翼君! さん プロフィール

  •  
翼君!さん: 少年サッカー
ハンドル名翼君! さん
ブログタイトル少年サッカー
ブログURLhttp://syounensakkar.seesaa.net/
サイト紹介文少年サッカーの練習法、メニューなど。 みんな、サッカーしようぜ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 112日(平均1.9回/週) - 参加 2017/04/22 18:45

翼君! さんのブログ記事

  • 少年サッカー 身長 トレセン
  • 少年サッカーのトレセンは身長が高い子の方が受かる確率が高いようです。実際に決めてが身長、フィジカルだったということが多いようで、やはり小学生のころだと、フィジカルや体格で多少の技術不足は補えてしまうのでしょう。そういう意味では身長は必須ですね。結果が出る方が自信も持てるでしょうし、逆に言えば子どもの頃から自信を無くしてしまうと性格面でも悪影響の可能性がありますからね。そういう意味では、身長を伸ばす [続きを読む]
  • 少年サッカー コーチ 怒鳴る
  • 少年サッカーの世界では怒鳴るコーチは煙たがられるようです。昔は考えられませんでしたが。しかし、煙たがられる理由は子ども達が怒鳴られるようなことをしてもいないからのようです。少年サッカーはサッカーを通じての教育の場なので、気を抜いたり、仲間のことを考えないことをしたら怒鳴られても親は納得するでしょう。不安なら事前に「ここは教育の場なので、してはいけないことをしたら遠慮なく叱ります」と言っておけば親も [続きを読む]
  • 少年サッカー 親 心得 応援
  • 少年サッカーでの親の心得の一つは、必ず応援してあげることです。そんなのは当たり前と思うでしょうが、この場合は同じチームのほかの子供も応援するということです。自分の子供だけを一方的に応援していると、子供はやりにくくなるといわれています。それに、自分のプレーで盛り上がったり、多くの人に期待されるのはうれしいものです。それに、他人の子供も応援してあげれば、ほかの保護者の方にもその姿勢が伝染するので、結果 [続きを読む]
  • 少年サッカー コーチ トラブル
  • 少年サッカーではコーチとのトラブルなども多いと聞いています。指導法、起用法など、コーチ次第でチームは良くも悪くもなります。なので、チームに入れるときは何を目的に入れたいか?(プロの選手にしたいのか?楽しくサッカーをさせたいのか?)このチームでサッカーさせることは子供の成長、教育のためになるか?そういったことを考えながらチームを考えるべきでしょう。 [続きを読む]
  • 少年サッカー 練習方法 坂道ダッシュ
  • 今回は足を速くするための方法、坂道ダッシュです。もちろん普段のダッシュも大事なのですが、坂道だと普段使わない筋肉も使われるので、取り入れることが大事です。ただ、当然普段のダッシュよりも負荷が大きいですし、近所に坂道がない方もいるでしょうから、時々取り入れるくらいでいいのではないかと思います。 [続きを読む]
  • 少年サッカー 栄養 カルシウム
  • サッカーはもちろんスポーツをしている以上、骨を強くすることは大事ですので、カルシウムは必須なわけですが、牛乳が嫌いなお子さんっていつの時代にもつきものですよね。体質的な問題もあるので嫌いなことを非難することは出来ません。が、カルシウムをしっかり摂らないといけないのも事実です。特に日本人はカルシウムが足りないと言われているので、牛乳嫌いのお子さんは更にその可能性が強いです。そんな時にはサプリメントを [続きを読む]
  • 少年サッカー練習方法 片足立ち
  • 今回ご紹介する少年サッカーの練習メニューの一つは片足立ちです。両手を広げて片足で立ってみましょう。上半身がぐらつかなければOKです。足を上げてぐらついている人はサッカーで片足で立つ場面。例えば、ボレーシュートやボールをトラップするとき、上半身がぐらついている可能性が高いわけです。ぐらつけば軸がぶれますので、プレーに悪影響です。なので、それをなくすためのメニューですね。どこでもできるので始めたばかり [続きを読む]
  • 少年サッカー 体幹
  • サッカーでは体幹が非常に重要と言われています。最近はサッカーに限らずスポーツ全般ですが。体幹がどの辺か?はっきり答えられるでしょうか?体幹は上半身の首と腕以外の箇所をいいます。人間の体の中で最も質量の多い箇所なので、大事になってくるわけです。体幹が強いことで軸がぶれなくなりますし、ぶれないことで走力の向上やボールキープ力のアップにつながります。そして、体幹と言えばやはり長友佑都選手ではないでしょう [続きを読む]
  • 少年サッカー コーチ 資格
  • 少年サッカーのコーチの資格、10歳以下の子どもを対象にしたものなら、3時間ほどの講義と実技で取れるそうです。サッカーの経験がなくても大丈夫ですし、子どものころはまだ考える力を身に着けている最中なので、サッカーを通じて考える力を身に付けるための指導をするのがお子さんを良いサッカー選手にするための方法の一つともいえます。そういった意味では親が学ぶといった姿勢もお子さんの将来のためには必要かもしれません [続きを読む]
  • 少年サッカー 栄養
  • 少年サッカーで活躍するためには、しっかり栄養を摂らせることが親御さんの仕事の一つでもあるでしょう。必要な栄養素は何か?やっぱりたんぱく質か?などと思ったりしているかもしれませんが、栄養は特定のものを多く摂っても、効果が少ないといわれています。そのため、必要なのはバランスよく摂ることだといわれています。なので、常にバランスよく食べさせることが大事、といってもお子さんにも好き嫌いはあるのでなかなか難し [続きを読む]
  • 少年サッカー リフティング回数
  • リフティングってどのくらい出来たほうが良いのか?サッカーやっている人っていつまでも続く感じがしますよね。リフティングの回数ですが、基本的には100回を越せれば問題ないようです。たしかに100回を超えれば、ボールのどのあたりをキックすればいいか分かっているはずなので。ただ、リフティングはどこでも出来る練習ではあるので、練習スペースがあまり取れず、練習相手が見つからないときには良いかもしれませんね。 [続きを読む]
  • 少年サッカー 身長
  • 少年サッカーで身長はあった方が良いのか?実際のプロサッカーを見ていると、小さくても活躍されている選手はたくさんいるので問題はないですが、小学生の低学年など、まだサッカーを始めたばかりだと技術がないので、運動能力や体格で決まる部分は多いと思われます、そういった意味では、子どものころは身長による有利不利は大きく働くでしょう。じゃあ、高学年以降なら小さくてもいいのか?と、いう結論になってしまいますが、将 [続きを読む]
  • 少年サッカー 練習 走りこみを嫌がる時は?
  • 少年サッカーに限らず、長距離走などの走りこみの練習って嫌がる人が多いです。学生時代、バリバリの運動部員でも「走るメニューが一番嫌だった」という人が私の周りでも多いです。子どもだとなおさらですね(笑)しかし、中には自主的に走りこみをする人、市民ランナーのように走るのが趣味な人もいるのが事実です。実は私も月に最低100キロは走ります。では、自主的に走る人にはどのような共通点があるか?簡単です。走らざるを [続きを読む]
  • 少年サッカー ポジション決め
  • 少年サッカーでポジションを決めるとき、一番はその子どもにさせたいポジションをさせることでしょうが、試合に出るためには、そして活躍させるにはやはり適性のあるポジションであることが一番でしょう。適正はどのように見抜くべきか?一つは足が速い、背が高いといった身体的な特徴です。そして、もう一つは性格的な特徴です。希望のポジションとは違った場合、最初は嫌がるかもしれませんが、結果が出れば嬉しくなるはずなので [続きを読む]
  • 少年サッカー 股関節
  • サッカーをさせる子どもの股関節の柔軟性はどうでしょうか?スポーツにおいて非常に重要な関節なのですが、意外と重要視されていない方が多いのです。逆に言えば鍛えれば、他の子どもたちから1歩抜けだせる可能性があります。なぜ、股関節が大事か?股関節は上半身と下半身をつなぐ関節です。そのため、股関節はサッカーで言うとシュートの時に上半身(体幹)のひねりを脚に伝えられたり野球などだと、逆に下半身の回転をバットや [続きを読む]
  • 少年サッカー練習方法 フットサル
  • 少年サッカーの練習方法の一つにフットサルをさせるというものもあります。プロでもネイマール選手など、フットサル経験者の方も多いですよね。フットサルの良さは。コートが狭い分ボールを触れる機会が多いこと、早い決断が求められるところです。子どものうちはたくさんボールに触れることが大事ですし、ゲーム形式で数をこなせば楽しみながら上達も出来ます。また、足裏を使うというフットサル特有の技術も鍛えられます。ポイン [続きを読む]
  • 少年サッカー 親子練習
  • 少年サッカーでは親子で練習することも大事です。足でボールを扱えるようにするためにはやはり時間がかかります。そのためにはいわゆる自主トレの時間が大事になるでしょう。そして、その練習相手のために、親子での練習も大事でしょう。子ども同士での練習だと練習の意図や何が必要かはまだ分からない子の方が多いでしょうから親が意味のある練習、良い練習をさせてあげるようにしましょう。 [続きを読む]
  • 少年サッカー練習方法 リフティング
  • 今回ご紹介する練習方法はリフティングです。コツというより、ポイントとしてはどこにボールを当てるとどのように飛ぶかを学ぶことです。サッカーはボールを足でコントロールするスポーツです。ボールが自分の意図とは異なる方向に飛ぶのは最初は当たり前のことでしょう。それを繰り返すうちに、ボールが真上に上がるためには足のどの辺でボールのどこを捉えればいいか、などが分かってきます。まずは少ない回数を目標に頑張らせて [続きを読む]
  • 少年サッカー ポジション
  • サッカーでは言うまでもなくポジションは大事です。特に少年サッカーでは点を取れるフォワードなどは人気のあるポジションですね。親御さんとしてはお子さんに希望するポジションになってほしいと思いますので、普段自主トレなどで希望のポジションを務めるために必要な能力を伸ばすように練習すべきでしょう。また、ゴールキーパーなどのようにある程度の身長が必要なポジションの時は背を伸ばすための工夫も必要でしょう。 [続きを読む]
  • 少年サッカー 親
  • 今回は少年サッカーの親御さんの心構えです。当たり前のことですが、練習や試合には基本的に顔を出すようにしてあげてください。よく、漫画やドラマでも「今日は試合だから観に来てね」というシーンがありますが、あれは多くの子どもに当てはまることでしょう。それに、友達のお父さん、お母さんが来ているのに自分の親は来ていないという光景は子どもにとっては寂しいものです。子どもにとっては家の中も学校も習い事もすべてが教 [続きを読む]
  • 少年サッカー練習法 食事
  • 少年サッカーではある意味食事も上手くなるためには大事な要素の一つと言えます。当然ながら少年サッカーは初心者が多いので、運動能力の高さがあれば、多少技術がなくとも活躍することが可能です。そのためにはしっかり食べることも重視しなければなりません。しっかり食べて強い体にしたいことろです。 [続きを読む]
  • 少年サッカー練習法 シュート
  • 今回の少年サッカー練習法はシュートです。みんなが一番やりたがる練習かもしれませんね。子どもは力いっぱい蹴りたがるものですが、お子さんにシュート練習させると気は力いっぱいもいいですが、キーパーの取れないところを狙わせるようにしましょう。例えるならゴールの隅です。どのスポーツも隅っこを狙うと有利です。野球のストライクゾーンギリギリ、バレーボールやテニスのライン上。そしてサッカーのサイドネットなど。安定 [続きを読む]
  • 少年サッカー練習法 ドリブル
  • 今回はドリブルの練習方法です。ドリブルで相手を抜き去る姿カッコイイですよね!香川真司選手の小刻みなタッチでブンデスのディフェンス陣を切り裂く姿とか驚きましたね!そんなドリブルですが、最初はシンプルに真っすぐドリブルさせるようにしましょう。といってもそれだけではお子さんは飽きてしまう可能性があるので、競走をしたり、線を引いて、線に沿ってドリブルさせたりと遊戯性を入れながら楽しく上達させると良いでしょ [続きを読む]
  • 少年サッカー練習法 パス
  • 今回の少年サッカー練習法はパス練習です。キャッチボールのように2人で距離を取ってパス交換をします。この時にはしっかりインサイドキックで蹴ること真っ直ぐパスすることを意識しましょう。真っ直ぐいかないときはボールの蹴り方や、足のボールをミートしている箇所がおかしい可能性があるので、お子様とパス練習をするときはそこを注意してみると良いでしょう。慣れてきたら、お子様が自分でそのことを意識できるようにアドバ [続きを読む]