千代ヶ梅 さん プロフィール

  •  
千代ヶ梅さん: 土俵一路
ハンドル名千代ヶ梅 さん
ブログタイトル土俵一路
ブログURLhttp://hakunetsusumo.blog.jp/
サイト紹介文大相撲の本場所観戦記、予想番付、場所後総括、取組別の解析など、「今」の角界を熱く鋭く語り尽くします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 91日(平均1.6回/週) - 参加 2017/04/20 10:08

千代ヶ梅 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 平成29年名古屋場所 終盤戦展望
  • 幕内白鵬 10−0色々こね回して書くことは出来るのを敢えて一言で纏めるなら、立合いでワンパターン(にならざるをえないコンディション)の白鵬ならば対応できるけど、複数パターンを使い分けてくるときの白鵬には、まだまだ各力士が幻惑されて相撲を取らせてもらえない... [続きを読む]
  • 双羽黒事件後の横綱昇進基準(2)
  • もう少しそもそも論についての考察を深めておこう。双羽黒事件を経ての横綱昇進基準厳格化については、①双羽黒(あるいは横綱昇進を審議される立場の大関全般)の素行・品格について②優勝経験がないまま横綱に昇進させたことについて という2つのポイントから述べられる... [続きを読む]
  • 足親指の負傷と踏み込み足(1)
  • まずは左(右)足親指が痛いという場合に左(右)足から踏み込めばどうなるかというところから。単純な疑問として、「一歩目を痛い側から出すとキツイんじゃない?」と思う人が多いでしょうけど、これはそうでもないというのが回答になります。痛い側を前に置くほうが負担に... [続きを読む]
  • 平成29年夏場所終盤戦展望
  • 両横綱の並走体制が着実に形作られはじめている夏場所優勝争い。今回も恒例の終盤戦展望記事にて独自に占って参りたいと思います。※鶴竜以外の3横綱については、取組別展望記事にて個別の取組についても検証していますので、そちらも併せてご覧ください。日馬富士 10−... [続きを読む]
  • 取組別展望 白鵬編 平成29年ver
  • 平成28年verはこちらvs嘉風 13−1 過去6場所 ‐‐‐○‐‐立合い、左張り右かち上げの形で嘉風を弾き上げ、猛烈なる攻防の末、血祭りにあげた嘉風をなおも土俵下へと吹き飛ばした白熱の2番(28年初・春)も、早いもので1年以上前のこととなった。過去6場所の対... [続きを読む]
  • 取組別展望早見 鶴竜編 平成29年ver
  • vs御嶽海 3−1 過去6場所 ‐○‐○●○小さくなってササッと間合いの中に入り込んでくるタイプゆえ、取りづらさはある。ただ、まともに引いて自分の腰が崩れるような形ならばともかく、よく視ながら相手の突きを跳ね上げつつ、機を見て右で上手でも下手でも廻しを引... [続きを読む]
  • 花形力士取り口分析 玉鷲
  • 玉鷲一朗 出身:モンゴル 生年:昭和59年 所属:片男波 身長:189センチ 体重:168キロ タイプ:突き押し型<立合い分析>33歳にしてキャリアの春を謳歌する遅咲きの大器。仕切りで手つきの位置を前目に置くようになったのが開眼のキッカケで、ちょうど上か... [続きを読む]
  • 花形力士取り口分析 高安
  • 高安晃 出身:茨城 生年:平成2年 所属:田子ノ浦 身長:186センチ 体重:171キロ タイプ:左四つ左腰型?<立合い分析>以前は複数のパターンを織り交ぜるタイプだったが、大関が間近に迫ってきた感のある28年下半期以降(とりわけ29年に入って以降)は、体... [続きを読む]
  • 平成29年春場所 終盤戦展望
  • 終盤戦を目前に控え、たいへんな盛り上がりを損なうことなく進んで来た春場所の土俵。いつもどおりグダグダと展望してまいりましょう。優勝圏内に残っている4力士のみの記載となることご容赦ください。稀勢の里 10−0 中盤までは、とてもとても強かった昨年春・夏の相... [続きを読む]
  • 過去の記事 …