エバンジェリスト さん プロフィール

  •  
エバンジェリストさん: 人生に革命を起こす哲理学の宇宙法則
ハンドル名エバンジェリスト さん
ブログタイトル人生に革命を起こす哲理学の宇宙法則
ブログURLhttp://vortexes.blog.fc2.com/
サイト紹介文引き寄せの法則、完全調和のワンネス、身体ワーク、願望実現、本当の自己実現、自己超越のための共同創造。
自由文引き寄せの法則、完全調和のワンネス、身体ワークを通じて、願望実現だけでなく本当の自己実現、自己超越を目指して皆さんと共同創造していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 158日(平均7.6回/週) - 参加 2017/04/22 10:41

エバンジェリスト さんのブログ記事

  • 現実味を帯びてきた北朝鮮の白頭山の噴火
  • 先の北朝鮮における水爆実験の影響で白頭山の噴火を誘発する可能性を韓国の学者が警告しています。よく神戸の震災や、東日本大震災などが人工地震であるという陰謀説がネット上で出回っています。今回の水爆実験は秘密裏に行われているわけでもないので、陰謀ではありませんが、人間の行為がダイレクトに地球の活動に大きな影響を与えるということは驚異的であり、神への冒涜のような行為です。環太平洋では、メキシコで2回も大き [続きを読む]
  • 行動経済学の知見は願望実現への科学的な処方箋
  • 競争社会の歩き方 - 自分の「強み」を見つけるには (中公新書) 著者は、生活困窮者は日々の生活に汲々としていて、あまり先のことが考えられない。だから、公的な手当てを数か月に一度、まとめて支給するよりも少額でも1日単位で支給した方が、将来のことが考えやすくなり、生活水準の向上に役立つといいます。人間の行動が、合理的でないことからおきる現象です。これなど、まさに願望実現の方法と言えます。行動経済学の知見に [続きを読む]
  • 「あじまりかん」という真言
  • 「あじまりかんの法則」という本がでているようです。実は私は、まだ、この本を読んでいないのですが、あえて初見で「あじまりかん」という真言について考察してみたいと思います。真言、祝詞、マントラと言われている言葉は、音読でも黙読でも使われます。音読の場合、「あ」から始まって「ん」で終わる「あじまりかん」は連続して発声するのに適しています。最後の「かん」のところを強めに発声することで、リズムができるからで [続きを読む]
  • 「右の頬を打たれれば、左も向けなさい」とは?びんたの効用
  • 先ごろ、コンサート中にあミュージシャンの方が、指導している少年をビンタしたとかで話題になっていました。身体ワークで考えるとビンタというのは興味深いものです。脳は左脳と右脳に分かれていますが、右脳は左半身の機能を司どり左脳な右半身の機能を司っていると言われています。「右の頬を打たれれば、左も向けなさいとイエスキリストが言われたのですが、右の頬だけ打たれた場合は、左脳だけに刺激を与えていることになりま [続きを読む]
  • 自我肥大の願望実現とは決別する
  • どういう方法でも願望実現の大部分は自我肥大の現象を生み出しています。それらは有限であり、この世的であり、欲望の局限化です。しかし、涅槃・ニルヴァーナを目指すという現世だけでは達成できないように思える広大な目標に向けて歩んでいる人には、その道が広大で永遠とも思えるため、その途中に道すがらに多くの願望実現の果実が落ちています。それを拾って食べるかどうかはあなた次第です。旅を急ぐ人には、その果実を食べて [続きを読む]
  • 終末思想の根強い理由に関する行動経済学のひとつの知見
  • 行動経済学によれば、人間の行動に関する研究成果として「めったに起こらないリスクを過大に認識し、 ほぼ確実に起きるリスクを過少に認識する。」というものがあるそうです。以下の書籍による競争社会の歩き方 - 自分の「強み」を見つけるには (中公新書) これは人類に終末論とか終末思想が潜在的にセットされていることのひとつの証拠かもしれません。というもの、最近起きている台風や豪雨による被害、東日本大震災、福島原発 [続きを読む]
  • 利他心が育つのは実は競争社会であるという行動経済学の知見
  • 平等主義で競争のない社会や教育を受けた人々には利他心が薄いという事実を行動経済学は導き出したようです。これは仮説段階ではなく、検証された結果なのです。そのことが行動経済学者の本で指摘されています。競争社会の歩き方 - 自分の「強み」を見つけるには (中公新書) それによると病巣主義の人には、他人への施し、富の分配にも抵抗があり、やったりやり返すという行動もみられるようです。この世は資本主義でなくても、ほ [続きを読む]
  • 私たちは裁くために生まれてきたのでもなく、裁かれにきたのでもない
  • 北朝鮮のミサイル発射が続くと、当然のことながら金正日政権への批判が集中します。しかし、金正日からすれば、中国やロシア、アメリカといった核保有国に包囲された上、大陸に張り出した半島という、地政学的に不利な場所にあり、しかも元々の祖国は南北に分裂して休戦状態が継続している状況ではサバイバルの手段として、核を保有しようとするのは小国の選択肢のひとつです。歴史的にも常に侵略にさらされてきました。自他を分け [続きを読む]
  • 日本が核武装した時に地球は終わる
  • 地球の大浄化は近づいていますが、一刻でも早く起きないと、核戦争が起きて、悲惨な状況の中で人類は終末を迎えることになります。核兵器は抑止力であって、決して使われないと主張されていますが、結果的には使用されることになるでしょう。北朝鮮が実質的に核保有国として認知されたとき、小池百合子さんのような政治家が核武装を進めるでしょう。そして核兵器を管理運営するのは、自衛隊ではなく、核兵器を運用する専門組織にな [続きを読む]
  • ライトボディについての再考、その本質と浄化
  • 以前、以下のような記事を書きました。身体ワーク〜魂は身体に宿る?〜非二元のエネルギー場----------------------------------------------------------しかし、完全調和のワンネスから個別化してくる時には、身体という器が先に用意されてそこに魂という生命が吹き込まれる訳ではありません。完全調和のワンネスから個別化してくる球体にアカシックレコードの情報から個別化の情報が、注入されてきます。私が言っている球体とは [続きを読む]
  • 地球の最後の儀式の始まりか?〜ハリケーンエルマ、メキシコの地震、
  • 今年の7月に、ワンダラーの金星の矢の儀式が行われてから地球規模で天変地異が続いている。ハリケーンもハービーに次いで2回目のアメリカへの上陸になりそうです。水害は、日本では報道されていなくても、アフリカでも大規模な被害が起きていますし、災害の大きさのレベルが巨大になっています。終わりの始まりでもあり、地球の死と再生の儀式の始まりのようにみえます。これは悲観的な話ではなく、地球の大浄化であり、歓喜なの [続きを読む]
  • 引き寄せの法則は、他化自在天(第六天) 天魔までの術
  • 仏教的な世界観でいえば、大乗仏教では天は28天分類されています。そのう内、引き寄せの法則を使いこなしているのは、六欲天の中で最高位の他化自在天(第六天)です。これは天魔とも言われ、要するに悪魔です。---------------------------------------------------------------------六欲天他化自在天(第六天) ?????????? ????????? (Parinirmita-vaśavartin) - 天魔が住む。化楽天(楽変化天) ??? [続きを読む]
  • 引き寄せの法則で引き寄せるものはエネルギー
  • 引き寄せの法則で、お金を得たいとか、車や家が欲しいとか、結婚相手や幸せな家庭が欲しいとか実現したい願望があったとして引き寄せるものは、実現したい現象や物ではありません。あくまでも、その源となエネルギーなのです。コアとなるエネルギーがなければこの世に現象化することはできません。結果である願望を視覚化することも必要なのですが、エネルギーを変換しなければ、現象化はおきないのです。自分が持っているエネルギ [続きを読む]
  • 2020年に東京オリンピックは開催できるのか?
  • 最近の築地市場移転問題や、管所2号線の工事、豊洲新市場の改修工事など、タイムスケジュール的に間に合うのだろうか?と思てしまうことがあります。しかも、最近の報道内容からすると、福島原発はあきらかに「アンダーコントロール」とは思えません。直感的でもうしわけございませんが、まだ、隠されて出てきていない問題点が今後出てくる可能性もあります。北朝鮮情勢もそのひとつです。日本国民はどれほど東京オリンピックを待 [続きを読む]
  • 今年の7月1日以降、地球の大浄化が始まっているようです
  • 今年の7月には、ワンダラーの金星の矢の儀式が行われたのですが、それ以降、地球の浄化ともいえる現象が多く発生しています。日本での豪雨による被害もそうですし、北朝鮮によりミサイル発射、核実験は、日に日にエスカレートするばかりです。アメリカにテキサス州を中心に大規模な被害のあったハリケーンも生々しいものです。9月6日が、満月ですが、その前後は、特に大きな現象に注意が必要です。北x朝鮮の核実験により大きな [続きを読む]
  • 農業は人間に与えられた苦役であるという事実
  • 聖書には、以下のように書かれている。「あなたが妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、地はあなたのためにのろわれ、あなたは一生、苦しんで地から食物を取る。 地はあなたのために、いばらとあざみとを生じ、あなたは野の草を食べるであろう。 あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、あなたは土から取られたのだから。あなたは、ちりだから、ちりに帰る。」農業とは、エデンの園から追 [続きを読む]