無意味な行動を繰り返し行ってしまう精神、心の病です。以前は、強迫神経症と呼ばれていました。また英語では、Obsessive Compulsive Disorderと呼ばれているので、略してOCDとも呼ばれています。(Obsessive=強迫観念 Compulsive=強迫行為 Disorder=障害)強迫性障害のよくある症状に下記のようなもの [続きを読む]
  • 強迫性障害の原因-脳とセロトニン
  • 脳・眼窩前頭皮質以前は、強迫性障害の原因といえば、心因性のものと考えるのが主流でしたが、最近では様々な研究結果により、脳やセロトニンの機能障害も原因の一つとして考えられるようになってきました。具体的には、強迫性障害の症状が出ている時に眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ)という部位の過活動が報告されています。まず、人間の脳は大きく分けると、中心から外側に向かって下記のような三重構造になっています。「脳 [続きを読む]
  • プラクティス(実践編)6週目
  • いよいよ最後の6週目です。今週もいつもと同じくエクササイズの前に一通り説明があります。今回も勉強になる内容でした。「成功」とは何か? お金を稼いで富を築くとか、そういうことしか考えたことがなかったので、新しい価値観、考え方に出会えました。今までは、お金持っている=成功=えらい、という価値観で人を判断していたかもしれません。お金も大事ですが、人生それだけではないですもんね。自分の考え方が変わって、よ [続きを読む]
  • 強迫性障害の原因-ストレス・トラウマ
  • ストレスは万病のもとストレスは万病のもとといいますが、強迫性障害も例外ではありません。強いストレスを長期間受けて、強迫性障害を発症してしまう事もありますし、現在、強迫性障害の人がストレスにより症状を悪化させてしまう事もあります。強迫性障害を患うと、普通の生活を送ることだけで苦痛の連続です。症状が現れると、それはピークに達し心身ともにすごく疲れます。強迫性障害の症状をどんどん悪化させてしまう人が多い [続きを読む]
  • 併発しやすい病気 似ている病気
  • 強迫性障害と併発しやすい病気、または似ている、関連性の高い病気の一覧です。うつ病強迫性障害の人の中で、うつ病も併発している人はおよそ3割いるといわれています。また、一生のうちで両方を経験する人はおよそ半数といわれています。それほど、強迫性障害とうつ病は関連性の高い病気なのです。もともとは強迫性障害のみだったが、止まらない強迫観念と強迫行為によって心も体も疲れてしまい、いつの間にかうつ病を併発してし [続きを読む]
  • 強迫性障害の原因
  • 強迫性障害の原因を一つに絞るのは難しく、原因やきっかけは人それぞれ違います。発症の要因・ストレス ・遺伝 ・トラウマ ・性格 ・いじめ ・対人関係 ・環境 ・人生の転機 ・親 ・脳の機能異常 ・神経伝達物質の伝達障害また、強迫性障害の人のおよそ半数の人が、はっきりとした発症のきっかけがあるといわれていますが、逆に言えば残りの半数の人には、はっきりとしたきっかけがない、わからないということになります [続きを読む]
  • プラクティス(実践編)5週目
  • 5週目のエクササイズマニュアルを読んでいて、すごく心に残ったフレーズがありましたので、備忘録も兼ねて記しておこうと思います。失敗とは道です。成功に続く道…。道そのものが失敗なんです。だから、失敗という道を辿らないと成功はできないです。幼いころから完璧主義者だった私は、失敗をとにかく恐れていました。そのせいで失敗しないように努力するといういい面もあるのですが、大きな失敗をしてしまった時はこの世の終わ [続きを読む]
  • 強迫性障害の種類
  • 強迫性障害には様々なの種類があり、その一つだけを発症している人もいれば、複数を発症している人もいます。不潔恐怖汚れへの強い恐怖が強迫観念となり、帰宅したらシャワーや手洗いに長い時間をかけるという強迫行為につながります。潔癖症との違いは、本人が苦痛を感じているか否かです。強迫性障害の不潔恐怖の場合は、少し汚れただけで精神的な負荷がかかり、汚れを過剰に長時間洗浄することで本人が疲弊してしまい、心身とも [続きを読む]