日本と台湾。近さと深さを実感! さん プロフィール

  •  
日本と台湾。近さと深さを実感!さん: 日本と台湾。近さと深さを実感!
ハンドル名日本と台湾。近さと深さを実感! さん
ブログタイトル日本と台湾。近さと深さを実感!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mk_1010
サイト紹介文近いのにニュースが少ない台湾。親日と云われるけど案外知らない台湾。日常的に絆で結ばれている台湾を伝え
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 116日(平均4.3回/週) - 参加 2017/04/18 03:34

日本と台湾。近さと深さを実感! さんのブログ記事

  • 日台交流、ますます増進!
  • 台湾3団体が外務大臣表彰を受ける!・台湾歌壇、・日本奨学金留学生聯誼会、・台湾協会、の3団体は、長年日台交流を、その活動を通じて温めてきた歴史ある団体である。このたび(6月29日)、その貢献に対して謝意と敬意を込めての表彰に至った。http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201706300004.aspx [続きを読む]
  • 日本の技術、台湾を颯爽と走る!!
  • 日本製車両、台中メトロに搬入!台中のメトロに日本の車両が搬入された。台北では網の目のようにメトロ(愛称:MRT)が整備されており、市民はもちろんのこと、観光客の便利な足となっており、桃園国際空港まで延伸されたというニュースを目にした方もいるでしょう。このたび、日本製車両が台中メトロに採用され、第一号車が搬入された。市民にはもちろんのこと、観光客にとっても便利な足として、その期待は高い。http://japan.cn [続きを読む]
  • ありがとう台湾、台湾的朋友! 日本が一番!
  • 台湾人の海外旅行先の人気一位が日本!このような記事・ニュースは毎年のように目にする。日台関係の深化を望むブログ管理者としても、ありがたいこと・喜ばしい事である。人の気持ちは移り変わりが早くて激しい。特に近隣諸国とは歴史的な背景も影響し、政治⇒民意と影響する。しかしながら、台湾と日本の結びつきの強さと深さは長く安定している。あらためて、日本と台湾の近さと深さを実感させられた。謝謝台湾的朋友!!!http [続きを読む]
  • 台湾が主権国家であることを、世界が認めている事実
  • パナマと国交断絶が意味すること台湾がパナマと国交を断絶し、国交樹立国は20か国になった。台湾が主権国家であることを、常に主張しているブログ管理者としては、寂しいニュースを目にしまったというのが正直な気持ちである。しかしながら、こと台湾に関して、このようなニュースを目にすると、先にも述べたが、正式な国交とは何かを考えさせられる。国際社会をまとめるために設立させた「国際連合」の組織の散財意義にも疑問と [続きを読む]
  • 正式な国交って何なの?
  • パナマが台湾と断交!?!?日本も台湾とは国交がない。でも、日本人は台湾に自由に行けるし、台湾人も日本に自由に来られるし、台湾のものをネットで買うこともできる。ましてや、台湾に郵便物を送るのに、国名欄に『中国』と書いたら、台湾には届かない。日本では、「こんどの連休には、どこの国に行きますか?」というアンケート調査には、台湾と中国は明確に区別されている。日本人は台湾と中国を明確に別々の国として意識して [続きを読む]
  • 酒と煙草、これも時代の変化!
  • 酒と煙草の習慣、これも時代の変化!昔、昔の話、仕事の打ち合わせを終えての食事のとき、酒で盛り上がることはもちろんのことであるが、管理者が、まず驚いたことに、タバコが減らなかったことである。吸えなかったのではないのではない。吸わなかったわけではない。でも、自分のたばこは減らなかった。レストランに入り、まず席に着いた瞬間に、さあ〜、どうぞ!と、差し出されたのがタバコである。当時、煙草を吸いたくなれば、 [続きを読む]
  • 中国よ、台湾から学べ!
  • 中国よ、台湾から学べ!中国よ、台湾を見習え!http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%80%81%
    E5%8F%B0%E6%B9%BE%E7%B7%8F%E7%B5%B1%E3%81%AE%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%8C%96%E6%94%AF%E6%8F%B4%E7%94%B3%E3%81%97%E5%87%BA%E3%81%AB%E4%B
    8%8D%E5%BF%AB%E6%84%9F/ar-BBC05OZ?li=AA4RHB&ocid=spartanntp [続きを読む]
  • 南投で空中散歩を楽しもう!
  • 『清境高空景観歩道』、海抜1700〜2000メートルを散歩を!自然を主とする観光資源が豊富な南投県、台湾では、唯一海岸線を有していない。そこに現れた。『清境高空景観歩道』海抜約1700〜2000メートルの高地で、全長1.2キロの空中散歩を楽しもう。また一つ、台湾観光の名所が誕生!http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201705290005.aspx [続きを読む]
  • 目を覚ませ、中国! そのうち孤立するぞ!
  • まだ寝ぼけているか、中国!5月22日にジュネーブで開幕した世界保健機関(WHO)の年次総会(WHA)で、中国大陸が各国の代表団に「中国政府は中国台湾省が今年のWHAに参加すべきでないと決定した」と書かれた怪文書を送付していたらしい。いつまでも寝ぼけたことを言っていると、国際社会からはじき出されるぞ!http://japan.cna.com.tw/news/apol/201705230001.aspx [続きを読む]
  • オール四国で、ガンバッテ! 日台観光サミットin四国開催
  • 2008年から毎年、開催地を日本と台湾で交互に移し開催!2年ごとに台湾と日本で開催されている『日台観光サミット』が、今年は四国で開催される。管理者が感じるに、初めて開催された2008年を機に、日本と台湾の自治体間での交流や、友好交流覚書締結などの動きが活発となった。管理者の地元の三重県も新北市と同様の縁で親しくなり、その後の相互交流が活発となった。日本と台湾は、近くて親しい国!http://japan.cna.com.tw/news [続きを読む]
  • 台湾の鉄道、130年を迎える
  • 清の時代の1887年から130年当時、基隆港から台北を経て新竹に至る路線の建設が進められたのが始まり。 その後台湾を一周できるまで整備された。また近年では新幹線が、そして大都市ではMRT(地下鉄に相当)が充実し、国民の足として、観光客の移動手段として台湾の発展とともに充実し、今日に至っている。http://japan.cna.com.tw/news/atra/201705300004.aspx [続きを読む]
  • トイレットペーパーは、便器へ 台湾
  • すべての公衆トイレに水溶性のトイレットペーパーが設置された!これまで、パイブの規格が細い、設計が古い、ペーパーが不溶性などの事情から、便器内には捨てずに汚物入れに捨てることが慣習となっていた。慣習が理解できない外国人の中にはペーパーを便器の中に捨ててしまい、流した洗浄水が逆流して大変な目にあったという経験者もいることだろう。また、事情は理解できるものの、汚物が付いたベーパーを用意された容器の中に捨 [続きを読む]
  • 台湾のインターネット網、アジアでダントツ!
  • 旅行先、インターネット網の環境が気になる! 台湾ってすばらしい!今や、旅行先の評価にはインタ^ネット網の評価は欠かせない項目。管理者がとある日、東京で台湾の友人を案内していて、言われたこと。ネットがつながらない。wifiできないの?sim 買えないの?ん、何のこと?と思った。当時、意味を理解できなかった。20年前のこと。かように当時の台湾は進んでいた。そして、現在、台湾はネット大国に!日本も早く整備して〜〜 [続きを読む]