アチコチ徘徊人 さん プロフィール

  •  
アチコチ徘徊人さん:
ハンドル名アチコチ徘徊人 さん
ブログタイトル"諸方徘徊つれづれ草 "
ブログURLhttp://shohohaikai.seesaa.net/
サイト紹介文海外旅行などアチコチをぶらっと徘徊したことを綴るシニアの日記です(ヘタな英文はボケ防止体操)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 31日(平均4.5回/週) - 参加 2017/04/22 13:58

アチコチ徘徊人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 徘徊つれづれ草 英語徘徊~~restroom、化粧室でいいのかな
  • これは最寄りのJR駅で見たものです。以前はlavatory とかtoiletとか書いてあったように思うのだが、変わったのだろうか。restroomでも washroomでも bathroomでも、小生はいっこうにかまわないのだが。しかし、「化粧室」は違和感がある。これに男用も含めてしまうのか。日本語としておかしいのではないか。せいぜい洗面所くらいにしておいてもらいたい。田舎の駅だけでなく、他の駅でもおなじだ。 [続きを読む]
  • グルメ徘徊(雨と博多のうなぎ)Broiled Eel Dish in Hakata
  • 外は雨、しかしガイドブックを見て行くことにしました。地下鉄空港線で中州川端駅で下車。とぼとぼ歩いて10分ほどで吉塚うなぎ屋。店は大きい。2階に上がり、店内も広々して小ぎれいでもあります。注文は、肝焼きとうな重特上。ご飯とうなぎは別々。甘口のタレ。かば焼きは外側はパリッと中はふわふわ柔らかです。なかなかうまい。ちょっと上品な味です。まだ外は雨ですが、桜を眺めたりして帰りました。 私的評価:★★★ [続きを読む]
  • グルメ徘徊(博多はラーメンだ)Ramen in Hakata
  • 福岡に行ったらぜひ食べようと思っていたのは、ラーメンと寿司と鰻です。あいにくの天気であまり歩きまわることができません。泊まったホテルは駅まで徒歩5〜6分。やはりホテルは立地が大切ですね。手っ取り早く、博多駅ビルのレストラン街にあったラーメン店(一風堂)入りました。 スープはトンコツ、麺は細い堅麺です。ゆで卵一個追加。麺とスープの絡み合いが絶妙ですね。チャーシュウも柔らか。ボリュームもほどほどで [続きを読む]
  • ポーランド徘徊(霧にむせぶカルヴァリアの聖母教会)Kalwaria Zebrzydowska
  • クラコフから足を延ばしてカルヴァリアの聖母教会を訪ねました。ポーランド南部にある町である。カルヴァリア・ゼブジドフスカは1999年世界遺産に登録されています。この地区には聖母教会ほか数十の宗教史跡が点在します。信者はこれらの史跡を巡礼します。たとえれば秩父札所巡りみたいなものでしょう。ここを一回りするのに4時間くらいかかるようです。ポーランドのエルサレムとも呼ばれているそうです。教会で記念メダルを買い [続きを読む]
  • ポーランド徘徊(美しい中世の都市ザモシチ)Amazing Zamosc
  • ザモシチは人口6万の小都市。1992年に世界遺産に登録されている。そもそもは、16世紀ポーランド貴族のザモシチという方がイタリアに憧れて、イタリア人建築家を呼び寄せ町作りを行ったそうである。五角形を構成する堡塁で囲まれた城塞都市である。当時の市庁舎が広場に立ち、象徴的で美しい。聖トーマス大聖堂、旧ザモイスキ宮殿の中に入った。街を散歩したがなかなかいい雰囲気を持っている。Zamosc is a small city that [続きを読む]
  • ウエア徘徊(Mont-Bellダウンジャケットの欠陥?)
  • 昨年末にこのダウンジャケットを購入した。タウン用に着ていた。また海外旅行にも2度ほど持参した。軽くて暖かい。 ところが、ファスナーの締め具合がどうもおかしい。閉まらないのである。よく見ると、ファスナーの肝心の接合部が破損していた。接合部の凸部(着用時で右側)が破断している。これはプラスチック製で脆弱でいかにも強度もなさそうな作りだ。アウトドア用品にもかかわらず、たった3か月しか着ていないのに信 [続きを読む]
  • ポーランド徘徊(ワルシャワ蜂起博物館)Warsaw Uprising Museum
  • ワルシャワ蜂起博物館に行く。ワルシャワ蜂起は、終戦の一年前の1944年8月から2か月間の出来事であった。ドイツの占領下、国内軍と市民が戦ったが、強力なドイツ軍に敗れる。20万人以上の市民が犠牲になったといわれ、蜂起後全住民は移住させられ、ワルシャワの街は徹底的に破壊された。博物館は、ホテルから徒歩10分のところにあった。当時の映像、銃器、装備や解説などが効果的に展示されていた。当日は土曜日で館内は [続きを読む]
  • ポーランド徘徊(アウシュヴッツ強制収容所)Auschwitz-Birkenau
  •  この3月にポーランドに行った。 アウシュヴッツは、ワルシャワから約200キロ南方にある。ポーランド名はオシフィエンチムという。専属のガイドさんの案内に従いアウシュヴッツ第一収容所とアウシュヴッツ第二収容所(ビルケナウ)を見学。第一収容所はポーランド軍の兵営を転用したもので、建物はレンガ作りで現在もほぼ原型をとどめている。各棟の中にはさまざまな資料や物品などが展示されている。収容棟のほかガス室(復 [続きを読む]
  • ポーランド徘徊(ショパンの心臓)the heart of Chopin
  • この3月にポーランドに行った。観光的には地味な国だと思うが、まず思いつくのは音楽家ショパン。ワジェンキ公園のショパン像、聖十字架教会、ショパン博物館などを見て回った。はじめて知ったことだが、ショパンは若くしてフランスのパリで死んだのであるが、彼の心臓は遺体から抜き取られポーランドまで運ばれたとのことであるガイドさんの話では、ショパンの遺言に基づき、実の姉がビンに心臓を入れアルコール漬けにして国境を [続きを読む]
  • 過去の記事 …