佐藤健太 さん プロフィール

  •  
佐藤健太さん: kingpistachio | 編集者佐藤健太の仕事とブログ
ハンドル名佐藤健太 さん
ブログタイトルkingpistachio | 編集者佐藤健太の仕事とブログ
ブログURLhttp://kingpistachio.com/
サイト紹介文Web編集者、佐藤健太(@king_pistatio)の仕事内容とブログ。HNはピスタチ王
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 156日(平均3.3回/週) - 参加 2017/04/19 23:08

佐藤健太 さんのブログ記事

  • 転職エントリー〜満を持してエバーセンスに入社しました
  • いやー、満を持したわぁ。満を持した。正直言って自分でもこんなに持すとは思わなかったよね、実際。でも、持しちゃった、満。持すよね、結局。やっぱり持すときは持すんだよね。と、いうことで、本日より株式会社エバーセンスで働くことになりました。職種はメディアプロデューサー。育児医療メディアの編集者として働きます。育児メディアを作っているだけあって、育児中の僕にとって、とんでもなく働きやすい環境が整っています [続きを読む]
  • 本日、「無職」最終日!
  • お世話になっております。先月末から無職の私です。いよいよ明日から、会社員生活(1カ月ぶり3度目)が始まります。未熟な私がひと月もたたずに再就職できたのは、ひとえに僕を「編集者」に育ててくれた先輩方のおかげ。元『エンジニアtype』編集長の伊藤さんと、元『営業type』編集長の根本さんには感謝しかない。転職活動やってみて、本当にそう感じた。紙媒体出身の編集者であるお2人がいなかったら、明日からの僕はいなかった [続きを読む]
  • 2歳の息子にGoProをつけて保育園での一日を見てみたい
  • 先週から急にイヤイヤ期が始まった2歳の息子くん。語彙も増えて、両親やお姉ちゃんに自分の伝えたいことをたくさん言うようになった。とはいえ、「にゅーにゅー」=「牛乳」「ちょまちゅ」=「トーマス」「あしゅでんちゃちんちゃんちぇんのゆ」=「バス、電車、新幹線、乗る」という具合なので、伝わらないこともしばしば。もちろん子ども同士でも伝わらないことが多いらしく、先日、保育園の友達を噛んでしまったのだという。す [続きを読む]
  • シェルフィー営業マン、武田佳祐さんインタビュー
  • 先日、1億円の資金調達をした株式会社シェルフィーの営業リーダー、武田佳祐氏さんにインタビューさせていただいた記事。⇒ソフトバンク接客コンテストで日本一を獲った男が語る、正義の営業論。「顧客満足が提供できないビジネスはありえない」ソフトバンクの接客コンテストでグランプリに輝いてから、大手不動産に転職した武田さん。そんな彼がベンチャーに転職するきっかけになった営業に対する熱い想いを、インタビューを通じ [続きを読む]
  • セクシー女優から営業に。plum葵まりんさんインタビュー記事
  • 元AV女優で、アダルトビデオメーカーplumの営業だった葵まりんさんにインタビューさせていただいた記事。⇒営業マンになったAV女優――「ファンの人から、今の方が輝いてるって言われるんです」twitterで彼女のことを知り、それきっかけで取材を申し込ませていただきました。「葵野まりん」「石原あい」という名前でAV女優として活躍していた彼女。記事を開いてもらうきっかけとしてタイトルこそ目立つものにしましたが、内容はも [続きを読む]
  • 別子飴本舗の営業マン、秦昇一さんのインタビュー記事
  • 愛媛県新居浜市の老舗お菓子メーカー、別子飴本舗の営業マンである秦昇一さんにインタビューさせていただいた記事。⇒シャイでも営業はできる――内気な経理課長がスーパー営業マンになれたわけ同社のHPの問い合わせフォームから取材依頼を送って、2日後に会社に電話がきた。前情報だと、かなりシャイと聞いていたのだけれど、電話で話す限りそんな印象は全く受けず。電話が終わるころにはすでに僕のことを「佐藤ちゃん」と、フレ [続きを読む]
  • うつになった編集者が生き残る手段としての散歩とラジオ
  • うつと診断されて、ここ数カ月間休職させてもらっている。休職直後と比べて、だいぶ症状も落ち着いてきたので、お医者さんからなるべく外出するようにと勧められている。だから、ほぼ毎日1〜2時間は散歩している。ジョギングするときもそうだけど、僕はまったく情報を得ずに時間を過ごすことができないたちなので、ラジオを聴きながらの散歩。気が紛れるし、流行も知れる。これいい。ラジオを聴いていることによって、トレンドの [続きを読む]
  • 子ども産まれたら絵がうまくなった
  • 僕は昔から絵を描くのがすごく苦手で、美術も5段階で2以下しかとったことない。だけど、子どもが産まれてから自然と絵を描く機会が自然と増えたこともあり、徐々に上手くなってきた気がする。とはいえ、まだ下手だけど。絵に自信がない人は子どもと遊ぶのおすすめ。Copyright © 2017 kingpistachio All Rights Reserved. [続きを読む]
  • いないいないばあ、ゆきちゃんの笑顔から不気味さを感じなくなってきた
  • 子どもたちとほぼ毎日見ているNHKの『いないいないばあ』。屈託のない笑顔に定評のあるゆうなちゃんから、ゆきちゃんに交代してから、彼女の顔を見るたびに言いようもない不安を感じていた。目がまんまるで、笑うときもあまり目が細くならないからなのか、それとも緊張からなのか、どことなく子どもっぽくない笑顔。でも最近、その不気味さが消えてきた気がする。ゆきちゃん自身が慣れてきたのか、僕が見慣れてきたのか、自然な感 [続きを読む]
  • 道路をサワガニが歩く街、柏崎
  • 地元柏崎に療養しに来ているんだけど、散歩をしていたらいましたよ。道路にカニが。サワガニかな?川からも全然離れているまあまあの市街地だったけど、いるんだね。見つけたとき、僕は驚いてカニさんを覗き込んだんだけれど、先方は特に驚いた様子もなく、ゆっくりと道路を横切って行ったよ。柏崎はどんどん過疎っていってるみたいだから、野生動物が増えているのかな?いっそのこと5年後くらいにジャングルになってほしい。それ [続きを読む]
  • 海沿いをジョギングするとすごく気持ちいい
  • 柏崎に来てからというもの、海沿いをジョギングするのが日課になっている。柏崎原発の南側にある青山稲荷という神社から自宅まで走るとちょうど10km。歩道がちゃんと整っているため、すごく走りやすいし、途中の潮風公園にはウッドチップコースがあるので、飽きずに走れる。radiko聴きながら走るので何も考えずに走れて超楽しい。明後日の朝に病院の予約が入っているので、明日帰京の予定だけど、もっとゆっくりしてたいなあ。Copy [続きを読む]
  • 慶応SFC村井純教授のイベントレポート
  • 2014年7月11日に明治大学で開催された『COI-T「感性に基づく個別化循環型社会の創造」シンポジウム』というイベントの中から、慶応SFC村井純教授の講演を取り上げた記事。⇒「インターネットの父」村井純氏、未来のモノづくり《ファブ地球》構想を語る当時、fablabなどの登場でものづくり系がとても熱を帯びていたころであったため、各地でそれ系のイベントが盛んにおこなわれていた。今読み直すと、すごく文章が未熟だけれど、内 [続きを読む]
  • ホームにむき出しの喫煙所がある駅、それが長岡駅
  • 地元に帰るとき、多くの場合に長岡駅を経由するんだけど今日新しい発見が。それは、ホーム上に喫煙所が設置されているということ。しかもむき出し!東京や神奈川の駅では、喫煙所は駅のホームどころか、駅舎の外に設置されていることが多いように思う。なんで長岡駅はホーム上にあるんだろう。国を挙げて禁煙を進めていこうとしているところ、あえて時代に逆行するそのストロングスタイル、嫌いじゃない。Copyright © 2017 ki [続きを読む]
  • 『さぼうる』にいってきた。
  • 先日(といってもかなり前だけど)、仕事で九段下に行く機会があったので、少し足を伸ばしてかの有名な喫茶店『さぼうる』にランチを食べる目的で行ってきた。僕が『さぼうる』を知ったのは『内村さまぁ〜ず』の都内の喫茶店を巡る企画の回。めっちゃ雰囲気よさげだなあと思い、ずっと行ってみたかった。?でも、でも、誤算が。時間が遅かったせいか、ランチメニューはすでに席にはなく、金欠の僕はコーヒー一杯しか頼めず。。あまり [続きを読む]
  • ひめキュンフルーツ缶の公式Tシャツが欲しいんです
  • 過去に取材した関係で、すっかりファンになってしまった愛媛県のご当地アイドル『ひめキュンフルーツ缶』。⇒『ひめキュンフルーツ缶のプロデューサー、伊賀千晃さんインタビュー』その公式Tシャツがかなりロックなデザインでかっこいいんですよ。「ひめキュンフルーツ缶 Tシャツ」の検索結果このデザインだったら、アイドルTとは思われないだろうから会社にも着ていけそう。と、いうことで、何とか手に入れようと、探しているんだ [続きを読む]