水銀燈の妄想部屋 さん プロフィール

  •  
水銀燈の妄想部屋さん: 水銀燈の妄想部屋
ハンドル名水銀燈の妄想部屋 さん
ブログタイトル水銀燈の妄想部屋
ブログURLhttp://xxsuigintouxx.blog.fc2.com/
サイト紹介文某少女マンガの二次小説を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 6日(平均11.7回/週) - 参加 2017/04/20 16:34

水銀燈の妄想部屋 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 彷徨える人 4
  • 牧野が、日本に一時帰国をし、両親の眠る墓に参った後、派遣された国に行くために、空港に向かおうとした時、2日前から降っていた大雨で地盤が緩み土砂崩れを起こし道をふさいでいた。そのせいで、乗る便には乗れず、道路の復旧に1週間かかったらしい・・・「雨に呪われている〜」と嘆いたらしい。司の家がどう手を回したのか詳しく知らないが、牧野の携帯に所属している本部から電話が掛かってきて、『クビ』と言われたらしい。 [続きを読む]
  • 彷徨える人 3
  • 楓会長の秘書と話すために、救急ルームから出て秘書の方を探す。待合室から出てすぐの場所に集団がいて、近づいていくと、 私の存在に気づいたのか、集団の壁が割れて、モーゼかと心の中で毒づいていると、 秘書とも思われる男性が私の前に出てくる。『肺炎を起こしているので、大事を取って入院して貰いたいのですが』 『はい、スケジュールを調整します』と言って、電話を掛けに行くんだろう外に向かって歩き出す。秘書さんの後 [続きを読む]
  • 彷徨える人 2
  • 私が選んだ学部は、医学部で・・・在学中に医師免許を取り、卒業後、附属病院で研修医をして、精神科医を目指そうとした時にね。お医者さんを派遣する団体に所属しないかと言う話が出たんだ。上司の勧めもあっていくことを決めた。イロイロな国に行った。いろいろなことを経験して良い勉強したと思っている。でもね。付き合った男性はいたけど、結婚まではできなかった。心が凍り付いたように好き以上に心が動かないんだ。あんたの [続きを読む]
  • 彷徨える人 1
  • あの雨の日の別れの後、両親や弟のいる漁村に向かった。そこで、両親が近所の人達から借金をしているのを知って、 英徳を退学し、漁村近くの高校に転校した。必死になって、バイトをして借金を返したよ。学校やバイトをしている時は、気が張っている時は、思い出さないようにしていたけど、 身体は正直だね。食べることが好きだったあたしが食べては吐くを繰り返してしまい、身体はどんどん衰弱していって、学校で倒れたんだ。病院 [続きを読む]
  • はじめまして
  • こちらでは、初めまして。水銀燈と申します。別の場所で、ブログを書いていましたが、イロイロな理由で、こちらに移ってきました。宜しくお願い致します。 [続きを読む]
  • おしらせ
  • 更新のお話でなくてすみません。 こちらのブログが使いにくくて、移転しようかと考えています。 一応、FC2さんや、ライブドアブログを視野に置いています。 花男の二次小説様の多い、FC2ブログに行こうかな・・・ お話のとおり彷徨っていますね。 すみません。 コメントのお返事です。 >m☆7☆☆lieve様、コメントありがとうございます。 メールアドレスまで頂いているのに、どうしようかと戸惑ってしまって [続きを読む]
  • 彷徨える人 3
  • 楓会長の秘書と話すために、救急ルームから出て秘書の方を探す。 待合室から出てすぐの場所に集団がいて、近づいていくと、 私の存在に気づいたのか、集団の壁が割れて、モーゼかと心の中で毒づいていると、 秘書とも思われる男性が私の前に出てくる。 『肺炎を起こしているので、大事を取って入院して貰いたいのですが』 『はい、スケジュールを調整します』と言って、電話を掛けに行くんだろう外に向かって歩き出す。 秘書 [続きを読む]
  • 彷徨える人 2
  • 私が選んだ学部は、医学部で・・・ 在学中に医師免許を取り、卒業後、附属病院で研修医をして、精神科医を目指そうとした時にね、お医者さんを派遣する団体に所属しないかと言う話が出たんだ、上司の勧めもあっていくことを決めた。 イロイロな国に行った。いろいろなことを経験して良い勉強したと思っている。 でもね。付き合った男性はいたけど、結婚まではできなかった。心が凍り付いたように好き以上に心が動かないんだ。 [続きを読む]
  • 彷徨える人 1
  • あの雨の日の別れの後、両親や弟のいる漁村に向かった。 そこで、両親が近所の人達から借金をしているのを知って、 英徳を退学し、漁村近くの高校に転校した。 必死になって、バイトをして借金を返したよ。 学校やバイトをしている時は、気が張っている時は、思い出さないようにしていたけど、 身体は正直だね、食べることが好きだったあたしが食べては吐くを繰り返してしまい、身体はどんどん衰弱していって、学校で倒れたん [続きを読む]
  • 過去の記事 …