近藤正憲 さん プロフィール

  •  
近藤正憲さん: 色彩認定講師カラリスト近藤正憲COLOROZA
ハンドル名近藤正憲 さん
ブログタイトル色彩認定講師カラリスト近藤正憲COLOROZA
ブログURLhttp://ameblo.jp/coloroza/
サイト紹介文めまぐるしい日常、ちょっと羽を休めに来ませんか?感動とは日常の見聞の中、そこかしこに転がっているもの
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 37日(平均5.3回/週) - 参加 2017/04/20 09:18

近藤正憲 さんのブログ記事

  • 特別無料講演『マンセル没後100年に寄せて』のご案内
  • 【特別無料講演『マンセル没後100年に寄せて』のご案内】●日程:2017年6月3日(土)●時間:16〜18時●場所:文化学園大学A館20階大ホール●申込:不要●費用:無料●内容:以下のとおりです (1)知られざるマンセルの人物像と業績/北畠耀(文化学園大学名誉教授)(2)表色系開発の100年と最先端の課題/大住雅之(株式会社オフィス・カラーサイエンス)(※敬称略) 以上、奮ってご参加くださ [続きを読む]
  • 色彩認定講師への道(7)
  • 2012年に受講した、こちらの続きです。【色彩認定講師への道(6)】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12276912498.html色彩検定協会(旧A・F・T)主催である、●色彩講師養成講座の第4回(全12回)の講師も、第3回と同じく、坂田勝亮(さかたかつあき)先生で、女子美術大学/芸術学部の教授でいらっしゃる方でした。前日に予想したとおり、やはりこの日は修羅場でした。くじ引きでテーマを定めて、5分間の模擬講 [続きを読む]
  • 色彩認定講師への道(6)
  • こちらの続きです。 【色彩認定講師への道(5)】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12276811514.html 色彩検定協会(旧A・F・T)主催である、 ●色彩講師養成講座の第3回(全12回) の講師は、坂田勝亮(さかたかつあき)先生で、女子美術大学/芸術学部の教授でいらっしゃる方でした。 実に板書が多い講義でしたが、あらためて自分の実力が虫食いだらけだということを痛感しました。特記事項を [続きを読む]
  • 色彩認定講師への道(5)
  • こちらの続きです。【色彩認定講師への道(4)】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12275935932.html色彩検定協会(旧A・F・T)主催である、●色彩講師養成講座の第2回(全12回)の講師は、半谷進彦(はんやのぶひこ)先生で、NHKのアナウンサー指導部のエグゼクティブ・アナウンサーでいらっしゃる方でした。(※協会は毎回、どんだけスゴイ方に依頼しているのでしょうか!?)半谷先生には、●講師としての話し方を [続きを読む]
  • 銀色ハンドキャノン
  • 【最初にお願い】銃器類のお話が苦手な方は、閲覧をご遠慮くださるよう、どうぞよろしくお願いいたします。――――――――――あれから2ヶ月間の熟慮の結果、まる8年振りに、ある1丁のモデルガンを購入いたしました。●エアガン…プラスチック製の弾丸(最近は直径6mmの球形BB弾)を発射できるが、機構は実銃と異なる。●モデルガン…弾丸は発射できないが、火薬による発火で音と煙を楽しめ、機構は実銃に似せてい [続きを読む]
  • 色彩認定講師への道(4)
  • さてさて、こちらの続きです。【色彩認定講師への道(3)】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12273804518.html私本人は、気まぐれなタイミングで書いておりますので、どうかご容赦ください(苦笑)色彩検定協会(旧A・F・T)主催の色彩講師養成講座を受講しようとするも、東日本大震災のため、協会の計らいによって、1年間見送りとなった私ですが、年が明けて2012年1月、どういうわけだか、色彩検定協会(旧A・F・T [続きを読む]
  • 私が所属する各種色彩コミュニティ
  • (※正しく認識していただくために、ここらで一度整理を…)かねてから私が「色彩だ、カラーだ」と、東奔西走しているのは、すべて同じコミュニティなのではなく、以下のように多岐にわたります。(※他のカラリストさん達も同様か、それ以上に…)(1)色彩検定協会(旧A・F・T)  http://www.aft.or.jp/instructor/detail.php?id=37(2)(1)の認定講師養成講座の受講時の同期チーム(3)東京商工会議所(カラーコーディネータ [続きを読む]
  • 母の日感謝企画「母なる宇宙を描こう」
  • ここ最近は「朗読劇団/桃色旋風」に出入りしている私ですが、それよりも随分前から、随分お世話になっているお姐さん方の朗読ユニットがございます。それが、こちらです♪ 1!2!3!【IZUMIKA Official Web Site】http://izumika-official-web-site.webnode.jp/鍵盤奏者の順いづみさんと、朗読家の橋本美佳さんのファースト・ネイムを合わせて、「いづみ+みか=いづみか(IZUMIKA)」というユニット名なのです♪ キャッ [続きを読む]
  • 色彩認定講師への道(3)
  • 他の話題にすっかり押されてしまいましたが、こちらの続きです。【色彩認定講師への道(2)】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12267064928.html私本人は、気まぐれなタイミングで書いておりますので、どうぞご容赦ください(苦笑)さて、色彩検定協会(旧A・F・T)主催の色彩講師養成講座を受講しようとするも、東日本大震災のため、協会の計らいによって、1年間見送りとなった私ですが…年が明けて2012年1月。どうい [続きを読む]
  • 【告知】失われた色を求めて 〜植物染め・伝統100色を今の世に〜
  • 色彩に興味がある方々へ、TV番組のご紹介です♪ ―――――――――― 【放映チャネル】NHK−BS 【放映日時】5/10(水) 20:00〜21:30 【番組タイトル】失われた色を求めて 〜植物染め・伝統100色を今の世に〜 【番組情報】世界に例がない豊かな日本の伝統色。染織史家・吉岡幸雄は英国の博物館から永久保存用の植物染めを依頼された。失われた材料を求めて「色の世界」を旅 [続きを読む]
  • 桃色旋風 vol.6
  • 前回までのあらすじです(笑) 【桃色旋風 vol.5】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12259675939.html これが楽しくて、楽しくて、この公演の翌日には「vol.6」を予約・入金していました♪―――――――――― 今回は、ちょうど宇都宮から岐阜に帰省するタイミングだったので、運良く訪問することができました♪ 毎回3本の物語が、休憩やトークをはさんで進行されるのですが、脚本が楽しいうえに、それを [続きを読む]
  • 「草間彌生/わが永遠の魂」展
  • ただ今、東京・六本木/国立新美術館で「ミュシャ展」と併設されているのが「草間彌生(くさまやよい)展」ですが…草間彌生氏と言えば、瀬戸内海・直島で観た「カボチャ」です♪ 「ミュシャ展」と併設されているなら… 「ここで会ったが百年目!」一期一会の如く、ぬかりなく鑑賞してきました♪ 「ミュシャ展」と同様、会場のレイアウトが大ざっぱで独特なこの方の展覧会は、語るだけ野暮というもの。&nb [続きを読む]
  • ミュシャ展
  • ハッキリ申し上げて、私自身は「ミュシャ」のファンというわけではありませんでした。代表的な「アール・ヌーヴォー」の一連の作品群は、どこかの書籍で目にしてはいたものの、 「あら、可愛らしいんだねェ…」 くらいにしか思っておらず、それほど思い入れはなく、実際にそれだけなら、この展覧会にわざわざ足を運ぶこともなかったでしょう。 ところが、3月に某・懇親会で話題になった際に、こちらの公式サイト [続きを読む]
  • 色彩講師研究発表会/2017年春/東京2日目所感
  • 【色彩認定講師への道(2) 】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12267064928.html (※このお話のつづきは、本日もお休みです。誠に申し訳ないです…) 去る4/22(土)に、 色彩検定協会(旧A・F・T)主催色彩認定講師ライセンス更新にともなう研究発表会の2日目 が無事に終了しました。本日は、【色彩講師研究発表会/2017年春/東京2日目メモ】http://ameblo.jp/coloroza/entry-1226 [続きを読む]
  • 色彩講師研究発表会/2017年春/東京1日目所感
  • 【色彩認定講師への道(2) 】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12267064928.html(※このお話のつづきは、本日はお休みです。誠に申し訳ないです…)去る4/21(金)に、色彩検定協会(旧A・F・T)主催色彩認定講師ライセンス更新にともなう研究発表会の1日目が無事に終了しました。本日は、【色彩講師研究発表会/2017年春/東京1日目メモ】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12267789431.html を元に、こ [続きを読む]
  • 写真等の画像の解像度調整について
  • 最近のカメラは性能が良く、普通に撮るだけで、 ●縦3,000ピクセル×横4,000ピクセル など、かなりの高解像度になります。ここで注意していただきたいのは、 (1)出版等の印刷に使うなら、ある程度、解像度は高い方が良い(2)Webやパワーポイント等の画面表示に使うなら、解像度は下げた方が良い   (※長辺を1,000〜2,000ピクセル以下に…) ということです。 例えば、写真 [続きを読む]
  • 色彩講師研究発表会/2017年春/東京2日目メモ
  • 色彩検定協会(旧A・F・T)主催色彩認定講師ライセンス更新にともなう研究発表会の2日目 も無事に終了しました。 本日もそのまとめでも所感でもなく、取ってきた生々しいメモを掲載いたします。(まとめや所感は、後日改めて掲載いたします。) 本来ブログとは「日記」等ではなく、学生が「研究結果」を保存しておいたのが発祥ですから、本日もそれに一番近いかと。 「ウェブにログする(記録する [続きを読む]
  • 色彩講師研究発表会/2017年春/東京1日目メモ
  • 色彩検定協会(旧A・F・T)主催色彩認定講師ライセンス更新にともなう研究発表会の1日目 が無事に終了しました。 本日はそのまとめでも所感でもなく、取ってきた生々しいメモを掲載いたします。(まとめや所感は、後日改めて掲載いたします。) 本来ブログとは「日記」等ではなく、学生が「研究結果」を保存しておいたのが発祥ですから、本日はそれに一番近いかと。 「ウェブにログする(記録する)=ウ [続きを読む]
  • 色彩認定講師への道(2)
  • 【色彩認定講師への道(1) 】http://ameblo.jp/coloroza/entry-12266993381.html(※このお話のつづきです…)私は最初、自分のいる建物に、何か大きなモノがぶつかったのかと思いました。例えば、大型トラックが衝突してしまったとか…。でも、その衝撃が大きいまま持続するので、どこかで何かが爆発し続けているのかとも思いました。もっと頭をフル回転させて、この地球が爆発してしまうのではないかとも思い、やりたいことは [続きを読む]
  • 色彩認定講師への道(1)
  • 今週は、 色彩検定協会(旧A・F・T)主催色彩認定講師ライセンス更新にともなう研究発表会 が2日間にわたって開催されますが、 「そもそも、色彩の認定講師になるには、まずどうしたらよいのでしょうか?」 というお問い合わせを数件いただいたので、まずこちらをご覧ください… 【内閣府認定 公益社団法人 色彩検定協会/セミナー・講座/色彩講師養成講座のご案内】http://www.aft.or.jp/learn/ [続きを読む]
  • 色彩認定講師ライセンス更新時の研究発表(私の場合)
  • 昨日、予告いたしましたように、今週は、色彩検定協会(旧A・F・T)主催色彩認定講師ライセンス更新にともなう研究発表会が2日間にわたって開催されますが、私は両日ともに聴講する予定です。色彩検定協会(旧A・F・T)主催の「色彩講師養成講座」を半年間受講し、最終試験で合格した色彩認定講師の皆さんが、●3年毎のライセンス更新時に、20分弱の研究発表を行う●向こう12年まで(つまり計4回)という課題を与 [続きを読む]
  • スーパー浮世絵/江戸の秘宝館
  • 「秘宝館」というと世間一般では、「あら、まぁ、やだわ!」なんて内容だったりするわけですが、こちらの「秘宝館」はお子様連れでも、まったく問題ないどころか、むしろお子様を連れて来られた方が、喜ばれる「秘宝館」です♪【『スーパー浮世絵/江戸の秘宝館』公式サイト】https://superukiyoe.com/●期間:1/28(土)〜5/21(日)●会場:日本橋茅場町特設会場●所在:東京都中央区日本橋茅場町1−8−1 茅場町1 [続きを読む]
  • 「これぞ暁斎!」展
  • 今年1/15に観た「マリメッコ」展をきっかけに、ようやくその位置を憶えた「Bunkamura ザ・ミュージアム」。2009年には「だまし絵」展で訪れているはずですが、渋谷独特の「扇形」の地理が、私の記憶を曖昧にしてしまうのです(苦笑)今回(4/10)訪れたのは「これぞ暁斎(きょうさい)!」展。平日(しかも月曜日)の午前中という、もっともラッシュを避けられる時間に訪れました。ハッキリ申し上げて、私自身は「河 [続きを読む]
  • 青鬼と赤鬼
  • 【facebookでの導入編】 昔々、ある所に、青鬼が十五年間、呑気に暮らしておりました。 すると突然、赤鬼がやってきて、 「オイラも一緒に棲まわせてちょんまげ!」 と頼んできました。すると青鬼は面白がって、 「じゃあ、何かやってちょーだいませませ♪」(by さだまさしさん) とけしかけました。 「ンボボボ♪ボンボボ♪ボンボン♪…」「ベーンべキベ♪キベキ♪ベーンべキベ [続きを読む]