宇宙人と恐竜が好き さん プロフィール

  •  
宇宙人と恐竜が好きさん: インスリンポンプご使用の女性の方と友達になりたい
ハンドル名宇宙人と恐竜が好き さん
ブログタイトルインスリンポンプご使用の女性の方と友達になりたい
ブログURLhttp://um52952387094p.hatenablog.com/
サイト紹介文私はインスリンポンプ使用の1型糖尿病患者です。インスリンポンプご使用の女性と友達になりたいです。
自由文私は現在63歳でインスリンポンプを使用している1型糖尿病患者です。同じインスリンポンプを使用しておられる同じ病気の女性の方と友だちになりたいと思っています。私は現在、身体障害者で近くの病院にタクシーと前押し車で毎月1回 糖尿病で通院していて電車やバスには乗れません。また階段しかない所には行けません。それでは よろしくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 116日(平均0.6回/週) - 参加 2017/04/18 20:57

宇宙人と恐竜が好き さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • HbA1cが7.0より下がって6.6に!!
  • 先月の5/30採血のHbA1cが6.6になりインスリンポンプを使用して初めて7.0より下がりました。主治医の先生が頑張りましたね とほめてくれました。私なりに血糖値のコントロールに努力した結果だと思います。これからもインスリンポンプを使用してHbA1cを さらに下げる努力をしたいと思います。 [続きを読む]
  • 私が思ったインスリンポンプの長所と短所
  • ●インスリンポンプの長所:①HbA1cが7.0迄さげられる。インスリンペンでは HbA1cが8.5前後までしか下げられなかった。②インスリンが0.1単位で注射できるので血糖値が 上昇した場合にインスリンの追加注射が安全に確 実にできて血糖値の上昇が押さえられる。③血糖値のグラフが表示されるので血糖値の上昇* 下降*一定継続が一目でわかる。④表示される血糖値と血糖値計血糖値の誤差は0〜 ±10位と かなり正確なので [続きを読む]
  • 私がどうしてインスリンポンプを使用するようになったのか?
  • 44歳頃に1型糖尿病になって入院した病院に17年位 通院していましたが、約2年前の61歳頃に深夜、動悸と不整脈のために通院病院とは違う受け入れ可能病院に救急車で行きました。その時のHbA1cが8.3と高く、糖尿病でも入院することになりました。入院当初はインスリン注射をしていましたが血糖値のコントロールがうまくいかず、主治医の先生からインスリンポンプを勧められました。それでインスリンポンプを使用し始めたのですが、最 [続きを読む]
  • 私は、どうして1型糖尿病になったのか?
  • 健康だった私が どうして1型糖尿病になったのか。40歳を越えてから空腹時血糖値が高くなってきて 42歳頃に軽度の糖尿病と診断されました。それから糖尿病の本を読んだり、血糖値を下げる方法を先生に聞いたり自分で調べたりして、いろいろ実行しましたが全く血糖値が下がりませんでした。この段階で糖尿病の有名専門病院に行って真剣に軽度の糖尿病の時に治療をしておいたら よかったのかなと今では後悔しています。また、その頃は [続きを読む]
  • 私のプロフィール
  • 44歳頃に1型糖尿病で約2ケ月半 入院し45歳頃に1型糖尿病のために会社を退職し1型糖尿病に起因する腰椎圧迫骨折のために身体障害者になりました。1日5回以上血糖値測定、身体にインスリンポンプと血糖値センサーをつけています。30歳で運転免許を取得後46才位まで運転していましたが、現在は室内の移動時は立ち歩き歩行車を使用し外出時は折りたたみ式前押し歩行車とタクシーを使用しています。海外旅行は出張でサンフランシスコとシ [続きを読む]
  • インスリンポンプの使用
  • 私は1型糖尿病なので、インスリン注射は毎日しなければなりません。インスリンポンプを使用する以前はフレックスペンとミリオペンでインスリン注射をしていました。インスリンポンプに変えてから、なかなか下がらなかったHbA1cが下がりました。インスリンポンプに変えてよかったと思います。でも1週間に1回 ポンプ針とセンサー針の交換をしなければならず、それも交換は技術職だった私でさえ神経を使います。今では圧がかからない [続きを読む]
  • インスリンポンプの使用
  • 私は1型糖尿病なので、インスリン注射は毎日しなければなりません。インスリンポンプを使用する以前はフレックスペンとミリオペンでインスリン注射をしていました。インスリンポンプに変えてから、なかなか下がらなかったHbA1cが下がりました。インスリンポンプに変えてよかったと思います。でも1週間に1回 ポンプ針とセンサー針の交換をしなければならず、それも交換は技術職だった私でさえ神経を使います。今では圧がかからない [続きを読む]
  • 過去の記事 …