まぐ さん プロフィール

  •  
まぐさん: 神様とお近づきになる
ハンドル名まぐ さん
ブログタイトル神様とお近づきになる
ブログURLhttp://www.kamichika.site
サイト紹介文神社仏閣やパワースポットのレポートや、スピリチュアル、占い、風水の本などを紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 34日(平均17.1回/週) - 参加 2017/04/22 11:25

まぐ さんのブログ記事

  • 東京十社の中の一社、王子神社
  • 王子稲荷神社に続き、こちらも何かと霊能者の人たちが、ブログや本で取り上げることの多い王子神社(王子権現)。平安時代から1000年近くの歴史を持ち、東京十社(下記注)の一社に数えられ、る由緒正しい神社です。 JR王子駅から正面の鳥居まで徒歩7分くらい(裏の入り口までは3分)の場所にあります。それでは、神社正面から順を追ってご紹介します。 鳥居の真っすぐ先に拝殿が見えます。想像していたよりコンパ [続きを読む]
  • 江戸で人気No.1の稲荷、王子稲荷神社
  • 何人もの霊能者の人がブログや本で取り上げていた王子稲荷神社。前々から気になっていました。しかし、不思議なことに、なかなかたどり着けなかったのです。王子稲荷神社を目指して出かけると、電車で向かっている最中に、どういうわけか他の神社に参拝したくなり、急きょ目的地変更。こんなことが2回続きました。今回は3度目の正直で参拝できました。もしかしたら避けられているかもしれない…と思いつつもお詣りさせていただき [続きを読む]
  • 守護霊と会話するための3ステップ講座
  • 誰にでも1人以上の守護霊はいます。守護霊をいうとピンと来ない人には、いつも寄り添ってくれている霊的な存在といいましょうか。ご先祖様の場合もありますし、そうでないこともあります。また、前世の自分自身の場合もあります。「前世の自分???」と疑問に思われるかたも多いかと思いますが、ロウソクの火をイメージしてください。ロウソクの火を、次々を別のロウソクに点けていくことができますね。魂というのは火のように、 [続きを読む]
  • かつての大怨霊は東京の守護神、平将門公を祀る神田明神
  • 江戸・東京に鎮座して1300年の歴史をもつ神田明神(かんだみょうじん)。僕が日本橋に住んでいた時、氏神様として大変お世話になりました。こちらは、都心の縁結びや商売では絶対外せません。なにしろ、大黒様と恵比須様が祀られています。そして有名なのは、かつて大怨霊として恐れられた平将門(たいらのまさかど)公が、東京の守護神として祀られていることです。縁結び、商売繁盛、勝運の三拍子そろっています。日本のビジ [続きを読む]
  • 悩みから楽になる心のエクササイズ
  • 仕事、恋愛、人間関係、健康問題、金銭問題など、数週間〜数か月にわたる大きな悩み。気が付けばため息をついていることはありませんか?放っておくと、体調まで崩したり、最悪、鬱になったりします。それに、ますます、悩みの解決や幸運から遠ざかってしまいます。 そんなときのための、心のエクササイズを紹介します。名付けて「悩み木っ端みじんエクササイズ」。安易なネーミングです。もうこのまんまです(笑) 悩み木 [続きを読む]
  • ツキを呼び込む幸せ体質になる毎日のエクササイズ
  • なんとなく体調や気持ちがすぐれない、やる気が出ない、悩みが頭から離れない、新しいことをするのがおっくう…まず、1日10分以内でできる簡単なことで改善しましょう。そして、ツキを呼び込む幸せ体質になりましょう。 朝のエクササイズ朝起きたら1.ゆっくり深い呼吸を20回しましょう。寝て行ってもかまいませんが、二度寝してしまうので、ベッドのへりに座るか、ベッドの上に胡坐(あぐら)をかきましょう。体勢やポ [続きを読む]
  • 東京の市街地とは思えない緑豊かな鎮守の杜、大國魂神社
  • 京王線・府中駅を出るとすぐ、見事なケヤキの並木道があります。天然記念物に指定されている「馬場大門欅(けやき)並木」です。大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)は、その並木道の先にあります。 まず驚かされるのが、鳥居の前に立つ樹齢900年のご神木(大けやき)です。このようなものが東京の市街地にあるとは… いよいよ大鳥居をくぐります。境内に入ってもなお、馬場大門欅(けやき)並木の延長のように、参道 [続きを読む]
  • 名前が恐ろしい鬼子母神。安産・子安の神だった。
  • 東京、雑司ヶ谷の鬼子母神に行ってきました。名前は怖そうなのですが、安産・子安の神様なのです。江戸っ子の掛言葉で「恐れ入りや(入谷)の鬼子母神」というのがありますが、規模は雑司ヶ谷の鬼子母神が何倍も大きいです。江戸三大鬼子母神と言われていて、入谷の鬼子母神 東京都台東区下谷「仏立山真源寺」雑司ヶ谷の鬼子母神 東京都豊島区雑司ヶ谷「威光山法明寺」千葉県市川市中山の「正中山法華経寺」を指します。江戸とは [続きを読む]
  • 江戸最大の八幡さま、富岡八幡宮
  • 今回は僕が一番お世話になっている神社を紹介します。我が居住地の氏神様である富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)です。氏神様とは、その地域を管轄する神社。お願いごとなどは、まず氏神様にするのが筋だと言われています。ま、会社でいうところの、担当者さんだと思ってください。引っ越したら、各都道府県の神社庁に電話して、自分の住所の氏神様はどこか聞いてください。そして、引っ越しに際してご挨拶に伺うといいですよ。 [続きを読む]
  • ウサギだらけの不思議な神社、浦和・調神社(つきじんじゃ)
  • JR浦和駅西口から歩くこと10分。狛犬ではなく狛ウサギがある神社として知られる調神社(つきじんじゃ)があります。社名の「つき」により、月待信仰(月の出を待って祈る信仰)が古くからあるためです。通称「調宮(つきのみや)」といいます。 左右とも親子の狛ウサギです。 この神社、不思議なことに鳥居が無く、この柱のみです。これは、言い伝えによると、朝廷への調物(貢ぎ物)の運搬の妨げとなる鳥居・神門を取 [続きを読む]
  • 西新宿の高層マンションと共存する成子天神社
  • JR新宿駅から西に15分ほど歩いたところにある、成子天神社(なるこてんじんしゃ)。高層マンションの狭間にある新しい作りの神社です。でも、創建は意外と古く、延喜3年(903年)だそうです。1000年以上も経っているんですね。 表通りから細長ーい参道を進むと、赤い鳥居があります。周りは高層マンションで、そこに神社があるとは気づかない場所です。 鳥居をくぐると左側に手水舎があります。ちっちゃな龍付き [続きを読む]
  • 金運UPの「一陽来復おまもり」で有名な、早稲田の穴八幡宮
  • 「一陽来復(いちようらいふく)御守」ってご存じですか?江戸時代から続く金運アップのお守りです。これです。その年ごとの指定された方角に向けて、壁に貼るのです。方角は、お守りに付いてくる説明書きに書いてあります。 昔から父の実家でも貼っていました。 期間限定で配られ、しかも貼ることができるのは、年にたった3日のみ。どういうことかと言うと、この御守を手に入れられるのは、1年のうち冬至〜節分までの [続きを読む]
  • 決してあなどれないアクアシティお台場神社
  • お台場のアクアシティ屋上にある、「アクアシティお台場神社」小さくても、名前が観光用みたいでも、東京十社のひとつ「東京のお伊勢様」芝大神宮の御分霊を祀った由緒正しい神社です。後ろにフジテレビがチラリと見えています。ご祭神は、 天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)皇祖神のひとつ、太陽の神 豊受大神(とようけおおかみ)食物・穀物を司る女神です。ご利益は、厄除開運、商売繁盛、良縁祈願、情報機器安全ご由緒は [続きを読む]
  • 夜の参拝でも都会の神社なら大丈夫?人形町の松島神社
  • 夜の神社は怖いですよね。夜に参拝するもんじゃないっていうし。(中には夜でもOKなところありますけどね。)夜、通りかかって、どうしても参拝したくて、人形町の松島神社に参拝してきました。でも、コンパクトで近代的なのと、何しろ街中なので、怖くはありませんでした。通りに、いきなり鳥居が建っていて、社殿はビルの中です。鳥居の右側が手水舎です。綺麗に整備されています。すぐ横が本殿です。ビル中の本殿です。でも、と [続きを読む]
  • 大宮氷川神社は関東一の縁結びのパワースポット
  • JR大宮駅から徒歩15分のところにある、大宮氷川神社。武蔵国(現在の東京と埼玉)の一宮(つまり、超重要ってこと)です。まず規模がハンパなくデカい。大宮駅から真っすぐ東へ7~8分のところにある大鳥居。これが一の鳥居か、と思ったら、二の鳥居だそうです。一の鳥居は、ここから、大宮氷川神社と逆方向に800mくらい進んだところにあります。この二の鳥居から、大宮氷川神社の境内の入り口にある三の鳥居まで、さらに8 [続きを読む]
  • 縁結びスポットとして女性に大人気、東京大神宮
  • 昨日、赤城神社の紹介で、「赤城神社」と「東京大神宮」の両方を参拝することで、縁結びの効果倍増だそうです。と紹介しました。今日は、東京大神宮を紹介いたします。赤城神社から東京大神宮へは歩いていけます。少し遠いですが。歩くと20分くらいかな。 JR飯田橋駅から徒歩5分のところに東京大神宮はあります。 鳥居をくぐると、すぐ右側に手水舎があります。ひしゃくがありません。水が常に流れ落ちているというユ [続きを読む]
  • 女性にオススメ。日本一オシャレな縁結びの赤城神社
  • 東京の神楽坂にある赤城神社は、オシャレなカフェも併設しているなど、驚くほど斬新でモダンです。また、女性にはうれしいご利益が。「赤城神社」と「東京大神宮」の両方を参拝することで、縁結びの効果倍増だそうです。 また、アド街でも紹介されていましたが、「ゲゲゲの鬼太郎」と「目玉おやじ」の守りがあります。 東京メトロ東西線・神楽坂駅から徒歩1分のところに赤城神社はあります。 今日は、クラフト作家 [続きを読む]
  • 鉄砲も宝くじも皆中(みなあたる)の皆中稲荷神社
  • 今日の新大久保は、ちょうどゴールデンウィークの昼時だったこともあり、何十店もの韓国料理店に並ぶ人の列でごった返していました。でも、韓国語や中国語が多かったので、外国人観光客が多いのかも。 人混みをかき分け、新大久保駅近くの皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)に行ってきました。ここは、「皆中=みなあたる」ということから、宝くじの願掛けをする人々に大人気です。また、宝くじだけでなく、「当たる」 [続きを読む]
  • 秋葉原の地名の語源、秋葉神社
  • 秋葉原の地名って、住民の誤解からきたって知ってました?明治3年に、明治天皇の勅命で、現在のJR秋葉原駅構内に、火の神火産霊大神水の神水波能売神土の神埴山毘売神の三柱を祀神として勧請したのが始まりです。当初の神社の名前は、鎮火社。しかし、江戸時代から秋葉大権現が火防(ひぶせ)の神として広く信仰されていたので、人々は、この神社が秋葉大権現が勧請されたものと誤解しました。そして、人々は、この神社を「秋葉様 [続きを読む]
  • 乃木大将の乃木神社は、意外と若い人達に人気だった
  • 東京メトロ千代田線の乃木坂駅の1番出口を出ると、いきなり、乃木神社(のぎじんじゃ)の正面に出ます。ちなみに、ここからさらに1分ほど歩くと、ジャニーズ事務所です(笑)昔、会社が近くにあったのですが、初めての参拝です。なんの予備知識も無く行ってみたので、まず、その規模の大きさに驚かされました。 一ノ鳥居をくぐると、案内図がありました。乃木大将が案内してる(笑)乃木大将を知らない人も多いと思いますが、1 [続きを読む]
  • ちょっとナメてました。ごめんなさい出雲大社東京分祠
  • 六本木にある、出雲大社東京分祠に行ってきました。2月に、出雲大社の本社に行ったばかりだったので、それとは比べようもなく、ビルの2階か3階にある小さなお社で、あまり期待はできないだろうと思っていました。ですが、それは誤りでした。大黒様ごめんなさい。コンクリート造りの建物を、3階まで階段で昇っていきます。3階に着くと、左に授与所があります。す、すごい!さすが縁結びの神様だけあって、女性ばかり。他にも、 [続きを読む]
  • ちょっとナメてました。ごめんなさい出雲大社東京分祠
  • 東京は六本木にある、出雲大社東京分祠に行ってきました。2月に、出雲大社の本社に行ったばかりだったので、それとは比べようもなく、ビルの2階か3階にある小さなお社で、あまり期待はできないだろうと思っていました。ですが、それは誤りでした。大黒様ごめんなさい。コンクリート造りの建物を、3階まで階段で昇っていきます。3階に着くと、左に授与所があります。す、すごい!さすが縁結びの神様だけあって、女性ばかり。他 [続きを読む]