TAKAGI さん プロフィール

  •  
TAKAGIさん: TAKAGIの非正規ブログ
ハンドル名TAKAGI さん
ブログタイトルTAKAGIの非正規ブログ
ブログURLhttp://www.regularno.com/
サイト紹介文30代で退職して第三の人生を探しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 90日(平均6.0回/週) - 参加 2017/04/20 06:18

TAKAGI さんのブログ記事

  • 健常旅行 夏の陣 九州編 その③
  • 健常旅行・夏の陣。旅行をすると高いところへ行きたくなる私は、バスに乗って福岡タワーに来ました。空に向かってそびえたつビルディング。公園を散策してお腹がすいたので、タワー内のレストランに入ります。ランチメニューは生姜焼き定食。スマホを充電しながらゆっくり食べました。エレベーターに乗って展望室へ。結婚式場『マリゾン』。左側のビルの後ろにあるのがヤフオクドーム。福岡タワーを出て博多駅へ戻ります。福岡の名 [続きを読む]
  • 健常旅行 夏の陣 九州編 その②
  • 健常旅行・夏の陣。長崎からバスで福岡に到着しました。女子高生が「〜しとう?」と言ってます。リアル博多弁です。予約していたホテルへ。ホテル料金はポイントを使って1泊2,700円。汗を流すためにチェックインしてすぐにシャワー。くさい体をごしごしと洗いました。ベッドに横になって天井を見ながらボーッとしていました。しばらく休んで博多の街を探検。有名な中洲を見ておこうと思ったのです。繁華街経験が年齢に伴っていない [続きを読む]
  • 健常旅行 夏の陣 九州編 その①
  • 健常旅行・夏の陣。2014年に横浜へ出張したのをきっかけに、毎年夏に健常旅行をしています。北海道か九州か迷い、今年は九州に決めました。7月に行っていた旅行を前倒しで6月に決行。コスパを重視して平日の夜行バスを利用することに。九州経験が年齢に伴っていないため、足をのばしすぎると帰ってこれない気がして福岡と長崎の2県にしぼりました。まず長崎へ行き、福岡に戻って大阪に帰るプランを計画。大阪から長崎まで夜行バス [続きを読む]
  • ツイッターから離れて見えたもの
  • 久しぶりに更新します。ツイッター休止宣言をして一ヶ月足らずで帰ってきた高木です。ぼくは昔から6月が一年のうちで最も苦手な月でした。神経過敏、不安、だんだんと精神が蝕まれていくのを感じていました。そのイライラが限界に達し、衝動的にツイッターをやめるという行動に出ました。今思い返すと、あれほど2chの書き込みに反応してしまったのは6月病とも呼ばれる適応障害を起こしていたのが原因だったのかもしれません。ツイ [続きを読む]
  • 合理的配慮で優しい社会に。障害者差別解消法とは?
  • 格安航空会社バニラ・エアで搭乗拒否された自称プロ障害者の木島英登(きじまひでとう)さんが話題になっている。ネットでは悪質なクレーマーだと大きく騒がれており、一体どんなヤカラなのかと木島さんのページを見に行った。木島英登さんとは木島さんは1973年生まれ。「木島英登バリアフリー研究所」の代表で、世界のバリアフリー事情を調べて各地で講演を行っている。高校ラグビー部の練習中に脊髄を損傷して両足が動かなくなっ [続きを読む]
  • ツイッターの皆様へ
  • この度、6年間続けていたツイッターをやめました。黙ってフェードアウトしても別によかったのですが、宣言したほうが気持ちを上手く切り替えられそうな気がして、こういう形を取りました。ツイッターをやめた一番の理由は『2ちゃんねる』のスレッドに我慢できなくなったからです。最初は大したことなかった書き込みも徐々に内容がエスカレートして、もはやスレッドは悪意を排泄する悪魔の便所。会ったこともない人間をここまで悪く [続きを読む]
  • 学校の「ブラック部活動」が改善されない理由
  • 近頃、学校の部活動をめぐる問題がたびたび起こっています。そんなに大変なら部活動を廃止すればいいんじゃないの…と思っています。学校によっては部活動が強制になっていて(僕の学校もそうでした)、そこまでして部活動を続けなければいけない理由は何なのか、考えさせられます。学習指導要領において部活動は「生徒の自主的、自発的な参加により行われるもの」と位置づけられています。子どもがしたくなければしなければいいの [続きを読む]
  • 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』感想 【ネタバレなし】
  • タイトルが気になって映画『ちょっと今から仕事やめてくる』を観てきました。感想をちょっとだけ。ネタバレのほうは控えます。あらすじ青山隆(工藤阿須加)が働く会社は、部長が出社すると部下は全員総立ちで挨拶。朝礼でラジオ体操を行ったあと「遅刻は罰金」「有給はいらない」「上司の指示は神の指示」など気の狂った社訓を絶叫。残業は毎月150時間。パワハラ部長が激しいノルマと殴る蹴るの暴行で部下を支配するブラック企業 [続きを読む]
  • 実家暮らしは気持ち悪いという気持ち悪い価値観
  • 坂上忍が「30歳で実家に住むって…」と発言した件が話題になっている。覚せい剤よりも実家暮らしの話が盛り上がるとは、何とも日本らしさが出ていると思う。日本では無条件に実家暮らしを否定する人間が多い。しかし実家暮らしが良くない根拠についてちゃんと話す人は少ない。実家暮らし反対派は反論できなくなるとすぐ「マザコン」だとか「甘えだ」と暴言を吐くからだ。実家暮らしにこだわるのはどうせ30代まで私は30歳を過ぎて実 [続きを読む]
  • 生活保護は美味い飯を食うべき
  • 生活保護受給者は生活保護で美味い飯を食え。これは僕の持論です。インターネットでは生活保護受給者に対して「税金で贅沢するな」「さっさと働け」と批判するような書き込みが多いです。僕はこの「贅沢するな」という強迫が生活保護受給者の社会復帰を妨げているのではと思っています。生活保護受給者に必要なのは活力です。質素な生活をするよりも美味しい飯を食べて英気を養うのが良いはずです。生活保護に対する社会の風当たり [続きを読む]
  • 「足るを知る」は持ってる者の余裕である
  • こんばんは、持たざる者です。先日、ドラマで「足るを知る」という言葉を聞いたので、今日はそれについて書きます。『まじかる☆タルるートくん』で見て以来、久し振りに聞きました。足るを知る者は富む『満足する者は、貧しくとも精神的に豊かで幸福である』なぞいう意味らしいです。しかし、貧乏生活を好む人なんているのでしょうか。やはり「貧しい現実を受け入れれば幸せなのか?」という疑問があります。街頭アンケートで「貧 [続きを読む]
  • 【2017年5月】Googleアドセンス審査に一発合格した話
  • 3月にブログを開設し、無事Googleアドセンスの審査に一発合格しました。ネット上には数多くのGoogleアドセンス審査の攻略サイトがあります。参考になる情報もあれば、けっこうデタラメな情報もあります。書いている内容もマチマチで、一体どれが真実がなのかよく分からなくなります。また、Googleから審査の合格基準が公表されておらず、審査に合格した僕でも「これが正解だ。」と言い切れないところがあります。ですので、今回は [続きを読む]
  • 日本人の怠け者ぶりは世界トップクラス
  • 熱意のある社員が6%日経新聞に興味深い記事があった。最初だけ読んでも日本人の勤労意識の低さが伝わってくる。139ヶ国中で132位とは、まさに世界に誇るべき怠け者である。世論調査や人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップが世界各国の企業を対象に実施した従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)調査によると、日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%しかないことが分かった。米国の32%と比べて大幅に低く、調査し [続きを読む]
  • 研修中の新入社員が疲れ切っていた
  • 今日、国民健康保険料を納付するため、銀行からお金を引き出しました。入り口では学生でも通用しそうな若い女の子が大きな声で「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました!」と叫んでいます。おそらく新卒で入行した行員の研修中なのでしょう。隣には上司と思われる男性がジッと彼女を監視しています。こういうのを見ると銀行はサービス業だなあと感じます。僕は過去に銀行や郵便局の対応が気に入らなくて何度かブチ切れたこ [続きを読む]
  • 非正規ブログ人気記事ベスト10
  • こんばんは高木です。前回、ブログのアクセスから不人気記事ベスト10を発表しました。非正規ブログ不人気記事ベスト10 - 非正規ブログ今回は人気記事ベスト10を発表します。それでは10位からザーッといきます。第10位「非正規雇用のメリットとデメリット」www.regularno.com第9位「4月から無職になります」www.regularno.com第8位「無内定で大学を卒業して転落」www.regularno.com第7位「無職は誰にも支配されない」 [続きを読む]
  • 非正規ブログ不人気記事ベスト10
  • ブログの方向性を考えるため、自分のブログでアクセスの多かった記事、少なかった記事を調べることにしました。まずはアクセスの少なかった不人気記事ベスト10を発表します。自分の書いた記事を客観的に批評していきます。ランキングにはあっさり書き終えた記事、苦労して書いた記事、よくわからない記事が並んでいます。それでは10位からどうぞ。第10位「ほぼほぼを使いこなしたい」www.regularno.com「そうか、勝手に使え [続きを読む]
  • 非正規ブログの方向性と今後の対策
  • 非正規ブログを始めて2か月が経った。ブログのコンセプトは一応「非正規」としているが、内容は雑多で統一感はない。自分の書いた記事も1日経つと忘れている。書いた本人さえ忘れてしまう始末なので、読んで下すった読者の人はもっと忘れていることだろう。今のままではツイッターで投げっぱなしのツイートと変わらない。日記ブログなんて そんなモノかもしれないが・・・。それでも、記事を更新すれば雀の涙ほどの収益が入ってく [続きを読む]
  • 『不安な個人、立ちすくむ国家』を読んだ感想
  • 経済産業省の役人が書いた資料が話題だったので読んでみた。不安しか無い日本なのに、解決する政策は示されていない。だから新しい社会システムを提案する、という内容の資料である。日本は不安と不満ばかりウチの会社ブラック企業なんじゃ…何でもかんでも自己責任にされるいつまで終身雇用やってるの政治は上級国民しか見ていない年金支給が71歳から…本当に払う気があるの?口を開けば不平不満ばかり。明るい話題は何もない。来 [続きを読む]
  • リスクマネージメントができない人生
  • 最近「一つのバスケットに卵を入れるな」という言葉を見ました。投資ビジネスやらで使われている言葉で、一つのバスケットに卵を全部入れた場合、そのバスケットを落とすと全部割れて終わりだよ。だからリスクを避けるために複数のバスケットに入れておきなさい。という意味なのですが、僕はこれができません。就職活動をしている学生の行動にも見られるように、企業へのエントリーは複数出すのが当たり前になっています。不採用で [続きを読む]
  • 久しぶりに会社員スーツを着て外に出た
  • 用事があって、もういつぶりかも分からない会社員スーツを着て外に出た。格好だけなら無職とは分からない。完全にサラリーマンに見える。スーツを着ると体が思い出す。全身が締め上げられるような息苦しさを。同時に、体が仕事を求めている。無職は暇すぎる。とはいえ仕事をすると苦しみばかり。人生について考え出すのは精神が病んできてる証拠である。ブログを書くこともスッカリ忘れていた。梅田を徘徊していると、ある広告がデ [続きを読む]
  • 60日連続ブログ更新を達成
  • 今日で60日連続ブログ更新を達成しました。おめでとうございます。最初は「ブログを毎日書くなんて楽勝じゃないか。だって無職だし。」とナメて掛かっていたのですが、毎日ブログ更新することの何と難しいことか・・・。何がしんどかったかと言うと、まず見出しを考えること↑こういうのとかフヒヒヒwww↑こういうのですブログの書き方を書いてるブログを読んでいると「SEO(検索されやすくする)対策で見出しは絶対につけろ [続きを読む]
  • 就職活動で激しく疲労した
  • 今日は転職サイトを見ながら就職活動をしてました。履歴書のデータを保存したデスクトップPCが起動せず、履歴書を作り直すところから始まって頭が痛くなり、求人サイトを見ているとゲボを吐きそうになりました。【未経験者歓迎!】と書いてある求人サイトは「◯◯の経験優遇します♪」「実務経験◯年以上◎」「年収600万円からのスタート★」などいう求人ばかりで、どう考えても未経験を採用する気がない。「この会社は未経験でもO [続きを読む]
  • 母の日にプレゼントを贈った
  • 母の日。妹が母親に毎年プレゼントを贈っているのを最近になって知った私は、今年は何かしないとマズイと思い、とりあえず花屋に行った。根がどこまでも単純にできてる人間なので、店員さんの「何でもご相談にのりますよ?」の一声であっさりと購入を決める。鉢花タイプのポット・カーネーション。「母さんいつもありがとう」と健常メッセージカードを添えた。しかし、脳がどこまでも非健常にできているので「こんなので本当に喜ぶ [続きを読む]
  • 長い長い1日が終わった
  • とても忙しい1日だった。昨日の夜中に「やろうとしたのに、放ったらかしにしてること」を考えていた。就職活動無職なので就職活動をしなければならない。失業保険も貰えない。4月にアルバイトの履歴書を送って無反応で終わってから長いこと何もしてない。資格の勉強前の会社で「高木君、資格を取れば正社員が近づくよ」と言われていたのだが、その職種でやっていくのに疲れて辞めたので気が進まない。試験を申し込んで放置。英語 [続きを読む]
  • 飲み会が嫌いになる5つの理由
  • こんばんは、高木です。前に飲み会のメリットについてブログで書いたのですが、根がどこまでもひねくれている人間なので、ビジネスサイトで飲み会の記事が出るたびに「また飲み会を強要するプロパガンダか」と腹を立てています。www.regularno.comなぜなら僕は飲み会が大嫌いだからです。今日は飲み会が嫌いで嫌いで堪らない人間の目線で書きますので、飲み会嫌いの人に「その気持ちわかる」と共感して頂けると幸いです。飲み会が [続きを読む]