よろしくお願いします。 さん プロフィール

  •  
よろしくお願いします。さん: ひきこもり幾星霜
ハンドル名よろしくお願いします。 さん
ブログタイトルひきこもり幾星霜
ブログURLhttp://hikikomo.blog.jp
サイト紹介文無職ひきこもりニート9年目。これから日々のことなどを書いていければと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 38日(平均3.1回/週) - 参加 2017/04/22 15:00

よろしくお願いします。 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • コメント欄についてのひきこもり
  • わたしはブログにコメントをする勇気がありません。今まで何度もコメントをしたいと思ったことがあります。「コメントを書く」 を押してはやめて押してはやめてを何度も繰り返して、結局コメントをしないで終わってしまいます。とても緊張します。怖いです。出来たら交流したいと思う心はあるのに、一歩が踏み出せないのです。自分のコメントがその方の記事のコメント内に反映されてしまう。だったら当たり障りのないことや表面的 [続きを読む]
  • ひきこもりの散髪事情
  • わたしはセルフカットです。美容室が怖いです。無印良品で髪用のハサミを手に入れる前は、家にある裁縫ばさみで切っていました。引きますよね…何度切っても慣れません。 いつも失敗したなぁ…と思っています。だいたい4ヶ月から6ヶ月ぐらいに一度切っています。へんてこな髪です。ひきこもり然としている自分にゾッとします。鏡みたくないです気持ち悪いから…ひきこもり関連の色々行ってた頃みんな綺麗にしてて愕然としま [続きを読む]
  • ひきこもり ブログ村に登録したこと
  • ブログ村に登録しました。よろしくお願いします。という記事を登録したときに書きたかったのですが、登録するまで訪問者の方が0人でしたので、登録しても誰も読んでくれないだろうと思い書けませんでした。ブログを始めたのは、下心がありました。 こんなブログですが、読んでくれる人が居て、ちょっと関わってやってもいいかな、なんて思ってくれる人が出来たらいいなと…なので、思いきって…ブログ村に登録しました。登録 [続きを読む]
  • ひきこもり支援のところに行ったこと 4
  • 1のところの責任者の方に連れられて行ったところです。(1はまだ書いていません…) 10〜15人くらいの人が居て男女半々少し男性多め…(スタッフの方?)。年齢は20代〜30代。責任者1の方は、私をこちらの施設のスタッフの方に引き渡したら早々に帰ってしまわれました。スタッフの方はなんだか手に余る感じで困っていて、周りがワイワイとしている中を1人で何もすることもなく座っていました。随分長い間1人で座っていました [続きを読む]
  • あいさつ。
  • 私はひきこもりです。無職9年目。不安、恐怖、絶望、自堕落、怠惰、焦燥感、希死念慮……何か自分を変えたくてブログを始めました。頭で考えてていることを言葉にしたり文章にすることがものすごく苦手です。本当に読みにくいと思います。それなのに、読んで下さってありがとうございます。コメントまで下さってありがとうございます。 も本当に感謝しています。私は子どもの頃から人と関わるのが苦手でした。それでも人と [続きを読む]
  • 夜眠って朝起きたい
  • 夜になると一応はお布団の中に入るのですが眠れません。ひきこもりの人で夜眠れない人はたくさんいるのかなと思います。夜眠れないつらい大きな不安や焦燥感に襲われます。ひどいときには動悸が激しくなり吐き気がします。ひきこもり初期といえる頃は11時には寝ていましたが、今は朝方まで起きているときが増えました。寝よう寝ようと思って横になっているのですが。 家には姉が居ました。朝起きると洗面所を占拠している姉と [続きを読む]
  • ひきこもり支援のところに行ったこと 3
  • 電車とバスで2時間。 入会金や月会費(?)がいる所だったのですが、責任者の方が「お金のことは気にしないで来て下さい。ひきこもりの人たちを救いたいのだ。是非来て下さい。」というようなことをおっしゃっていて、行くことになりました。 まずは、責任者の方との面談でした。責任者ばかりで分かりづらいのですが、面談の責任者の方と以前会った責任者の方は別人でした。以前会った責任者の方は、他のひきこもり支援のとこ [続きを読む]
  • ひきこもりの原付処分
  • わたしの原付がありました。もう何年も雨風に打たれるだけの存在になってしまっていたのですが、ナンバープレートを役所に持って行くことが、ものすごくハードルが高くてずっと放置してしまっていました。情けないです。毎年税金の支払いの用紙が届きます。おそらく動かないであろう原付に毎年税金を払い続けるのか…と悩んでいますと…本当に私はあほすぎます。原付は売れることに気付いたのです。何年も悩んでいたのに…動かなく [続きを読む]
  • ひきこもり支援のところに行ったこと 2
  • ひきこもりの人を対象にした所に行ったことの話です。今までのところは、ひきこもりの人限定ではありませんでした。家から電車やバスを乗り継いで1時間半。どういった所なのかよく分からないまま行ったのですが、フリースクールのような所でした。高認や大学受験の勉強をしていて、年齢は10代後半から20代前半まででした。OBやOGの人たちが遊びに来たりもしていました。みんな本当に和気あいあいとしていて、前に向かって生きてい [続きを読む]
  • 部屋にハチが!
  • 今日の朝4時羽の音があまりにもうるさくて、起きてみるとハチがいたんです。みつばちより大きなハチです。閉めきっている部屋にいつ入ってきたのか ガタガタすると親に何事かと思われてしまう。ハチも親にバレてしまうのも恐怖です。とりあえず布団を頭までかぶったら眠れるんじゃないかと思ってハチを確認する、布団を頭までかぶるを繰り返していたんです。でも、戦わなければ!と奮い立ちハエ用のスプレーを手に取ったんで [続きを読む]
  • ひきこもり就労支援を利用したこと 4
  • 週2回、全20回くらいの就労支援を利用したこと。20人くらいの人がいて、年齢は20代から40代だと思います。内容は、心理関係の専門家?の方が来られてお話を聞いたり、椅子を輪にして全員で何か(トランプ?)のゲームをしたり、隣に座った人の良い所を発表したり、自分の嫌なところを話し合ったり、職場見学みたいなことをしたり…人とコミュニケーションが取れるようになる講座という感じてしょうか。私は人とコミュニケーションを [続きを読む]
  • ひきこもり就労支援を利用したこと 3
  • 次はひきこもりの人たちに、在宅のお仕事を紹介しますよ。という所に行きました。ひきこもりの人たちと交流する場に行って話を聞くのとになったのですが、利用者は私を含めて2人。スタッフの人は5人くらい居ました。なんでも、ひきこもりの人たちはパソコンに詳しい人が多いからそういう関係?のお仕事を紹介していると言っていました。なにやら難しい話をしていてあまり分からなかったです。本当にひきこもりの人たちはPCに詳し [続きを読む]
  • ひきこもり就労支援を利用したこと 2
  • 次に利用したのは、ひきこもりがちな人たちを専門にしているキャリアカウンセラーがいるという所でした。利用者同士の心の交流をはかり外に出ていこうという気持ちを抱かせる、というコンセプトだったかと思います。 キャリアカウンセラーの方と話す以外は利用者同士が雑談したりと好きなことをするみたいでした。初めて参加した日は、私を含め利用者は3人。他の方が雑談していたので私は一人どこを見てるか分からないような [続きを読む]
  • ひきこもり就労支援を利用したこと
  • むかし就労支援を利用したときのこと。応募しても面接まで行かず面接までいっても採用されずの繰り返しで、ひきこもりがちな人に向けての就労支援を利用しました。参加者は私を含めて5人。男性3女性2、年齢は20~50代でした。人とコミュニケーションをうまく取れるようになることを目標にしている就労支援でした。内容は?名前を呼ぶことなく相手を呼ぶ ?言葉を発することなく意思を伝える?見つめあって問題を解決する?相手の [続きを読む]
  • ひきこもり自助会に参加したことその2
  • ひきこもりの自助会2つ目の話です。何年も前の話です…。今は通院以外ほとんど外出していません。親と医師以外の人と言葉を交わしていません。 1つ目のひきこもりの自助会は行きづらくて一度の参加で終わってしまいました。きっと仲良くなったらすごく楽しかったんだろうなと思います。心の底からみんなの輪の中に入りたいと思っていたのに、どうしてそんな簡単なことが出来ないんだろう。1つ目の所は私にとっては大人数で [続きを読む]
  • ひきこもり自助会に参加したこと
  • もう何年も前にひきこもりの自助会に参加しました。子どもの頃から、人と付き合うことが苦手で、物心付いたときには学校の中で居場所がなくて友達もいなくて、周りの人たちに嫌われていました。中学生のときに不登校気味になって、高校生のときには完全に不登校になりました。ひきこもりの自助会に参加したら、わたしみたいなものにも友達が出来るんじゃないだろうか…と悶々と思いつづけ、勇気を振り絞って参加することにしました [続きを読む]
  • 犬がいます。15歳。動物病院の先生にいつ死んでもおかしくないと言われています。 わたしには犬しか友達がいませんから、さいごまで一生懸命お世話したいです。 長生きしてほしいな。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …