barayuka さん プロフィール

  •  
barayukaさん: barayuka雑記
ハンドル名barayuka さん
ブログタイトルbarayuka雑記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mulberry_bara
サイト紹介文心の葛藤が身体に出る人。カテゴライズされない病。アラフォー引きこもり女性。脱出を図ります。努力中。
自由文心の葛藤が身体に出る人。診断名がつかず、カテゴライズされない病で精神科歴15年目くらい?
不安定非正規からもついに力尽きて脱落、気づいたら引きこもり女性というカテゴライズにやっと当てはまることに気がついたので、当面はそこを居場所にしつつ、脱出を図りたいです。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 63日(平均9.6回/週) - 参加 2017/04/24 00:15

barayuka さんのブログ記事

  • 日曜日
  • 今日日曜日だった。なんとか動かなきゃと焦ってた。そりゃ支援機関に電話しても繋がらないわけだ。焦燥感が強い。衝動的に行動しそうだったので、衝動的に行動、でGoogle検索したら、境界性人格障害が出てきた。すべて当てはまったので、せめて名前をつけて。それとして生きるから。なんでも出来るのはつらい。制限してよ。 [続きを読む]
  • 衝動的
  • 不安、焦燥感が激しい。衝動的に行動しそうになる。なんとかしなきゃ、と、考えが次から次へフラッシュする。誰かと話したい。これについて話さないといけなかったのに診断名をつけて欲しい。私のことを社会的に定義して。 [続きを読む]
  • 不安・混乱
  • どうすれば。完全に孤立状態。何か許せないと思うのに、誰のせいにも出来ない上も下もわからない。たすけて [続きを読む]
  • 言語化出来ない
  • これからのことどうしていいかわからない。自分が何が出来るのか、何からすべきなのか、どうしたらいいか、わからない。うまく言葉に出来ない。メモに書いて整理してみるけど、あらゆることを考えてしまって、自分の気持ちがわからない。誰にも助けてもらえない気がする誰もに見捨てられてる気がするすごく焦る。自分でどうにかしないと死んでしまうということ。こわい。 [続きを読む]
  • 間違い
  • 私は間違ったの何も言わずに気配を感じているだけの方がよかった私が自分で壊してしまったの許してなんて言えない私の心は間違っていた傷ついていた曇っていた来世またあえるでしょうか来世があるなら [続きを読む]
  • 不信
  • 人が信じられなくなった人が信じられないのなら生きてる意味なんかないと思う。 [続きを読む]
  • プライド
  • 私はあなたを傷つけましたか?「傷つけばいいのに」傷ついていなければ幸いだとおもう。そうであって欲しい。これは私の罪だから。わたしは間違ってしまったのだから。あなたを信じている。あなたはきっと、たくさんの人に与えられる人だと思う。あなたは賢い人だと思うから、わたしの罪が見えていたでしょう。勝手に壊れていく私のことが見えていたでしょう。ごめんなさい。私は間違ったの。私にここにいる資格なんかない。伝えら [続きを読む]
  • Inner child
  • 「私を見てよ」正しさなんてどうでもいいきっと向こうだってそんなこと求めてないのに、私の中にある何らかの正しさが私自身を裁いている助け出されるのを待ってる「私を見てよ」私自身がそんな自分を拾ってくれるのを待ってるどうして見えないの?どうして気づかないの?でも、いざ口を開けば嘘の言葉ばかりが出てきて無防備さや不完全さに簡単に付け込まれ決めつけや侵入や破壊をする人がいる私は私「私を見てよ」あなたにはきっ [続きを読む]
  • 自己破壊
  • その鋭い刃物は自分自身を斬りつけてあらゆる言葉を奪ってしまうひとつもことばに出来ないのあるのは目の前にある空間だけ見てもらえるためにはなんでもするわ例え自分を壊して傷つけてでも私はそういう自分自身を知っている私に期待しすぎないでそんなに強くないんだから他の人と同じように私のことも助けてよ「傷つけばいいのに」一緒に傷ついてくれたらいいのに私が傷ついたのと同じように傷つけばいいのに [続きを読む]
  • あれは私
  • あまりに純粋過ぎてドロドロに汚いのに綺麗なものポーカーフェイスで綺麗な顔をしていたけど私は内心何もかなわないと思っていたあの人たちは、あまりにもあの人たちそのものだったその狡さも卑屈さも理不尽さも苦悩も優しさもみっともなさも何もかもありのままで私は本当はおびえていた私にここにいる資格はないのではないかとそして耐えられなくなってそこを飛び出たとき自分で飛び出したのに審判が下った気がした。私は汚かった [続きを読む]
  • 親戚のおばちゃんの話
  • 親戚のおばちゃんがいつものように家にお米をとりにきた。おばちゃんは父の姉に当たる人で、娘と息子(要するに私からみたら従姉弟)が一人ずついる。弟の方に孫ができて、おばあちゃんでもある。旦那さんを早くに亡くして、女手ひとりで2人を育てるのは大変だったと思うけど、そのお陰もあって、とてもたくましく、私の実家からは少し離れたところに住んでいたけど、地域のリーダー的な立場らしく、ソフトボールのチームを作ったり [続きを読む]
  • 1日何もせず
  • 雨が降ってたのもあり、外出せず、Twitterも絶って、1日家にいた。なんか気持ち的にちょっと萎んでいた。うまく言えないけど、スポッと落ちてしまった。ていうか、無理してたことに気づいてなかったんだと思った。そういうタイミングがきた、ということかもしれない。牡羊座の金星が牡牛座に移動した、というのは、妙にしっくりきた。それならちょっとほっとしてもいいかと思った。蟹座に移動した火星というのも気になるけど。私は [続きを読む]
  • awai
  • あわいあはひ 【間】向かい合うもののあいだ。また、二つのものの関係。向かい合うもの、だなんて、眼差しがあれば、それだけで人は存在出来るじゃないか。見れば見るほど、そこにあるものは深まっていくじゃないか。想いを言葉にすればするほど、何かが生まれていくじゃないか。儚い響きの言葉なのに、意味を読んだら、とても強い言葉に思えた。あわい時間や空間をこえて、いまだに私の中に存在し続ける人の、名前。 [続きを読む]
  • 不安
  • 何か不安なことはありますか、とこの間診察で聞かれた。不安。今の私の状態や感じてることは不安と名前を付けるべきものなのだろうか。自分が過去に知っていた不安という気持ちにあてはめると、不安ではないな、という気がしたので、「不安ってことはないです」と答えた。でも、不安がない、というのも、何か極端な状態なのではないかと思った。不安って、あって当たり前のものだったのじゃないか、という気がした。ない、っていう [続きを読む]
  • 惨め
  • ズタズタになる惨めだと言われた言葉が惨めだと思う相手をそんな気持ちにさせるなんて、最低ね隠してる気持ちを無理に引きずり出して、先回りして、お前は惨めだと言ううまく自分を取り扱えないことを誰より一番自分が恥じているのに惨めを受け入れたら私がその価値観に屈してることになる勝手にそんなことくらいで傷つきたくなかったのに傷つく私がいて憎んでしまう自分までいて死にたいとか思う自分までいて私は何も言っていない [続きを読む]
  • 憎んでいる
  • そうだ、私は憎んでいるあなたたちも私が嫌いなんでしょうさっさと、殺しなさいよ勝った、と私を見下ろして、楽しいですか?そんな浅ましいことがしたいですか?人間は残酷だ自分は耐えられないかもしれない私はついにひとつになれずたったひとりで追放までされないといけないのか誰かたすけて [続きを読む]
  • 壁の向こう
  • トントントンあけてください。壁の向こうにいるあなたは嘘をついているのね私を遠ざけるんだねイライラして、激しい感情をぶつけたい衝動に駆られた何事もなかったかのようにしないで嘘が下手な人こっちを見る菱形の目は嘘をついている時の目それは優しさなの?最後に見せた、目を逸らした、罪悪感が映る目の方が私は好きだった [続きを読む]
  • 自問自答
  • 何度も自問自答する。何度も行き来するこれでいいのか、間違っているか、どうしたいのか、どうありたいのか自分には、傷つけてしまった人がいるそのことを、どうしたらいいのか。どうありたいのか。何度も、忘れそうになりながら、振り切れそうになりながら、繋ぎ止め直す。 [続きを読む]
  • 生まれ直した時の話
  • 私が産まれたのはちょうど30になる少し前だったと思います。正確には覚えていない。あ、自分はまだ産まれてなかったんだ、とその時思いました。天体は魚座に星がたくさん集まっていた、魚座ステリウムの時期だった。とにかく、訳がわからないくらい毎日泣いていました。自分が水で出来てるのかと思うくらい、半端ない涙を毎日流してました。それよりもっと前、20代のなかばに、心の葛藤で背中が刃物で切られたようになる症状がでた [続きを読む]
  • 無題
  • どうしたいのかわからないどうしたらいいのかわからない。毎日考えている [続きを読む]
  • 出来損ないの役割
  • みんな安心したらいいのです。みっともない出来損ないがここにいる。あんな風じゃなくてよかった、と、安心したらいいのです。あそこまでじゃないなと思って安心したらいいのです。そうしてくれたら幸いです。そしたら私にも意味が生まれるでしょう?出来たらそうしてください。そっと笑ってください。感謝します。ありがとう。出来損ないでごめんなさい。 [続きを読む]
  • 私、偉かったでしょ
  • 私、手がかからなかったでしょお父さんが辛そうだったから、そばにいたよ。お母さんが期待したから、諦めなかったよ。お父さんとお母さんがいう当たり前のことをするために、何にもないけど頑張ったよ。お父さんが忙しいって言うから邪魔しなかったよ。お母さんは傷ついてるんだって理解して我慢したよ。虐めにあっても心配かけなかったよ。私、いい子だったでしょう?お父さんとお母さんが、お姉ちゃんのことをすぐに大げさに言う [続きを読む]
  • 嫌い
  • 嫌いじゃないと思うんだけど嫌い嫌い誰もわかってくれないからわかってくれなかったから我慢しないといけなかったから被害者面されたからみんなに責められたからやっと本音を言ったのに怒られたから禁止ばかりされたから何も言わない私しか許してもらえなかったから嫌いじゃないけど感情なの嫌い嫌い嫌い大嫌い大嫌い大嫌い心からは優しくなれないよ我慢なんかしたくないよ嫌い今だけ嫌いほんの少しだけ距離を置くのを許してね [続きを読む]
  • 精一杯
  • 精一杯普通の仮面をかぶって生きるのも、限界かもな。否認してただけ。与えられてない愛情なんて持てないよ。 [続きを読む]