まー君 さん プロフィール

  •  
まー君さん: 精神保健福祉士取得までの道
ハンドル名まー君 さん
ブログタイトル精神保健福祉士取得までの道
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/psy-social
サイト紹介文社会福祉士まー君が、精神保健福祉士に挑戦するブログ。社会福祉士会の情報もてんこ盛り。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 92日(平均3.0回/週) - 参加 2017/04/18 18:48

まー君 さんのブログ記事

  • 事実は小説より奇なり
  • たびたび報告してきた成年後見の困難事例ですが、、、大どんでん返し来ました!笑アパートを借りるのに連帯保証人がどうしても見つからず、もう何日もとっても憂鬱な日々だったのですが、、、もうアパート借りなくてもいいよ、うちが面倒見るよというところが出てきたつーか。詳しく書くと関係者のプライバシー及び名誉を侵害するので書きませんが。あー、よかったーー!!。これでスクーリング行ける!!そう、正直スクーリングに [続きを読む]
  • 正直、社協ってどうなん?
  • 社協。社会福祉協議会。市からの助成や赤い羽根募金を財源として、地域福祉活動の中心となる社会福祉法人。日本全国どこにもあります。自分のブログでだからここまで言っていいだろう。本当に物足りない。企画力、運営力、規模、人材力、全てにおいて物足りない。詳しくは次に腹が立ったときに書きますが。福祉の仕事って、ぶっちゃけ社会的地位はそんなに高くないじゃないですか?なぜかって、社協での仕事ぶりを見れば分かります [続きを読む]
  • 原因は大量飲酒とストレスでしょう
  • メンタルの調子が悪いです。他人からちょっと言われた悪口なんかを、エンドレスで脳内再生して、自分で苦しんでいます。もう自殺したい、と思ったり。最近寝つきも悪いです。睡眠薬を増やしてもなんか寝れません。先週末飲みすぎました。メンタルを悪くするときは、メンタルもそうですが体も無理した時なんですよね。午後からは働きます。淡々と事務作業をこなすときは、多分アドレナリンが出て、ただ休んでいるときより調子が良く [続きを読む]
  • 私は例外事例です
  • 個人としての生き方は多様であり、それは認めてほしいけれど、社福として自分が典型例だとはとても言い切れません。特に価値観、クライアントへの接し方、等で、また今度書きます。私とタイプが違うからといって、社福は自分に合わない職業だとか考えないでください(泣ソーシャルワーカー盛り上がっていこうよ [続きを読む]
  • 勉強は時間か、量か
  • 誰かにアドバイスするわけではなく、自分自身のためにまとめようと思います。一般的には、量で決めたほうがいいです。ゴールが、何ページまでとか、はっきり量で示されたほうがモチベーションが上がりやすく、集中もしやすいからです。集中が切れやすい人にお勧めです。一方、自分に厳しい人、一日中勉強する必要がある受験生などは、時間で決めるのもありだと思います。このとき、「常に集中して勉強していること。勉強していない [続きを読む]
  • 愚痴、からーの、にやけ
  • 珍しいことではないのですが、今、頭がパニクっています。今日は、朝から午後までずっと電話をかけまくりました。例の成年後見事案で、市営住宅に移ることに色々ハードルがあって。。。ちっきしょう、何で市役所の市営住宅担当はあんなに態度がでかいんだ。でも怒鳴らなくて正解ですね。これからもずっと付き合いがあるわけですから。(大人になったなあ)。などと、態度のでかい公務員にはとにかく負けないまー君ですが、(実は自 [続きを読む]
  • 指導する、指導されるということ
  • PSWの教科書を読んでいて驚いたこと。「指導」という言葉がガンガン出てくる。社福では「指導」という言葉はほとんど使いません。あくまで、主体はクライアント自身であり、横から寄り添い、支えるのが基本だからです。上から目線で指導することはしません。そういう意味で、精神障害(知的障害含む)の場合は、「医学モデル」「治療モデル」が前提となっているのかな、と思います。ところで、私は「指導」が苦手です。中学のこ [続きを読む]
  • コミュ力に強くなる
  • スクーリングが迫ってきました。そして、その後立て続けに2か所で実習を受けます。社福のときは、福祉ど素人だったにも関わらず、スクーリングも実習も全く準備しませんでした(あ、違う。今思い出しました。実習の目的みたいなのを書かされたんですが、あまりに頓珍漢だったので再提出を命じられてましたw)。まあ、一番困ったのは当時コミュ力が全く無くて、もちろん冗談の1つも言えず、そして「人間が嫌いなのですが」などと [続きを読む]
  • レポート終わりました笑
  • よくわからなかったので困ってネットでそのまま検索したら、何と全く同じテーマが厚生労働省のホームページに掲載されてました。ちょいちょいっと自分の考えを足して終わり!明日提出します!またまたメンヘル特有の「自己覚知」をしてしまうのですが、どうも私は2重人格っぽいですw1対1の会話では、「この人に嫌われたくない」「やっぱり嫌われたか」と色々と気にするのですが、100人以上の集団の前では無類の度胸を発揮し [続きを読む]
  • 追悼を捧げる(短文)
  • 私がガンを告げられたのも、大学院を出た翌年の34歳の時でした。告知されたときの感想は、「え?死ぬの?まだ何も成し遂げてないのに」というものでした。70歳80歳まで生き抜くのが当然で、人生これからだと思っていた私は、受容できずに相当うろたえましたが、結局、何か自分が生きてきた証を社会に発信しよう、とメルマガを発信することを思いつきました。20回シリーズくらいで、修士で勉強した憲法学についてメルマガを [続きを読む]
  • 福祉の世界の「正義」は極めて相対的なもの2
  • 今日は朝からボーっと休んでます。気持ちいいよー。気になる人がいるかもしれませんが、まー君の1週間の休日は、半日?2です。「当事者」にしては異例の勤勉さでしょうが、毎朝まず「線路に乗る」ことを心がけています。線路に一旦乗れば、後は半自動的に、前に進める。さて表題の件。まー君は「考える人」なのです。常に既存の価値観を疑い、教科書を疑い、自分を疑う。一度も議論の俎上に挙げていない「正義」を信じることはほ [続きを読む]
  • ホームレス支援は社福として善か
  • 今回は、PSWというより社会福祉士として書きます。みなさん「ホームレス」と聞いてどう思いますか?社会的弱者の存在について無知な人は、汚いとか子どもが危ないとか。逆に、単純な左翼的思想の人(左翼が悪いとは一言も言ってませんよ)は、可哀そうとか救済されるべき存在とか。私は、自殺の自由ということについて思いをはせます。鬱病を患った人の衝動的自殺は気の毒だし防止すべきですが、熟慮の後に、この世から綺麗に身 [続きを読む]
  • 自己ストレンズス
  • ストレングスというのはストロングの名詞型で、「強さ」という意味である。福祉で「ストレングス視点」とは、クライアントの強みを知り、その強みを生かしたプランを立てる考え方を言う。これ、非常にシンプルで分かりやすい考え方だが、効果テキメンである。クライアント主体の福祉理念にも合致する。そして、強みとは実は一見すると弱みの裏返しなのだ、という渋い意味合いもある。ところでまー君は、昨日から今日にかけてずっと [続きを読む]
  • いつも「期待倒れ」だけど、今回もかな?頑張れ自分。
  • 専門学校からスクーリングのお知らせが来ました。一か月後にあります。連続一週間で、一日6時間みっちり。8時間の日もあります。大学の時以来、一日の授業は最大3時間と決まっていたので体力面は正直不安です。でも、いつもこういうお知らせの時はウキウキするんですよね。遠足の前夜みたいなもんですか。友達沢山作りたい!懇親会楽しみ!やっぱりみんな同じ福祉職で、おまけに「精神」に関心あるんだもんね。私が「当事者」で [続きを読む]
  • あぁ、進んでない
  • 毎日1時間はPSW試験の勉強をしようと決意していたのですが、先月から全然ダメ。忙しい。やっぱりコツコツですね。ブログを書くのも滞ってます。慣れるため、少しだけ書きました。 [続きを読む]
  • 悲しき性(さが)
  • メンタルヘルスを患っている人の特徴として、とにかく自分のことばかり洞察してしまうことがあります。確かに面白いんですね、メンタルヘルスって。自分で自分を観察しだすと。自己カウンセリングとも言うべき効果で、病状が好転することもよくあると思います。しかし、何年も何年も自分のことばかり考えてると、負の効果も生み出します。自分自身から半径5メートルのこと以外は、興味を持てなくなってしまうんですね。もっと視野 [続きを読む]
  • 苦しいときには俺の背中を見ろ
  • 成年後見で私が今お世話している人は、統合失調症で知的障害もあり、何より窃盗癖で前科〇犯。繰り返し刑務所に10年も入った女性です。この社会は生きづらいと思う。でも、共に前向きに生きていこうよ。そのお手伝いをしています。本人の意思実現、といっても放っておいたらまた窃盗で刑務所に逆戻りです。本人を支え、そして人間と人間の触れ合い、心と心の触れ合いです。俺も全力で取り組みます。社会で生きづらさを感じた時、 [続きを読む]
  • 不朽の名作映画フォレストガンプ(短文)
  • 私にとって名作映画とは、ベースに深くて優しい人道主義がありながらも、決して安直なお涙頂戴物ではなく、いくつもの視点から切った断面のそれぞれが輝いており、何より自由と宿命の割合がほどよく調和している映画である。感性に訴えるだけではなく、あくまで人間的な思索(それは弱くも強くもある)に富む作品である。このフォレストガンプを20年ぶりに鑑賞し、ああ、観てよかった。こんな深くて味わい深い良い作品に巡り合っ [続きを読む]
  • 寄り添いだけで、福祉(特に触法犯罪者の更生)は成り立つのか
  • 福祉に携わる人間の役割は、クライアントを支える存在、寄り添う存在になり、それに徹すること、出しゃばらないことが言われる。果たしてそうだろうか。その根本を剥いでいくと、そこには人間の単純な性善説に基づく、よわっちい思想しか残らないのではないか。犯罪(ここでは常習窃盗や無銭飲食を言う)を犯して刑に服し、再更生を考えるクライアントを考えてみよう。「現在社会福祉学の最高到達点」たるクライアントの意思決定の [続きを読む]
  • 最近まー君は多忙です
  • ここ1か月、まー君の生活は、キャパぎりぎりである。仕事の外に、参考文献を集めてPSWのレポートと、その科目の自習。次に、社会福祉士会の研修とレポート。(これは優先度を落とそうと思ってる。通常1年のところを2年かけてもいい、くらいのペースで)ぱあとなあ(前にも書いたが成年後見を受任している社会福祉士の会)の勉強会の運営。地区代表をしているから手を抜けない。車の教習所通い。まー君はペーパードライバーな [続きを読む]
  • こんなことでよければ・・・
  • 成年後見人としての面会で、特養に行ってきました。クライアントはもう90代のおばあさんです。一日遅れですが、母の日のカーネーションを一輪持っていきました。初めは花に反応なし。しかし、まー君が後ろのベットの人と雑談していると、そのすきにメガネをかけてまじまじと一輪挿しを見て、目に涙をいっぱい溜めていました。まー君の心は、すこし晴れました。こんなことでよければ、こんなことならば、まー君でもできるんだよー [続きを読む]
  • 福祉の世界の「正義」は極めて相対的なもの
  • 社会福祉学は、まだ100年という出来立てほやほやの学問であること。そして、重要な原則、価値観はそのうち後半50年で出来上がったものであり、歴史的に充分な批判にさらされたと言えないこと。そもそも社会福祉学のような社会科学には、絶対正義は存在せず、常に意見の可変可能性をはらんでいる、それでいて学問と言えること。等々から、我々は現在教科書に書かれている「当たり前のこと」について、真っ正直に信じ込むのは極 [続きを読む]
  • いわゆる困難事例〜荒海でピンチのまー君〜
  • 5時間で目が覚め、もう寝付けないので起きてきた。結構厳しいストレスとプレッシャーである。初めてまー君が直接受任した成年後見事案であるが(→「まー君先生笑」参照)、いわゆる困難事例であって、まー君を悩ませている。事案についての概説をしたいと思うが、本人の匿名を守るため事実をある程度変える。だから、微妙なニュアンスは異なって紹介することになる。重い統合失調症、知的障がいがあり、詐欺(無銭飲食)、窃盗で [続きを読む]
  • 精福社福の共通科目の攻略法1
  • なぜ、共通科目を取り上げるのか。一応、まー君は社福を近年合格したので、話をしても説得力があるかと思ったから。次に、全受験生に言える攻略法か。そうではない。条件がある。「福祉4年生大卒以外」の「通信制」で、国試合格以上の贅沢は言わない、具体的に言えば社福で合計120点を目指したりせず、合格ライン+10点くらいでいい。と考える人向けの攻略法である。福祉4年生大や専門学校通学生の方。しっかり学校の勉強を [続きを読む]