かきぴ さん プロフィール

  •  
かきぴさん: のらりくらりと
ハンドル名かきぴ さん
ブログタイトルのらりくらりと
ブログURLhttp://ameblo.jp/kakip0829/
サイト紹介文34歳サラリーマンのマイホーム日記
自由文今新築でマイホームを計画中。
6月着工予定、10月完成予定の予定だらけ。
ちなみに11月第一子が生まれる予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 10日(平均22.4回/週) - 参加 2017/04/18 22:00

かきぴ さんのブログ記事

  • 間取りの希望
  • 現在も打ち合わせは続いているのですが毎回書くわけには行かないので我が家の希望を書いてみたいと思います。我が家は夫婦2人と子供2人(予定)です。①間取りはLDK20畳②子供部屋は10畳を将来二つに区切る③寝室は10畳程度④WICは4畳⑤和室はLDKを通らず玄関から直接入れる⑥和室はLDKと隣接して普段は戸をあけて一体化できる⑦ガスが使いたいのでエネファーム⑧LDKの窓は大開口以上のような希望でプランをお願いしてい [続きを読む]
  • 間取りは進むよどこまでも
  • 今までかなりの数の見学会に参加し各物件のいいところや気に入ったところがイメージにあるため自分たちの希望をはっきりと伝えることができるようになっていました。お世辞かもしれませんが、どのメーカーの建築士の方からもプラン作成がサクサク進むと言われ満足です。しかし、サクサク進むのですが、妻は優柔不断で私は慎重派です。サクサク進んだ間取りですが帰って改めて考えてまた訂正ということは何度かありました。しかし、 [続きを読む]
  • 打ち合わせ費用
  • メーカー(特に住友林業)との打ち合わせを夜している関係で仕事が終わってから打ち合わせに行きます。終わる頃にはおなかがすいており、家まで我慢ができません。これが続くと出費が大きくなり、罪悪感というかやばいな・・と思うようになりました。家に帰ってから作って食べてもいいのですが打合せでくたくたな上に家に着くと23時を超えているので夜の打ち合わせはやめたほうがいいです。我が家も最初こそ根性でやってましたが [続きを読む]
  • 一条工務店
  • 家の性能で評価の高い一条工務店。全館床暖房や機密性のいい家で有名です。工務店といいながらもハウスメーカーです。お値段もそこそこしますし一条信者という方々もいらっしゃるほどに有名なハウスメーカーです。しかし私たちにはしっくりきませんでした。私たちが展示場に行ったのは真夏の8月。あれが真冬なら候補に入ったのかもしれません。それとあの真っ白な外観。三井ホームも同じ理由で候補に入りませんでした。キッチンな [続きを読む]
  • おさらい
  • ここまで打ち合わせの詳細は書いてきませんでしたが本当は他の皆さまのブログのように画像をつけたりグラフや見積りを載せたりしたいのですが・・このブログは現時点では回顧しながら書いてるんです。もう当時(とはいえ一ヶ月前)の資料はかさばるので処分してしまい載せることが叶わないのです。載せたいのに、です。だから、打ち合わせの内容も詳細を書かないんですね。納得です。だって忘れていることのほうが多いから。私だっ [続きを読む]
  • 背中を押すのは
  • 私たちの家の間取りもだいぶ形になってきました。しかし、私たちは現在農振除外の申請中です。これは田舎の方はわかるかも?ですがその土地で農業しかしてはいけませんよという決まりがある土地の制限をなくし、ただの農地にする手続きです。これが半年ほどかかり、さらにそこから農地転用という農地から宅地へ変える申請をしなくてはいけません。この転用は2ヶ月ほどかかるので、早くても着工は6月になります。ですから、まった [続きを読む]
  • 積水ハウス プラン①
  • 積水ハウスのプランは工場見学への行きで見せて貰いました。あまりよく見てしまうと乗り物酔いになってしまうので早くみたいけど見れないというジレンマに悩まされていましたが結局夜まではお預け状態でした。積水ハウスの場合二階建てプランはかなりイマイチでした。住友林業が希望に忠実に仕上げてきたのとは反対に少し遊びが入ったというか、希望を入れつつ希望度の低いものは無視されて、遊びが入っていたのです。遊びの一番大 [続きを読む]
  • 平屋
  • 無事に平屋にすることに成功したのですが今平屋がとても人気になっているそうです、高齢化社会になって若くして頭の片隅に老後の不安がある世の中です。一昔前までは平屋というと年寄りの住居というイメージでしたが今平屋人気が高まり、各メーカーともに平屋商品に力が入っています。はやりワンフロアで生活できるというのは贅沢です。リビングや寝室からウッドデッキを通って庭へ。庭もリビングの一部です!と言えるような立派な [続きを読む]
  • 住友林業 プラン①
  • だいぶ話がそれていましたが住友林業からプランがあがってきました。前回の②プランの修正バージョンです。2階建てはもう言うことがありません。プランがいざできるとけっこーうれしいものです。毎回の打ち合わせも楽しみになります。両プラン見比べた結果平屋にすることにしました。私は最初から平屋を希望していましたが妻は家の配置図を見て平屋に決めたようです。というのも、我が家では土地を妻の実家から提供して貰います。 [続きを読む]
  • 外壁について②
  • 外壁について考えようのコーナーです。私が外壁について独断と偏見で選ぶならまず選ぶのがタイルです。陶器と同じ焼き物で紫外線による劣化がありません。これは積水ハウスのベルバーンについても同じです。メンテナンスの大部分は外壁であり、その中身はシーリングの再施行と外壁の塗装ということを考えるとタイルには塗装が必要ありません。次に選ぶとしたら積水ハウスのダインコンクリート。厚さが5センチほどあり積水ハウスの [続きを読む]
  • 外壁について
  • 積水ハウスの工場見学に行ってから考えるようになったのはずばり「外壁」についてです。私は家を建てることが決まってからというものどのメーカー・工務店でどんな家を建てるかばかりを考えていましたが話を聞くうちに妻の興味ははメンテナンスに移っていきました。家について学ぶに連れて、近所でも足場を組んで外壁の塗装などをしている現場がよく目に入るようになりました。今までは興味もなかったので、現場はたくさんあったの [続きを読む]
  • 積水ハウス 番外編
  • ある見学会に参加していたときに、近くに建売のモデルハウスがあるのでぜひ、見ておきませんかという誘いをうけ、分譲地の建売を見学しました。なんのことはない普通のモデルハウスでしたがその中で工場見学にいきませんかという誘いを受けました。工場見学はなんと全額積水ハウス負担でいけるという太っ腹。詳細を言うと地域がばれてしまいますが、そこそこお金がかかるわけでプチ旅行のようで少し浮かれた気分で行って来ました。 [続きを読む]
  • 大和ハウス 打ち合わせ①
  • 大和ハウスはこの時点での優先度は3番目。いろいろ調べるとよくない話もちょこちょこ見かけていたのでよほど積水ハウスでも住友林業でもムリ!となった場合の保険でした。とはいえ、そうなることもあり得なくはないしそうなった場合はこの打ち合わせの内容に沿って家が建つわけですから片手間で臨むわけにもいきません。大和ハウスとの打ち合わせはなぜか休日の昼間しか入れていませんでした。どの打ち合わせもなぜか、なのですが [続きを読む]
  • 積水ハウス 打ち合わせ①
  • 積水ハウスは書いてきたように1番最後に候補に挙がりました。担当のHさんは私の住む県だけではなく、エリアで1番にもなったことがあるこちらもやり手の営業マンでした。役職は住友林業のOさんと同じくモデルハウスの店長です。しかし、Hさんは忙しいのかなかなか連絡を取ってきません。積水ハウス派毎週のように見学会があり、こちらも毎週のように行くのですが一向に営業をかけてきません。年収などからお客とは判断されなかっ [続きを読む]
  • 住友林業 打ち合わせ①
  • スケジュールの関係で打ち合わせ一発目は住友林業となりました。住友林業の打ち合わせは自社のショールームで行います。5万円を支払い、正式なお客様となったわけです。担当営業Oさんはにこにこです。Oさんはモデルハウスの店長で、かなりのやり手らしいです。同じ会社の方が言うので鵜呑みにはできませんがまったくのお世辞やうそではないようです。神戸出身で所々に関西弁が入ります。さて、打ち合わせに入るわけですがショール [続きを読む]
  • 夫婦の意見
  • 前にも書いた妻の性格ですが、私とは正反対です。家を建てるにあたって、思ったのですがここまで何か1つのことについて夫婦で話し合うことってあんまりないなと。まだ結婚して1年程度だからいえることかもしれませんが。この1年間フツーに2人で生活していましたが、話し合ったのは新婚旅行の行き先や結婚式の演出や新居の家具についてくらいでしょうか。話し合うというまでいかなかったかもしれません。この先も内装など細かな [続きを読む]
  • いずれにせよ
  • 積水ハウスに気持ちが傾きかけていたのですがやはり競合相手は必要とのことで最低でも2社は最終見積りを頂こうと妻と意見が合致しました。そこで出てきたのが大和ハウスです。なぜ大和ハウスかというと私の両親が家を建てたときに最後まで競合したのが大和ハウスだったからです。何度かモデルハウスへは行ったのですが営業マンの人数が少ないのかなかなか会うことができませんでした。その後、何度か話をする機会がありましたがい [続きを読む]
  • 住友林業②
  • あれだけ心惹かれた住友林業でしたが5万円という高い壁のおかげでまったく話が進みません。打合せという名の雑談は数回しましたが、5万円の許可が妻から下りないのです。というのも、この頃から妻も積水ハウスに興味を持つようになっていました。住友林業のある見学会に参加したときのことです。夕方の仕事終わりに向かったのですが指定された住所に着きましたが、どの建物なのかわからず10分程度迷ってしまい、担当営業氏に電 [続きを読む]
  • 積水ハウス④
  • 積水ハウスの見学会に参加していて思ったことがあります。それは「ある程度のレベルが統一されている」わかりにくいでしょう。語彙力に欠ける私ですから自分でもわかりにくいだろうなあと思っています。それはおいてくとして、ミサワホームと違ってどの家に行ってもある程度のレベルは保証されていて、見れば納得というかいいなーと思います。それは私が積水ハウスを気に入っているということを考慮しても言い過ぎではないのかなと [続きを読む]
  • 積水ハウス③
  • 夜の散歩中のことでした。私「積水ハウスも話し聞いてみん?」妻「積水は高すぎて手が届かんと思う」私「そうは言うけど、そんなに高かったらあんなに数建ってないと思う」  「そんな金持ちばっかりおらんと思うけどなー」妻「建物だけぎりぎり建てられても、庭とかカーポートまで手がまわらんやん」私「・・・」この頃には積水ハウスの見学会には毎週のように参加していました。申し込み制度のおかげで住友林業とは簡単な見積り [続きを読む]
  • 積水ハウス②
  • 平屋見学会の日の朝は9時から住友林業のモデルハウスで打ち合わせでした。打ち合わせ中に積水ハウスの営業氏から電話があり打合せを少し早めに切り上げて向かいました。平屋は高台にあり、別荘のような感じでした。8メートルの大開口に南一面には木々。老夫婦が定年後に暮らす家だということでしたがもう私の心はこの平屋に一目ぼれ状態でした。この日から住友林業派の妻と積水ハウス派の私との戦いが始まるのです。にほんブログ [続きを読む]
  • 積水ハウス①
  • ミサワホームが選択肢から外れたことで住友林業が最有力候補になりました。しかし、やはり比較する対象はほしいところです。そこで、あがってきたのが積水ハウスでした。私の実家は積水ハウスだったこともあり、心の中では積水ハウスにできたらなーとの思いはありました。ミサワホームの施主さんもおっしゃっていましたが「積水ハウスは高い」という話はあちこちで耳にします。また、業界ナンバー1というだけあって毎週のように見 [続きを読む]
  • ミサワホーム④FINAL
  • 実際に住んでいる家を見に行くことになったのですが 営業氏との待ち合わせは夕方です。 というかもうこの頃は日が落ちるのが早くなり夜です。 早めに指定の住所に行ったのですが、よくわかりません。 これかな?という分譲地があり入ったのですがミサワホームの家って 悪く言うと特徴がないので本当にわかりません。 まだ新しい分譲地でどの家も新築といったオーラが出ています。 一度その分譲 [続きを読む]
  • ミサワホーム③
  • 毎週のように見学会などに参加し、地元の小さな工務店のことも ある程度はわかるようになり、地震のことを考えると工務店よりは ハウスメーカーがいいのかなと思うようになっていました。 資金面はやはりネックでしたが、建てた→地震で壊れた→ローンだけ残ったというのは もっとも避けたいパターンでした。 ミサワホームは北極基地での建物を提供しているとのことでやたら苛酷な環境でも・・と ア [続きを読む]
  • 住友林業①
  • ミサワホームと話が進んでいる間に 住友林業の営業さんからも電話がありました。 とても丁寧な方で私のイメージしたハウスメーカーの営業を形にしたような方でした。 熱心な方で何度か家にもきてくれて、資料やお話を聞きました。 そして、また何度か見学会にもいきました。それを見た営業氏は間取りと 簡単な見積りを出してくれます。 気に入りすぎて、隣県の展示場まで見に行きました。 何度 [続きを読む]