ニャンチママ さん プロフィール

  •  
ニャンチママさん: ニャンチママの子育て日記
ハンドル名ニャンチママ さん
ブログタイトルニャンチママの子育て日記
ブログURLhttp://kuma5risuchny.hatenablog.com/
サイト紹介文今はアラサーになる発達障害だったかなと思う年子の子どもたちを四苦八苦子育てした回顧日記です。
自由文私は現在病院で心理士、大学で非常勤講師をしています。以前は小学校教員をしていました。支援学級、支援学校、通級指導教室といろいろ担任しました。家庭では3人の年子のママ。その頃は発達障害と診断してくれるところはなかったので、周りの人たちの不理解に悩みながら子育てしました。長男は発達協調運動障害+広汎性発達障害、長女も少し広汎性が入ってるかな、次女は学習障害+記憶障害。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 90日(平均2.4回/週) - 参加 2017/04/23 12:35

ニャンチママ さんのブログ記事

  • それは合理的配慮なのか?
  • 宮古島の海です。日焼け止めのCMに出てくるような海だ〜と思いながら見ました。本格的な夏ですね。***********************************仕事場で、ディスレクシアの子どものことを話しました。その子は読み書きに困難さがあるので、親は教育センターの先生とも相談して、iPatを学校で使うようにして、板書のときとか黒板に書いてあることを写真にとり、ノートに書きやすいようにしてやって [続きを読む]
  • ユッキー27:ぶきっちょさんの就職
  • マンゴーの季節です。宮古島から送ってきました。今年は豊作だそうです。今まで食べたマンゴーの中で一番おいしかったなあ。日本の果物は、りんごもなしもいちごもすいかもぶどうも、とっても甘くて美味しいですよ。*****************************ユッキーの大学生活は、遠い東京で何かいろいろあったと思うけど、親は離れていて知らぬが花・・・・的に終わりに近ずいておりました。しかし、ユッ [続きを読む]
  • ユッキー26:ブッキーさんの一人暮らし。彼女も・・・・?
  • 母の日に義母に贈った紫陽花たちが、今年も咲きだしました。でも、この辺は、最近カラッと晴れて爽やかないい天気。例年になく涼しいです。おかげで屋根の上の太陽光パネルもよく働いてくれています。????????????????????????????????母を欺き、見事山手線内部の私立大学に合格したユッキー。一人暮らしできるんだろうか???お財布を持たず、いつもポケットにお金ジャラジャラ。部屋の [続きを読む]
  • ユッキー25:大学受験もハラハラ
  • 昨年の3月に退職祝いで頂いた胡蝶蘭が今年も細々咲きました。ガーデニングは私の心の癒しです。子育てはなかなか思うようにはいかないけれど、お花は正直に咲いてくれます。でも、過保護でも放ったらかしでもいけないのは、子育てと一緒か・・・??????????????????????????????「大学には行かない!牧場で働く!」と言い張っていたユッキーが、牧場3K体験をして軌道修正し、大学受験すること [続きを読む]
  • ユッキー24:行ってみたら?牧場へ
  • ユッキーが体育で「1」をとったという話がありましたが、先日OTさんと話していたら、中学時代にやはり「1」を英語でとったことがあるという話が出てビックリ。発表点というのがあって、彼女は発表が嫌いな子で、テストの成績はいいけど、発表するように強要され、それでもしなかったので「1」の評価をつけられたそうです。まったく!中学の先生は!・・・・・・と話が盛り上がってしまいました。マイルールを押し付ける先生が多 [続きを読む]
  • ユッキー23:ハラハラ高校受験
  • 私が作った多肉植物の新作です。就労支援B型の事業所で利用者さんがお世話しながら販売しています。??????????????????????????????????????ユッキーは中3になり、いよいよ高校受験。そんな時、「高校には行かないよ。」と言い出しました。「高校に行かなくて何するの?」「何したって生きれるさ。牧場で働くのもいいかも。」などと言う。(夏にオーストラリアでファームステイをして [続きを読む]
  • ユッキー22:闇のホームページ事件
  • お庭はもう夏の花が咲き誇っています。でも、来週あたりは梅雨入りでしょうか。??????????????????????????????????ユッキーが中学2年生になった時に、我が家は夫の日本人小学校赴任でアジアのとある国に転居しました。日本人学校は海外赴任する家庭の子どもたちが通うだけに、都会的な賢い子が多く、ユッキーの小難しい話にも合う人たちがいました。楽しそうに中学校(その国は中学校は [続きを読む]
  • ルールこだわりの強い子の不登校
  • PDDの子どもが不登校になることがあります。今日、そのような子どものことが仕事場で話題になりました。とっても真面目なタイプで、小学校低学年の頃は、先生の言うとおりにルールを守ろうと頑張ります。その頃は周りも先生に従順なんだけど、年齢が上がるにつれ、周りの子どもたちは、本音と建前を使い分けるようになります。その子は変わらず、同じようにルールを守ろうと他の子どもたちを注意するので、集団から浮いてきたり [続きを読む]
  • ユッキー21:小学生〜中学生へ
  • 先週の金曜日に通級の先生方の勉強会があり、基礎講座で発達障害について話をしてきました。通級の先生方も入れ替わりが激しく、通級担当して1〜2年という人たちが一番多いです。短い時間に何をしたらいいのか悩まれているようです。理論的なことはさらっと流し、いろいろと手作り教材を見せたり実践を話したりして、イメージを持ってもらいました。その子に合わせて絵を描きながら社会ルールを教えていました。ファイルして「◯ [続きを読む]
  • ユッキー20:書くことの支援にパソコンを教えはじめる。
  • 私の住んでいる町も、気温が25度を超える日が多くなってきました。スーパーからはイチゴが消えて、スイカが登場してきましたが、我が家のイチゴはやっとなり始めました。お花へ水撒きをしては、アリさんやナメクジ君に取られる前に庭先でパクパクいただいています。今年はさくらんぼもたくさん食べられたし、ブルーベリーもたくさん実をつけています。なり年ですね。子どもたちがいたら喜びそうです。???????????? [続きを読む]
  • ユッキー19:可愛い子には旅をさせよう
  • 熊本の祖父母の家に兄弟3人で電車に乗って行かせたことがありました。多分、2年生の時だったと思います。妹たちは1年生と年中さん。今思えばちょっと無謀だったでしょうか。ユッキーは他人を思いやるということが普段あまりなかったので、妹たち二人を連れて行くことで、ちょっとは兄としての自覚を持って欲しいと思ったからです。その頃はまだブルートレインが走っていて、我が家のある街に朝になって到着するブルートレイ [続きを読む]
  • ユッキー18:(2年生)勝手に自分の教育過程を歩む。
  • 私の勤めている病院のドクターは、よくこの図を使って発達障害の説明をします。発達障害は、端に位置している子どもたちで、少数派であってそれが悪いわけではない。今の育児のやり方や教育が真ん中付近の子どもたちに合わせたやり方をしているのだから、少数派であるこの子どもたちには別の育て方や別の教育をしてもいいということだ・・・・と。つまり診断をするということは、通常の育児や教育をしなくてもいいんだよというお墨 [続きを読む]
  • ユッキー16:マイブームは株価チェック
  • 今日は母の日、3番目のハーちゃんからカーネーションが届きました。女の子たちは、毎年何かしら母の日にプレゼントしてくれます。ユッキーは長年母の日にも誕生日にも何も音沙汰なしだったのですが、ここ3年、誕生日にプレゼントをくれています。すごい成長です(うれし涙)????????????????????????????????ユッキーの1年生の頃のマイブームは、株価チェックでした。(やっぱりアスペっぽい [続きを読む]
  • ユッキー15:自然大好き
  • 長女が小さい頃植えたサクランボが、今年はたくさんなりました。今が一番熟しています。??????????????????????????????????????今振り返って思うと、母としてよくなかったなあと思うところが多々あります。一番よくなかったのは、ユッキーを普通にしようとしていたこと。連絡帳を読み返してみても、私の子育てに力が入りすぎていたのが分かります。何とか成長の正規分布曲線の真ん中に [続きを読む]
  • ユッキー14:素直になったり駄々をこねたり
  • 先生との連絡帳のやり取りの続きです。12月9日 先生へ仕事から帰って来ると、「お母さんこれ見て。」とすぐに(お正月の)輪飾を見せてくれました。「いろいろ工夫してあってすごいね。」と言うと「霧吹きで長持ちさせてお正月に飾ろうね。」とうれしそうに言っていました。今日は自分からランドセルも片付けたそうです。宿題もすすんでやりました。先生にほめられたことがとても嬉しかったようです。あまり学校のことは話さ [続きを読む]
  • ユッキー13:先生、ユッキーを理解してください。
  • 先生は現在のユッキーの姿しか見ていないので、「やればできる」「やろうとしないのはわがまま」と思っていると思われました。だから、今までの状況を先生に説明して理解してもらうしかありません。次の日、放課後学校に出向いて、先生とお話をしました。ユッキーが赤ちゃんの頃から体の動きが緩慢だったこと。バランスが悪く、手先も不器用だったこと。それに気がついて、家族ぐるみで頑張って体を動かすようにさせてきたこと [続きを読む]
  • ユッキー12:先生からチョ〜長いお手紙が・・・・・
  •  それからしばらくは何もお手紙がなかったので、少しは落ち着いたんだろうかと思っていたら、12月はじめに先生から連絡帳5ページにわたるお手紙が届きました。12月5日 先生から ユキくんの学校の様子をお知らせすることにためらったのですが、お知らせしておきます。マラソンの下見等で緑地公園へ行く時など、わたしの手を握りに来て、根はとても甘えん坊なのかなと思います。ただ、人の注意がなかなか素直にきけなく [続きを読む]
  • ユッキー11:先生からのお手紙
  •  担任の先生は、わたしより若い女の先生で、とても几帳面そうでした。どんなに忙しくても連絡帳のお返事はとても丁寧な字で感心していました。 不器用で処理能力の困難さを持つユッキーでしたが、1年生のはじめはそれなりに学校では頑張っていたようです。 私たちの住む県では1学期、2学期と個人懇談があって、通知表は懇談しながら親に渡されるようなシステムになっています。でも、1学期の終わりの懇談は、先生が怪我をさ [続きを読む]
  • ユッキー10:小学校は大変だよ??
  • ユッキーが1年生になって、親子で大変な毎日がはじまりました。まず、宿題。市販のプリント1枚なんだけど、なぞり書きはかなりずれているし、ひらがなの形は悪いし…。家で書き直しをさせたいけど嫌がるのはわかっているので、ほんのすこしだけ書き直してオッケーにしていました。それでもそれを済ますのに多分普通(平均)の子どもよりも4〜5倍の時間がかかっていたと思います。それから明日の用意。なるべく自分でできる [続きを読む]
  • ユッキー9:ママも発達障害だった?
  • ユッキーが1年生のときの話になる前に、ママのことを少し…昨日、勤め先の病院のカンファレンスがあって、ウツになりやすい人の話がでました。自分がこういうふうになりたい、なるべきと思って頑張り、一所懸命にそれに向かう。自分では頑張れる、まだ大丈夫と思う・・・けれど、体の方は悲鳴をあげる。そして気が付いたらウツになってる。・・・・・という人たちの中に、やっぱり発達障害の特性を持つ人が割合として多いのでは [続きを読む]
  • ユッキー8:ママはウツになる
  • 小学校就学までになんとかしなきゃという親の思いが強すぎて、かなりユッキーには無理をさせたのかもしれません。特に文字に関しては、なかなか覚えようとしてくれなくて、焦りました。仲のいい友達が、すらすら読めるようになっていて、自分がその子より読めないのがわかるユッキーは、余計読むことをしないようになっていました。もちろん、手先が不器用なので、書くことだって論外。「どうして子育てうまくいかないんだろう。 [続きを読む]
  • ユッキー7:家庭での感覚統合
  • バーバは保育園の園長もやっていたほどベテラン保育士で、さすがだなあと思うような環境作りをユッキーにしてくれました。*壁とか掃き出し窓のところに大きな模造紙をずらっと貼って、好きに落書きさせる。 体の動きも悪かったけど、指先の動きもやはり不器用でした。鉛筆持つより、まずは腕を動かして体全体で筆やクレヨンで描いて遊ぶことをさせてくれました。最初はとにかくぐちゃぐちゃだったり、ひたすらながーく描いたり [続きを読む]
  • ユッキー6:バーバ感覚統合開始
  • 県の東部から南西部に転勤になったときに、義母は仕事を辞めて一緒についてきてくれました。本当に感謝しています。1歳3ヶ月しか離れていない年子。3番目はもうお腹にいて、1歳7ヶ月違いで生まれてくる予定でした。2年10ヶ月の間に私は3人の子どもを産んだのです。(4年間授からなかったので、まさかこんなにポンポンできるとは思っていませんでした。)義母の手助けは本当に助かりました。ユッキーに運動させなきゃと [続きを読む]
  • ユッキー5:ひどい癇癪
  • 桜も終わり、ツツジが咲き出しました。今年初のメダカの赤ちゃんも誕生。季節は初夏に向かっていますね。今日もユッキーの話の続きです。ユッキーが、2才くらいから、癇癪がひどくなりました。思い通りにならないとダメなんです。それから絶対に自分が悪くても謝らない。頑固というか、へそ曲がりというか、本当に育てにくい子でした。エピソード1実家に帰った時に、みんなで寝ようと思ってもどうしても「いやだ」と言 [続きを読む]