kana さん プロフィール

  •  
kanaさん: 30歳からのエレガントな大人のマナー
ハンドル名kana さん
ブログタイトル30歳からのエレガントな大人のマナー
ブログURLhttp://www.peony.blue/
サイト紹介文30歳をすぎて大人の実感が出てきたら、気になるマナーや女性としての品のある立ち居振る舞いについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 61日(平均1.7回/週) - 参加 2017/04/19 15:26

kana さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 私の中身をお伝えします
  • このブログをお読みくださっている方(いらっしゃいましたら)誠にありがとうございます。いつもお世話になっております。ここいらで、このブログを書いている私自身について、お伝えしたいと思います。名前:きよら  (ニックネーム)年齢:30代後半  (1970年代最後の方の生まれ)職業:現在は、主に看護師   時々、マナー講師  所在地:大阪府   (大阪生まれ大阪育ち)第二の故郷:福井県     (2年間住ん [続きを読む]
  • その隙間から、気品が失われるという
  • 電車で座った時、周囲をみまわしてみてください。膝を閉じて座っている女性は、何人いらっしゃいましたか?普段、私が見ている限りほとんどいらっしゃいません、膝を閉じている方。そんななか、あなたが膝を閉じて座っていたら・・・それだけで品のある女性に見えちゃいます。 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-6337474128797361" data-ad-slot="9125733530" data-a.. [続きを読む]
  • ナイフの〇は相手に向けないで!
  • テーブルマナーには歴史が深く関係しています。フランス料理では、テーブルの上に手を置いておくのがマナー手が隠れていては、武器を隠し持ち攻撃すると思われたので、それを防ぐためでした。対して和食には、手をテーブルの上に出すというルールはありません。昔、日本ではテーブルではなく一人ずつのお膳で食べていたので、その上には手をのせられないですからね。(ただ、手はテーブルの上に出しておいたほうが、印象は良く、会 [続きを読む]
  • マナー本のいうことだけが正しいのか?
  • マナーが気になった時、どうやって確認しますか?ネットでも情報があふれていますし、本屋さんに行けば、たくさんのマナー本があります。ネットでは無料で情報が得られますが、情報発信者の信憑性に欠けることも・・・本はお金を払って購入するだけあって、比較的信頼できるでしょうか?マナー本と一口に言っても多くの種類があり、書いてある内容もすべて同じではありません。では実際の場面で、マナーに迷ったときどうしましょうか [続きを読む]
  • 結婚式に参列するときの装いで気を付けること3つ
  • 結婚式に呼ばれた!何を着ていく?!そんな時まずは、おしゃれしていきましょうね。と、お伝えしました。ですが、結婚式という正式な場面にはいくつかルールがありますので、意図せぬところで「マナー違反」だと思われないように気を付けておきましょう。1.ドレス一般的に白は花嫁の色とされているので、白のドレスは避けましょう。和装ではルールが違って白の着物はマナー違反ではないとされていますが、あまりにも「結婚式で花嫁以 [続きを読む]
  • 友達の結婚式!何を着ていく?
  • 結婚式に呼ばれた!何を着ていけばいい?!なんて、困ることはありませんか?結婚式に出席すること、それは祝福することですよね。なので「お祝いの気持ち」これを伝えるために、とびっきりおしゃれしていきましょう!おめでたい結婚式をさらに盛り上げるために、出席するあなたも、この日のために準備をして、おしゃれをしていくそれが、お祝いになります。だって、もしも自分がパーティーを主催したとして参加してくれた人たちが、 [続きを読む]
  • 座席に案内される時、先に歩くのは男性?女性?
  • 予約したフレンチレストランに到着。名前を告げて、席に案内してもらいます。その時、案内してくださるお店の方のすぐ後ろを歩くのは、女性?男性?どちらでしょうか?こんな時は、ぜひ女性が先を歩いてください!なぜなら、テーブルに案内されて、引いてくださるその椅子は上座だからです。景色が良く見えるだとか、全体を見渡せるだとか、お店のレイアウトによって上座は異なりますが、洋の文化ではレディーファーストは基本なの [続きを読む]
  • 袱紗を持っていますか?
  • 袱紗(ふくさ)ってご存知ですか?ご祝儀・不祝儀袋を持参するときに、日除けや塵埃除けとしてそのご祝儀・不祝儀袋を包むものです。適度な硬さもあるので、カバンの中に入れていてもぐちゃぐちゃになる心配もないですよ。袱紗がないと、祝儀袋を買ったときに入っていたビニール袋に入れたりとかカバンの中で折れないように端っこに入れてみたりだとかしていませんか?それでは受付でカバンから出すときちょっと恥ずかしいかも・・・ [続きを読む]
  • 日焼け止めにプラス
  • 紫外線の気になる季節。どんな日焼け止めがお好みですか?最近では色んなタイプの日焼け止めがありますが、紫外線カットの効果と、自分の納得できる(お肌に合う)成分を兼ね備えた日焼け止めがベタついて気になるというあなた!ぜひ、日焼け止めの上からボディーパウダーを付けてみてください。日焼け止めの上からボディパウダーを付けることで、ベタつきを抑えられるだけでなく、ボディパウダーの種類で香りを楽しんだり、ラメで [続きを読む]
  • 「今のままでいたい」と思いますか?
  • 社会人として職業人として働く上で、停滞は衰退だと考えています。※個人的な考えです私の職場では、定期的に研修を受けられます。”受けられます”と言っても、自分の興味とは関係なく上司から指名されて参加する研修なので多くの職員は、研修への参加に否定的です。感じ方、考え方は、人それぞれで良し悪しはありません。「出世に興味なんてないしプライベートを充実させたい。給料をもらえればいい」だから、「今のままでいい」 [続きを読む]
  • マナーのできる人といると窮屈ですか?
  • 「マナーの完璧な人と食事をするなんて窮屈!」「マナーにこだわる人と一緒にいると肩がこるし、楽しくない!」そんな風に思う事ってありますか?私の考えるマナーは、他人を批判したり、恥ずかしい思いをさせたりするような、攻撃的な発信ではなく自分のいる空間が、自分にも自分以外の人にも心地良くなるように配慮する事だと思っています。ですので、お友達と一緒に食事をしただけなのに、食事の食べ方をいちいちマナー違反だと [続きを読む]
  • 大人なら気を付けたいお見舞いの5つの心構え
  • 椿のような、花びらが散るのではなく花ごとボトリ・・・と落ちるような花は首が落ちるようで死を連想させるのでお見舞いには避けるべきといわれます。病院にお見舞いに行くことってありますか?大人になるにつれ、そんな機会もあるかと思います。無ければ無いに越したことはないんですけどね。椿以外にも、鉢植えなど根のついた植物は「根つき」から「寝つく」を連想させるのでお見舞いには不向きです。そもそも病院へのお見舞いで [続きを読む]
  • 新しい環境に早くなじむ2つの方法
  • 新年度が始まりますね。新しい環境に飛び込む方は、期待と不安が入り混じっているでしょうか?新しい環境を不安に感じる理由の一つに、「知らない人たちばかりの環境でうまくやっていけるのか」ということがあるかと思うのですが、知り合いや友人をつくるのが上手な人たちもいます。会話が得意で、どんな場面でも人を引き付けて話ができるそんな能力を持っている方なら、そもそもそんな心配はないでしょうが多くの方は、そうはいか [続きを読む]
  • 高級レストランに行くときの5つのポイント
  • 普段はカジュアルなお店で食事をしていても、たまには、ちょっと奮発して高級なレストランでお食事を!なんて時はありませんか?「たまに」という方にこそ、高級レストランをより楽しむためのポイントを5つ挙げたいと思います。1.ドレスコードの有無を確認する・レストランの格にそぐわない恰好では、ほかのお客様に失礼になることもあります2.食事の目的を伝える・お誕生日、長寿のお祝い、プロポーズ?など、その他レストランを [続きを読む]
  • お箸を持つときの3つの手順
  • テーブルマナーというと、フランス料理のようなフォークとナイフを使う食事を想像されるでしょうか?ですが普段口にしている和食にもマナーがあるんです。まずは、お箸を手に持つとき。お箸を持つときはどのように持ちますか?・丁寧に両手でつかむ?・さっと片手で持ち上げる?お箸を手にするときは、3つの手順があります。1.右手でお箸の右から1/3のあたりを上から持って上げる2.左から1/3の辺りを、下から添えるように左手で持 [続きを読む]
  • 過去の記事 …