司法書士甲斐智也 さん プロフィール

  •  
司法書士甲斐智也さん: 元・俳優の司法書士が相続問題を語るブログ
ハンドル名司法書士甲斐智也 さん
ブログタイトル元・俳優の司法書士が相続問題を語るブログ
ブログURLhttps://kai-legal.com/
サイト紹介文相続問題を解決する為の様々な情報を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 154日(平均3.6回/週) - 参加 2017/04/19 09:31

司法書士甲斐智也 さんのブログ記事

  • 超高齢化社会における認知症対策と相続対策の必要性
  • 高齢者人口の割合が過去最高になった事が、ニュースで話題になっています。90歳以上、初の200万人超え 高齢者割合も過去最高 65歳以上の高齢者人口(15日現在)は推計で3514万人となり、総人口に占める割合が27・7%にのぼった。前年より57万人(0・5ポイント)増え、いずれも過去最高。90歳以上は初めて200万人を超え、206万人となった。18日の「敬老の日」に合わせ、総務省が公表した。朝日新 [続きを読む]
  • 事例(8)【空き家対策の為の家族信託の活用】
  • 家族信託の基本的な事は下記をご参照下さい。 【家族信託のスキーム、流れから注意点まで分かりやすく解説します】 家族信託の事例集です。 【家族信託、民事信託の活用事例】 1.具体的事例太郎さんは70代の一人暮らしの男性です。太郎さんは認知症が進行し、とある老人ホームに入所し、自宅が現在空き家になっています。 空き家は息子の一郎さんが管理しており、時々窓やドアを開閉し空気の入れ替え等を行い、自宅が痛まな [続きを読む]
  • 相続・法律相談専門ポータルサイトに質問すべきか?
  • 以前、Yahoo!知恵袋に相続の事を質問すべきか?と言うお話をさせて頂きました。 Yahoo!知恵袋等の質問サイトは手軽に質問できると言う良い面がありますが、回答者が専門家ではない可能性が高く、回答の信頼性に欠ける悪い部分もありますので、相続等の重大な法律関係の質問はされない方が良いと言う趣旨のお話しをさせて頂きました。 ところで、相続やその他の法律問題について質問をする事ができるサイトはYahoo! [続きを読む]
  • 相続トラブルの原因にもなる「期待する事」について
  • 【事例】 Q:父の事でご相談があります。私の家族構成は、父の太郎(母は既に亡くなっています)、父の長男で一郎(私)、父の次男で私の弟の二郎の3人です。 父は高齢になった為、相続対策を色々を行っているみたいなのですが、最近、公証役場で遺言書を作成したと聞きました。問題はその内容で、父は全財産を次男である二郎に相続させると言う遺言を作成したと言うのです。 私は長男です。確かに、弟にもある程度の相続 [続きを読む]
  • 遺産分割調停のデメリットとは?
  • 相続人間でもめている等、遺産分割協議がどうしてもまとまらない時に弁護士等に相談すると、ほぼ間違いなく「遺産分割調停を行うしかない」とアドバイスを受けると思います。 実際問題として遺産の分け方についての問題を解決を行うのであれば、遺産分割調停や審判を行うしかありません。 しかしながら、遺産分割調停の実際の進め方やそのデメリット等を丁寧に説明してくれる専門家が少なく、いざ遺産分割調停を行ったら、後か [続きを読む]
  • 上永谷で相続(遺言、家族信託)のご相談
  • こんにちは。もめない相続・家族信託専門の司法書士/上級心理カウンセラーの甲斐です。 (ブログに掲載する事は、ご本人様ご了承済みです。また、一部事実関係を変更しています。)先日、上永谷で相続の主張ご相談を行ってまいりました。上永谷は当事務所がある立場駅から横浜市営地下鉄ブルーラインで数十分の近さの為、出張を行うには非常に便利が良い所です。 さて、今回のご相談は特殊でした。通常、相続のご相談は、ご相 [続きを読む]
  • 相続が進まない場合。遺産分割調停以外の解決方法を考えてみる
  • 【事例】Q:相続手続きが進まなくて困っています。数ヶ月前に父が亡くなり、相続手続きを行う必要があるのですが、兄が面倒がって相続手続きや話し合いを先延ばしにしている状況です。 相続財産は相続税の非課税の枠内ですので、急ぐ必要はないのかもしれません。そんなにもめているわけではないのですが、私としては早くスッキリさせたいと思っています。 その為、弁護士を間に入れて私の本気度を見せて、相続手続きを早くした [続きを読む]
  • 家族信託スタート後に受託者がやる事を具体的に分かりやすく解説します
  • 家族信託の基本的な事は下記をご参照下さい。 【家族信託のスキーム、流れから注意点まで分かりやすく解説します】 家族信託の事例集です。 【家族信託、民事信託の活用事例】 今まで当ホームページ内で家族信託の様々なお話をしてきましたので、家族信託のスタートについてはある程度イメージが出来てきたと思います。しかし、何度かお話したとおり、家族信託は実際にはスタートした後が非常に大変なのです。 家族信託は場合 [続きを読む]
  • 他の相続人に相続を放棄してほしい場合の注意点
  • 【事例】(今回ご紹介する事例は、非常に良くあるご相談を参考にした創作です。) Q:数ヶ月前、父が亡くなりました。実は父は再婚をしており、前妻との間に子供が2人、後妻との間に子供が3人、合計5人の子供がいます(私は後妻の子供です)。 相続財産は自宅以外に目ぼしいものはない為、私が相続する予定で、他の相続人には相続を放棄してほしいと考えています。しかし、問題は前妻の子供達です。私達は前妻の子供達と [続きを読む]
  • 平塚で相続(遺言書の検認)のご相談
  • こんにちは。もめない相続・家族信託専門の司法書士/上級心理カウンセラーの甲斐です。 (ブログに掲載する事は、ご本人様ご了承済みです。また、一部事実関係を変更しています。) 日曜日に平塚で遺言書の検認に関するご相談に行ってまいりました。 遺言書の検認とは、自筆で作成した遺言書(自筆証書遺言)の形状や文字の加除訂正の状態、日付、署名等、検認の日現在の遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造・変造を防止 [続きを読む]
  • 大磯町でまたご相談。今回は家族信託です
  • こんにちは。もめない相続・家族信託専門の司法書士/上級心理カウンセラーの甲斐です。 (ブログに掲載する事は、ご本人様ご了承済みです。また、一部事実関係を変更しています。) 数ヶ月前、相続のご相談で大磯町を訪れたのですが、縁あってまた大磯町の方のご相談があり、出張に行ってまいりました。大磯は海も近いですし、緑豊かでのどかな町なので大好きです。 さて、タイトルには「家族信託」のご相談と明記しました [続きを読む]
  • 元気な今だからこそ、遺言を作成した方が良い五つの理由
  • 遺言を作成する時期について、皆様どのようなイメージがありますか? おそらく、高齢になり、病気がちで足腰が悪くなり、「終活」の事を考え出したら書くもの、と言ったイメージはありませんか? 遺言は15歳以上で意思能力があればいつでも作成する事は出来るのですが、「遺言は年老いて病気になったら作成するもの」と言うイメージがどうしてもありますので、元気なうちは別に書かなくても・・・と思いがちです。 しかし、遺言 [続きを読む]
  • 遺産分割調停を絶対にやってはいけない場合
  • 相続でもめるケースと言うのはほとんどの場合は「遺産をどのように分けるか」です。 相続では何ら苦労をする事なく、多額の財産を手に入れる事が出来ます。また、被相続人や他の相続人との長年の関係性及び現在の家庭環境等から「遺産をもっと欲しい」と、程度の差はありますが人間であれば誰でも思ってしまいます。 財産の分け方(遺産分割協議)は、相続人全員が同意すればどのように分けても良いのですが、一人でも同意せず、 [続きを読む]
  • 家族信託(民事信託)を利用すると遺留分は発生しないのか?
  • 家族信託の基本的な事は下記をご参照下さい。 【家族信託のスキーム、流れから注意点まで分かりやすく解説します】 家族信託の事例集です。 【家族信託、民事信託の活用事例】 家族信託の一つのテーマとして、「遺留分」があります。 これは家族信託を利用した際の受益権について、遺留分減殺請求の対象になるか否か?と言う問題です。 もし遺留分減殺請求が出来ないのであれば、財産を渡したくない相続人に対して遺留分を考慮 [続きを読む]
  • 相続で揉める家族の特徴−当てはまったら相続対策が必要です−
  • 「こんな事になるとは思わなかったんです。」 当事務所に相続の事でご相談される方が、良く口にする言葉です。依頼者にとっては、まさかウチの家庭が相続トラブルになるなんて、と言う感覚なのでしょう。 しかし、相談者の方は分からなかったと思うのですが、お話をお伺いしていると「それでは相続の問題に発展して当たり前だよな・・・」と感じる事が多々あります。 相続の問題やトラブルに発展するご家庭には特徴があります。 [続きを読む]
  • 事例(5)【配偶者の親族に財産を渡したくない場合の家族信託の活用】
  • 家族信託の基本的な事は下記をご参照下さい。 【家族信託のスキーム、流れから注意点まで分かりやすく解説します】 家族信託の事例集です。 【家族信託、民事信託の活用事例】 1.具体的事例紹介太郎さんは九州のとある県で、自宅がある先祖伝来の土地を守って生活をしています。妻の花子さんがいるのですが二人の間には子供はいません。太郎さんが父から相続した土地は、先祖が代々守ってきた由緒正しい土地です。その為、太郎 [続きを読む]
  • 事例(4)【株式の譲渡を柔軟に行う、事業承継の為の家族信託の活用】
  • 家族信託の基本的な事は下記をご参照下さい。 【家族信託のスキーム、流れから注意点まで分かりやすく解説します】 家族信託の事例集です。 【家族信託、民事信託の活用事例】 1.具体事例紹介太郎さん(65歳)は中小企業である株式会社Aの創業者であり、現経営者です(株式の100%を所有)。株式会社Aは太郎さんが一代で築き上げてきた会社ですが、そろそろ会社を長男の一郎さんに任せたいと思っています。 一郎さんは名 [続きを読む]
  • 事例(2)【障がい者、引きこもりの家族の生活支援の為の家族信託】
  • 家族信託の基本的な事は下記をご参照下さい。 【家族信託のスキーム、流れから注意点まで分かりやすく解説します】 家族信託の事例集です。 【家族信託、民事信託の活用事例】 1.具体事例紹介 太郎さん(80歳)、太郎さんの長男の一郎さん(54歳)、次男の二郎さん(50歳)は、太郎さん名義の自宅に一緒に暮らしています(太郎さんの奥様は既に他界されています)。 二郎さんは大学卒業後、一般の企業に就職していたのです [続きを読む]