新西 蘭 さん プロフィール

  •  
新西 蘭さん: 資産運用 with ニュージーランド
ハンドル名新西 蘭 さん
ブログタイトル資産運用 with ニュージーランド
ブログURLhttp://investmenz2012.blogspot.jp/
サイト紹介文値上がりする不動産や高配当の株式。ニュージーランド投資の魅力を体験をもとに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 13日(平均11.8回/週) - 参加 2017/04/19 21:00

新西 蘭 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 黒船Amazonがやってくる!
  • Amazonがオーストラリアに進出する計画があることを明らかにしたことで、ニュージーランドの小売業界が早くも警戒心を高めています。アマゾンCEO ジェフ・ベゾス従来型の店舗販売がメインの小売企業は、Amazonが本格的に進出してくれば大きな影響を受けると言われています。<NZの代表的小売企業>The Warehouse(日用生活雑貨・衣料品等)Noel Leeming(生活家電製品等)Farmers (衣料品・ホームウェア等)昨年Warehouse Group [続きを読む]
  • 価値を見抜く目を持っていますか?
  • NZ Herald紙の記事からの抜粋です。このくたびれた感じがする家の価格はいくらでしょうか?過去10年間、誰も住んでいないので、家の中は以下のように荒れた感じになっています。リビングと思われる壁紙の色は変色し、ところどころ破れてしまっています。塗装も剥がれ黒ずんだ汚れも目立ちます。下の写真は、エメラルドグリーン?とブルーに染められた異様に思える趣味のキッチン。この状態では汚くてとても使えそうもありません。 [続きを読む]
  • Suburbチェックは不動産投資の基本
  • 不動産仲介大手のBarfoot & Thompsonのデータをもとに、オークランドの住宅市場を「Suburb(地区)」ごとにチェックしてみました。以下は、今年3月の住宅用不動産(3ベッドルーム)の①平均売買価格、②平均レント/週、③利回りのデータです。テーマごとに、98地区を上位30地区まで集計してみました。①平均売買価格売買価格は上位30位まで100万ドル超えです。実際は、36位まで平均100万ドル以上で売買されています。この結果には [続きを読む]
  • 収入額による移民選別の始まり
  • ニュージーランド政府が移民に関する法律を改正したことでレジデントビザ取得が一段と厳しくなりました。Skilled Migrant Category(一般技能移民部門)では、申請条件のポイントが140から160へ引き上げられます。ポイントは学歴、職歴、年齢などで獲得数が設定されており、全ての合計が160を超えていなければ、申請のスタート地点に立てません。そのほか、英語テストのスコアや現地で仕事があることの証明は必須です。さらに、今 [続きを読む]
  • 不動産投資で失敗しないための教訓
  • 不動産投資用のローンをしている現地銀行から昨年度の返済明細書が届きました。<2016年度 ローン返済明細>①借入金総額  $557,780(2016年4月1日)②借入金総額  $536,173(2017年3月31日)③元本返済総額 $21,607/年(①ー②)④金利返済総額 $19,550/年⑤返済額合計  $41,157/年(③+④)■現在の返済状況保有している3軒それぞれにローンがあり、2つは昨年から開始した3年固定金利(4.39%)にしています。金利が下が [続きを読む]
  • <注目株>Restaurant Brands NZ(RBD)
  • 先週木曜日、株式購入を検討している企業の決算発表がありました。ニュージーランドとオーストラリアで、ファーストフードチェーン(KFC・Pizza Hut・Starbucks・Carl's jr)を運営するRestaurant Brands NZ(以下RBD)です。<2016年度業績>・総 売 上 高 49,720万ドル(前年対比28.3%増)・税引後利益  2,600万ドル(前年対比 7.8%増)RBDがもつフードブランド別の今期業績と新規投資、経営課題をチェックしてみ [続きを読む]
  • 70歳の母、シニア留学へ!(計画編1)
  • 今年、古希(70歳)を迎えた義母が脳トレと称して、地域コミュニティの無料英会話教室に通い始めて早3ヶ月。同年代の友人ができ、習った英語をいつ使うかの話で盛り上がるうち、「海外旅行もいいけど留学なんかできたらいいわね」という仲間の一言がきっかけで事が動き出しました。クラスのリーダー的存在のIさんが、「行くなら早い方がいいわよ。今年中に行きましょうよ!」と続き、トントン拍子に話を進めていきます。義母は、 [続きを読む]
  • 貯金50万円以下から脱出するには
  • Money Zineの記事に、貯蓄額が「50万円以下」という日本の30代・40代が、53.7%と過半数を超えているという驚きの調査結果が出ていました。極端な数字が出る上下10%のデータを除外した調整平均でも貯蓄額は「132万円」と、それほど多くありません。「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」現在の貯蓄額株や不動産などのお金を生み出す資産を持っていて、単純に手持ちの現金が少ない、というのならまだいいのですが、そうい [続きを読む]
  • 世界と戦うために必要なこと
  • 日本を拠点とし、世界最高峰のスーパーラグビーに参戦しているサンウルブズが、優勝7回の強豪チーム、カンタベリー・クルセイダーズとクライストチャーチで対戦しました。この試合では、勝敗よりも世界のトップレベルに対し、日本チームの実力がどの程度通用するのかを確認する方が現実的な目的です。対戦後のスコア(CRU 50 - 3 SUN)を見るとクルセイダーズの鉄壁ディフェンスを崩すことは、ほぼできなかったと言えます。実際、 [続きを読む]
  • 不動産収入は見えにくいけど実はガッチリ②
  • 前回の続きで、NZの不動産投資を収入面から見ていきます。①キャピタルゲイン資産価値の増加のことです。ニュージーランドで不動産投資する場合、キャピタルゲインを目的にしている投資家が大半といっても過言ではありません。私が購入したエリアの物件も、4〜5年前と比べ2倍近くキャピタルゲインしています。これまでのNZ不動産の歴史を見ると、不動産価値には多少の波がありますが、時間の経過とともに右肩上がりで上昇していき [続きを読む]
  • 不動産収入は見えにくいけど実はガッチリ①
  • ニュージーランドの会計年度は4月1日から翌年の3月31日までです。3月末になると、現地の不動産管理会社から簡単な年間収支報告書が届き、2016年度の収入と支出を確認できます。<年間収入>レント :$67,276<年間支出>管理費 :$6,164修繕費 :$1,178租税公課:$3,557合 計 :$10,899<年間収支>$67,276-$10,899=$56,377ここからさらに、銀行ローン、保険、レイツ(税金)、会計士費用、所得税などを差し引き、残ったもの [続きを読む]
  • 羽田からもニュージーランドへ
  • 羽田就航を記念して、ニュージーランド航空が、羽田ーオークランド往復航空券を79,000円〜(期間限定)で売り出しています。今回はNZ国内線の追加運賃は全て10,000円になるおまけ付きです。これは安い!と思ったのですが、79,000円になるのは旅行期間が8月26日〜11月30日の間の羽田便のみ。私の場合は、成田の方がアクセスが良い上、羽田便の運航スケジュールを見てガッカリ。やはり成田便の方がいいな、と思いました。それにして [続きを読む]
  • 富裕層に近づくための投資方法とは
  • 朝起きてニュースを見ると、日本円がNZドルに対し76円台まで高騰していました。「リスク」と呼ばれる「何か」が発生すると、NZドルは売られる一方、円は買われるので為替は激しく変動します。今回は、アメリカのシリア攻撃や北朝鮮への圧力が地政学リスクを高めていることが要因とニュースでは解説していますが、特に大きな事件が発生したわけではないようです。理由はどうあれ、株式投資をする者にとっては、市場の振れ幅が大きく [続きを読む]
  • 元本保証という言葉のリスク
  • 若作りした62歳の女が7億円も集めてしまう詐欺事件が起きました。ゼロ金利の時代に25%の利息というのはインパクトがあります。大企業の名前を使って言葉巧みに信用させ、仕上げに「元本保証」というキラーフレーズで、損をするという恐怖を消し去ってしまう。一般的に、お金が増える喜びとお金を失う(損をする)怖さの2つの感情を天秤にかけると後者が勝つことが多いと言われます。億単位のお金を集めるだけのスキルがあれば、セ [続きを読む]
  • 不動産いつ買うか、◯でしょ。
  • Westpac Bankのリポートによると、オークランドの住宅不足は改善する前に、もっと深刻になると警鐘を鳴らしています。オークランドの人口は2011年から2016まで11%増加したのに対し、住宅在庫は6%しか増えていません。現在では35,000もの住宅が不足しており、この需要に対応するには年間11,000ペースで住宅を建設する必要があります。しかし、実際の建設ペースは20%も少ない状況です。その要因には主役となる建設業界が直面する課題 [続きを読む]
  • 物件選びで注意すべきこと
  • ニュージーランドではサイクロンによって水害の被害が出ています。さらに次のサイクロンが迫っており、今後の進路が心配です。オークランドの不動産の場合、See View(海が見える)があると、家そのものの価値が上がります。不動産投資を始めた当時は、予算内でSee View物件を見つけることもできましたが、あえて海から距離がある物件ばかりを選んでました。前年に発生した東日本大震災の津波の映像が脳裏に焼き付いていたので、海 [続きを読む]
  • 低金利時代のアクティブ運用
  • NZドルが数ケ月ぶりに1ドル77円台をつけています。ニュージーランド準備銀行のウィーラー総裁の発言等々によって、低金利がしばらく続く見方が広がっており、NZドルは一時の高値からは随分と下げた気がします。銀行の定期預金(1年)は概ね3%台前半で、物価上昇を考えると銀行に預金しておいてね、と思っても仕方なく、不動産や株式に投資し、より高い利回りで運用したくなるもの当然です。規制が強まった不動産(住居用)より [続きを読む]
  • オークランド住宅平均価格(2017.3)
  • 不動産仲介大手のBarfoot & Thompsonは、今年3月のオークランド平均住宅売買価格は$968,570-と発表。Quotable Valueのデータによると、全国の住宅平均価格は過去1年で12.9%上昇していますが、直近3ケ月では0.6%のみしか上がっていません。オークランドにおいては直近3ケ月は−0.2%の下落。LVR規制の効果が出ていると考えられています。当面、住宅価格の上昇は落ち着くだろうとみられていますが、この融資規制の効果がどれだけ [続きを読む]
  • アパートメントもありかも
  • 2012年頃から始まったニュージーランドの不動産価格の上昇は、昨年くらいまで4年程度続きました。その後、政府の住宅価格対策もあり、今年は横ばいまたは多少下落しており、不動産ブームも一旦終了、といった様相です。オークランドのリスティングも昨年比で20%増えて、売り手市場から買い手市場へのシフトが起こりつつあるように感じています。とはいってもオークランドの不動産価格は別格で、いくら将来的なキャピタルゲ [続きを読む]
  • Fletcher Buildingへの投資
  • オークランドは急激な人口増によって住宅不足が問題になっています。またインフラの整備も急務で、昨年オークランドを訪ずれた際も工事中の場所を多く見かけました。これだけ仕事があれば、さぞかし建設会社は儲かっているだろうと思ってたら、大手建設会社のFetcher Building(FBU)の株価が急落。理由は決算発表での予想外の大幅減益というニュースでした。株価は今年の$11に近い最高値から$8を割り込み、1年ぶりの安値をつけて [続きを読む]
  • ブログ開始
  • ニュージーランドは人口が500万人に満たない小さな島国です。当然ながら経済規模は日本と比べてしまうと非常に小さく感じます。しかし、投資先としてニュージーランドを見ると、経済成長が止まっている日本よりもはるかに輝いて見えます。今後しばらく人口増が続くニュージーランドでは、不動産は長期的にみて魅力的な投資対象です。また、NZX(ニュージーランド株式市場)の上場株は高配当銘柄が少なくありません。株価の値上 [続きを読む]
  • 過去の記事 …