とっとこ さん プロフィール

  •  
とっとこさん: 僕らの気ままな生活
ハンドル名とっとこ さん
ブログタイトル僕らの気ままな生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/lm010232/
サイト紹介文H25年に長男、H27年に次男誕生。広汎性発達障害の長男と、しっかり者の次男に翻弄される日々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 35日(平均4.2回/週) - 参加 2017/04/22 23:13

とっとこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 幼稚園と児童デイのいろいろ
  • ご覧頂きありがとうございます広汎性発達障害の長男3歳8ヶ月、次男1歳7ヶ月、長男寄りの夫との日々を綴っています。散々心配した幼稚園生活。担任の先生にも、配慮して頂きながら、軌道に乗って来た。最近は朝、先生におはようと言いに行き、その日の流れを聞くのが習慣になっているそう。先生にもお願いしてあって、スモックを着るとか着ないとか、その日の予定などを伝えてくれている。間違って、スモックを着なくていい日に着 [続きを読む]
  • 次男の断乳完了
  • ご覧頂きありがとうございます広汎性発達障害の3歳8ヶ月の長男、1歳7ヶ月の次男、長男寄りの夫との日々を綴っています。次男はなんだか眠りの浅い子で、1歳半になっても、夜中2時間おきにふんふん泣いていて、添い乳で再び寝る毎日。この4月は、長男の幼稚園入園、夫の職場移動が重なり、起床時間が早くなるので、断乳を決意し、夫が寝かしつけ+夜寝れなくても支障の少ない時期と思い、ゴールデンウィークに断乳1ヶ月前には断乳3 [続きを読む]
  • 袖と裾へのこだわり
  • ブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございます広汎性発達障害の長男3歳8ヶ月。次男1歳7ヶ月。毎日、おもちゃを貸して、貸さないでケンカケンカ...。男の子って...昨日は、最高気温26度。幼稚園の制服はまだ冬服で長袖なので、せめて中は涼しくと思って、今日は暑いよ〜と説得を試みても、無理無理...袖や裾が短いと、服着てない!と思うらしく、服着るーと。まぁ、幼稚園で他の子の半袖半 [続きを読む]
  • 作業療法で体幹の支持性のお話
  • ブログを読んでくださっている皆様、いいねしてくださった方、ありがとうございます広汎性発達障害の長男3才8ヶ月作業療法のお話。体幹の支持性の低さについて詳しく聞いて来た。今は、腰回りの筋肉が柔らかく、体幹の支持性が低い状態。だからブランコや揺れる遊具がバランスが取れず怖い。リハビリの度に、バランスボールに座ったり、普通の座るタイプや丸太に跨ぐようなタイプのブランコ、トランポリンに乗って訓練。跨ぐタイ [続きを読む]
  • 長男と夫のこだわり
  • いつもブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございます北海道もだいぶ暖かくなり、日によっては上着は要らないくらいになって来た。でも広汎性発達障害の長男は、暖かい?だからなにという感じでジャンパーを着ないなんて、考えられない様子。去年も、暑くなって、半袖を最初に着せた時、袖がないことに困惑して、袖を一生懸命引っ張っていたっけ。袖がないのが嫌らしい。こだわりですよね [続きを読む]
  • 次男との時間
  • いつもブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございます福祉学部の学生の頃、きょうだい児という言葉を習った。病気や障害のある子の、兄弟姉妹のこと。親は病気や障害のある子に掛り切りになり、他の子へ手や目がかけられず、家庭で大人の支援が少なく孤立しがちになる。いま、広汎性発達障害の長男のリハビリやデイサービスで、どうしても長男と家を空けがち。うちは長男を中心に回ってい [続きを読む]
  • 可愛いと言われて
  • いつもブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございます盆栽の桜。外も桜、家でも桜、嬉しい先日、広汎性発達障害の長男の幼稚園の担任の先生から電話があって、毎日の様子を聞いていたら、いつもニコニコしていて、本当に可愛いですよねと弾んだ声で言われた。半分以上はお世辞かもしれないけど、自分でも驚く程新鮮で、なんだか涙が出そうだった。どうしてだろうと考えた。2歳の4月から1年 [続きを読む]
  • 作業療法で低緊張が発覚
  • ブログを読んでくださっている皆様、いいねしてくださった方ありがとうございます北の大地は桜満開です子ども発達センターでの、作業療法が始まって1ヶ月。ブランコに乗れないことを作業療法士の先生に伝えたら、毎回バランスボールに座ってジャンプ→天井から吊ったブランコに乗る、という訓練からスタート。最初は、シーソーみたいに細長いブランコに先生と跨ってトライ。でも途中で1人降りてしまう。2回目はバランスボールの時 [続きを読む]
  • 次男の成長に思うこと
  • いつもブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございます長男が幼稚園で風邪を貰い、咳が酷くバタバタしていました。さて。ここ最近、広汎性発達障害の長男の宇宙語が激しい。「長男くんは、おはな組、お母さんはちゃぎごご組だよ」という感じで日本語の文章の中に、宇宙単語が混ざる。ネットで調べたら、自閉症の子にみられるジャーゴンという感じ?一応、そうなんだ〜と聞いているけど、そ [続きを読む]
  • 作業療法で感覚統合訓練
  • ブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございます子ども発達センターでの、作業療法が週1回1時間でスタートした。発達障害の子の感覚遊び・運動遊び 感覚統合をいかし、適応力を育てよう1 (健康ライブラリー)Amazon受診前に、長男の感覚過敏について、どう対応したら良いか、どんな遊びで改善できるのか知りたくて読んだ本。爪や髪を起きている時には切れないし、手が汚れる砂場や糊や絵の具 [続きを読む]
  • 発達障害児のトリセツ
  • ブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございます 入園式から2週間。毎日が早送りの様に過ぎていく。長男も疲れているのか、週後半は帰りのバスで寝ていた。家でお昼寝するより、短く済むし、外モードで寝起きも悪く無いので、返ってありがたい。 広汎性発達障害の、長男の幼稚園の入園式少し前、よく発達障害の本に書かれているような、子どものトリセツを作成しようか迷っ [続きを読む]
  • 入園式で感じたこと
  • ブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございますいいねって嬉しいですね。さて、広汎性発達障害の長男の入園式。新しい場所が苦手な長男なので、早めに到着して雰囲気に慣らそうと計画。発達障害児は、先が分からない、人がいっぱいいていつもと雰囲気が違う、などの理由で行事が苦手と、聞いていたので、かなり泣くのだろうと心の準備をしていた。朝から、親が慌ただしく準備していつもと [続きを読む]
  • 入園式に向けて準備
  • ブログを読んでくださっているみなさま、いいねして下さった方、ありがとうございます過去のことをまとめて書いているので、読み返すと時系列がおかしいですそろそろ、現在に近づいて来ています。さて、4月に年少入園にあたり、広汎性発達障害の長男の特性を踏まえ準備したこと。初めての物が苦手な長男なので、入園の1ヶ月前くらいから、制服やカバン、スモック、上靴などの園グッツを目につくところに置き、目に慣れるように準 [続きを読む]
  • やっと受診の結果
  • 先月下旬、子ども発達センターで新版K式発達検査の結果を聞いて来た。知的に大きな遅れはないけど、発達プロフィールはバラツキがあり、3才半現在で、2才3ヶ月相当の部分もあれば、1才先の4才半レベルの領域もあり。知っている言葉の量はあるけど、言葉の耳からの理解が弱く、おうむ返しも多いそう。それは、検査を横で見ていても感じた部分。性別や年齢を正しく言えなかったし。とにかく遅れているとばかり思っていたので、年齢 [続きを読む]
  • いまのきもち
  • ブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございます最近よく考えること。あの時、3歳児健診で思い切って発達について相談していなかったら... きっと毎日の暮らしが全然違った。やっぱり変だと思うから、3歳児健診で相談しようと思うと、私の母に伝えたら、遅れてるだけで普通だと思うよ、と渋い顔をされたりしたけれど。ちょっと遅れているけど、なんかこだわり強いけど、お友達と上手に遊べ [続きを読む]
  • やっと受診のあとの日々
  • ブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございます発達検査の後、結果を聞く次の受診の日までの約1ヶ月の話。プレに通いつつ、児童デイに行き、それでもう週3回。次男が小さいので、送迎の負担が結構大きかった。児童デイは、最初数回目までスムーズに行けたのに、段々行き渋りなのか、朝から、トイレ行かないー、ご飯食べないー、着替えないー、と泣きながら大騒ぎするように。泣かせながら [続きを読む]
  • やっと受診② 新版K式発達検査から児童デイ見学
  • ブログを読んでくださっているみなさま、いいねしてくださった方、ありがとうございますEテレの歌のお兄さんが代わって、なんだか見慣れなくてまじまじ見てしまうこの頃。華奢で羨ましい〜さて、受診の日の、診察後まずは、発達検査。若い男性の臨床心理士さん、元気よく検査スタート!後に結果を貰って、新版K式だったと知った。母は、これやってくださいと渡された、別な検査を夫と黙々とこなす。乳児期の発達って、正直もうそ [続きを読む]
  • やっと受診① 診察
  • ブログを読んでくださっているみなさま、ありがとうございます京都に旅行に行っていて、昨日帰宅。久しぶりに温かい陽射しを浴びて、植物のように元気になった気がする。桜は全然...でも、家から出て、子ども達の成長をすごく感じた3日間だった。さて、本題へ。いよいよ民間病院の、子ども発達センター受診の日、夫に休みを取ってもらい、3人で病院へ。3歳半と1日目。次男はおばあちゃんの家でお留守。私はなんだか緊張して、前日 [続きを読む]
  • 受診までの日々⑦ 次男の順調な発達
  • ブログを読んでくださっているみなさま、ありがとうございます今日は次男について。2人目妊娠中、長男の乳児期がとにかく泣く赤ちゃんで、とにかく大変だったので、また泣きまくる赤ちゃんが生まれる!と怯えていた私。ネットで寝かしつけグッツを調べて、レビューの良いスワドルミーを購入したり、スリング講習会に参加したりして、二の舞にはしないと準備していた。いざ出産。長男と次男は2歳差。2歳の長男は、夜、なかなか眠ら [続きを読む]
  • 受診までの期間⑥ 幼稚園選び
  • このようなブログを読んでくださっているみなさま、ありがとうございます3歳児健診から心理士さんと面談が続いていた頃、年少で入園する幼稚園選びで、毎日頭がぐるぐるしていた。面談していた心理士の先生に、こういう子に理解のある園について聞いても、特に情報はないと言われた。あれから半年以上過ぎた今は、幼稚園選びの頃に児童デイに行っていれば情報が入って来ただろうと思う。でも、幼稚園を選ぶ時点で、児童デイに通所 [続きを読む]
  • 受診までの期間⑤ 児童デイの見学と利用開始
  • 年が明けて、友人に勧められた病院併設でない児童デイに見学に行った。1日体験の様な形で、他の子ども達と一緒に参加したら、初めての場所や人が苦手な長男が、時折、親の側に戻ってくるものの、概ね活動に参加できており、なによりとっても楽しそうだった。OTも、CPも、幼稚園教諭の経験者もいて、子どもにも丁寧で優しい対応で、通所するならここが良いと思った。発達の良い子ばかりの、母子分離のプレ幼稚園に、発達の遅れを心 [続きを読む]
  • 過去の記事 …