botan さん プロフィール

  •  
botanさん: インテリ系女子の品よくきれいな50代
ハンドル名botan さん
ブログタイトルインテリ系女子の品よくきれいな50代
ブログURLhttp://bright-side.sakura.ne.jp/WP/
サイト紹介文私たち世代らしく、知識や経験・頭脳を使って楽しく素敵な毎日を送りましょう。
自由文脳科学からの見地も用いながら、美しい姿のありかたや、幸せを見つけるセンスを探りたいと思います。同じ年代の皆さんと、毎日の素敵なことや楽しいことを共有できたら嬉しいです。
美容や健康に関連する商品を試し結果をリポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 34日(平均9.7回/週) - 参加 2017/04/20 16:03

botan さんのブログ記事

  • 思いがけず、ぼっちごはん
  • 夫が外出、次男は遅くまで習い事という予定の夜、長男から仲間と出かけると連絡がありました。突然一人で晩御飯を食べることになりました。こんなことはめったにありません。「やった。好きなものを作ろう」と張り切り、トマトパスタとサラダを作りました。一人分のパスタは上手にアルデンテに仕上がったし、自分の好きな具材で丁寧に作ったパスタはおいしかったです。・・・でも、会話のない食卓って、晩御飯には寂しかったです。 [続きを読む]
  • 21穀米続けています。調子いいです。
  • 「雑穀米を食べ始めました」で書いた21穀米、続けています。ご飯に彩りが加わり、お弁当作りが楽しくなりました。高校生の長男からは「見た目のかわいさとかは、一切がんばらないように」と言い渡されていますが、やはりお弁当は楽し気な見た目にしたいもの。その方が作る楽しみも増すので、栄養とおいしさ+彩り重視を心がけて毎日作っています。食べることが大好きな私は、仕事をしながら、お弁当をすごーく楽しみにしています [続きを読む]
  • なくても平気と言ってごらん
  • 雨でも晴れても美しい季節になりましたね。季節が変わると、お店に並ぶ品も変わり、購買欲を掻き立てられます。素敵なもの、欲しいものがいっぱい。一つ手に入れるとそれに合う他のものが欲しくなったりもします。次男が幼い頃、「みんなが持ってるから」という理由でいろいろなものを欲しがった時期がありました。「本当に自分がほしいものなのか」「必要なものなのか」を考えてほしくて、「ブッダがせんせい」という本の、関連し [続きを読む]
  • ロング丈、私たち世代の味方ですね
  • ロング丈のトップスが流行していて、素敵に着こなしている人をよく見かけます。カタログで「素敵!」と思って膝丈のカーディガンを注文したことはありますが、私が着るとなんだかバランスが悪くて、返品してしまいました。知り合いに、とてもおしゃれなかたがいます。美容師さんで、ファッションもメイクも今っぽくて素敵です。この前会った時には、ミモレ丈のスカートにロングカーディガンを合わせていて、とてもスタイリッシュで [続きを読む]
  • 身にあまる幸せ
  • 母の日に、実家の母にカーネーションの鉢植えを送りました。弟二人も同じことをしたそうで、実家のリビングに花があふれているそうです。そのことを母が「身にあまる幸せ」と話していました。母は、些細なことに喜びを見出すのが得意な人で、昔から、季節の移ろいや、家族のちょっとしたいい出来事を大きな喜びとしてきました。「母親らしいことはなんにもできなかった」とこぼすこともありますが、実際は、私たち兄弟がなんとか大 [続きを読む]
  • 繕ってでもはきたい、靴の中で絶対ずれないフットカバー
  • 皆さんはソックス派ですか。それともフットカバー派でしょうか。素足という方もいらっしゃるでしょうね。(うらやましい(^^))寒がりでソックスが大好きな私は、秋から春にかけてはソックスをはいていることが多いです。フットカバーは靴の中で脱げてしまうことが多く、歩いている途中で何度も靴を脱ぎ、はき直していました。その理由で買っても捨てることになり、苦手意識を持っていました。このフットカバーに出会うまでは。こち [続きを読む]
  • 人生の夕方、どう過ごしましょう
  • 思いがけず仕事から早く帰ることができた日、ちょっと遠くに寄り道してみました。その先で、素晴らしい夕焼けに出会いました。写真では十分表現できませんが、燃えるような赤が暗闇になろうとしている空と混じり、「なに色」と呼べないような美しい色を作り出していました。私たち世代は、一日の生活に例えるなら夕方だと言われています。朝に目覚め、活動的な昼間を過ごし、この時間帯を迎えました。今から大仕事に取り掛かるには [続きを読む]
  • 心に笑い袋をしのばせる
  • 笑い袋を買ったことはありますか?私の育った家では、弟が旅行のお土産に買ってきた笑い袋があり、ときどき取り出して笑い声を響かせてはきょうだいで笑っていました。大きな笑い声が聞こえてくるだけなのになぜか愉快でおもしろく、みんな笑い出してしまいます。そんな笑い袋をひとつ心の中に持っていると、しんどいときやつらいときに便利です。私の笑い袋の中身関西在住の叔父がいますが、この叔父が面白いんです。ルックスは、 [続きを読む]
  • リネンのシャツで洋服難民から脱出
  • ご多聞にもれず、四十代後半に「似合う服がない!」という事態に陥りました。特に、それまで好きだったTシャツがまったく似合わなくなりました。特にラウンドネックが寂しく見えて、手に取ることがめっきり減ってしまいました。コットンが好きで愛用していたのに、シャツもブラウスも、私が着るとことごとく変です。前シーズンは普通に着ていた服にまでよそよそしい表情を見せられ、「いったい何を着たらいいんだろう」と途方に暮 [続きを読む]
  • 母の日の贈り物に涙腺崩壊
  • 母の日に寄せて70代の母に、毎年ちょっとした贈り物を続けています。私たち世代なら、お墓参りをする、心の中で偲ぶというかたもいらっしゃるでしょうね。いつまで経っても、お母さんへの想いは特別ですよね。夕方、小学生の次男がそばへ来て、プレゼントをくれました。自分で作った、こんなパッケージに入れていました。中に入っていたのは、素敵なハンカチと、チョコです。私が時々自分用に買って、かけらを次男と分けたりしてい [続きを読む]
  • 自分をびっくりさせました!
  • 「50代をどう攻めるか」で、攻めることの一つに「自分をびっくりさせる」を挙げましたが、びっくりする出来事がありました。なんと卓球教室の体験に行ったのです。まったく予期していなかったことなので本当に驚きました。昨日、ひょんなことから卓球の話になり、「大人も参加できる教室がある」と聞きました。しかも「練習は今日」とのこと。話の流れに乗ったまま、見学に行くことになったのです。行ってみると、とても活動的な雰 [続きを読む]
  • なにはさておき、口紅だけは
  • ファンデーションも使わないし、あまりお化粧をしない私ですが、口紅だけは塗りたいなと最近思うようになりました。私たち世代になると、肌はくすみがちだし、顔の線も下がり気味。口元を明るく演出することが必須になってきます。私の唇は若い頃から乾燥がちで、リップクリームが手放せません。色持ちが良い口紅は乾燥を招き、がさがさになってしまいます。そんな私でも快適に使える口紅として、オルビスの商品を長年使っています [続きを読む]
  • けんか好きな人
  • 皆さんはけんかは強い方ですか? 私は苦手な方です。強いか弱いかをランク付けするなら、「極めて弱い」の部類に入るかもしれません。身近に、けんか好きな(に見える)人がいます。私たち世代の男性です。自分と他の人の考えややり方の違いを見つけることに長けていて、相手のやりかたが気に入らないと、ダメ出しの嵐です。相手が非を認めないといつまででもダメ出しは続きます。人生を何十年も遡り、相手の出身校までばかにする [続きを読む]
  • 裏切り者が続出(>_
  • 四十代はひと月単位で体形が変わると言われていますが、五十代に入ると、週単位で肌が変化している気がします。首の根元にしわが入り、「デコルテよ、お前もか」とうろたえているうちに、手の甲のしみ、ひざのたるみと、裏切り者が続出しています。もうポイントケアでは対抗できないレベルです(;´Д`)入浴後の化粧水だって、顔から始まり、塗らなければならない面積は増える一方です。洗面室を長時間独占しては家族に迷惑なので [続きを読む]
  • 雑穀米を食べ始めました
  • 人生の半分くらいにわたり、玄米を食してきました。家族全員、白米に少しだけ玄米を混ぜて炊いたものを常食しています。健康のためと言うよりは、食感と味を気に入っているからです。そのおかげか、家族全員便秘知らずです。何度か雑穀米も試してみたのですが、糠っぽい匂いになじめず、定着しませんでした(-_-;)少し前、楽天の特別企画で、くまもと風土の「くまモンパッケージの二十一穀米」が紹介されていて、購入してみました。 [続きを読む]
  • キープレーヤーを大切にする
  • 「スタープレーヤーであることを忘れない」で、「どんどん主導権を取ろう」と書きましたが、私たちの人生を彩り豊かなものにしてくれるキープレーヤーにも目を向けてみましょう。私たちの人生では「準主役」といった役回りの人たちです。私の場合、まず頭に浮かぶのは、夫です。この人なくして私の人生はありません。私の夫は、細かくて気難しいところもあるのですが、私の足りないところを補ってくれ、欠点に長所を見出してくれる [続きを読む]
  • 大人のおしゃれ手帖6月号の付録のバッグたち
  • 「雑誌大好き」でも書きましたが、「大人のおしゃれ手帖」をよく買っています。今月号は、付録をとても楽しみにしていました。大小ふたつのバッグです。ブランドはピアズリーとのことですが、付録のブランドについては名前貸し程度に考えています。実用に耐えて、おしゃれだったりかわいかったりすれば嬉しいです。発売日の翌日にAmazonで口コミを見たところ、★5が既に二件ありました。早速購入しました。車で移動することも多い [続きを読む]
  • 50代をどう攻めるか
  • 「50代にしておきたい17のこと」という本を読みました。最初に「五十代は、どう攻めていくかで決まる」と書かれていて、どきっとしました。私は出産が遅かったので、まだまだ子育て中です(汗)。なので、よく雑誌などで書かれているような「50代からは、自分の好きなように生きる!」には少し早いように思います。でも、いずれやってくる老後を楽しく元気に暮らすには、今の自分ケアが大切なのでしょうね。攻めたい分野を考えてみ [続きを読む]
  • 役を引き受けてキレイになる
  • 子どもを通して知り合ったお母さんの中に、めきめきキレイ度が上がっている方がいます。半年ほど前には、どちらかというと印象に残りにくいタイプの方でしたが、今は、かなりの「美人」と呼べると思います。服装もお化粧もぐんと垢抜け、表情もずっと豊かになりました。その変化を引き起こしたのは、「役員になった」ことだと思います。子どもが所属する団体は熱心に活動しているのですが、会場運営や、他の団体の代表者とのやりと [続きを読む]
  • まばらになったまつげに
  • もともと短めで少なめだったまつ毛が、四十代に入った頃どんどん減ってしまい、特に下のまつ毛は、ほんのまばらな状態になってしまいました。もう戻ってこないのかな・・・と少し憂えていました。四十代半ば、目の疲れを感じやすくなり、温タオル蒸しを頻繁にするようになりました。濡らしたタオルをレンジで温め、まぶたの上に乗せるだけです。気持ちがいいし、明らかに目の疲れが軽減されるので、頻繁に行っていました。一週間あ [続きを読む]
  • スタープレーヤーであることを忘れずに
  • 「吉元由美さんの本」でも書きましたが、私たちの人生の主役は私たちです。数多くの人の人生劇場に脇役や端役で出演しながらも、メインは、主役として出ている自分の人生です。当然、こちらが最優先されるべきです。ところが、私も含め、多くの人たちが、脇役で出ている劇場に大きなエネルギーを費やしています。ほんの端役に過ぎない劇場での出来事に大きく心を乱されることもあります。一方、自分が主役の劇場では、その分主役が [続きを読む]
  • ZOZOUSEDでお買い物してみました
  • ZOZOでは何度か洋服を買ったことがありますが、今回、初めてZOZOUSEDを利用してみました。昨年購入し気に入っていたコートがカビになってしまい、「同じものがUSEDで見つかったらすごいな」と思ったのがきっかです。ブランド名を入力し、アイテムに「コート」を選ぶと、なんと、同じコートが出てきました! しかも、お値段の安いこと! 状態を見るとAランク。「数回使用した程度のきれいなアイテム」だそうです。即ポチッ。すっ [続きを読む]
  • 似合わなくなってきた洋服たち
  • 持っている洋服に「似合わないな」と感じるものが増えてきました。例えば、パステルカラーのTシャツ、かわいい!と一目ぼれしたフリルつきのブラウス、カジュアルなカーゴパンツ。今も好きなんだけど、私が着るとなんだか違うんです。数年前にそれらを着ている写真を見ると、ちゃんと似合っているので、これは、私が洋服に似合わなくなったのだと認識せざるを得ません(泣)顔のくすみを際立たせてしまう色の洋服は、思い切って処 [続きを読む]
  • スタイルのある暮らし
  • 皆さんはどんなスタイルで暮らしていますか?私がイメージする私らしい暮らしをリストにしてみました。簡素で温かく、家族の気持ちに沿ったすみか流行に流されず、本当に欲しいもの、必要なものを選ぶものに縛られない人には親切にする大切にしたいスタイルはこのくらいです。それぞれの項目について考えてみました。簡素で温かく、家族の気持ちに沿ったすみか小さな家ですが、家族四人が集い離れ出発し帰ることを繰り返すには十分 [続きを読む]