セミぺんしょなーまん さん プロフィール

  •  
セミぺんしょなーまんさん: ゼロから始める年金生活 ー気がつけば定年
ハンドル名セミぺんしょなーまん さん
ブログタイトルゼロから始める年金生活 ー気がつけば定年
ブログURLhttp://zeronks.blog.fc2.com/
サイト紹介文定年退職後、週2日働く怠け者半年金生活者。老後破綻心配いらずの我が家計を図表化し参考として公開。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 63日(平均6.6回/週) - 参加 2017/04/21 17:25

セミぺんしょなーまん さんのブログ記事

  • 旅行前のブログ書き溜めはきつい、とジャワ島バリ島旅行
  • みなさん、こんにちわ。ブロガーのセミペンしょなーまんです。実は6/16から6/21までインドネシアジャワ島のボロブドール遺跡とバリ島の旅行に行ってきました。留守中、ブログはあらかじめ書き溜めておいた原稿をタイマーで投稿し自動更新していました。私は筆が遅いので1本1日以上かかることも珍しくありません。ですから、はじめは掲載を休もうかとも思ったのですが、駆け出しのブログは一度更新が止まってしまうと、少し読んで [続きを読む]
  • 現役クレジットカード9種の決済実績 2016
  •  2016年1年分の家計支出の決済方法別の決済額をまとめました。 教育費を除く総支出は430万円、特別な出費(旅費)105万円を除く生活費総支出は324万円、うち税社保50.9万円。可処分所得273万円で本来の私の生活費。ちなみに、生活費(可処分所得)と旅費の合計は378万円。 一方、決済方法ですが、私の自由になる決済金の合計は416.4万円、うち銀行・給与天引が58.3万円、クレジット296.7万円、現金61万円となりました。(収支が合 [続きを読む]
  • クレジットカードでないカード 電子マネーのカードなど
  • 現代では、電子マネーが流行りだしました。セミリタイヤもリタイヤも電子マネーは使えないと損。 プリペイドカードとしてのNANACO、WAON、SUICA、楽天Edy、Tポイント(Tマネー)など。現金との違いは、日銀の保証(補償)がない、紛失したらそれきり、なことでしょうか。チャージしたお金と、商品購入してもらったポイントとの境目もありません。消失しても補償がないのです。 一方、ポストペイド式は、QUICKPAYやIDがあります。  [続きを読む]
  • クレジットカードの見直しの結果2 無料カード編
  • (3) トイザらスカード(イオン) ―>廃止子が生まれてから、2001年、おもちゃの購入にイオンクレジット「といざらすカード」を作りました。1、2回の使用で終わりました。その後、お蔵入りしていましたが、ついに解約。電話1本でした。(6) エネオスアソックカード-->継続 H18(2006年4月)、ガソリンの給油用に職場の団体契約のカードを入手。支払いは給与天引き。おそらく市場価格の5円引きで給油できました。割引率5円として150円 [続きを読む]
  • クレジットカードの見直しの結果1 有料カード編
  • (1)三井住友VISA「クラシックカード」-->グレードアップ その昔、1983年8月、欧州行きのために作ったカード。昔は単に住友「VISA」カードだったと記憶。そのうちデザインがクラシックになった。ずっと持ち続け、2000年までは海外出張時に使用したほか、その後は国内の高額の買い物にも時々使用しました。裏面に顔写真がありました。しかし、90年代の顔で、今では太り、ハゲ、認識できないかもしれない。(1B)三井住友VISAゴールド [続きを読む]
  • セミリタイヤーのクレジットカードの見直し
  • 昨年秋に植木屋にばっさりと上の部分を切ってもらった(しろ)もくれんの木から葉っぱが沢山できてきました。今年の春は花が咲かなかったけれど。(1) 見直しの動機 クレジットカードは普段の買い物では、現金を持ち運ばなくて良い、小銭を用意する必要もない、使用明細も後でくれる、ほんの僅かではあるけれどポイント還付があるなど、何かと便利でリタイヤ生活でも役立つのですが、さらに旅行に行けば、旅行傷害保険などが自動付帯 [続きを読む]
  • 至福のひととき コーヒーはどう?
  • 左より、イタリヤのお店で買ったコーヒー、右3つはオランダのスーパーで買ったコーヒー。一番右なんてコンビニのスパ印が付いてますよ。すべて真空パックなんです。スパーは懐かしい印ですが、ウィキペヂアによれば日本では2009年に完全撤退したとありました。本部はオランダ・アムステルダムにあり世界最大の食品小売りチェーンだそうです。オランダのコーヒーはどろっとしていて、それなりの味です。オランダ人曰く「イギリスに [続きを読む]
  • セミリタイヤの保険の見直し あと2年は生きねば。。。
  • 我が家では、私は現役時代から保険は5つ入っていました。(1) 医療保険の変更 退職後、セミリタイヤ期間中に、まず生保3の医療保険を見直しました。この保険は、入院時5000円支給というもので27歳契約時1660円だったものが、5年ごとに見直しされ徐々に何か付加されたようで、大した内容とは思えないのに現状4675円。そして、今回はH27年11月がその見直しの時期だったようです。職場で団体契約していたので通知はさりげなく新料 [続きを読む]
  • 平成29年度は年金額が0.1%減額!
  • 我が家の庭にいま咲いている草花私が加入している(加入していた)企業年金基金から情報誌が届きました。その中に「平成29年度の国の年金額は前年度から0.1%の引き下げ」という記事が掲載されていました。厚生労働省から6月1日付の「年金額改定通知書」が既に手元に届いています。実は私の場合、加入していた厚生年金基金が前年度の11月から企業年金基金に移行したため、前年度の通知で比較できるものが11月以降の2月に1度の支 [続きを読む]
  • 私は 「中流老後」でなく「プチセレブ老後」ってこと?
  • 先日、他のブログを見ていたら、「中流老後」の目指し方 「浪費癖が抜けないプチセレブの危機」という記事を取り上げているのを見つけました。この記事を書いたFPは、「中流老後」を、平成23年内閣府の「意識調査」の結果をもとに、「現在の現役世代の平均年収(平成28年度)442万円前後で生活している生活レベルを保つこと」-->「高齢無職世帯の平均支出額は月28.3万円」の生活-->「この金額が「家計にゆとりはないがそれほど心 [続きを読む]
  • シェルブールの雨傘のサウンドトラック
  •  私が若き高校生だった頃、1971年頃のことだったでしょうか。NHK FM放送で、フランスの作曲家ミシェール・ルグラン特集、サウンドトラック版「シェルブールの雨傘」をやりました。たまたま、兄がカセットに録音したのを聞いてたちまち好きになりました。この曲は、フランス映画に米国流のミュージカルを持ち込んだもので、ルグランがジャズ風の作曲をいくつも取り入れてできたものと思います。フランスでは、いまでも人々に人気が [続きを読む]
  • お金持ちでも無縁でないクレカのリボ枠とキャッシング枠
  •  クレジットカードは後払い方式の信用カードといいました。電気やガスの使用と同じようにあくまでも「後払い」。1回払いでちゃんと決済できている間は「借金」には数えられません。ところが、保有しているクレジットカードの契約内容をよく調べてみると、ちゃんと、借金の機能が備わっています。 私はこれでも整理した方なのですが、現在9種のカードを持っています。(最近ファミマカードだけは存在価値を失い休止状態にありま [続きを読む]
  • 海外旅行・国内旅行の保険とクレジットカード
  •  旅行には保険。(1) 保険会社の「海外傷害保険」 1980年代に欧州に1年間滞在するにあたり用意すべき保険は、日本の健康保険制度の肩代わりになるような医療保険が必要でした。結局、普通の旅行保険、当時のAIU「海外傷害保険」に1年間加入して出発しました。これには傷害治療のほか、傷害死亡、疾病治療、疾病死亡、個人賠償、救援費用が含まれていました。問題は、万一のときに電話連絡するのですが滞在国に保険会社の連絡事 [続きを読む]
  • 48年目の衝撃の事実
  • 先週の6月3日土曜には、中学の同窓会に行ってきました。私の中学校は、東京神田駅の近くにありましたが、今は廃校になり、体育館だけが残っています。同窓会は全学年が集まる会で、総勢450人ほどが出席したそうです。立食パーティーでした。私は20期生だそうで、はじめ、だれも知っている顔がなく、尻尾を巻いて逃げようとしたのですが、幹事に同期の集合場所を聞いて改めて出向くと何人か認識できました。16人が出席したようで [続きを読む]
  • 旅の思い出 アンカレッジ経由
  •  その昔、欧州旅行に出かけた人は必ずといって良いくらいアンカレッジ経由でした。北極圏を飛ぶ航路で、日本から欧州へ行くには、シベリア上空が飛べなかった頃、給油のために立ち寄るのが米国アンカレッジ空港でした。日本航空JALは、1991年10月に廃止したそうです。たぶん、他の会社も同じ時期かと思います。 我が家がはじめて欧州に向かったのは1984年。エールフランスで行きましたが、機内で配られた冊子「フランスの味わい [続きを読む]
  • 旅の思い出 - スライドやネガフィルム
  • (1) スライド(ポジフィルム) スライドは、1980年代欧州では日常的に使われていました。プリントよりも多かった印象。映写機とスクリーンを使って一家で、あるいはお客さんと一緒に楽しんでいました。スライドの現像は日本のプリントと同じ感覚、プリントは逆に高かったと思います。スライド枠だけを購入して現像だけを頼むとさらに廉価でした。こうして欧州1年滞在の写真は800枚近くになりました。日本に帰国してからプリントし [続きを読む]
  • 旅の思い出 - フィルムの画像取り込み
  • これは新婚旅行のときの写真 昔の写真。アルバムを開いてみるなんて最近とんとしたことがありません。いま、押入れから取り出してみても退色したサービス版がならぶだけ。臨場感のかけらも有りません。ところがです!パソコン上でみると実に鮮やかな色彩が戻って来る!いまや20インチ以上の液晶ディスプレー当たり前の時代。そこに細部まで鮮明に映った写真。こんなところでコーヒー飲んでいた、そうだ、二人であそこ歩ったんだと [続きを読む]
  • サブタイトル別 目次 - ゼロから始める年金生活
  • 過去の記事の検索用に「サブタイトル別 目次」を作りました。 次回以降、カテゴリ「サブタイトル別 目次」を参照ください。ときどき、更新します。 なお、単なる「目次」(番号順)も、適宜更新しています。自動車の経費など―――――――38. 年金で車乗ってられるか?の結論 ー収支バランスの見直し (2017.6.1) 36. リタイヤ時の自動車の維持費の推計結果まとめ (2017.5.30)37. ハイブリッド車はどう?2 燃費、整備費 ?ア [続きを読む]
  • 年金で車乗ってられるか?の結論 ー収支バランスの見直し
  • (1) 未来(年金生活推定)の支出内訳の交通費の修正 以前、第7話で「我が家の家計の未来の支出内訳」を紹介しましたが、そこに使用していた「交通費」の数値は家計簿に基づく支出から「通勤費」だけを減額する簡易な方法で算出したものでした。 しかし、ガソリン車の維持費の実績で見てきたように、「整備費」は2年または3年の周期で経費がかかり、さらに寿命末期に近づくほど経費がかかることから、近年の家計支出から単純に [続きを読む]
  • リタイヤ時の自動車の維持費の推計結果まとめ
  •  リタイヤ時の自動車の経費を推定するには、月間あるいは年間の走行距離が必要になります。つまり、日々どんな生活を送るか、を考えねばなりません。(1) 老後は近所での買い物だけの自動車利用 以前紹介したホームページでは、「老後は近所での買い物が多くなるという前提で、週に5回、6km先まで出かける場合」を想定していました。「老後の不安 解決し隊」ホームページ「老後資金の貯蓄方法」自動車の維持費と移動手段「8 [続きを読む]
  • ハイブリッド車はどう? 走行距離とガソリン代
  •  さて、今度は今乗って1年半になるハイブリッド車「ホンダシャトル」の実績を見てみましょう。(1)走行距離とガソリン代 図はH27年(2015年)11月から1年半の走行距離です。月の走行距離は変動が大きいのでここでは前後3ヶ月の平均値を示しています。傾向としてはじめの1年は1200km月ですが、その後次第に下がっていきます。実はセミリタイヤの勤務日数の減少にともない通勤回数が減り、通勤の走行距離もはじめの11ヶ月は月980k [続きを読む]